Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

平成27年度 協働事業開始!茅ヶ崎市の取り組み~飼い主の居ない猫対策~ 

2015/04/28情報UP

平成27年度も茅ヶ崎市環境保全課と共に茅ヶ崎市内に住む「飼い主不明猫(野良猫)対策」が行われます。

CCPも協働事業2年目ですので、環境保全課の職員さんとも
去年よりも色々な部分で改善していっていますのでスムーズな対応が出来そうな感じでございます。
昨年は協働事業で118匹の猫たちのTNRをおこないまして、
職員の皆様も現場をこなすたびに色々学習してくださいまして
また現場に一緒に立ち会って多頭現場のTNR捕獲作業を見学したりして
猫の習性等についてもお勉強してくださいました。

ただし例年通り、恒例の狂犬病関係が多忙な環境保全課は4月~6月位までは猫関係の対応が
スムーズにできません。

また、今年はどうぶつ基金を幅広く利用するために
6月から利用できるチケットを行政枠で5月1日からの受付に合わせて
環境保全課が申請する予定です。

今年度のTNR予定引数は昨年よりも金額的に少ないですが
どうぶつ基金を利用することで昨年よりも多くTNRできるようにしたいと思っています。


昨年まで引っ張ってきてくださっていた職員さんが異動になり、
今年度は昨年度から新たに担当してくださっている職員さんがメインになって対応してくださいます。

とても優しい職員さんなので
いろいろ相談してみてくださいね。

くれぐれも・・・口撃しないでくださいませ(照)

基本的に給餌者から相談を受けてTNRというよりも
近隣の糞尿被害にあっている方々からクレームが入り現場対応をするという流れが多かったですが
今年は「給餌者自身から相談を受ける」という流れを作りたいな~と思っています。

TNRをするにも給餌者が給餌継続をすることが重要です。
また給餌者は給餌するだけでなく、近隣に配慮したお世話が必要です。
これを怠るとTNRしたのに改善されてないじゃない!!!!ってクレームが市役所に入ってしまいます。

猫たちを守りたい、大事に思うその気持ちがあるのであれば
近隣に迷惑をかけないように最大限の努力をする必要があります。

私たちはサポートをすることしかできません。
実際に現場で毎日猫たちのお世話をすることはできません。
だからこそ、給餌者さんの努力で良くも悪くも変わってくるのです。


茅ヶ崎市にお住まいで
飼い主不明猫さんの件で相談したいことがあるんだけど・・・って思っていらっしゃる方は
茅ヶ崎市環境保全課に「野良猫の件で」って電話を入れてください。
電話番号0467-82-1111
若しくはCCP主催の幸せ探し会で同時開催される環境保全課の飼い主不明猫相談会を御料下さい。
毎月第3土曜日にハスキーズギャラリー様に会場を提供していただき
幸せ探し会を行っておりますが、その会場で同時に茅ヶ崎市環境保全課の職員さんが来て相談に乗ってくださいます。
4~5月は狂犬病関連で多忙なので予定では6月の幸せ探し会から行われる予定です。
詳細は毎月更新される幸せ探し会開催予告記事にてご確認ください。


飼い主不明猫問題を解決させるポイントは
①遺棄しない(遺棄させない環境づくり)
②飼い猫は首輪の着用と完全室内飼育の徹底
③避妊・去勢の徹底(飼い猫・外猫共に)
④外猫に給餌をする場合は、近隣に糞尿被害を出さないように清掃活動をし最期まで責任をもってお世話をする
⑤外猫へ給餌をする場合は「置き餌の禁止」
⑥オスも必ずTNR!メスだけじゃなくオスも必ずTNRです!

