Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

5/24実施 T地区⑪  TNR実施報告 キジ白 オス  成猫 【管:2017-0020】 【どうぶつ基金NO.0030】

2017/5/24実施報告

今年2月7日から立ち入りしている現場で
地域猫導入が決定したところ。
色々あったけど
受け入れて頂けて良かった・・・

で、残りの子たちを頑張って捕獲しよう!ということで
がんばってもらったんだけど
頭脳戦が勃発・・・
18620400_1318744341574072_1218149593834567233_n.jpg
この子、踏み式のやつだと跨いじゃって
食い逃げ三昧。むしろ食い放題。
なのでフック式に切り替えて無事に捕獲完了!!!
どうだ!まだ人間のほうが少しは賢いだろ~?
猫にとって箱が怖いものじゃないとわかって
餌が入ってて
食べたい放題だったなら
次も同じだろうと思ってしまうワケで。
チャンスは無限にあるわけじゃありません。。。
運とタイミング・・・。
あとちょっとした知恵です。。。
18664213_1321413144640525_2472952888025026641_n.jpg
ホープの緊急入院があったりで
その前に手術が無事に終わってたので
そのまま連れて帰ったんだけど
その日にかぎって車で来てなくて
でもまぁいいか、近いし。

・・・・ちかいけど。
思いのね君。。。

二の腕プルプルしたわ。

まだ麻酔が完全に抜けてなかったけど
目は覚めてるから
微妙な重みが
弱った二の腕にのしかかり。

あ~びっくりしたよ。
あの距離を歩くのがこんなにしんどいとは!!!

18740185_1321413061307200_7702259023588985153_n.jpg
現場の子というか新顔ということで捕獲だったんですが
やっぱり道を挟んである住宅街側から来てるような気配。
あっちも手を入れないとダメだなぁ・・・
数匹の猫は確認してるし発情してるのも確認済み。

でも要請が来ていない。
おかしいなぁ。。。

どうなってんだろ。
早めにTNRできないと
続々増えてからじゃ
大変なのになぁ。。。

と思いながらも
ひとまずこの現場のTNRが進むことで
残りのターゲットは4匹になりました。

広大な敷地の中で。
更にTNR済みの子が20匹以上居る現場で
たった4匹を捕獲する。
その作業は非常に難しいのであります・・・。

18698058_1321412974640542_3072466188207388296_n.jpg
キジ白 オス 去勢手術済み フロントライン済み 耳カット済み
スポンサーサイト

| 2017年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

5/23実施 N地区 K邸①  TNR実施報告 キジトラ メス  成猫 【管:2017-0018】 【どうぶつ基金NO.0028】

2017/5/23実施報告

現場はリオオリンピック4兄妹の保護した場所です。
保護経緯は代表ブログをご確認ください。

子猫が居るところにお母さん猫が居るということは
お父さん猫もいるという事。
お父さん猫も手術しないと
そのお父さん猫を求めて
他の場所からメス猫が来てしまう可能性がUPするってこと。

この悪循環を食い止めるには
TNRをしていくしかないのですが
現場には複数の猫たちが居るという事しかわからず・・・
捕獲器設置を試みまして
まず1匹目に捕獲が出来たのがこの子でした。

この子は育児中でした。
が、子猫はどこで育児しているか不明。
依頼主さんに捜索してもらいましたが
発見には至らず。

18623260_1317018068413366_8811347736445709130_o.jpg
リオオリンピック4兄妹のお母さんと年齢的に変わらないように思いますので
姉妹なんじゃないかな~って思うんです。
ということは子猫は2~4匹を育ててるハズ・・・
そんでもってこの子、比較的人間と近い距離で生活しているように思いました。
かなり訴えてくるので完全な野良じゃないような。
半野良だろうと思います。

どこで育児をしているんだろうか。。。

リリース時
走って行った方向は
オス猫と同じで
あっちか・・・。やっぱりあっちか・・・って思う方向でした。
気になる民家があったので
そっちを再度私自身で確認してこようと思います。

