FC2ブログ

Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

6/8保護 あずき&おはぎ親子 ~団子3兄妹のママと兄弟~6/10情報更新



2014/06/08情報UP

今朝は大寝坊。
大寝坊したときに目覚ましになったのは1本の電話でございます。

こちらの電話は後日詳細UPしますが
その後起きてあわてて猫たちのお世話してたら
またまた1本の電話が。

ごま&あんこ&みたらし兄妹のママ猫さんと1匹だけママ猫が咥えていってしまった子猫が
また敷地内に来たという連絡でした。

今日は朝イチでユキナの預かりさん宅にいって
ユキナの状態を確認しにいく予定があったんですが
大寝坊のおかげでマッハで準備中。
どう考えても間に合わないので
ひとまずユキナの預かりさん宅にいって
そのまま依頼主さん宅に向かいました。

捕獲器をもって伺うと親子が居ました。
PAP_0206_20140608215436a36.jpg

お母さんはサビ柄の長毛系ニャンコさんだったんですね。
そして残ってた子は黒白ハチワレの長毛系。

近づいていくとお母さん猫は逃げるどころか近づいてきました。
あれれ。おかしいな。
そうか、ゴマたちも人馴れしてたし・・・このママ猫さんも人馴れしてるのかな?
ってことでとりあえず捕獲器を設置してみました。
PAP_0204_2014060821561250d.jpg
おいで~って言ったら来る。
そしてナデナデも出来る。
なにこれ。
この子遺棄猫?
ご飯入れたからどうぞ~食べてね~っていうと
食べようとする。
クンクン。おいしい匂いだニャ♪って。
PAP_0205_20140608215612eec.jpg
中に入ってみな~いっぱい食べれるよ~って言って誘導しようとしたら
サクサクとこちらの子が・・・
PAP_0203_2014060821560957f.jpg
ママ、これおいしいよ~ってママ猫さんに言いながら
子猫はパウチをパクパク食べました。
でもあと一歩を踏み出せない。
ママ猫も入りたいな~って言いながらも
子猫が先ですから。子猫優先でご飯食べさせています。
なのでもう1台捕獲器を用意してセット。
ママはもう1台に入れて捕まえようって思ったんですが
その時にも子猫は逃げず
黙々と食べる・・・

なのでそのまま抱っこして保護完了。
あとはママ猫さんを捕獲器で捕まえればいい。

子猫は抱っこして車に連れて行く間も
「ん~?景色が変わったにゃ。。。」って感じ。
ボケーっとしてる。おっとりしてる子だってのは見てわかってましたが
ここまでボケーっとしてるのはさすが団子3兄弟の兄弟でございます。。

で、その後ママさんを捕獲しようとしましたが
あと一歩を踏み出さない。
なのでもう1袋パウチを出して誘導し、
私が踏み式の踏板を指でプッシュしてパシっと閉めました。
あら簡単。

そしたら依頼主さん宅のお隣さんが出てきたので
子猫保護できたこととお母さんが保護できたことをお話しました。
お母さん猫、リリース後お世話してもらえると助かるって言ったら
「私、猫が嫌いなのよ~」って。
あら。あらら。。
依頼主さんも動物が苦手な方で触れない。
何とも運が悪いなぁ・・・
でもご飯だけならちょっとあげてもいいかもしれないけど
でも嫌いなのよね~っておっしゃるお隣さん。
困ったな・・・でもリリースしか今は出来ないわ。。。ってことでTNRをすることに。

ママ猫さんは月曜日に手術ねってことで子猫だけ病院に搬送しようと電話しました。
もう午前の診察にギリギリ間に合うかっていうタイミングだったので
遅くなるかもしれないから電話を。