この6つが出来ているのに苦情がくるとなると
別問題があると考えてよいかと思いますので
それに応じた対処法を再度検討していくようになります。


終生飼育は必須でございます。

猫は野生の生き物ではありません。
人間に依存しなければ生きられない愛玩動物という分類に属しております。
だからこそ、世話をする人間側のマナーが重要なカギになります。

一生懸命責任もって協力してくださる依頼主様であれば
環境保全課も私たちも一生懸命対応させていただきます。

でも丸投げ当たり前。
それが仕事なんだからやんなさいよ的な態度での依頼は
正直それなりの対応しかできませんよ。
依頼をする側も常識のある対応をお願いいたします。



外猫さんについてのご相談は茅ヶ崎市環境保全課につないでもらってご相談をお願いいたします。
電話番号0467-82-1111

保護要請についてはCCPが承りますので依頼のお問い合わせフォームからよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

| 茅ヶ崎市&CCP 協働事業 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

茅ヶ崎市の取り組み~飼い主の居ない猫対策~ 平成26年度 協働事業開始!

茅ヶ崎とCCPは平成26年度に協働事業として
飼い主の居ない猫対策を実施することが決定致しました。

飼い主の居ない猫対策はとても難しい問題ですが
行政とCCPと市民の力で
この問題を解決するために
頑張っております。

行政が本格的に力を入れることが出来たのは
環境保全課の担当者様の理解があったこと、
そしてCCPの活動をしっかり見てくださっていたからこそです。


しかしこれはゴールじゃなくて
まだスタート地点です。

協働事業で土台を作り、
そこからがスタート。

なので平成26年度は踏ん張り尽くす感じになりそうです。

お手伝いさん、正規メンバーさん、大募集しております。
特に一時預かりボランティアさんを大募集。。。

これについては本当に急募状態です。

よろしくお願いいたします。

茅ヶ崎市のHPにて掲載してもらえました。
CCPと行政が取り組む事業はこのような形になっております。

茅ヶ崎市HP 市民活動団体との協働
随時情報はUP致します。


行政と力を合わせるのは
全国の市区町村でも行われているものがありますが、
茅ヶ崎市は他の行政とは違い
完全団結型でございます。

ただお金を出せばいいとかじゃないです。
税金使ってナンボとかそういう話はしたくないです。

茅ヶ崎市オリジナルの飼い主不明猫との共存方法を
作り出して広められたらな~と思っています。

税金の無駄遣いだ!とか言う方もいらっしゃるかもしれません。
でも今まで私たちが行政にお願いしていたことは
行政がやるべき事柄のみです。

行政がやるべきことをやってもらってただけなのに
税金の無駄遣いだ!とか言われてしまったら
「じゃぁ市役所の職員は何をするの?」
「税金で働く職員に3食昼寝付きの生活させるの?」って話ですよ!

私は無駄遣いをさせないためにも
行政がしっかり学び、適切な形で仕事をしてほしいと思っています。

環境保全課は犬猫問題以外も仕事があります。
だから猫の事ばかりではありません。
でもそんな多忙な中でも一生懸命頑張ってこの2年間
共に闘ってくれました。

この2年間で作り上げた土台をさらにガッチリしたものにするために
協働事業がおこなわれることが認められました。

犬猫問題は卓上論では解決できません。
現場に出て、現場の状況を見て
現場にあった対応をしなければ
何も解決出来ません。

是非、協働事業の間に
市長にも現場に来てほしいなと思っています。

現場の状況を見て、実際に市民がどんな形で苦労して生活しているのか
どんな無責任な給餌者が居るのか
どんな形でボランティア活動が進んでいるのか
知ってほしいなと思っています。

随時更新しますので
見守っていただければと思っています。
そしてサポートしていただけますと
更にありがたいです。

茅ヶ崎市の猫たちが幸せに暮らせるためには
人間がもうひと踏ん張りしなければ。
市民が安心して暮らせる街づくりをするには
行政がもっともっと踏ん張らなければ。

来年の今頃、クタクタになっている私が居たとしても
結果的に良い形で協働事業が終わり、
次なる形に進めることを願って
この度協働事業を行う事を決めました。

ものすご~くたたかいました。

税金使わずに猫問題を解決したいという
私の思いを汲んで、さらなる解決方法を提示してくれています。

頑張りますよ!
頑張ります!

よろしくお願いいたします!

| 茅ヶ崎市&CCP 協働事業 | 02:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |