FC2ブログ

Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

7/6実施報告 SR地区 N邸 サバ白 オス 成猫 TN報告 【管:2020-020】依頼主負担

2020/7/6実施報告

以前TNRをした現場に新顔が出たという事で現場入りしました。
106341023_3083645378417284_5341709546775021886_o.jpg
で・・・彼はすんなり入ったんです。
すんなり入り過ぎました・・
まだ中に餌入れてないのに。
好奇心という餌が・・・見えてしまったんでしょうねぇ・・
目の状態が悪くなってるので
コンベニアが残ってるこのタイミングで急いで捕獲になったのですが
まさか・・・餌入れる前に自分で入っちゃうなんて。
106528149_3083645608417261_6205735021286412761_o.jpg
グチャグチャにされたペットシートを取り除き新しいシートを付け替えてスッキリ。
107463548_3083645798417242_7783291690698840500_o.jpg
とてもおとなしくしててくれました。
だけど手術が終わって給餌者さん宅へお届けすると・・・・
107698530_3089558154492673_3775811881548072532_o.jpg
こんな不安で不満そうな顔だったのが・・・
106991687_3089559134492575_1595961611477372536_o.jpg
「おかーさん!」って顔になり・・・
給餌者さんの声を認識しているからでしょうね。
ホっとしたんだろうと思います。
お家に帰ってこれた!って思ったんだろうな。
突然鳴きだしました。
捕獲された猫たちにとって
元の場所に戻れるというのは
想像していないし
このままどこかに連れていかれて何かされるんじゃないかという恐怖と不安の中で過ごします。
だけどお家に戻れたと分かると
大抵の子がホっとした顔をします。
そんな思いをする子がこれ以上増えないでいてほしいって思うし
そんな思いをする子がこれ以上増えない為にも
我々もまだまだ頑張るしかないんです。
ご飯も無しに捕獲機に入っちゃうなんて過去に1件・・・あったね(笑)
それも捕獲機を縦に置いといたら
ジャンプして中に入っちゃった子が(笑)
好奇心旺盛な子ってそういうオドジな面もあるけれども
それが命取りになることもあるから今後は気を付けて少しは警戒して生きていこうね・・
お外で生きている限り
とても危険なことだからね。
捕獲機に入ってくれてありがとうね!
そしてこの子はコンベニアが効いたのか次の日には目の周りの腫れもすっかり落ち着いてて
イケメン君になっていました。
薬が効いてよかった!
あとはノンビリこのお家でお世話になるんだよ!
そして前にTNRした先輩ニャンコ様に
しっかり色々なことを教えてもらって
先輩ニャンコと共にゆっくりとノンビリと余生を過ごしてほしいなと思います。
106541109_3089558844492604_6490946625700333609_o.jpg
サバ白 オス 成猫 去勢手術済み フロントライン済 耳カット済み コンベニア済み

| 2020年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

7/6実施報告 IJ地区 Y邸 白 オス 成猫 TN報告 【管:2020-019】

2020/7/6実施報告

本来ならもうTNRが済んでる子なんですけどね
前回の捕獲の際には雨で全然猫が出てこなくて
前にTNRした3匹の中の1匹だけ雨が降る前に寝てるのを確認できただけ・・・

私が最初にこの白猫さんを目撃した時
首輪がついてる猫だと思ったんです。
1_20200710231432f44.jpg
丁度仕事で外回りしてて信号待ちしてたとき
前にTNRした現場の横に車が止まってる状態で
何となく右を見たら白猫がいて首輪してる・・・ってことはこの家が給餌者だったの?!って感じでビックリしたんですが・・・


そしたら3日後に負傷猫がいるという情報がきて
それが私が見た子でした。
首輪に見えたのは怪我だったんです。
2_202007102314344c2.jpg
首のところと右後ろ足に怪我のようなものが・・・

3_20200710231831a4e.jpg
そして左腕と左足にも負傷跡・・
喧嘩なんだろうけれども・・・
ボロボロだぁ・・・・
ってことでこの子のTNRのためにコンベニア用意しようと思ったんですわ。
TNRの日程も決めて・・・って思ったら新型コロナの影響で
保健所がポスティングできない事態に。
状況が状況なだけに悪化しないか心配していましたが
情報提供してくださっている方が色々配慮してくださり様子を見続けてくれることになりました。