子猫にキジ白が出てるので
父親にキジ系が居るように思うので
ターゲットだと思うオスはあと最低1匹は居ると思います。

18671296_1318744388240734_5036706776899905605_n.jpg
キジトラ メス 成猫 避妊手術済み フロントライン済み 耳カット済み

| 2017年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

5/23実施 T地区⑩  TNR実施報告 白キジ メス  成猫 【管:2017-0017】 【どうぶつ基金NO.0027】~川に転落していたところをレスキューした子~

2017/5/27情報更新

川に落ちた女の子。
排便があるまでは捕獲器内で様子を見ていましたが
無事に26日に排便確認。
とっても良いウンチが出ました。
お水もご飯もしっかり食べてくれてるし
これならリリース大丈夫だなって一安心。
18767697_1321412871307219_261063809995198033_n.jpg

ただ太るにはまだまだ時間が必要・・・。
リリース場所も迷いましたが
給餌管理者さんが居る地域猫実施地区の
給餌者さんが居る所に連れて行きました。
18664623_1321051878009985_5495663022454406408_n.jpg
最初はなかなか出なくて
「保護猫になりたいの?」って誘惑も出てきつつある状況に・・・
しかしここは・・・心を鬼にしないと・・・。

「ほら、ここがお家だよ。ここでしっかりご飯もらってもう川になんて落ちたらだめだよ。
ここで頑張って生きるんだよ」と言って
目を合わせると
「しょうがないなぁ・・・」って顔をしながら
ゆっくり捕獲器から出ていきました。

やっぱ色々ある子は情がわくというか
不安や心配も尽きませんが
犬猫みなしご救援隊さんに連れて行こうかとも思ったし
でも今子猫シーズンで長時間家を空ける事もできないし
そもそもお金もないし。
この敷地から出なければ交通事故にあうことはめったにないし
ご飯はもらえるし。
川に落ちることが無いように
川から少し離れたところで
隠れるところもある場所として
リリース場所を選びました。

心残りなのは
もっと太らせてからリリースしたかったなぁ・・・ってことですが
川からレスキュー出来たラッキーガールだもん。
この先きっとこの場所で落ち着いて暮らして
ふっくらした姿を今度は見せてくれると思います。

まだ現場はTNRが終わってない子が4匹いますから
捕獲に行く時やリリース時に
また会えることを願って。。。

ということでリリースの報告でした♪



2017/5/23実施報告

レスキュー経緯は代表ブログをご確認ください。


18582412_1316784971770009_7158016114453629951_n.jpg
こんなところに転落し
衰弱していたこの子は
衰弱しているものの
人馴れはしていないので
先生に任せて手術を実施。

無事に手術も終わりました。

が。
やっぱり色々あったみたい。

黄色脂肪症だと思われるってことでした。
それと片側の卵巣異常があって
極端に小さかったそうです。
食事が出来ていなかったから
皮下脂肪が酸化・変色して炎症を起こしていると。
皮膚の状態も良くないってことでした。

18556320_1316785048436668_1427879151206419212_n.jpg
見るからに
状態は悪いけど
現場には水だけはあった。
だから水分だけはとれた。
でも栄養は取れなかったし
この汚い水を飲んでいたわけだし
給餌管理者さんが見たときは
首まで浸かるほどに深いところも
突き進んで水の中に入ったりしていたそうです。

18582314_1316785005103339_6997877571409580425_n.jpg
この子が生き延びることが出来た条件として
暖かい日が続いてたこと(むしろ暑いくらい・・・)
そして深さが無いところがある川に転落したことで
水分はかろうじて摂取できていた事。