子猫1匹の保護でって電話してたのを聞いてた息子。
爆弾発言をこの後しました・・・


息子「このママ猫はTNRなの?」
私「そうだよ、慣れてるけどね、なんとか地区の人たちでお世話してもらえないとね・・・」
息子「まってよ、お母さん人馴れしてるよ?リリースなんてかわいそうだよ!」
私「いやいや、かわいそうだろうけれども 受け入れ先が無いんだし里親探しするにも親猫は時間かかるよ。だから今回はお母さん猫には我慢してもらおう」
息子「だって、あんなに子猫の事呼んでるのに、離ればなれにしたらかわいそうだよ!」
って何故か食いついてくる息子。
なによ・・・何があったのよ・・・

どうしても母猫も保護しろと訴える息子に
私も驚きまくり。
TNRの必要性、保護の必要性は理解してる息子ですが
まさか現場で母猫を保護しようと言い出すとは想定外。
今までそんなことが無かったので
まさかまさか!!

私「保護にするってことは、このお母さん猫の預かりさんを探したり、お金をかけて検査をしたり
色々としないといけないんだよ?かならずお母さん猫の里親さんが見つかるなんて保障はないよ?
子猫の収容依頼来てるのに今断るしか出来ない状況が続いてるのに親猫は保護なんて無理だよ?!」

なんて言ったんですが

何故か息子の決意は固く・・・

私「トイレ掃除とか、ご飯とか、誰がやるの?お世話誰がするの?」

息子「俺がやる!」

私「やっぱや~めた♪なんて言って出来ないよ?!里親さん見つかるまでずっとお世話やらないといけないんだよ?」

息子「やれる!」

私「エイズキャリアとか白血病キャリアとかだったら余計に里親さん見つからないよ?いいの!?」

息子「それは・・・血液検査してキャリアじゃないことを願うしかないでしょ?」

私「自分で人馴れ訓練とか、お世話できるの?」

息子「できる!」

私「下痢とかゲロとかしたらちゃんと掃除できるの!?」

息子「できる!やる!」

私「医療費誰が払うの?自分で払えるの?」

息子「俺、お年玉から出すから俺が出すから!」

とかなんかワケわからない状況に陥ってしまいまして・・・

私「かわいそうだからって保護してやっぱりやめましたなんて言ったら猫さんが一番つらいおもいするんだよ!?責任もって里親さんが見つかるまでちゃんとお世話できるの!?」

ってかなり強く確認をしましたところ・・・

息子「・・・・・・」

悩んでました。
とっても悩んでました。
その悩む息子の後ろでは
ママ猫が子猫を呼び、子猫がママ猫を呼び・・・

責任を全うするという部分をかなり強調して確認をしたので
相当悩んだと思います。

それを今すぐ決めろなんていう私も私ですが
そんな生半端な気持ちやかわいそうだって気持ちだけで
保護したりしてたら我が家崩壊しちゃいますから・・・
相手は生き物ですから
自分で保護したならば責任もってその命を守らなければならないし
守れるのは自分だけ。
私は手を出さないよ?って言いましたところ・・・


息子「俺が全部やるから、わからない事があったら教えてくれる?ちゃんと教えてくれるなら、俺、里親さん見つかるまでの間ちゃんとお世話して大事にする。俺が責任もってお世話するから、だからリリースしないで保護にして?」


って。


おい。なんてしっかりした息子さんなんだろうか・・・

と、私は息子に改めて驚きました。


慣れてるとは言っても
大人に慣れてるだけで
子供には慣れてないですから・・・

子猫は団子3兄妹の兄弟ですから抱っこでもなんでも出来る子です。
でもママ猫さんはそうはいかないでしょう。
ママ猫さんであるがゆえに気の強さも見せるでしょう。

それでも大丈夫なのかわからないけれども
息子がきちんとやると断言したので
私は今回この親子を保護に切り替えることにしました。
ケージも追加しないと・・・
トイレも追加しないと・・・

ってことでユニディに行ってまたケージを購入。
ペットを飼うってことはお金がかかりますが
保護するにもお金かかりますし
何よりもスペースが必要になります。

息子はすべて自分で必要なものを選び、自分の初保護猫さん親子のために
色々と悩んで答えを出しました。
早く出し過ぎだよって思ったりもしましたが
もうこれは息子が決めたこと。
もし息子が途中で投げ出すようなことがあれば
私は相当怒ってしまうかもしれないですが・・・

仮名も息子が付けました。
ママ猫さんはおはぎちゃん。
子猫の名前はあずきちゃん。

PAP_0201_20140608215608d99.jpg
現場から病院搬送までの間、
色々と話し合いましたが
結果的に息子の意見を尊重することになった今回の保護。
はたして息子はどこまでちゃんとできるのかな~(汗)
息子にとっての初保護は
まだ8歳でございます。
今年で9歳になる子供に
こんなこと決定させていいのかなぁ・・・と心配な面が多いですが
頑張りを見守ることにします。

PAP_0202_201406082234302b7.jpg
「私の子供を返してください~」ってすごい鳴いていました。
そりゃ鳴きますよネ・・・自分の子が診察台の上でママー!って呼んでるんだし。
ママ猫さんは血液検査、ワクチン、フロントライン、ドロンタールを先にやりました。
検査結果が出るまでの間、息子はソワソワ・・・エイズじゃありませんように!とか言っちゃって。

PAP_0200_20140608223429cdb.jpg
子猫もママ猫さんと同じ医療行為を終えてやっと一緒になりました。
そしたらピタっと泣き止みました。

PAP_0199_20140608223427920.jpg
私の判断だったらここでお別れしてそれぞれの猫生を歩むはずでしたが
息子の判断で一緒に生活できることに。
一緒の里親さんにもらわれていけるようになるといいね。

PAP_0196_20140608224319260.jpg
PAP_0195_20140608224317539.jpg
ママ猫さんも子猫さんもエイズ・白血病ともに陰性でした。
この結果を見て息子はホっとしていました。
これで大丈夫だ~って。
ここからが大変なんだけどなぁ・・・(苦笑)

CIMG4215.jpg
お家に帰ってケージセッティングして
息子のお世話が始まりました。
子猫はすぐに息子が買ったおもちゃに反応して遊んでいました。
(2段ケージの上に登れないからって買ったおもちゃです。踏み台にできるようにって)
CIMG4208.jpg
ご飯もしっかり食べるあずきちゃん。というかモフモフ毛のせいで
かなり大きく見えます。実際ママ猫さんがしっかり育てたので
800g台あります。
CIMG4207.jpg
ママと一緒で安心してるのか、
おもちゃでもよく遊ぶしご飯も良く食べています。
ママ猫のおはぎちゃんは・・・
CIMG4216.jpg
あずきちゃんの後ろでじーっと疲れを取ってました。
ワクチンもしたしね。環境の変化もあるし。
CIMG4213.jpg
お疲れさんだったね。
お兄ちゃんがあなたとベビーちゃんを引き離したくないっていうから
あなたも保護になったんだよ。
お兄ちゃんと仲良くしてくれるとうれしいなぁ・・・
でもうちの子には慣れないからステキナご縁探そうね。
CIMG4214.jpg
おばちゃんはお世話しないから
お兄ちゃんにすべて任せてるからね。
なんかあったら文句言っていいからね。

とても優しい顔をしています。
人の愛情を知ってる顔です。
遺棄されたんだろうな。きっと。
置き去りかもしれない。

依頼主さんが言ってました。
「殺処分されないようにしてほしい」って。
依頼主さんも犬猫触れないけど
殺されるのはイヤなのです。

猫が嫌いって言ってたお隣のおばあちゃんも
嫌いなのよって言いながらも
大嫌いってわけじゃなく敷地内に入ってくるのがイヤなだけで
見る分には別にそこまでイヤじゃないのかも。

リリースにならなかった分
私の懐も私の体力も
また減りそうですが
この決定をした息子の母親として
この親子猫さんの行く末をしっかり見守り
息子の決断をサポートできるように頑張ろうと思います。

CIMG4210_2014060822552194b.jpg
チョビひげがあるから男の子かと思ったら
女の子だったんですよね。
CIMG4209_20140608225521654.jpg
長毛猫さんなので里親さんはブラッシングしっかりしてあげてください。
CIMG4211.jpg
親子一緒に卒業できますように・・・・
CIMG4212.jpg
親子ともどもステキナご縁を待ってます。
お母さんは初産だと思われます。
年齢も1歳になったばかりくらい。
昨年の春生まれだと思います。
人馴れしていますし落ち着いています。

エイズ白血病ともに陰性
3キロ台
育児が終わり不妊手術が完了したら
フワフワの毛になると思います。
育児のために栄養取られまくってるので
今はこんなボサボサですが
ブラッシングしたりシャンプーしたりして
ピカピカにしてあげるつもりです。

不妊手術は月内実施予定です。

| 保護経緯 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

6/7保護完了 【和菓子4兄妹】 協働事業H地区より~4/25生まれ 大福、お餅、あられ、おかき~ 6/7情報UP

2014/06/07情報UP

H地区の個人宅多頭現場からのレスキューです。。。。
外猫さんたちはTNRが一部終わっています。
1匹目2匹目3匹目4匹目5匹目TNR記事)

産ませないことを条件に立ち入りしたんですが
堕胎なんてひどいわ!みたいな感じで・・・
これ以上強引にTNRさせようとすると
立ち入りさえ出来なくなるという可能性があり
外猫さん1匹は出産させるということで
しぶしぶ同意して立ち入りしました。

しかし私は何か聞き間違えていたのか
聞いてなかったのか
言われてなかったのか
何が何だかチンプンカンプンでしたが
家猫さん1匹産ませていたようです・・・

なんつーか。
顎が外れたっていうか
ギャフンっていうか
なんというか・・・。

生まれてしまった命に罪は無い。
産んだ母猫にも罪はない。
飼い主としての責任は
終生飼育です。

終生飼育出来ないのに
出産させるってどういうこと?
外猫さんだけじゃないの?

外猫さんは家の中に入れて出産させることで同意したと思ったのに
他にも妊娠猫さんが居たってこと?
もうよくわかんない・・・

そして生まれたのは5匹の子。

5匹生まれたのに1匹は残したいと。。。

全匹当会で受け入れて今後一切出産させないようにするという
お約束の元で進めていたんですが
どうしても1匹残したいと。
残したいと。。。
残したいと。。。

ん~~~~!!無理!無理だってば!って言ってるのに
どうしても・・・と。。。。

残したい子は一番気に入ってる子らしく
キジ白の女の子を残すとの事。

この子、ちゃんと手術させてくれるんでしょうか・・・?
ちゃんとママ猫さんも手術してくれるんでしょうか!?


私、もう、乗り込みたい衝動に駆られていましたが
現地ボランティアさんもちゃんと監視してるし
現場で対応してくださるとのことで
今回は我慢我慢。。。
我慢して4匹を保護してきました。
140607_1409~01

お母さん猫は細い。
かなり細い。
育児で栄養分どんどん取られちゃってますから
お母さんはガリガリになります。

子猫たちは
お家で生まれた子なのに
風邪ひいてる。
ヘルペスかにゃ。。。
どうしようもない。

そしてお家の中。
すごい下痢と嘔吐物がいっぱい。
臭い。

お家に前回伺って中に入れてもらったときは
ここまで匂いはしなかった。
でもやっぱり多頭飼育。
これはひどい。

トイレ訓練できてない。

あちこちでおしっこしちゃってるし
ウンチもしてる。
そのウンチは下痢。

もう・・・


これ以上何も言いませんが
この子たちを保護して
私はこの現場の内部は立ち入り終わりです。

あとは外に残った子たちのTNRを一気にやって
私は撤退します。

あとは現場ボランティアさんたちに任せて
CCPとしての立ち入りは終了です。

子猫たちは小さいしお母さんの栄養状態が良くないみたいってお話を聞いていましたが
実際に今日引き上げに行ったらそんなことなかった。
風邪はひいてるけど体重的に問題なし。
ふっくらしてるし、ママ猫さんのおっぱいでしっかり育ってました。

ケージか何かに入れてるのかと思いきや
子猫たちは自由奔放に遊んでます。
部屋の中を自由に。

2匹はすぐ捕まえられて
その後別の部屋に2匹いるのを見つけキャリーへ。
そして残り1匹。

いない。

どこだ。

いない。。。

一番小さい子が居ないって言われて
一番小さい子・・・一番小さい子・・・

探すけど居ない。

ベッドの下、
キッチン、寝室。
なんだかわからない部屋。

ゲロ落ちてる部屋。
オシッコ、下痢便落ちてる部屋を
探しまくる。
そしたら

「どこにもいなかったらココかもしれないわよ~」ってノンキなおばあちゃん。

携帯のライトで照らしたら居た。

黒白の子だ。

いたいた。

って思って引き出したら・・・


うぉ!!!デカ!!!!
ちょっと一番でかいじゃん!!!

ってことで全匹とりあえずキャリーへ。
CIMG4133.jpg

そのうち一番気に入っているという子だけをお渡しして
撤収しました。

もうこれ以上は何を言っても無理なんです。

TNRできただけでも奇跡かもしれない。
中に入れただけでも奇跡なのかもしれない。

現地ボランティアさんの思い
近隣の人たちの思い
すべて改善するには
ここで我慢するしかないのかな・・・
とか。
そんな葛藤の中
なんとかレスキューできた子猫たちは
こちらの4匹。

名前はこの黒白の子を捕まえたときに
「お前は大福だ。」って思ってしまったので
和菓子で行くしかない。

そうだ。君たちは和菓子4兄妹なのだ。
そうなのだ。

ってことでお名前つけましたヨ。

仮名:大福 ♂黒白、
6/7現在840g
フロントライン、ドロンタール済み
風邪薬、点眼によるカゼ治療開始。
CIMG4146.jpg
この子を隙間から引き出したとき
一目見て「どすこ~い。。。」って思った。
CIMG4147.jpg
そして何故か「お前は大福だ!」って思った。
そう。もうこの子は大福なんだニャ・・・。
大福以外名前が浮かばなかった。

仮名:お餅 ♂白キジ斑、
6/7現在720g
フロントライン、ドロンタール済み
風邪薬、点眼によるカゼ治療開始。
CIMG4138.jpg
この子の撮影してたら楓斗がやたらめったらクンクンして邪魔してきた。
いつもならシャーとかウォ~~~~とかいうのに
ひたすらクンクン。。。なんじゃろか~????
そしてこの子の加盟は「モチ」っていうのがポンと浮かんでしまったので
「お餅君」になった。
CIMG4141.jpg
モチモチでっせ~(笑)
きっときれいな子になると思います。今はまだカゼひいてますね。。。

仮名:あられ ♀キジ白、
6/7現在560g
フロントライン、ドロンタール済み
風邪薬、点眼によるカゼ治療開始。
CIMG4148.jpg
ドロンタール飲ませましたが、20分未満で嘔吐して出しちゃったんで
またやり直しにします。
女の子って感じの子ですよ~
ノンビリさん。
CIMG4150.jpg
一番小さい子です。
風邪薬も飲ませて点眼してもっときれいになりますよ。

仮名:おかき ♂白キジ斑、
6/7現在580g
フロントライン、ドロンタール済み
風邪薬、点眼によるカゼ治療開始。
CIMG4151.jpg
おしゃべりです。
というか、「にゃにすんだニャー!!!」っていう言葉が多いです。
でも抱っこしちゃえばおとなしい。
CIMG4154.jpg
「こんニャ飯食えるきゃーーー!」って言いたそうに
ウマウマ言いながらパウチ食べてましたよ(笑)

誕生日はみんな4月25日だそうです。
なので6月25日以降でワクチン、血液検査をします。
なので幸せ探し会ではパネル参加になります。
6月下旬から募集開始いたします。


| 保護経緯 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【幸せ募集準備中】5/30保護完了 おにぎり5兄弟~ツナ、さけ、こんぶ、おかか、たらこ~ 6/5情報更新

2014/6/5情報更新

おにぎり5兄妹は本日メンバーさん宅から我が家に移動してきました。
CIMG4093.jpg
我が家に移動するまでの間に
風邪等の治療をしてもらったり体調を少しずつ整えてもらっていました。
CIMG4112.jpg
一時はご飯を食べれなくて衰弱しそうだった子も居ました。
一生懸命メンバーさんが体調管理してくださって
みんなウマウマご飯を食べられるようになりました。
CIMG4113.jpg
誕生日は推定ですが5月1日頃。
生後1か月経過したところです。

まだ体重はみんな500g未満。
まだまだ細いですが一生懸命食べてくれています。
CIMG4114.jpg
いっぱい食べて大きくなろうね!
いっぱいいっぱい買ってきた!
おいしいおいしいご飯、たくさん送ってもらえたよ!
だからいっぱい食べようね♪

ってことで改めまして仮名のご紹介。

【白茶のツナ君。】
5/30保護時400g→6/5現在490g
CIMG4110.jpg
しっぽが長くて白が多い茶白猫さんです。
CIMG4111.jpg
性格はまだまだ未知数。
あと1週間くらい一緒に過ごせばわかってくるかな~

【黒三毛のおかかちゃん】
5/30保護時280g→6/5現在360g
CIMG4094.jpg
派手な柄ですネ~
活発な子になりそうな予感。。。
CIMG4095.jpg
しっぽも長くて骨格は良いです。
4キロ台まで成長するかな?

【茶白のサケ君】
5/30保護時260g→6/5現在300g
CIMG4096.jpg
今年は・・・茶白とか茶トラが多いですね・・・
それもハチワレ系じゃなくて。。。
八朔と間違えないようにしないと(苦笑)
CIMG4099.jpg
一番の泣き虫さん。
さっきご飯あげる時に「ん~モモモモ!!」って言いました。
前世はウシさんだったのかな?(笑)
眉毛が独特な形ですね。大体の子はM字なんですけど(笑)

【キジ白のこんぶちゃん(君かも)】
5/30保護時300g→6/5現在380g
CIMG4107.jpg
今年はキジ白とかキジトラ柄があまり居ないので
すぐ見分けがつくかな。
CIMG4108.jpg
体重がみんな1週間で100g前後増えていますが
まだ下痢してる子も居ます。
子猫は急変が怖いですが生後1か月経過しているし
500g台まで行けば何かと治療行為が積極的にできます。
でもまだ500g未満。
みんなしっかり食べて目指せ500gオーバー!

【白三毛のたらこちゃん】
5/30保護時260g→6/5現在360g
CIMG4102.jpg
まだまだみんな線が細いですし毛艶も悪いです。
栄養状態が悪すぎたので仕方がない。
これから挽回していこうね!
CIMG4105.jpg
小さな小さなこの体で
一生懸命生きてるこの子たちは
お母さん猫さんが一生懸命育ててくれてたけど
あまりにも環境が悪すぎましたネ・・・
お母さんも育児に集中できるような状態じゃなかった。

お母さんはもうTNRしたので
発情もなく、出産もなく、育児もしないで生活できます。
他の猫さんたちと仲良くのんびり生活してもらいたいです。
でもその前にあの住んでる場所の衛生面をどうにかしないと・・・

子猫たちは家猫として幸せになれるように
まずは体調整えて元気いっぱいになろう!

ってことで募集開始は最短でも
7月上旬から譲渡開始になります。
募集開始は6月下旬からになるかな?

ってことでこのおにぎり5兄妹が元気に成長して
ステキナご縁に恵まれますように!!
砂、ご飯、応援よろしくお願いいたします。。。

>> Read More

| 保護経緯 | 02:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【募集準備中】春の果物3兄妹 ~八朔君・枇杷ちゃん・檸檬ちゃん~ 5/27情報UP

2014/5/27情報UP

敷地内に母猫と子猫がいるんですが
どうしたらよいでしょうかというお問い合わせは良くあります。
でも依頼主さんが丸投げだとCCPとしてもどうにも動けないことが多いのですが
今回はいろいろとご協力いただきまして
お父さん、お母さんはTNRが完了しました。
そして子猫たちも無事に保護完了。

生後1か月ちょいのベビーです。
(誕生日は推定で4月15日頃)

モナカベビー、海の幸4兄弟、団子3兄弟、若葉ベビーと続きましたので
今度は春の果物兄妹にしました。

八朔(はっさく)くんは茶白の男の子。
美形ですねぇ・・・
まだ保護したばかりなので
可愛らしくシャーとか言ってみますが何もしませんし
抱っこしても大丈夫。文句も言わずされるがまま。
5月27日の本日保護完了しました。
CIMG2958.jpg
CIMG2959.jpg
CIMG2960.jpg

三毛パンダ柄の枇杷(びわ)ちゃん。
この子は土曜日に一番乗りで保護できました。
CIMG2954.jpg
CIMG2952.jpg

こちらは檸檬(れもん)ちゃん。
5月27日の本日保護完了です。
CIMG2955.jpg
CIMG2957.jpg
CIMG2956.jpg
顔の柄が面白い。そして腰に均等に入った黒丸も美しい!
とても面白い柄の子です。


八朔くんはモナカにそっくり!
何で今年は茶系が多いのだろうか・・・
おかしいなぁ・・・

今まで茶虎系は年に1匹保護するかしないかのレベルだったのに。
今年は茶トラ、茶白、クリーム、グレー・・・カラフルでございます。

今日までに回虫・条虫の駆除、フロントラインまでは完了していますが
ワクチン等はまだです。
今日保護したばかりの子もいますので
落ち着き次第募集を開始します。
なので今しばらくお待ちくださいね。

| 保護経緯 | 02:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【全員卒業しました♪】団子3兄妹~みたらし&あんこ&ごま~ 5/10保護 5/14情報UP

5/14情報更新

午前中は息子の子供会の行事があり出かけていました。
帰宅するために歩いていたら1本の電話が。

卒業猫さんの里親さんからでした。

市内のお友達宅に母猫と子猫が出没して子猫は4匹いたうちの3匹を保護したけど
母猫は1匹の子猫を咥えて逃走。
結果的に保護した子猫3匹を連れてきて、「今ご自宅前に居ます!」って。

え~!!!
え~~!!!
自宅前!!!

今近くに居るのですぐ行きます!ってことで
自宅に大急ぎで戻りました。

キャリーの中には子猫3匹。
なんだかカラフルな子がいっぱい。

そして何よりもシャーとも言わずキャリーの中で兄妹がじゃれて遊んでる・・・

人慣れどころか人に警戒心のケの字も持ってない。
なんだこりゃ~!!!

ってことで受け入れをしました。

そして受け入れしてそのままお母さん猫と子猫を捕まえに現場に急行!