で、やっと捕獲できるようになったのに
雨で猫たちは来ない。
情報提供者さんのお家にはTNR済みの子が1匹だけ来てるんですが
その子と結構喧嘩してるそうで
情報提供者さんのお家に白猫さんは来てるし
ご飯はもらえないけど
このお家ではTNR済みの子がご飯をもらってることも白猫さんは知っている・・・
てことで!!
リベンジ!!!
ご自宅の敷地に捕獲機設置させてもらい
無事に捕獲となりました。
106356680_3081478801967275_7575105020951956951_o.jpg
105001398_3081478611967294_6351063546809836311_o.jpg
で、いざ捕まってみたらば・・
怪我治ってた(笑)
若いってことだわねぇ・・・
そもそも治りかけの状態だったし・・・
うまく治ってくれてました。
105587311_3081479188633903_3856718365549776006_o.jpg
しかしオデコの毛の薄さが気になる。。。
皮膚も赤いし。
外猫で白猫だもの・・・いろいろあるわ・・・
喧嘩もして色々あった体の傷もすっかり隠れていても
唯一隠れてなかったのが足の傷。

106099885_3081479485300540_8671316753689787453_o.jpg
ほんの少しだけ残ってました。
でもこんなの治ってます。
もう綺麗に治ってる。
もしかしたら誰かがこの子に抗生剤でも飲ませてくれたのかな?
それとも自力で治したか???
105940552_3081478431967312_7174698493663078642_o.jpg
「僕は強いから自分で治したんだニャ!」
偉い偉い。
よく頑張りました。
だからオバチャンが君にしてあげられることは・・・
106534756_3089559704492518_3575993941885368287_o.jpg
「よくも僕の大事なもの取ったニャ!!」
超ご立腹で帰ってきました(苦笑)
お腹もすいたし
いつまでこんなとこ入れられてなきゃいけないんだ!って言わんばかりにご立腹。
ごめんね、もうお家に帰ろうね・・・っていうか君お家どこなのさ。
この子が餌をもらってる場所はとある場所で民家ではありません。
そして複数の人が餌を与えています。
106732281_3089559414492547_7893810614323645579_o.jpg
どこで寝起きしてるんだかわかりませんが
一先ず去勢もできたし。
あとは引き続き情報提供者さんが猫さんの様子をみて
何か異変があればまた連絡をくださることになっています。
気にしてくれる人がいるってこと自体
この子たちにとってはラッキーなこと。
餌だけ与えて終わりじゃなく
出来ればこの子たちに餌を与えに来ている人は
避妊去勢も自分たちでやってほしかったな・・・
お皿もさ、お惣菜の入れ物じゃなく
ちゃんとお皿用意してあげてほしいな。
風で飛ぶし猫たちにとっても食べにくいから。
お世話をするってことは
そういう事だと私はおもってます・・・
そしてこの敷地、自分のお家の敷地じゃないんだけど
良いのでしょうかね。
本来ならばNGですが
そもそもここはゴミ置き場状態なので
まぁ・・・・お咎めナシ的立地条件ではありますが・・・

あちこちで似たような形で餌与えているなら
困っちゃうことになるので
ルールーとマナーは守って猫たちを見守ってほしいです。
じゃないと最終的にこの子たちが犠牲になるからね・・・・

106995188_3089559931159162_3795160634815549092_o.jpg
耳カットも無事に終わりコンベニアも打てたし
情報提供者さんの協力ナシではこの子のTNRは出来ませんでした。
本当にありがとうございました!
そしてリリース前に撮影してたらセクシーポーズのサービスショット(笑)
何故君は笑っている?
そしてなぜ君は・・・毛を剃られて玉取られたとこ見せびらかして動かないでじっとしてる?(笑)
あんなに怒ってたのに(苦笑)
リリース前にご飯入れたんだけど食べなくて
リリースしたらゆっくり捕獲機から出て
こっちをジーっと見たのでやっぱりご飯いる?って聞いたら
イラネーヨ!ってダッシュで消えていきました。

