Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【募集終了】 大地(だいち)君 キジ白 オス  【H29年5月1日生まれ(推定)】ぼく運命の人です!5兄妹 【管理:334】~犬猫みなしご救援隊さん栃木拠点へ移動完了~

2017/11/7情報更新

11月6日。
超晴天な中。
三恵と大地は栃木県にある犬猫みなしご救援隊さんの栃木拠点へ移動しました。

朝9時15分頃出発し、到着したのは13時ジャスト。

渋滞も無く
スムーズにトイレ休憩をはさみながらの移動で
片道250キロ。
頑張ってくれました。

23130885_1467233916725113_7178384175038167493_n.jpg
ギリギリまで新しい家族を探すために
沢山の方々にご協力頂きましたが
ご縁を掴むことはできませんでした。

でもこのバリバリになった爪とぎを見ればわかるように
この子はもっともっと
沢山走り回って沢山遊びまくって
自由にやりたい放題やりたかったはず。

でもこのまま我が家で新しい家族探しをしたならば
私との距離は縮まって行っても
毎月の幸せ探し会への移動のストレスを与えるだけ。

23319175_1467816673333504_3201694248301417040_n.jpg

ごめんね、あなただけのママとパパを探してあげることはできなかった。
でも、犬猫みなしご救援隊さんには
沢山の猫さんたちが居てくれる。
走り回ってもバリバリやりまくっても
好きな時に寝て好きな時に食べて
いっぱい走り回れるから。
寒いのもないよ。
暑いのもないよ。冷暖房完備で衛生面もしっかりされて
太陽の光も浴びることが出来る自由気ままにノンビリ過ごせる場所。
それをプレゼントすることが精いっぱい。
ごめんね。

でもね、あなたの事を沢山の人が支えてくれて
応援してくれて
あなたのためにって思ってくださった方々が居てくれた。
だからあなたは犬猫みなしご救援隊に移動することが出来た。
それだけは忘れないでね。
沢山の人たちからの愛情を忘れないでね。
オバチャンの事はわすれちゃっていい。
もうすっかりわすれちゃっていい。
でも大地の幸せを願ってくれる人が沢山いたから
こうして移動できたことは絶対忘れないでね。。。

そして沢山の犬たちや猫たちの新しい家族が出来る。
みんなでいっぱい遊んでいっぱい寝て
いっぱい食べて
この先ずっとノンビリ暮らしてね。
23319224_1467816646666840_3720251312041888741_n.jpg
栃木の太陽は
優しくてね。
風もとっても気持ちがイイです。
茅ヶ崎のように潮風の心配もないの。
とっても澄んでて気持ちが良いです。

中谷代表にも会うことが出来て
色々お話させていただきました。

他の現場から保護した子たちも一緒に移動して
今回は6匹の受け入れをしてもらいました。

あなたが心を開いて
私に甘えるようになったけど
やっぱり洗濯ネットを見るなり
ウーーーーって唸ってね。
連れていく前日の夜までは
凄く迷いがありました。

でもあなたがウーって唸ってくれたおかげで
私の決心も固まりました。

毎月こうやってウーって言わせる位に逃げ回らせる位の恐怖を与えるなんて私にはできません。

だから犬猫みなしご救援隊さんに終生飼養に出すことは
この子にとって一番良い方法だと納得できました。

三恵と一緒だし寂しくないね。

栃木の爽やかな太陽と風と共に
いっぱい遊んで幸せに暮らしてね。

犬猫みなしご救援隊のスタッフの皆様、
どうぞ大地の事宜しくお願い致します。

犬猫みなしご救援隊の代表さんのブログ
写真がUPされるときチラっと撮影されてるかもしれないので
チェックしてみてくださいね。

大地を応援してくださり、支えてくださった皆様、
本当にありがとうございまた。

>> Read More

スポンサーサイト

| 募集終了 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【募集終了】 三恵(みつえ)君 キジ白 オス【H29年5月1日生まれ(推定)】ぼく運命の人です!5兄妹 【管理:333】~犬猫みなしご救援隊さん栃木拠点へ移動完了~

2017/11/7情報更新

世間は3連休でしたので
連休の移動は避けたい。
ということで6日の朝9時15分頃に自宅を出発。
到着予定時刻は13時。
目標の時間に間に合うように
出発したわけですが渋滞も無く
スムーズに進むことが出来て
13時ジャストに到着でした。

22528480_1451822438266261_1457606965668446652_n.jpg
最近は毛布も在庫が無くなってしまっていたので
ペットヒーターのうえにバスタオルという形で保温をしていたのですが
何を付けても、どんなに洗濯ばさみでバスタオルやタオルを固定しても
もぐりこんで引きこもって寝るのが趣味になっていたため
捕まえるのもラクチンで
もぐりこんでる上から洗濯ネットで包んであっという間に身柄を確保。
流血戦もせずにキャリーに入れることが出来ました。

彼らが我が家に来て4か月。
結局三恵は私に媚を売ることなく
去勢して2度目の駆虫が終わったころから
落ち着いてきたものの
やっぱり媚びることは一切なくて
ご飯の時に「早くご飯出せ」と上から目線でものをいう程度。
カワイイ声で「みゃー」って言うようになっても
目だけは絶対に「上から目線」を貫き通し
ナデナデも絶対拒否。
タッチしようものなら
ペシペシ(爪付)。

目が合えばシャー。

それは変わらなかったけども
やっぱりね、4か月一緒に暮らした間柄。
三恵にとってオバチャンは給食係&トイレ掃除係だったとしても
私は三恵を大事な子だと思って接してきましたし
最後の最後まで仲良くなれるようにと
色々試したりしていました。
無理はしないで
チュールをそのまま私が持ったまま、食べてくれるかとか
色々近づく方法を試行錯誤。

それでも彼は頑なに
「お前はこれ以上近づくな。」とパーソナルスペースを守り切りました。
23319175_1467816673333504_3201694248301417040_n.jpg

移動中、大人しく、ひたすらに耐え抜いてくれました。
250キロの距離を走りぬく私にとって
何が心配かっていったら
三恵たちが怖がっていないか、揺れで気持ち悪くなっていないか。
ひたすらにその心配ばかりになります。

他にも4匹の猫たちを連れて行ってるので
その子たちの精神面にも配慮した運転になります。
だからこそ余計にこの片道250キロは疲れるんです。

そして帰りはその心配がなくなるから
あっという間に着くんですよね。。。

23231491_1467816710000167_9064672078120324828_n.jpg
到着してからの写真。これが私がこの子を撮影出来る最後の時。
到着したよ。
ここが三恵のお家だよ。
広いお部屋でいっぱい遊んで
お庭もあるからね、外に出たいときはお外で遊んだり出来るし寒い日はお部屋に入ってネンネ出来るし
やりたい放題できるよ。
お友達もいっぱいつくっていっぱい走り回れるよ。


三恵はね、夜私が布団に入ると遊び始めるんです。
毎晩毎晩。

日中私が起きてる間は
遊んだりしません。
もちろん、保護猫部屋の他の子たちが
フリータイムやってる間は
他の子たちを追いかけたりして
ケージの中をピョンピョンしたり
ちょっかいだしたりしてましたけど
私が居る間は私の事をとにかく監視。

私が居ない事がわかると
遊び始めるんです。

だから夜の運動会は
大地と三恵で凄いんです。

もっといっぱい遊ばせてあげたい。そう思いながらも
フリータイムを他の子たちと遊ばせられない現実。

だから三恵に対しては
早く犬猫みなしご救援隊さんのところに連れて行ってあげたかった。

まだ1才にもならない子です。
遊びたいはずなんです。
でも私が視界に入ってる間は監視をして遊びません。
ときどきウズウズしちゃって玩具に食いついてくることはあっても
私がそれを見るなりパっとやめて
「俺は遊んだりしてない」と言い張ります。

しばらく隔離をされますが
それが終わったら
自由に遊びまわれるお部屋に移動になります。
仲良しになれる子たちが居るとイイね。
大地も一緒だから寂しくないね。
1人で移動するより大地が居てくれるからね、不安も半減します。

私が彼らにしてあげられることはここまで。
本当ならもっと馴致が進んでスリゴロになって
ゆっくり新しい家族を見つけてあげられるようにしたかったけど
それを彼は望んでいませんでした。
人に媚びて生きる程
自分は弱くないと言いたげな
そんな眼差しで。

でも心のどこかで甘えたいという葛藤もあったはずなんです。
だからこそ、
私を見る目は
日によって違っていて
葛藤をしているのがすごく伝わってきました。

一緒に毎日過ごしているからこそ分かる彼の心理。
私が怖い人だとはもう思ってないんです。
でも好きになれない。
絶対こいつは俺をまた裏切るとでも言いたげな
そんな感じ。