でも結局見つからず・・・
里親さんのお友達さんに連絡先を伝え
もし母猫を見かけたら連絡くださいと伝えました。
お母さんは不妊手術をして、子猫は保護することに。

で、子猫たちはものすごい汚れていました。
外で育って自由に遊びまわる月齢ですから
お母さんも育てるのが大変だったと思いますが
汚れ過ぎ・・・

フキフキしたらあっという間にウェットティッシュが黒くなりました。
おぉぉ。。。思った以上に汚れている。

体調整ったらシャンプーだな。。。
午後の診察が始まる前だったのでひとまず体重だけ測って
フロントラインを付けました。病院でドロンタール。血液検査はワクチン接種時に。
PAP_0042_20140514154102883.jpg
ってことで団子3兄妹です。
募集はまだしませんが、ワクチン1回目が終わりましたら6月の幸せ探し会に参加します。

PAP_0041_20140514154059ced.jpg
黒い子はあんこ君。眉毛白い!黒猫かとおもったら中途半端に白髪バリの白毛がある。
シッポは鍵シッポで中途半端な長さだけどプリット可愛い。
今嘔吐と下痢(腸内細菌の量が偏ってることによるもの)で投薬治療中です。
PAP_0040_2014051415405760a.jpg
茶トラはみたらし君。多分男の子。
グレーはごまちゃん。多分女の子。

この時まで全然ママと離れたことに気づいてない。
ボケーっとした兄妹なのか、ノンキなのか何なのか。

病院についてドロンタールを飲ませた時にハっとしたらしい。

「そうだ!ママは?!ママは?!」ってやっと気付いた3兄妹。
それからママを探すために泣き叫ぶ。

でもママはどっか行っちゃったから・・・
とにかく隔離してご飯でもどうぞって言ったら
ものすごい勢いで食べる!食べる!食べる・・・

ウォウオォ!ギャオォ!って叫びながら食べる。離乳出来てるからこのまましばらく隔離しておけば大丈夫だな。
って思ってたんですよ。

なのに。

人生何があるかわからないですね。

モナカさんが新しい子猫を見て「あら!あら!あらら!」と。

モナカが呼ぶ。団子3兄妹鳴く。
モナカ応える。団子3兄妹鳴く!

ってことで泣き喚いて大変だったので
モナカベビーと一緒にしました。
でやっと落ち着いたところがコレ。
PAP_0038_20140514154713efe.jpg
一番泣き虫なグレーのゴマさん。
モナカベビーの三毛柄ラスクの腹枕でスヤスヤ・・
つか、ラスクさん寝像悪い。。。

やっとこれで落ち着いた感じでですね、
もうね、本当に連日の収容に驚きまくりでハラハラでございました。

ちなみに下痢嘔吐で病院に1匹で行ったあんこ君は
キャリーの中でもおとなしくくつろいで診察まち。
PAP_0016_20140514154902c73.jpg

診察台に乗ってもアハハハハ♪って余裕。
でも体温計をお尻にブスってさされたら
「ウギャ!!!」と一言。

熱もなく、下痢嘔吐が・・・ってわかった時に
お尻に刺激があったのが良かったのか悪かったのか
そのまま診察台の上でブリっと排便。
そのまま検便してもらえたのでラッキー。

検査結果は腸内細菌のバランスが崩れている事によるもので
悪性の何か悪い菌が居るとかそういうものじゃなかったので
お腹の調子を整えるお薬をもらって補液。

補液中も文句言いましたがちゃんと出来ました。
ラスクの時よりもおとなしい。良い子かもしれない。

PAP_0015_2014051415485951e.jpg

原因としてはご飯があってない可能性があるので
カルカンパウチはやめて缶詰の離乳食をお湯で溶かすやつにしようと思って作ったけど
「これご飯じゃない」と言われ却下されました。
なので結局色々試したけどカルカンしか食べなかったので
投薬しながら様子を見ます。
他のご飯に切り替えたいんだけどな・・・。

ちなみに他の2匹は良質のウンチをブリブリ出せてるので
あんこ君だけお腹の調子が悪いです。


団子3兄妹は
ちょっぴりどんくさいところがありますが
人慣れしすぎているので
きっとすぐにお家のアイドルになれますよ~。

募集はもう少し待っててくださいね。

| 保護経緯 | 02:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>