Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【平成28年度】平成27年7月~平成29年6月 収支報告 (平成29年2月20日情報更新) H28年12~H29年1月分の収支報告です。

2017/2/20情報更新

12月分、1月分の収支データが届きました。
保護猫たちの卒業が進み、
月々の医療費の発生も落ち着いてきて
1月は3匹しか医療にかからずに済みました。
ビックリです。。。
皆様からお預かりしている寄付金によって
十分な医療行為や治療を行うことが出来ており
みんな元気いっぱい過ごすことが出来ております。

TNR費用についても
沢山のご支援を賜ることができて
順次TNRの現場入りをしてTNRをしています。

TNRの収支報告については別途ご報告いたしますが
流石に発情期まっただ中。
予定していたメスは妊娠中期や後期になってきており
また流れのオスも出没したりと
予定していた以上の捕獲になっています。

保護猫の手術も
本日タイムの去勢手術を行っており
今年度保護した子たちはこれで全員手術も完了しました。

2月の収支報告はもう少し早めに発表できるように頑張ります。
茅ヶ崎にも間もなく春の気配がしていて
あちこちで発情のオスの声が聞こえてきています。

TNRが出来なければ不幸の連鎖を食い止めることはできません。
市内在住の皆様、どうかTNRのためのご協力(情報提供・捕獲協力)をよろしくお願いいたします。
蛇口を閉めなければ
どんなに動物保護センターから引き出しをしているボランティアさんが頑張っても
殺処分ゼロの継続は出来ません。
引き出しをしているボランティアさんからの悲鳴が
年々大きくなってきています。
収容引き数が増えているのは
殺処分ゼロを公表したからです。
でも殺処分ゼロの本当の姿は
引き出しボランティアさんが無理をして引き出しをしているからです。
蛇口を閉めない限り収容数は年々増えていく一方です。
その蛇口を閉め、茅ヶ崎からセンターに持ち込まれる個体数を減らすことが
本当の意味での茅ヶ崎からの殺処分ゼロに繋がると思います。
そして完全室内飼育の徹底をしてもらうことで
年間500匹以上犠牲になる交通事故死の猫たちも減らすことができます。

そのための活動継続のため
皆様からのひき続きのお力添えをよろしくお願いいたします。


平成28年度7月~1月

【平成28年12月 消耗品¥37,091】
12月分 消耗品

【平成28年12月 医療費¥107,630】
12月分 医療費

【平成28年12月 収入¥263,814】
12月分 収入


【平成29年1月 消耗品¥52,649】
1月分 消耗品

【平成29年1月 医療費¥32,473】
1月分 医療費

【平成29年1月 収入¥175,359】
1月分 収入

>> Read More

スポンサーサイト

| 収支報告 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【平成27年度】平成27年7月~平成28年6月 収支報告 (平成28年7月26日情報更新) 5~6月分の収支報告です。平成27年度最終収支報告

2016/7/26情報更新

やっとこさ・・・
平成27年度の最終収支報告が出来る状態になりました・・・・
O様からはとっくにデータを送っていただいてたんですが
私自身がPCに向かう時間が非常に短くなっており・・・
現場優先で申し訳ありませんでした・・・

5月分消耗品費 \66,145
2016-5消耗品
6月分消耗品費 \55,842
2016-6消耗品

5月分医療費 \17,700
2016-5医療費

6月分医療費 \293,939
2016-6医療費

5月分寄付金・収入 \118,640
2016-5寄付金・収入

6月分寄付金・収入 \357,341
2016-6寄付金・収入

27年度最終収支
全体収支平成27年度最終


上記の通り
なんと21万の黒字で平成27年度は締めることが出来ました。

びっくりです・・・
平成26年度が24万の赤字で終わったのに・・・
平成27年度は21万の黒字・・・

成猫の譲渡が進んだこと、
また沢山の物資を送っていただけたこと、
そしてフリマやイベント等への参加で
多くの売り上げを得られたこと
そして沢山の方々からの医療費のご支援をお預かりさせていただき
このような黒字での締め処理が完了いたしました。