餌は無いから
カロリー摂取できなかったけど
水は飲めた。
水も無かったら
この子は生きてなかったでしょう・・・。

他の子たちと同じように
変わり果てた姿で発見されていたことでしょう。

それに発見されることも無く
流されていたかもしれません…

無事に手術が終わって
あとはケアをしてからのリリース。

23日の夜11時頃からご飯とお水を贈呈。
朝までに綺麗に水もご飯も完食。
※ご飯は子猫用離乳食を与えました。

24日の朝ごはんも子猫用離乳食。
水もご飯も食べてくれました。
24日の夜ごはんは子猫用ドライフード。
少し食べたけどそれよりも水分のほうが多く摂取していました。
排尿は有るけど排便は無い。
それもそうですよね・・・
食べてなかったから出すものが無い。
水分はしっかり摂取して排出してるから
ひとまず安心しました。
そしてなによりも
モヤっとしていた目の輝きが24日の朝にはキラっとし始めた。
18671537_1318410121607494_1765240520144912125_o.jpg
具合はどう?いっぱい食べようねって話しかけると
しっかりこっちを見てお話を聞いてくれています。
出されたものはちゃんと食べてるけど
やっぱり衰弱していた時間は相当だったと思うし
水を飲めていたからかろうじて生きれたけど
20年くらい前の野良猫か!?って位の弱々しい体だったそうです。。。
20年くらい前は黄色脂肪症の子は多かったそうですが・・・

相当栄養状態が悪かったこの子。

さて。
リリースをどのタイミングで行おうか・・・

24日は日中は晴れてたけど
徐々に曇り・・・
夜には雨が降ってきました。

25日は曇りのち雨。
26日は雨。
27日は晴れ。

そうか。
27日にリリースにしようかなぁ・・・。

実際この子が今までどこに居た子なのかもわからないし
避妊手術されていないメスですので
オス猫に追いかけられて誤って転落したのかもしれないな~と思ってるんだけど
じゃぁどこで転落したのか・・・・

保護された場所は偶然にも
地域猫活動が自治会で承認され導入されたばかりの地区で
餌はあるけど・・・留まってくれるんだろうか・・・と心配。

かといってリリースしないで
保護も出来ないので
なんだかんだと
このレスキューによって繋いだ命だから・・・
うまくこの現場に留まってくれるといいんだけどな・・・。
寝床はどこにするんだろう。
大丈夫かな・・・と色々考えると
リリースするタイミングを悩んでしまいますネ。。。

ひとまずこの子はもう少し体調を整えてからのリリースにすると思います。
元気になってくれるといいなぁ。。。

| 2017年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

5/17実施 YK地区 A邸② TNR実施報告  黒 メス  成猫 【管:2017-0016】 【どうぶつ基金NO.0026】

2017/5/17実施報告

この子のママ。
最初に捕獲できた子です。

黒メス母①
保健所が事前に交渉にいったときに
庭先に比較的人懐こい黒猫が居ました!っていってたんだけど
現場にいったらそんな事すっかり忘れてるわけで
まずはターゲット確認。
確認が取れたら
捕獲器設置。
捕獲器設置したらあとはひたすら・・・
ひたすら・・・捕獲器に入ってくれるのを待つのですが
ま~今の時期暑いわ。
エンジン停止してるから
窓あけて
ひたすら待つわけです。

んで、ミラーや窓から見える位置に捕獲器が置ける場合は
とにかくひたすら・・・彼らが捕獲器に入って扉が閉まるのを待ち続けます。

今の時期、新緑の匂いもどんどん入ってきて
爽やかな風がふいてくると
きもちいいんですが
なんせもう夏みたいなもんですからね、
漏れなく虫も入ってくる。
ブーンってハエくらいなら
まぁどうにかなるんだけど
蚊も入ってくるし
鳥のウンコさんも降ってくるし
鳥のウンコさんを避けようと木の下を避けると
車内が暑い。

とにかく暑さ、虫との戦い。

だからこの現場の場合は比較的早く捕獲できたから
良かったです・・・
ホント・・・・よかったです(涙)

で、捕獲後にこの子の妊娠中か育児中かのチェックをしていたんですが
外から見たときに妊娠中では無いのは明らかで
おっぱいの垂れ具合をみると産後かな・・・とドキドキしていたんですが
おっぱいを見たらちょっと通常の垂れ方と違う。

物凄い大きい子に吸われているような。
いや、もう離乳期過ぎてる子に吸われているような
おっぱい。。。
なんというか・・・
通常の育児中おっぱいとは明らかに違うので
え??もしかして生後半年以上の子にまだ吸わせてる感じ?!とドキっとしました。

で、土地提供者さんに聞いたら
黒白の子が吸ってるわよって。

え!子猫ですか?!って聞いたら
大きい子って言うんです。

その大きい子ってのが
18446863_1311792648935908_1843279262598916697_n.jpg
「はい。僕です・・・・・」


という事でした。
2013年にTNRしたときにもう1才位だったので
今は2017年ですよ。
5歳になっててもおかしくないこのオッサンが・・・
この黒猫さんのおっぱい吸ってるらしいです(汗)

そうか
だから君は・・・
このお家に来てるのね。
餌をもらってるお家じゃないハズなのに
ここに居るってのも変だなって思ってたけど・・・。

そうか。ここにママがいるのね・・・

っていうか、そうするとこのママの年齢は6歳位なのかな?
この現場で一番長生きしてる子お母さんなのかも。

そりゃ減らないわね。。。

育児のプロだったのね・・・

黒メス母②
とっても良いウンチしてました。
リリース時はサクサクとお庭に帰っていきました。
長い間頑張って育児しながら生活してたのね。
もう育児しないで済みますし
妊娠で栄養をガンガン吸われることも無く
育児で栄養を超吸われることも無く
ただただ自分の体のために栄養を取って
自分の身を肥やすことに専念できます。

この先あと何回会えるかはわかりませんが
あと白キジのママと茶虎の旦那さんを捕獲しにくるから
その時に邪魔しに来ないでね。
オバチャンはその時にあなたが元気な姿を見せてくれるのを楽しみにしております。

| 2017年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

5/17実施 YK地区 A邸① TNR実施報告  黒 メス  成猫 【管:2017-0015】 【どうぶつ基金NO.0025】

2017/5/17実施報告

YK地区の多頭現場。
あと少し・・・あと少し・・・と終わりが見えてきたところで
TNRに入っていた目と鼻の先で目撃されていた黒猫さん。
依頼主さんから4月に電話があって「例の黒猫さんにオスが乗っかってたわよ!」って。
そりゃ大変だ。
出来るだけ早くTNRします!ってことで
現場入りするために
前年度末に捕獲できなかった白キジちゃんは既に出産済みになってしまったのもあり
6月頃に保護予定なのでその子が捕獲されないように
ターゲットがいつも居るという場所のお宅に捕獲器設置の要請を保健所にしてもらって
ポスティングもしてもらって・・・
やっとこさ現場入り。

私は1匹だと思ってたんです。
近隣の方に最初聞いた時も黒が1匹、白キジちゃんが1匹って聞いてた。
でも何だかイヤな予感ってものがあって
2台持って行ったんです。
そしてお家訪問。

そうするとお庭に2匹いた・・・
18446642_1311790902269416_5435134873350406647_n.jpg
やっぱしー。。。
2匹だったか・・・。

んで、捕獲器設置。
すると1名様・・・

18446863_1311792648935908_1843279262598916697_n.jpg
ものすごいガン見して
こちらを監視しております。
この子は手術済みの男の子。
よくよく調べてみたら
この子ったら2013年11月にTNRした子です。
ここでTNRした子じゃなくて
ここから東に数メートル行ったところでご飯もらってる子。

手術後は給餌者さん宅を通ったり
別の子の捕獲で給餌者さん宅にいくと
「おばちゃん、美味しいご飯持ってる人だよねー」ってドキドキしながら近よって来る子。
あなたここまで来てるのね・・・
ダメじゃない・・・・

