Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

11/24実施 J地区東側 TNR実施報告② キジトラ オス 協働事業+どうぶつ基金チケット NO.9245

2015/11/24実施報告

地域猫導入決定地区の東側。
ここの子たちは地域猫導入が出来なかった地区。
何年も前から交渉を続けてきたけど破談になってた地区でのTNR。
龍太郎が生まれ育った場所のすぐ近く。
捕獲時の詳細は代表ブログ参照してください♪

こちらはチケット利用+依頼主自己負担の現場。
CIMG0631.jpg

キジトラ オス 1才位
大柄だニャー。
去勢手術、フロントライン、耳カット済み
CIMG0632.jpg

兄弟なのかな。
仲良しなのかな。
普通この程度の月齢だと
オス一緒に行動するってことはめったにないんだけど
2匹とも弱いので
猫が多い地区で生き延びるには
仲良くしてないと・・・って感じなのかな。
兄弟2匹で乗り切ってきたんだろうな。
CIMG0633.jpg

2匹一緒だったから重かった・・・
10キロオーバーだもん。。。
これ担いで駐車場から現場の往復しんどかった・・・。

CIMG0636_20151223211330ead.jpg
給餌者さんは過去にもどうぶつ基金使って
最初はメスを優先してTNRしてくださっています。
これでこの現場のねこさんは最後。
みんなTNR済み猫さんになりました。

後のお世話・・・よろしくお願いします!

地域猫導入できなかった地区なので
この子たちは生きていくことを認めてもらえてない地区です。

ほんの数メートル先では地域猫導入が決まった地区なのにね。

まぁしょうがないんだよな・・・
多頭崩壊地区の住人にとって
猫は害獣になっちゃってんもんね・・・。

結局人間都合に振り回されるのは
猫たちだ。
スポンサーサイト

| 2015年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

11/24実施 J地区東側 TNR実施報告① 黒キジトラ オス 協働事業+どうぶつ基金チケット NO.9245

2015/11/24実施報告

地域猫導入決定地区の東側。
ここの子たちは地域猫導入が出来なかった地区。
何年も前から交渉を続けてきたけど破談になってた地区でのTNR。
龍太郎が生まれ育った場所のすぐ近く。
捕獲時の詳細は代表ブログ参照してください♪

こちらはチケット利用+依頼主自己負担の現場。

CIMG0630.jpg
黒キジトラ オス 1才位
大柄だニャー。
去勢手術、フロントライン、耳カット済み


CIMG0629.jpg
まさか2匹一緒に入るなんてって感じで
兄弟なのかな。
仲良しなのかな。
普通この程度の月齢だと
オス一緒に行動するってことはめったにないんだけど
2匹とも弱いので
猫が多い地区で生き延びるには
仲良くしてないと・・・って感じなのかな。
兄弟2匹で乗り切ってきたんだろうな。

CIMG0634.jpg
2匹一緒だったから重かった・・・
10キロオーバーだもん。。。
これ担いで駐車場から現場の往復しんどかった・・・。

CIMG0636_20151223211330ead.jpg
給餌者さんは過去にもどうぶつ基金使って
最初はメスを優先してTNRしてくださっています。
これでこの現場のねこさんは最後。
みんなTNR済み猫さんになりました。

後のお世話・・・よろしくお願いします!

地域猫導入できなかった地区なので
この子たちは生きていくことを認めてもらえてない地区です。

ほんの数メートル先では地域猫導入が決まった地区なのにね。

まぁしょうがないんだよな・・・
多頭崩壊地区の住人にとって
猫は害獣になっちゃってんもんね・・・。

結局人間都合に振り回されるのは
猫たちだ。

| 2015年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

10/7実施 H地区 (三毛メス) どうぶつ基金NO.9224 (個人依頼)

2015/10/7実施報告

この子の事は
代表ブログに詳細を載せました。


危機一髪のところで
命拾いをした子です。
CIMG0074.jpg

その後、依頼主さんのお家にケージとトイレ等を貸出して
体調管理をしてもらいました。

今じゃ外で元気に外猫として暮らしています。
ちゃっかり依頼主さん宅に居座って。

だってそこがイイって思ったんだもんね。

ここにいたら安心だってわかったんだもんね。

先生とも色々話し合いをしたんです。

今後子宮蓄膿症の子が出たらどうするかって。


やっぱり助かる命なら助けますって先生言ってくださいました。

助かるのに助けないなんてことは
したくないって。

ありがとうございます。

そうなんです。

手術すれば助かる命。

見捨てることなんてできない。

やっぱり私も同じだって思いました。


見捨てるなんて出来ないから
この子が苦しまないように
痛くないように
苦痛から解放してほしいって思うし
生きてほしいって思う。

先生ありがとうございました。

そして彼女を見守ることを選んでくださった依頼主さんにも感謝です!