交通量の多いところだから事故には気を付けるんだよ!
83873604_3089560197825802_1313423561296514341_o.jpg
白 オス 成猫 去勢手術済み フロントライン済 耳カット済み コンベニア済み

| 2020年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

7/6実施報告 ST地区 K邸③ キジ白 オス 成猫 TNR報告 【管:2020-018】

2020/7/6実施報告

視察時には会えませんでしたが
送ってもらった動画に彼の姿は映っていました。
堂々と敷地内を歩く彼の姿。
おおぉ・・・・オスだな。。。っていかにも!って感じの歩き方でした。

雨で散々でしたがギリギリなんとか捕獲が出来て
TNRすることが出来ました。
③キジ白オス1
この子はこの給餌者さん宅ではご飯を食べない子なので
縄張りの中に給餌者さん宅があるってだけなのですが
明らかに白猫さんの旦那さんであり
娘のキジ白ちゃんのお父ちゃんであるって思います。

③キジ白オス2
彼の耳にはこんな感じの症状がありました。
蚊にやられたかな・・・
こういう症状が出てる子は蚊に対してのアレルギー反応を持つ子だったりします。
外出生きている以上、人間とは違い蚊取り線香を自分で持ちあることは出来ませんし
虫よけスプレーなんて持ってませんし・・・
ただひたすら蚊のいなく成る季節を待つ以外に方法はありません。
自分で病院にいってお薬貰うわけにもいきませんからね・・・

抗アレルギー剤等で治療は出来るけど毎年毎年蚊の季節になると・・ってなっちゃうから
外出生きている以上、お世話されている猫さんじゃない限りは難しいでしょうし
餌だけ与えられているだけの子ならなおさら、そんな薬を飲ませてくれる給餌者さんと出会わない限り無理な話。
③キジ白オス3
③キジ白オス4
そしてこの子の耳。良く間違われるヤツです。
これは喧嘩等で出来た耳の先が切れただけのもので
耳カットされたものではありません。
人工的にカットされた耳は
切れ方が違いますし
傷のふさがり方も違います。

良く耳カットのある猫さんが居ると情報があるんですが
大抵の場合(とくにオス猫の場合)は耳カットじゃなくて喧嘩傷での切れ込み(傷跡)だったりします。

③キジ白オス5
見慣れない方にはなかなか判別するのが難しいかもしれませんが
知れば知るほどすぐわかるようになります。
あ、この子は耳カットだ!とかこの子は喧嘩傷だ!とか。
わかるようになってくると色々な子の耳が気になりだしますからね(笑)
道を歩いてるだけで猫を見つけるとすぐ耳を見てしまう、オスの場合はお尻を見てしまう・・・
そうなったらもうあなたも立派な中毒者(笑)

茅ヶ崎市外で猫さんに会うと
耳を見て、お尻を見て
Vカットがあればうれしくなり、
Vカットや水平カットもなくプリ玉ついてる子とか見ちゃうと
この地域は浸透していないんだなぁ・・と残念な気持ちになる。

もっともっと
TNRが進んでくれるといいんだけどな。
茅ヶ崎市外でも。
まぁ・・・寒川とか藤沢とか丁度茅ヶ崎のお隣の市町村とかは
進んでくれるといいなって思ってます。
じゃないとこっちに流入してくるので(汗)

ちなみに平塚はお隣さんですが
平塚からの流入はめったにありません。
川が間にあるからね。

さて、お父ちゃん!
もう子孫残せないけど
自分の縄張りもう少し狭くして
ノンビリ穏やかに暮らしてほしい。
というか君はどこでご飯をもらって生きてるんだぃ?
③キジ白オス6
キジ白 オス 成猫 去勢手術済み フロントライン済み 耳カット済み コンベニア済み

| 2020年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

7/6実施報告 ST地区 K邸② キジ白 メス 成猫 TNR報告 【管:2020-017】依頼主負担

2020/7/6実施報告

白猫さんの娘猫さんです。
今回4匹の子猫を出産して育児しています。
106211156_3079197608862061_151115181989388778_o.jpg