と喜んで居たのもつかの間。

既に7月末〆の処理を少しずつ進めておりますが
7月26日の時点で消耗品が約10万、医療費が約15万。

営利団体じゃないので
黒字になることの方が稀なんですが
あっという間に赤になりそうな気配。

それでもやりくりせねば成らない。

赤字になれば持ち出しなんて当たり前だし
CCP立ち上げ当初は持ち出しばかりで
100万以上の持ち出し。
貯金も無くなりました。

それがこうして
ここまで来れたのは
支えてくださった多くの皆様のお蔭であり
保護した子たちを家族に迎えてくださった皆様のお蔭でもあります。

1人じゃなんも出来ません。
1人じゃ絶対こんな多くの命を救うことはできません。

現場に専念できるのは
支えてくださる皆様が居てくれるから。

サポートしてくれるメンバーさんやボランティアさんが居てくれるから。

だから私は
まっすぐ前を向いて
命と向き合うことが出来ています。

本当にありがたいことです。

本当に恵まれている環境で活動させていただけています。

まだまだ現場は沢山あり
まだまだ救いたい命はいっぱいいます。

でも容赦なく保護すりゃいいってもんじゃない。

一歩間違えれば多頭崩壊です。

全国各地で個人ボランティア、ボランティア団体の多頭崩壊が相次いでいます。

団体として活動する上では
個人ボランティアさんよりも保護数も桁が違います。
だから崩壊したら
それだけ多くの命が路頭に迷います。

団体運営も代表者次第になってしまいます。

CCPの場合は
ちゃんと副代表さんたちが
私の手綱を握ってくれていて助言してくれて
私のサポートをバッチリしてくださってるので
ギリギリのラインで
制限をかけたり
ここは我慢だと理解してくれたり
ここは踏ん張るところだと納得してくれたり
本当に色々な方面からサポートをしてくださっています。

そしてボランティアさんたちも
自分で抱えずにもっと現場振っていいよ!って言ってくれます。
もっともっと頼っていいんだよ!って言ってくれてます。
だから私は
仕事をしながらでも
こうして活動をすることが出来ています。

こうやって支えてくださる方々が居なかったら
もう今ごろ多頭崩壊で
ニュースになってるかも(涙)

そうならずに
限界ギリギリのところで
踏ん張れているのは
やっぱり支えてくださる方々の力が本当に大きいです。

子供を抱えてシングルマザーで
仕事しながら・・っていう環境で
もっともっと息子に目を向けるべきだという自分も居ます。

子供との時間をもっと作りたいと思う自分も居ます。

でも、今この活動をすることで
息子も沢山の事を学び
学校では教わらない事
絶対に簡単には経験出来ない事が出来ていると思います。

命の最前線に居るわけで
他の子供たちは経験出来ない事が
経験出来ている。

経験は宝だと
私はずっと言い続けていますが
もっともっと経験させたいと思う自分と
これ以上こんな大人の汚い部分や
命の扱いが酷い現場を見せるわけにはいかないと思う自分と
葛藤もあります・・・。

現場対応をしていると
色々な人と出会います。

酷い現場に立ち会った時には
息子も本当に悲しんで悔しがって
人間ってひどい生きものだと肌で感じています。
心でも感じています。

でも卒業猫たちの幸せそうな姿や
今にも死にそうだった子たちが
元気になって行く姿、
ボロボロだった子が
ピカピカになって卒業していく姿、
元気だった子が急変して
命尽きていく姿を
見て、感じて、何かを学んでいる。

言葉には表せないナニカを学べていると思います。

数か月に1回。
息子のための時間を作って
思いっきり一緒に楽しむ。
それしかできませんが
それでも息子はイイと言ってくれます。

もちろん、時々「遊びにいきたいー」とか言ってますので
そういうときはトクベツだよ!って言って
ちょっとだけ遊びに連れて行ったり
合間に一緒に楽しんだり。

そうやって子供との時間を作って
なんとか活動をさせてもらえています。

自宅に帰れば
メンバーさんが保護猫たちの世話をしてくれていて
その時に戻れば
メンバーさんが息子の相手もしてくれて
沢山の大人に囲まれて
沢山の事を学べている息子。

お友達にもTNRの事とか
保護猫たちの事、
殺処分されている命があることを
教えてあげたりしている息子。

他の家族とは
ちょっと違う親子ですが・・・
いつかCCPでの活動が
息子の人生の中で
大きな宝物になってくれるといいなぁ・・・と思いつつ・・・。

CCPの活動がいつか終わる日が来るように・・・

CCPの活動どころか
日本全国各地にあるボランティア団体の活動が
本当の意味で終わる日が来てほしい。

そして日本中の不幸の連鎖を
止められる日が
私の生きている間に実現されるように・・・

何よりも茅ヶ崎から
不幸の連鎖の終わりが来るように・・・

平成28年度も走り回る予定です。
既に走り回ってますが
まだまだ始まったばっかり。

夏が終われば秋の出産シーズンになりますので
まだまだ終わりが見えませんが
TNRをどんどん進め
飼い主不明猫がこれ以上増えないように頑張ります。


そして譲渡の際
CCPでは終生飼養をお願いしているんですが災害時の対策、
長生きしてもらうための対策等
色々とお伝えして譲渡を行っております。

これからどんどん自然災害が増えてくると思いますので
災害時、いざという時どうしたらいいのか。
知識を持ってもらったうえで譲渡しています。
知識を持つことは無駄では無い。
むしろ知識が無いことで不幸の連鎖が発生することの方が多いので
きちんと猫を知る、きちんと飼い主としての責任を知る、
色々な知識を持っていただくために冊子をお渡しし
大事なところは譲渡の際にお話をしております。
失踪してしまった場合の対応等ももちろんお伝えしています。

ボランティアが譲渡して終わりではなく
飼育についてのサポート、
災害時の知識、
病気についての知識、
失踪時の知識等
多くの情報を提供したうえで
責任をもって飼うという意味をお伝えしています。
それがボランティアの本当の役割だと思っています。

譲渡して終わりじゃない関係。

それをしっかり作ることでも
不幸の連鎖は止めることが出来ると思います。


長くなりましたが
平成23年6月に立ち上がったCCP。
5歳の誕生日までに保護した猫たちの数は251匹。
そのうち卒業したのは約190匹。
190匹の命が
CCPから巣立ち
幸せになりました。
今は20匹前後の保護猫さんたちが居て
飼い主への返還が1匹。
譲渡に至らず亡くなった子たちが21匹。(乳飲み子~1才未満18匹、成猫3匹)
みなしご救援隊へ4匹移動。
他団体さん引取りが6匹。

なんでこんな細かく数字出すのかっていうと
これ、全部年に1度茅ヶ崎市に提出するんです。
今年度は何匹TNRして、何匹譲渡して、何匹保護して・・・とか。
そういうの提出してるんです。

なので細かい数字出てくるんですねぇ。。。

事務仕事もイッパイあるんです。。。(涙)

協働事業の報告も年に2回やるんですが
市民自治課に提出するのも年に1回あるんです。

あっちもこっちも忙しい。。。。

でも沢山の方々のお力添えのお蔭で
こうして活動が継続出来ております。
本当に本当にありがとうございます!!!

まだまだいっぱい現場があります。
まだまだ救いたい命が沢山います。
まだまだ助けを求めている命が沢山現場にいます。

すべての命を救うことは出来るような力がありませんが
1匹でも多くの命を救い、
そして現場の環境改善のために
とにかく現場に出ます。
現場に出て活動することを優先しているため
どうしても事務作業的なことやブログの更新等が遅れがちになってしまって
本当に申し訳ないですが
ご理解頂けますと幸いです。

茅ヶ崎から不幸の連鎖を止めるため
頑張ります!

どうぞ引き続き応援よろしくお願いいたします!

>> Read More

| 収支報告 | 22:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【平成26年度】平成26年7月~平成27年6月 収支報告 (平成27年7月19日情報更新) 5~6月分の収支報告と平成26年度の収支報告です。

2015/07/19情報更新

5月、6月分の収支報告データが
ボランティアさんから届きました♪

領収書をボランティアさんにお送りして
それをデータに起こしてもらえるようになりました♪
5月~6月分の収支報告です。
ちょっと見づらいのでゴメンナサイ・・・
上手く縮小が出来なかった。。。

5月分 収入¥199,954-
6月分 収入¥218,621-
2705-06寄付金収入

5月分 消耗品費 ¥31,968-
6月分 消耗品費 ¥31,420-
2705-06消耗品費

5月分 医療費 ¥51,759-
6月分 医療費 ¥86,960-
270405-06.jpg

次期繰越金 ¥▲241,132-
平成26年度年間収支


ということで、成猫の卒業が進んだことも有り、
また沢山のフードや砂のご支援を頂けたことで
赤字が少しずつ改善されていきました。
本当にありがとうございます!!!

色々な方面から
沢山のお力添えを頂けたことで
なんとか平成26年度も
終えることが出来ました。

平成27年度は既に始まっておりますが
平成27年度はTNRをどんどん進めて
茅ヶ崎市内にいる猫たちの現場確認、管理、個体数確認等を行い
全体的な市内の飼い主不明猫数を把握できればと思います。
また茅ヶ崎市からのセンター持ち込み数ゼロをめざし
これからも頑張ってまいりますので
どうか応援よろしくお願いいたします。

お空に帰って行った数々の命たちのためにも
これ以上不幸になる命を増やしてはいけません。。。

沢山の命が人間都合で捨てられ殺されてきた現実は消し去ることはできません。
だからこそ、これ以上不幸になる命を増やさない事。
そして猫という生き物との接し方の知識を得られた市民を増やし
ボランティア育成にも力を入れて参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。




>> Read More

| 収支報告 | 22:22 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【平成25年度】平成25年7月~平成26年6月 収支報告 (平成27年1月29日情報更新)

2015/1/29情報更新

遅くなりましたが平成25年度の収支報告をUPさせていただきます。
CCPは毎年7月~翌年6月までが1年になります。
なので平成25年7月から平成26年6月までが平成25年度になります。

平成25年度収支報告書

こうやって年間のお金の動きを見てみると
皆様からのご支援、里親様からお預かりする医療負担金、そして寄付金等
約200万もお預かりしているのですね・・・
本当にたくさんのご支援ありがとうございます!!
なのに支出が200万オーバーって
なんじゃこりゃ・・・
ものすごいお金掛かってますね・・・

私、自分で言うのもなんですが
CCPがここまでこれた事自体びっくりなのです。

平成23年6月に産声を上げたその日から
日々黙々とあらゆる事柄に対応して
猫たちの命をなんとか守りたい、
糞尿被害にあっている方々の環境改善を行って猫たちを悪者にしないように見守ってもらえるように・・・、
そして外猫さんのお世話を責任もって続けてくださっている個人ボランティアさんが
安心して給餌やお世話が出来るように・・・
無責任な給餌者をゼロに!
茅ヶ崎からのセンターに持ち込まれる子をゼロに!
茅ヶ崎の野良猫をゼロに!外猫さんたちは皆TNRが終わった管理された猫さんたちになるように!と
色々な思いを胸に日々頑張ってきて
一人で始めたこの活動も気付けば正規メンバーさんも3名に。
そして一時預かり先も今6軒になりそれぞれの預かりさん宅に保護猫さんたちがお世話になっています。
そしてフリマやイベント関係を専門として対応してくださるボランティア部隊も出来あがり
周知啓発と物販で頑張ってくださっています。
そして幸せ探し会に来てくださるお手伝いボランティアさん、
そしてその会場を提供してくださっているハスキーズギャラリーのハスキーズ企画様、
そしてそして平成26年度からは茅ヶ崎市環境保全課と協働事業が始まり
色々な意味で土台作りが出来る状況になってきました。

まだ全然私の中では土台作りの真っ最中でございます。

いつになったら土台作り終わるん??って言われそうですが
私の理想としている土台はまだまだでございます。

CCPを立ち上げて1300日位経過していますが
まだまだベビーでございます。
なんてったってまだまだ1300日程度ですから
そんなもんですよね。

でもその1300日の中でたくさんの出会いがあり
たくさんの方々のパワーをお預かりして
たくさんの猫たちに幸せな家族をプレゼントすることが出来ています。

今何匹目?TNR何匹目?譲渡何匹目?保護何匹目?!って
年に1度確認するために資料に目を通すのですが数えていくと
恐ろしい数字になりおどろいております。

その数字一つ一つに
思い入れがあり、あの時こんなことがあったんだよな~とか
この子保護した時こんなだったのに今じゃこんなに!!とか
色々と面白くもあり、そして時折悲しいお別れもあったりで
命を目の前に喜怒哀楽がみっちり詰まった1300日でございました。

平成26年度は平成27年6月で終わりますので
またご報告出来ればと思っていますが
CCPもまだまだベビーですんで、
色々な事に順応に対応するには人手不足だったり
資金不足だったり代表の脳みそ不足だったり
環境整備が追い付いていなかったりと
色々まだまだやらねば成らぬことがありすぎますが
少しずつ出来る限りのことを対応していきますので
引き続きの応援をお願いしたいのであります。

みんなで少しずつ出来ることを無理なく継続していけば
必ずや私の目的は達成され、みんなスマイルになるんですよ~!!!!

あ、一部地域を除くだね。
スマイルにならない人も一部居るもんな。

給餌依存症になってる人たちにとってはCCPの存在が邪魔でしょうが無いでしょうけれども。

給餌依存症になってる人間にとってCCPが邪魔でも
地域住民と猫たちにとっては給餌依存症の人たちが邪魔です。

邪魔って言い方も変ですけどね。
給餌してお世話したいんなら
ルールとマナーを守って近隣住民の方々と猫たちの生活の邪魔をしないようにすることが重要なんです。

ルールとマナーさえ守れば
ここまで大きなトラブルになることは無い!って私は確信しております。

不妊手術もせずに
餌だけ与えて
糞尿も処理しないで
増やすだけ増やして
近隣住民が怒って給餌禁止!とか言い出す前に
ルールとマナーさえ守ってれば
たいていの方々は見守ってくださいますから。。。

もちろん猫アレルギーで大変な思いをしている方も居ますから
そういった場合は給餌場所の変更や保護等で対応すればいいだけです。

給餌者と近隣でのトラブルに成る前に
一歩進んだ愛護精神を持って
猫にも近隣にも穏やかに接すれば
とんでもない事態には発展しないですよ。

人ってばそんなに心せまい人めったに居ませんから。

時々ミジンコの心臓バリに心が狭い人が居ますけど
ほんとにめったに居ませんから。

特に茅ヶ崎の人は
太平洋のように広い心を持ってるに違いない!!!

と思ってやってます。

色々な価値観で猫たちを見る目がありますが
今こうしてCCPが踏ん張って行政に鞭うって
みんなで頑張って出た結果を
ドキドキしながら皆さんで見れる日を楽しみにしております。

引き続き応援をどうぞよろしくお願いいたします!

CCP代表・CCPメンバー一同
CCP保護猫一同
CCPTNR済み猫一同

>> Read More

| 収支報告 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

平成25年1月~ 収支報告 及び平成24年度収支報告(平成25年7月14日情報更新)

◇平成25年6月 収支報告

【フリマ売り上げ・里親医・保護主・依頼主医療負担金合計=¥211,089-】
寄付金医療費2506

【保護猫医療費合計金額=¥188,787-】
保護猫医療費2506

【保護猫及び外猫用消耗品合計金額=¥178,303―】
食費消耗品費2506


前月繰越金=83,671円
6月分総収入=¥211,089円
6月総出費=¥367,090円
次月繰越金=▲72,330円

別途未回収金合計¥▲355,170円
(未回収金内容)
※殺処分依頼レスキュー飼い主より55,660円未回収
※瞬たち17匹レスキュー餌やりへ費用請求中 285,580円分未回収
※浜1~6号レスキュー現場受け入れ先へのフード・猫砂代別途13,930未回収

【平成24年度収支報告】
平成24年度収支報告



-------------------------------------------------

また6月は1年間の〆月なので1年分の未計上分等も計上しています。

お陰様でCCPは6月22日に無事誕生日を迎えることが出来ました。
想像以上に多忙を極めており、
ブログの更新も滞っています・・・
申し訳ありません。

仕事も忙しく、現場対応や保護猫のお世話で一日が終わってしまい
更新する時間も無く非常に申し訳ありません・・・

突発性難聴も全く改善しなくて美味しくない薬を毎日飲む日々です・・・

早く体調を回復させて今までのように出来るだけ更新し
情報を皆様にお伝えすると同時に
現場に残されている猫たちのTNRや啓発に力を入れてまいります。

本業がこんなに忙しくなるなんて想定していなかったので
本当に毎日毎日クタクタです・・・
急に忙しくしてくれちゃって、予告無しでしたので
少し転職も考えたりもしましたが・・・

30代も中盤が迫る中での転職は
ちょっと勇気が必要です・・・

息子も小学生になり、
両親の家に居候し続けているのも
やっぱり心苦しく・・・

そして結局まだ息子に部屋を引き渡すことが出来ていません・・・

一時預かり先を探していますが
どうしても子猫たちは体調を崩しやすいですので
通院が可能な預かりさんを探す必要があります・・・

キャリアの子も増えました。
キャリアの子達も個別に受け入れてくださる預かりさんも必要に成ります・・・


一番いいのは・・・保護してすぐ新しい家族が見つかることなんですが
なかなかそうもいかないですね・・・。


しかしながら
お陰様で毎月10万単位で赤字状態だったのが
一瞬だけでしたが黒字になり、
また赤字になりましたがなんとか10万単位での赤字は回避できました。

皆様のお力添えが
この数字にも表れていると思います。

多くの卒業猫さんを見送ることが出来たのも
十分な医療行為を行うことが出来たのも
様々な場面でお力添えくださる方々の存在が一番大きいと思っています。
そして卒業猫さんたちに愛情を注いでくださった預かりさん。
そして卒業猫さんたちを家族に迎えてくださった多くの里親様。

一人ひとりができることを少しずつ
力を合わせることで1匹の猫が救えました。

1ヶ月もたたないで新しい家族を見つけることができる子もいれば
1年以上経過してやっとご縁をつかむことが出来た子。

どの猫たちにも
適切な医療行為を行えて
十分なフードを与えることが出来て
温かい家で保護してもらえて
ケアしてもらって
愛情を注いでもらえているのは
本当に素敵なことだと思いますし
私一人じゃ絶対に出来ないことです。

本当に感謝申し上げると共に
お一人お一人が無理の無い範囲での活動協力を続けていく事が
出来るように私自身ももっともっと土台を作っていかなければと
毎度のことながら感じております。

至らぬ点が多いかと思いますが
今後ともCCPの猫たちに素敵なご縁を掴めるまでの間
どうぞお力添えの程よろしくお願い致します。

CCP代表武田
CCPメンバー一同
CCP保護猫一同

>> Read More

| 収支報告 | 02:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>