晴子と善江が居なくなり、
そして正木がいなくなり、
あの子たちをどこにやったのかと訴えてくる時もありました。

みんな幸せにやってるよ。
三恵が思ってるような怖い事は何もないんだよ。
心配しないでいいんだよ。
ママとパパとお兄ちゃんやお姉ちゃんが出来たんだよ。
みんな楽しくやってるよ。
だから心配しないで。
オバチャンの事を信じて欲しいな。

そういっても
「お前、あっちこっちから猫集めてどっかやってるからイヤだ」の一点張り。

保護されてきた子たちが
居なくなることに対して
不信感を持ってたのも三恵だからだろうなと。
凄く賢い子なんですよ。三恵は。

状況を理解するのが早い。
でも目で見たことしか受け入れない。

目の前から妹たちが居なくなった。連れて行ったのはこのオバチャン。
だからこのオバチャンが何かしたんだ。
そう思っているんですね。

大地は違うんですけどね。
三恵は子猫の癖に大人なんです。
とっても大人でした。

だから賢い分、
心を開くという事は
最後までしなかった。

三恵らしさを貫き通しました。

23319224_1467816646666840_3720251312041888741_n.jpg
君は覚えてるかな。
太陽のまぶしさを。
君は覚えてるかな。
風の匂いを。

保護猫部屋は音漏れを防止するため
シャッターをすべて降ろすことになりました。
(以前猫の声で苦情が出たため)
だから自然の光を浴びることが難しくなりました。
東側の窓から入る明かりは太陽の光。
でもあっという間にその光は消えてしまうので
この子が太陽の温かさや光をまじまじと見たのは
捕獲された6月が最後。
この4か月近くは電気の光の中で生きてきました。
そして国道沿いで日中はトラックや車の音がうるさく、
国道沿いならではの排気の匂いなどもあるし、
私自身が花粉症等色々あるので窓は開けませんから
保護猫部屋では自然の風を感じることもできませんでした。

でも栃木は違います。
シェルターは屋内屋外自由に出入りできます。
お庭があるのです。
広いお庭が。

栃木の太陽をいっぱい浴びて
自然の風を感じることができます。

山奥にあるから
自然豊かな風を感じることができます。

そして同じような境遇で保護され、終生飼養で救ってもらった子たちと共に生きる。
半野良でも、人間に対して凶暴猫さんでも、甘えん坊の子でも
誰もが自由にやりたいように生活させてもらえます。

寒かったらお部屋に入ればいいし
お外でトイレもしていい。
広い敷地にある猫シェルターは
猫の数は多いけど
人間不信にある子たちにとっては楽園だろうと思います。

どこで爪をといでもいいんです。
カケションしまくってもいいんです。

三恵はカケションなんてしたことない子だけど(笑)

今年終生飼養でお願いしたモートは
きっとカケンションしまくりだろうと思いますが
それすら良し、やりたい放題して良い!っていう環境です。

スタッフさんが毎日綺麗に掃除してくれて
美味しい食べ物を沢山食べさせてくれて
自由気ままに生きていい。

そんな空間が犬猫みなしご救援隊さんが用意してくださっている終生飼養施設。

人間嫌いな子たちにとっては本当に安心して暮らせる場所。
交通事故死することも無く
生涯を安心安全な空間で自由に暮らせるんですから・・・。


でもね。
やっぱりこれだけは忘れないでほしいのです。

三恵の事を支えてくださった多くの方々の愛情があって
移動することが出来たってことを。

三恵、私はあなたがね、沢山の人たちに応援してもらえてた事実だけは
絶対に忘れないでほしいのです。

あなたが毎日美味しいご飯をいっぱい食べて
綺麗なトイレをつかえていたのは
三恵たちを応援してくださっている沢山の方々が居てくださってるからなんだよ。

私一人じゃ何にもできないんです。

私に媚を売らなくてもいいよと言ったのもソコなんです。

私に媚び売らなくてもいい。
でも元気で健康に育ってほしい。
そしてご縁があればあなただけのパパとママにご縁を繋ぎたかった。

でもそれが出来なかった。
でも、ずっと保護猫部屋での生活じゃ
ただの拷問のようなもの。
貴方はもっともっと沢山遊びまわって
自分らしく生きていいはずなのです。

お母さんと引き離されてからずっと
貴方はお母さんの代わりに妹や弟たちの事を守ろうと必死だった。
それも十分わかってます。
だから私があなたにしてあげられることは
貴方を必死に馴致するのではなく、
貴方があなたらしく幸せに生きられる空間を
見つけてあげる事しかない。

人には媚びない。
そのあなたが決めた強い意志を
無理矢理ひんまげてまで
生きる必要はないという事。

三恵のために沢山の方々が
助けてくださって
力を合わせてくださったことで
犬猫みなしご救援隊さんへ終生飼養でお引越しできたんです。

みんな、三恵の事を応援してくださったんだよ。
みんなが三恵の幸せを願ってくれたんだよ。
だからこうして移動することが出来たんだよ。

だからね、人間なんてくそくらえ!って思わないでね。
みんなにありがとう、僕幸せだよって言えるように
栃木で新しい生活頑張ってね。
オバチャンはね、
三恵たちのような子たちがこれ以上増えないように
TNRをどんどん頑張るからね。

三恵たちのような子たちがこれ以上増えないためにオバチャン頑張るから。
だから三恵は栃木で毎日楽しく自由にやりたい放題生きて
そして応援してくれた方々に「ありがとう!俺楽しくやってるぜ!」って顔を時々見せてね。
犬猫みなしご救援隊の中谷代表が来るときは
ここぞとばかりに写真に写りこんだりして
頑張ってその元気な姿を見せてね。

オバチャン、ここまでしか頑張れなくてごめんね。
250キロ、頑張ってくれてありがとう。

この先10年、20年。
大地と三恵が栃木の地で
ノンビリと幸せに楽しく暮らせることを願ってます。

スタッフの皆さん、大地と三恵をよろしくお願いいたします。

そして応援してくださった皆様、
移動のためにご協力くださった皆様、
本当にありがとうございました。
無事に三恵も大地も移動が完了できました。

a href="http://blog.livedoor.jp/inunekoblog/" target="_blank" title="犬猫みなしご救援隊の代表さんのブログ">犬猫みなしご救援隊の代表さんのブログに
写真がUPされるときチラっと撮影されてるかもしれないので
チェックしてみてくださいね。

>> Read More

| 募集終了 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【元の場所に戻しました】キジトラの男の子の件【2017年4月25日茅ヶ崎市西久保で保護→4/30元の場所に戻しました】

2017/4/30情報更新

4月25日保護してすぐ、
茅ヶ崎保健所、茅ヶ崎警察署、神奈川県動物保護センターへ届け出するも
失踪届けは出ておりませんでした。
18118478_1296906867091153_2873878605667919962_n.jpg
当の本人は
猫嫌い炸裂で
猫の姿を見るなり
人間にも八つ当たりで
ギャオギャオォとわめく。

だから視界を遮れるように
寝室と保護猫部屋の仕切りのワイヤーネットに目隠しを施し
落ち着いてもらおう作戦。
我が家の楓斗やヘチマさんもこの子に対してウオォォーってすごいので・・・

18156417_1297630487018791_4745328587798808829_o.jpg


食べることに対してもそこまで依存していなくて
ガツガツ行くことは無かったし
元々あそこでご飯も得られていたんじゃないかなって感じで。

徐々に落ち着いてくれて
玩具で遊ぶくらいにまでなったんですが・・・
18157072_1296906977091142_8371300899073418802_n.jpg
18194043_1296907000424473_2909773386169081189_n.jpg
18157868_1296907030424470_6485687806983958067_n.jpg
保護日当日の夜はギャオォギャォと泣きわめき
翌日からは日中もギャオォギャォと鳴く。
比較的日中はそこまでひどくないんだけど
夜間のギャン鳴きがすごい。
もう声がね、腹から出すのでね・・・
ご近所迷惑も相当なもので・・・

我が家もご近所の皆さんも睡眠不足確定な状況に・・・
このままではイカンと思って
必死に飼い主探しをしたいのに・・・。
長期保護はムリなのは保護時から確定していたことなので
センターにも引取りの件を相談していましたが
センターからの返答は引取り拒否でした。
負傷猫や明らかな遺棄であると判断出来ない場合は引取りが出来ませんって。
元気なら元の場所に戻すしかないですねって言われました。

だからこの子は保護継続が出来ない以上は
元の場所に戻すか
みなしごさんに連れて行くか。
この2つの選択肢。

18157246_1295774640537709_6519017051678625324_n.jpg
4/28保護場所付近へ50件ポスティングしました。
これで問い合わせがなければ
みなしごさんのところか
元の場所にリリースか。

どうだ?どうだ?と待つけど・・・
1件も連絡は来なかったです。

そしてみなしごさんのところに連れて行くにも
世間はGWに突入。
栃木までの距離をGWの大渋滞をかき分けてなんて
私はそこまでできません。
それじゃなくてもまだ体調が悪いのに・・・
だからGW明けてからなら移動は出来る。
でも・・・この鳴き声・・・
どうしたもんだか・・・


と、28日の夜には
この窓に付けてあるパネルを全部ひっくり返して
ギャオォギャオォ!
18119409_1296904067091433_6731496555127622902_n.jpg
そんでもって29日の夜には
このパネルをはがした後
窓の鍵を解除し
なんと窓を全開にされていました・・・
あまりの煩さに
雨戸ー閉めてたから良かったけど・・・

これで雨戸閉めてなかったら彼は漏れなく脱走していました。

足音や人の気配がある間は
ずっと鳴きます。

そして夜は30分おきに30分ずつ・・・ギャン鳴き。

もう無理だ・・・
もう無理だ・・・

早く朝にならないかな・・・って思ってたんだけど
また夜中に窓を開けられて・・・


もう帰らせてあげよう・・・
そう決めまして。
30日の早朝?
3時半頃に
元の場所に戻しに来ました。
本当なら明るくなってから元に戻したかったんだけど
私も睡眠不足が酷く
具合が悪くなっていく状況になっていて
彼の鳴き声に参ってしまった・・・

窓まで開けられてしまって
鍵を解除する猫は初めてです・・・

保護した場所に戻してきました。

心が痛いけど・・・・


GWが終わって
まだ彼があの場所に居続けているようなら
再度保護してみなしごさんにそのまま連れて行くことも考えています。

遺棄されたのか迷子なのか置き去りなのかさっぱりわかりませんが
彼は保護時も痩せていなかったし
生きるための環境はとりあえず確保できているようにも思いますし
依頼を受ければ対応しますが
CCPとしては彼はあそこで生きていく方が良いのかもしれないと判断しています。
飼い猫として生きるには
完全室内飼育はムリです。
だから室内外自由飼育しか無理。


彼の運命の強さ、生命力の強さを信じて
リリースをしました。

4時頃帰宅して
まだ暗い中
オフトンに入って瞼を閉じると
まだ彼の鳴き声が聞こえてくるような錯覚に陥りましたが
静かな夜を久しぶりに得られました・・・

我が家の楓斗も
彼の鳴き声に夜眠れないようで
若干具合も悪くなっていたのも事実・・・

私も楓斗も・・・グッタリな5日間でしたが
彼をリリースしたので
誰もいなくなった保護猫部屋は
今日のうちにピカピカにやっと出来ました。

新規保護の子猫たちを受け入れるために
保護猫部屋を一度ゼロにして
部屋中を消毒して
綺麗にするのを予定していたのがやっとできました。


もし、キジトラ君の飼い主さんからその後問い合わせがあった場合は
保護した場所をお伝えしますので
飼い主さんいらっしゃいましたらお問い合わせください。


仮名も付けなかったのは
こうなるような気がしていたからってのもあるけど
本当はすぐに飼い主さんのもとに返せるって思ってしまったからってのもあります。

探しててもらいたかった。

その願いは叶いませんでした。

>> Read More

| 募集終了 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【募集終了】遺棄された茶虎の男の子 モート君。【2017年2月26日保護】犬猫みなしご救援隊さんの栃木拠点に移動しました。

2017/3/30情報更新

とうとうこの日を迎えてしまいました。
17523710_1262432863871887_117703028494900444_n.jpg
お問い合わせは1件もなく
モートは犬猫みなしご救援隊さんの栃木拠点に移動が決定。
朝ごはんは少なめにして
キャリーに入ってもらいました。
片道240キロの旅が始まります。