白猫さんのほうが先に産んでそのあと1か月位あとになるのかな・・・出産して
お母さんと一緒に子供たちを育てました。
②キジ白メス2

7月3日の代表ブログに詳細記載してあります。
つまり今我が家にはこの子たちのお子様たちがいるわけです。全員。
9匹が・・・
もうヤバイです・・・
満員御礼状態です。
お腹いっぱいです。
ちょっと受け入れは乳飲み子以外停止です・・汗
②キジ白メス4
キリっとした顔してますね。
子供たちはキジトラ以外キリっとしてなくて
めっちゃギャングです。
お母さんに似たのか誰に似たのか(笑)
遊びたくてピョンピョン突っ込んできます。
隔離中なのに。そして容赦なく飯を出せー!って要求もしてきます。
3名様程が(笑)
6_20200710223625931.jpg
視察の時もこの子は
マイーペースでしたからねぇ・・・
お母さんに似た子が4匹中3匹(苦笑)
この子もお母さんの白猫さんと共に時期を見て犬猫みなしご救援隊さんへ終生飼養に出す予定です。
どのタイミングで捕獲に行くかは
まだ決まっていませんが
最終的にこの現場かに猫はゼロになる形になります。
頑張って育ててくれたお子様たちは
オバチャンが素敵な家族とのご縁を繋ぐから
もうちょっと我慢しててね。
そしたら栃木の美味しい空気と美味しいご飯と
美味しい水がまってる素敵な場所に移動できるからね!
②キジ白メス5
キジ白 メス 成猫 避妊手術済み フロントライン済み 耳カット済み コンベニア済み

| 2020年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

7/6実施報告 ST地区 K邸① 白 メス 成猫 TNR報告 【管:2020-016】依頼主負担

2020/7/6実施報告

7月最初のTNR現場は
多頭現場でした。
それも当初の情報(動画を見る限り)では
子猫7匹にお母さん2匹。そしてお父さんらしき子も1匹。
保護だけで7匹。
マジっすかーって状態ですが
最終的に子猫9匹の現場になりました。

その現場で一番気になる症状のある子。
それがこの現場のお母さん。
1_2020071021594970b.jpg
2_202007102159506bf.jpg
4_20200710215951323.jpg
5_20200710215953652.jpg
これは送ってもらった動画のスクショです。
白猫さんで耳にこの症状。
疑うのは扁平上皮癌。

実際現場で視察した際も
2_20200710220120c3d.jpg
耳の状態はよろしくない。
耳の中もちょっと嫌な色をしていました。
TNRにしないで犬猫みなしご救援隊さんへ搬送というのも頭に入れていましたが
視察しに行った際に給餌者さんに確認したところ費用の面で保護費用も難しいようなニュアンスの言葉が出たので
提案をすることが出来ませんでした。

①白メス1
捕獲は比較的スムーズで
雨が軽く振る中
早めに捕獲にいって無事に捕獲完了。
①白メス2

お腹すいてる母猫たちにとって
朝ごはん抜きは
それだけでも超空腹状態になります。
だって子猫はオッパイ吸いますからね、
ご飯ないよーって思ってもオッパイ吸えばある程度満たされますから。
でもお母さんたちにとっては
ご飯食べてないのにおっぱい吸われて
お腹ペコペコ具合もさらにUP。
①白メス5
手術の際に
耳の検査や切除術をしてもらおうかとも思いましたが
費用の面やその後の管理等を考えると難しいので
一先ずTNRだけして
ある程度落ち着いたらこの子たちは犬猫みなしご救援隊さんへ終生飼養に出すという事で話がまとまりました。
費用も依頼主さんが出すという事になりました。
①白メス4
白猫さんにとって紫外線はとても宜しくないモノで
白猫さんだけじゃなく柄のある子でも
白い毛の部分や毛の薄い部分に出来やすく
外猫さんたちの中でも特に白猫さんはこういった症状になる子は良くいます。
なので白猫は基本的に保護の方向で動くのですが
この子の場合、切除したところで完治するかといえばそうでもなく
耳の中の状態もパッと見ですが
怪しいかもという感じでした。
どこまで進行していくのかも読めませんが
予後は非常に宜しくない。
かといって今大がかりな手術もできない。
かといって保護もできない。(給餌者さんのお家の中では管理できない)
①白メス6
一度リリースをして落ち着いたら
改めて捕獲をし直して
娘猫さんと共に栃木へ・・・という流れになる予定です。
本来であればすぐ移動させたかったけど
タイミングが悪かった・・・
お迎えに来てもらったばかりだったし
振り込みや手続きも間に合わないので・・・