三毛猫さん
無事に命を救ってもらって
生きる道を与えてもらえました!

子宮蓄膿症は
不妊手術をすれば避けられる事。

不妊手術をしないまま
繁殖させたりするから
こうやって苦しむ子が出るんです。

先日も飼い猫さんで自家繁殖させようと妊娠させた飼い主さんが居ました。

妊娠1カ月過ぎて膣からの出血があり
相談がありました。

速やかに病院に受診してください。
膣からの出血なら
流産、子宮蓄膿症、
排尿時の出血なら膀胱炎等。

もし子宮蓄膿症なら破裂したらアウトです。

急いで受診してもらいました。
(翌日になってからですけどね)


結局赤ちゃんは流産、
そして子宮蓄膿症で全摘。
つまりもう妊娠出来ないからだになりました。


でも
そういう知識のない飼い主の元で
産まされるお母さん猫は不幸になるだけ。
だから手術出来てよかったと思います。


どうして知識のない人間が
繁殖を試みるのか。

私にはわかりません。

子孫を残してあげたいと思う気持ちはわからんでもないけど
でも産むのは猫です。
あなたじゃない。

苦しむのも痛いみと戦うのも
猫です。

あなたじゃない。


結局この飼い猫さんは
あと少し遅かったら
亡くなっていたでしょう。


もう1匹いるオス猫さんにも早急に去勢をするよう伝えましたが
どうなることやら・・・


安易な思考での安易な繁殖は
絶対禁止です。

遺伝子の勉強とか
そういう知識を得て
本当に必要かどうか、自分のお家の猫さんに出産させることが本当に正しい事なのか
よくよく考えて獣医さんともお話を聞いて
先天性疾患がないかどうかも確認してからにしてください。

不幸を増やす飼い主にならないためにも・・・

| 2015年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

6/2実施 H地区TNR報告② どうぶつ基金行政枠チケット NO.7259

2015/06/02実施報告

6月1日の続き。

女の子も無事に捕獲出来まして翌日2日に手術が出来ました。
予想通り妊娠しておりまして、
ベビちゃんは3匹だったかな。
CIMG7209_20150715141627278.jpg

妊娠中期ってところでしょうか。
まだ幼い顔をしている猫さんです。
1日にTNRした子と親子だったりして。
ウイルス検査してもらったんですが
エイズ・白血病ともに陰性でした。
さらに爪切り、耳掃除とかもしてもらって
お家の中で保護してもらおうとしてたんですが
やっぱり外猫だった子の扱いは
そう簡単じゃないので逃げてしまったそうです。
耳カットしてありますので
冬くらいまでには抱っこも出来るようになってくれれば
お家の中に入れられるかな~・・・。
CIMG7208_201507151416259f6.jpg
依頼主さんが依頼をしてくれなければ
この現場はもっともっと増えていたことになります。
早期発見早期TNR!これしか外猫さんを増やさず見守るって方法は今のところ無いです。
全部保護出来ればいいけどそんな事してたら
破産どころか私の命が尽きてしまう・・・。

太っ腹な事できたらいいのになー。
ね、シェルター作れればいいのにね・・・

なんて。
思ったり。。。
しちゃったね・・・。

| 2015年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

6/2実施 H地区TNR報告② キジトラ メス 中猫 どうぶつ基金チケット NO.7259

2015/6/2実施報告

本当は5月31日の夜に捕獲したかった子はこの子だったんだけど
警戒しちゃったのか・・・出てこなくて
お腹大きいし急にスリゴロになったっていうから
出産しちゃったかと思ったけど
実際に捕獲して出会ったらそこまでお腹大きくないから
月内には生まれるけどあと2週間位は大丈夫かな・・・って思ったら
胎児は3匹であと3週間位で産まれるサイズだった。。。
CIMG7209.jpg
この子は依頼主さんのお家で飼ってもらえることになりました。
ウイルス検査したらエイズも白血病も陰性だったし。
比較的依頼主さんに慣れてるし。
お家の先住猫さんが受け入れてくれるかわからないけど
この子用にあいてる部屋を用意してくれるって言ってくれました。
本当にうれしい。。
CIMG7208.jpg
優しい依頼主さんのおかげでこの地区の野良猫さんが1匹減りました。

飼い主不明猫さんの管理は給餌者さん次第で
周囲の対応が変わってきます。

給餌者さんの管理がきちんと出来ている地区では
飼い主不明猫を見守ってくれる土台作りが出来ます。

この子たちが住んでいる地区は
比較的野良猫に優しい地区ですが
やっぱりこれ以上増えると問題になってしまいますので
ここでこれ以上増えない対応をしていかないといけないですね。。。

| 2015年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>