美味しいご飯持ってるオバチャンなのはわかってるので
くるものの・・・
捕獲器の中にしか美味しいご飯がないので
諦めたようです。
この後はしばらく隠れて遠くからこちらを見てました。

で、ターゲットの子。
18447343_1311795418935631_6120092695992673335_n.jpg
しぐさを見るなり
あ~親子だねってわかる。
タイヤ側がママ。
捕獲器入口側が娘。

最初は全然庭先から出てこなくて
困ったなーって思ったんだけど
匂いが弱いかなって思って
強めの匂いのするドライフードを出して
ジャラジャラと捕獲器にいれてたら・・・
このように出て来てくれて
「あら、ご飯?」って顔して近づいてくるのです。

あれ。
あれれ。
君たちこのジャラジャラの音で反応してきたのね・・・
いつもドライをもらってるのね。

日頃彼らが何を基準に何を聞いて何を目当てに集まってるかが良くわかる。

黒メス娘①
最初はママが捕獲できて
その後娘は逃げちゃったんですが
やっぱり美味しい匂いが気になるのか戻ってきた。
で、匂い強化。
ママが入っちゃったの見てるから
もうダメかと思ったけど
やっぱりそこは純粋な野良じゃない。
この写真を見ていただくとわかる通り
妊娠しているようにも見えるので
このときはこの子が交尾を目撃された子で間違いないと確信していたんですけどね・・・

18485908_1311795445602295_2253576343412224912_n.jpg
人馴れ具合は微妙だけど
給餌者さんには甘えて尻尾たててご飯ください~って言ってるタイプなのね。
だからやっぱり戻ってくるのも早い。

で、無事に捕獲完了です。
黒メス娘②
今の時期妊娠中、産後のタイミングの子も多いので
授乳中か妊娠中かの判定はしっかりしないと
もし生まれていたとしたら赤ちゃん猫さんおっぱい飲めなくて死んじゃうので
ここは慎重にチェック。
でも怪しいおっぱい・・・
この子育児経験あるわねー。。。いつかな・・・一度育児してる。
あれれ。
あなたが交尾目撃された子でいいのよね?
もう1匹のママのほうが目撃された子なの?
ん~おっぱいだけでの判定が微妙になってきた・・・
よくよく見ていると・・・
おっぱいの大きさとハゲ具合を見ると最近産んだわけじゃなさそう。
かといってリリースは出来ないので
ひとまず手術に。
土地提供者さんに子猫居ないか聞いたけど
いないし声も聞いてない、あっちが空家だからあそこなら育てられるかもっていうから
そこを見に行ったけど猫が入り育児をしそうなスペースはすべて網で閉められていました。
完全防備状態です。
ここじゃ産まないな~

どこだろう・・・って色々歩き回ったんですが
子猫発見には至らず。
捕獲、手術、リリースの間丸2日は全く子猫に接することがないので
もし授乳中ならおっぱいが張ってパンパンになってくるはずだから
それで確認しようと思ったところ
シワシワおっぱいのままだったので
育児経験はあるけれども半年以上前だろうと推定して
今回は春先の出産はナシ。
妊娠中期になったばかりだったので
相談者さんから「交尾してたわ!」って相談を受けたときの目撃された子がこの子で間違いないだろうと思います。

ちょうどそのタイミングから考えても妊娠中期(交尾から4週間くらい経過)で間違いない。

前回ここの現場で捕獲に入った時に黒猫さん(中猫)2匹と他に2匹保護されてる子がいたから
その子のママかなぁ。
だとしたら話が合うわけです。

リリース時、現場の土地提供者さんに向かって
ミャーミャー目を見て鳴きました。

おぉ。
そうね。
そうなのね。

と色々な事がわかる現場でございました。

この現場であと把握しているTNR未実施の子は
白キジのママと茶虎の旦那さん。
この2匹のご夫婦がTNRできたら
無事に完了・・・となる・・・・予定(苦笑)

| 2017年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>