この子が出来るだけ早く栃木に行けるよう
なんとか手配をする予定ですが無事に捕まるかどうかというところもありますので
様子を見ながら・・・予定を立てていきたいと思います。

こんな状態になっても
5匹の子猫を育てて
更に自分の孫も育てて・・・
頑張って偉いお母さん猫さん。
このままじゃなく、何とか痛みや苦痛から解放させてあげたいし
出来ることなら切除でうまく長生きできる道を作ってあげたいです。

外猫さんは外敵から身を守るだけじゃなく
自分自身の体を蝕む病気との戦いもあるんです。

こういう子たちを見ているからこそ
外猫さんが居る事がとても悲しいし
イヤだと思ってしまうんです。

完全室内飼養をすることで
外猫さんが抱える殆どの悲しいリスクを回避できますし
猫は家の中だけで十分に満足した生活が出来ます。
狭い家の中だけじゃかわいそうだからと外に出すことをよしとする考え方をお持ちの方も
まだまだ多いかと思いますが
自由こそ危険。
それは人間でも同じです。
自由であることと危険とは隣り合わせなんです。
自由程危険なことは無い。
人間も猫も危険から身を守るためには
一定の条件のもとで生きています。
ルールがあったり
法律があったり
身の安全を守るために家という建物に住み
電気というものを使い便利な世の中を作り上げました。
外の猫さんたちは自分で病院にいけません。
飼主さんが居ない猫さんは特に病気やケガ=死です。
餌を与えてくれる人が居ても医療にかけるという事までしない人が多い。
抗生剤を与えて風邪を治してあげるとかそういう事をしてくれる人もなかなかいない。
猫にエイズや白血病があることも知らないし
ただ、餌だけあたえる。
とりあえずボランティアがTNRしろってうるさいからTNRしたとか
これ以上増えると近隣から苦情が更に増えるからとか
行政から指導を受けたからとかしぶしぶTNRさせてくれる現場も多いです。
猫の繁殖能力も知らない。
風邪をひいても餌だけあげる。
風邪が悪化して餌を食べられなくなったら
かわいそうになぁ。もう死ぬのかと見守るだけ。
それもある意味、自然に任せるという視点では
あり得る話でもありますが
出来ることなら外出生きていかなければならない猫さんたちを

外猫さんは自分で病院にいけません。
外猫さんは自分の命を自分で守り
ギリギリのところまで必死に生きる。
どんなに苦しくてもどんなにシンドイ状態でも
ギリギリまで生きる。

せっかくであったその命に
出来る限りのことをしてあげようと思ってくれる人がもっと増えてくれるといいなと思いますし
「野良猫なんだからそれが自然なんだから」って決めつけないで
もうすこし寄り添っていける人が増えてくれるといいなと思っています。

あれこれ全部やれとは言いません。
だけどTNRして餌与えて終わりじゃなく
関わった命なんだから
風邪引いたら抗生剤飲ませたり
具合悪そうだと思ったら相談してほしいし
薬で治せるモノなら薬を飲ませたり注射で処置してあげたり
そういう事のためのSOSなら喜んで直行します。

この子は給餌者さんとの話し合いが前向きに進んだので
将来的には犬猫みなしご救援隊さんのもとに移動することが決まっています。
出来るだけ早く行けるようにしたいです。
出来るだけ早く処置してもらえるように・・・
①白メス3
白 メス 成猫 避妊手術済み フロントライン済み 耳カット済み コンベニア済み

| 2020年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>