17554506_1262542363860937_8445807026544979996_n.jpg
道中は色々ありましたが
栃木県佐野市の佐野SAで見上げた空と咲き始めた桜の花をみて
モートにしてあげられることはこれが最大限の事だって思いました。
あのままあそこに居るよりも
保護したことは間違いじゃない。
1匹飼育をしてもらえる家族のもとに届けたい思いを叶えることはできなかったけど
これが私にできる最大限の事。
モートのために出来る事はこれが限界。
犬猫みなしご救援隊さんに引き取りの依頼電話をした時に
モートの事を伝えました。
カケションすること、猫が嫌いな事、殿様な事。
抜爪手術されているので手を触られるのを嫌がること等・・・
特にカケションについて、猫嫌いについて話をしたら
そういう個性を可愛いと受け止めてくれるスタッフさん。
もっと個性の強い子たちがいっぱい居るから
カケション位何てことないのかもしれないです。
猫が嫌いな子も過去に引き取ってもらっていますが
今では猫嫌いだったのがウソみたいに仲良しさんが出来て
多頭飼育での生活を満喫してるし
きっとモートも新しい環境に慣れて
仲良しさんが出来るかな。

17553590_1262540347194472_3881317337693009654_n.jpg
移動中は埼玉県狭山PAでペットシート交換。
その後は佐野SAでペットシート交換。
オシッコしたぞー。掃除しろーってモートが言うんですよ。
次はウンチ?!出すかな・・・出すかな・・・とドキドキしていましたが
結局オシッコだけで済みました。
交換のたびに車の中で「ここはどこだ~?」ってクンクンしながら
外の景色にも興味を示すモート。
相変わらずのマイペースな子なので
通常の移動よりも私もリラックスできました。
17554489_1262591350522705_1150041889841745645_n.jpg
そして13時半頃に犬猫みなしご救援隊栃木拠点に到着。
前回に来たときは夏でしたが
今回はまだ3月。
新緑の季節でもないけど
やっぱり暖かい日だったので風も気持ちよかったです。
17629892_1262591303856043_7348967684994015361_n.jpg
車から外を見るモート。
ここがモートの新しいお家だよ。
家族がいっぱいまってるよー。
モート。。。。ここでお別れだよ。。。
正直、モートとお別れするのは悲しくて
だけど私に出来る事はここまで。
犬猫みなしご救援隊さんでの生活が始まる事で
モートの新しい人生(猫生)が始まります。
我が家と違ってカケションし放題だし
ご飯食べ放題だし
新しい環境に慣れるまでの間は
色々とモート自身から文句がいっぱい出るかもしれないけど
慣れたら都です。

ペットシーツに囲まれての生活なんてしなくていいんですし。

犬猫みなしご救援隊のスタッフさんにキャリーごとモートを渡して
書類をかいて終生飼養代等の支払いをして
領収書を頂いて
そしてモートが施設の中に入っていきました。

そしてキャリーをもどしにきたスタッフさんに
「強烈な猫パンチをもらいました~♪」って言われて
あ~そうか・・・
朝ごはん少なかったし
移動時間も長かったし
オバチャンが居なくなって知らない人に連れられて
知らない場所にいったから不機嫌になったのかな。


そして私は茅ヶ崎に戻るために車に乗り込み出発。

モートと過ごした1か月を
脳内で振り返って
殿さまだからなー。きっとスタッフさんに
「気安く触るでなぃ!」とか「私を誰だと思っているのだ!飯を出せ!」とか言ってるんだろうなーって思いながら
高速を乗りながら・・・あぁ・・・もうモートはウチに居ないんだよな。。。

モートのオシッコシートを交換しまくる日々も終わってしまったんだな・・・。
1日大量に消費されるご飯も
消費量が落ちるんだろうな・・・

夜中の「おーい、おーい」って呼ばれることも無くなるんだな・・・

あ~モート・・・って思ったら
なんだかショボンとなってしまったけど
帰りの240キロ走りぬいて
現場に捕獲器回収にいって
自宅に到着したのは19時。
12時間の旅は終わりました。


帰宅したら
お留守番で不満だった我が家の楓斗とヘチマさんと
保護猫部屋で「お腹すいたー!」と叫んでるミーナとクローバーとタイムが。。

そうだそうだ。
私にはまだまだやるべきことがいっぱいあるんだった。

モート、私も頑張るからモートも新しい生活に早く慣れて
犬猫みなしご救援隊の代表さんにご挨拶して写真とってもらっておくれ♪

栃木拠点にはお宮ちゃんもいるし
初陽や入陽や夕陽も居るし。
他にも茅ヶ崎から移動した子たちがいっぱい居るから。
あれだけ沢山いるからその中で1匹でも相性が良い子と出会えるよ。

マイペースでわが道をゆくお殿様だったモートですが
お蔭様で無事に移動が完了いたしました。

モートとの思い出を胸に
今保護している子たちのケアと
ご縁探しを頑張りながらTNRもどんどん進められるように頑張ろうと思います。
本当なら1匹飼育してくれて殿様モートの下僕に徹してくださるようなかたとのご縁を見つけたかった。
でもそれが出来なかったことが心残りですが
あの場所に残したままにしないで保護してよかったと心から思っています。
色々な個性を持った子たちがいますが
モートはその中でも個性の強い子で
モートとの日々は楽しい事が多かったです。

犬猫みなしご救援隊の皆様
これからモートの事宜しくお願い致します。
代表の中谷さんのブログでモートがうつってるかチェックしてみてくださいね♪

あ、今チェックしたら中谷さん31日の午後に栃木拠点に到着されてたんですね・・・
1日違いだったのか・・・残念・・・。
31日に届けに行けば会えたかな・・・



※終生飼養費用についてはヒロシ改めダンゴ君のお母さんから寄付金をお預かりしまして充てさせていただきました。
その他費用については収支報告にてご報告させていただきます。

>> Read More

| 募集終了 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【募集終了】初陽(はつひ) 黒白 平成26年4月上旬生まれ ~犬猫みなしご救援隊さん終生飼養シェルターへ移動~

2016/5/15情報更新

本日、犬猫みなしご救援隊さんの栃木拠点へ移動完了いたしました。
茅ヶ崎を10時に出発し、到着したのは14時。
片道250キロ。
4時間の長距離移動。
良く頑張ってくれました。

13240665_987298774718632_3825892832111701435_n.jpg

お母さんの死を目の当たりにした過去があり
誰よりも心を閉ざしていました。
それでも一時預かりさんの優しさを理解し
心を開いてきていましたが
良縁につなぐことが出来ず申し訳ありませんでした・・・

お母さんの死の真相をこの子は知っていると思います。
何故お母さんが突然あのような形で死んでしまったのか・・・
きっとお母さんの最期の言葉を聞いているのはこの子だけです・・・

色々な苦労を小さい時からしてきました。
一時預かり先を転々とする日々もこれで最後です。

もう移動しなくて済みます。
広い広いみなしご救援隊さんのシェルターで
沢山の猫たちと共に
ノンビリと余生を過ごさせてもらえることになりました。
13094258_987289061386270_3564201132521632960_n.jpg

この子たちの終生飼養費用等に沢山の方々からご支援いただき
無事移動させることが出来ました。

本当ならこの子だけを可愛がってくれる家族の元へと願っていましたが
怖がりさんでなかなか慣れてくれない子たちを迎えてくださる家族とのご縁を見つけることができないまま
一時預かりさん宅での生活も預かりさんのライフスタイルの変化に伴い終了となりました。
そのため終生飼養施設への移動を決定。

依頼主さんにも了承を得まして
本日無事に初陽、入陽、夕陽の3匹が移動しました。
ギリギリのタイミングで都々ちゃんがトライアル決定でトライアル開始のため
都々ちゃんはみなしご救援隊さんに移動することはありませんでした。

この子たちもギリギリまで募集をかけていましたが
ご縁を繋ぐことが出来ず残念。

でも犬猫みなしご救援隊さんのスタッフさんたちの愛情をもらって
ノンビリと他にもお友達が沢山出来る環境で生活することが出来ます。

あのまま捕獲→手術→リリースという流れをとっていたら
きっと既に命尽きていたと思います。
交通量の多い場所で給餌者も居ない、
水をかけられて追い払われる・・
お母さんが急死したため野良猫として生きていくための知恵もまだ十分得ていませんでした。

依頼主さんがこの子たちを思って保護をするために頑張ってくれました。

みなしご救援隊のスタッフの皆様、
どうかこの子たちの事宜しくお願いいたします。

栃木拠点には茅ヶ崎から沢山の猫さんたちがすでに受け入れていただいていて
きっと湘南の街のこと、語り合える仲間が居るはずです。

茅ヶ崎生まれの猫たちが
栃木の塩分のない気持ちの良い風にあたりながら
まぶしい太陽の光を浴びながら
毎日ノンビリと過ごすことが出来ることになり
本当にみなしご救援隊の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

そしてその費用をご協力くださった皆様にも心から感謝申し上げます。

本日をもって募集終了とさせていただきます。
今迄フードご支援等のご協力をしてくださいまして
本当にありがとうございました!

>> Read More

| 募集終了 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>