Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< 2011-05- | ARCHIVE-SELECT | 2011-07- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

TNR予定地区現場視察レポート

6月18日、市議会議員さんと一緒に現場視察をしてきました。

10時から2時間半お付き合いいただきました。


現場入りして、保護主さん宅にお伺いして
色々と現場を見せていただき、
かなり酷い状況を見ることが出来ました。

CA3F06100001.jpg
この子は多分1才位のオスで未去勢。


人慣れはしてないのと、
ゴミ漁りで生きてるとの事。

年齢は1歳位。まだ縄張り争い等はしていない様子。
近日中に去勢を行いたい猫であります。。。


hahaneko.jpg
この子は上の子の母猫。
5月にTNRしました。
子猫は4月下旬~5月にかけて出産済みです。


CA3F06110001.jpg
この写真は糞尿され放題・・・
マーキングの臭いも感じました。
穴に埋めないでそのまま放置。
(クリックで拡大してみてください)


CA3F06210001.jpg

この子も未避妊なメス猫です。(6/25TNR済み)
出産経験もある状態です。
この春3匹子猫を出産しています。
子猫は未保護で現在母猫がまだ面倒を見ています。(6/29時点)


CA3F062000030001.jpg

このグレーの子も出産経験有りで
この春4匹の子猫を出産しています。
※うち2匹は6/26保護

隣にいる茶トラはオスで未去勢。
8歳くらいのオスでエサやりさんから去勢許可を得ていません。
が、自分の猫では無い、ノラであると言われています。
ので。。。。。ですよね。。。
ただ8歳という年齢、迷います。。。



CA3F06220001.jpg

このオス猫、視察中に大胆なことをしてくれました。


こんな事を・・・堂々と・・・

土を軽く掘って、そこに座ってジョー・・・

その後埋めるのかと思いきや
そのままササっと消えました。

残ったのは尿だけ。

CA3F06230001.jpg

土に吸収されずに道路のアスファルト部分にまで流れてきました。

あまりにも大胆な行為に驚きました・・・

野良猫というより、
飼われてる外猫みたいな・・・

人間関係ないというか眼中にないというか・・・

餌やりさんを追いかけていきました。



この茶トラが排尿した場所の目の前には子供たちが遊んでいる公園があるのです。
まさに子供たちは遊んでいたし、 その横で猫が放尿。

この地区で保護した子猫からは沢山の回虫が出ています。

外に出した時点で猫たちは回虫をお腹に持ってしまっていいと思っていいです。

子猫なら死んでしまう場合もあります。
母子感染で子猫に生まれたときから回虫が居る場合もあります。


人間に感染する可能性はゼロではありません。
子供たちの口に入ってしまえば?

(回虫の詳細は下記※1参照)


そして数分後、聞こえたのはこの茶トラのメスを呼ぶ声。

速やかにこの茶トラは去勢しないと
またベビーが誕生してしまう・・・。

やっぱり去勢させて欲しい・・・


あっちにもこっちにも、
野良猫が徘徊していました。


CA3F08440001.jpg
(この子は6/26撮影 オス 未去勢)




住宅密集地であること、
子供たちが遊ぶ公園がこの近辺に3箇所存在すること、
この現場の近所で今年1月に2匹のオスを捕獲、
1匹のメスをTNRしていますが、
そこにもまだ猫は存在しており、
また、餌やりだけをしている人間がいるのも事実です。

実際今年の冬にTNRしたメス猫は餌やりさんが居た為に
何度も繁殖し、何度も出産し、その子猫が無事に育たず
カラス等にやられて死骸が民家に落ちている事が多々あったとの報告を受けています。

餌ヤリをすること=繁殖能力を高めてしまう事につながります。
また、エイズ・白血病等の蔓延を加速させます。

餌やりさんがかわいいからといって去勢・避妊をせず
餌だけを与え、繁殖能力を上げ、その結果近所の自宅に糞尿がまかれるという状態につながります。

去年10月に保護した4つ子の子猫がまさにこの現場のすぐ近くの民家で生まれています。



今回依頼を受け住所を聞き驚きました。

道一本手前なだけです。
どの猫達も縄張り範囲内です。


猫公園から戻る途中、
餌やりさんが近所のおばあさんと話をしているのを小耳にしました。

「猫はかわいいからね~♪」



その言葉にとても苛立ちを感じたのは何故でしょう。


別に私がやらなくてもいいんです。

私が住んでる地域じゃないですから。



でも、確実にあの餌やりさん宅から数メートル以内の民家は
猫被害を受けており、猫対策を施しています。
自宅敷地内に野良猫対策用のネットなりを設置し、
猫が侵入しないようにしているのです。


猫嫌いな人もいます。
猫が好きだけど飼えない、なのに自宅前に糞尿!という方も居ます。


この地区の猫達がこの地区の人間と共存できるよう、
これ以上増えないように、
私はこの地区のTNRを行うと決めました。


増やさなければ野良猫の寿命は5年ほど。
長くても10年です。

交通事故で亡くなる子も居ます。
病気で亡くなる子もいます。
虐待で亡くなる子も居ます。

どんな形であれ、いつかは終わってしまう命です。
その命は増えることなく、その世代で終わらせるのがTNRです。


猫の糞尿被害によって近隣トラブルが発生し
近い将来的に警察沙汰になるような事も出てくるでしょう。

それを回避するためにも
速やかにこの地区の野良猫対策をしなければならないと感じました。

今回視察に同行してくださった議員さんにお願いし、
この地区に御住まいの市議会議員さんに野良猫に対しての件を聞いてもらったところ、
「野良猫による近隣トラブルは聴いたことが無い」とのご返答だったとの事。


それは住民がまだ我慢しているからなんだという現状を突きつけられた気がしました。

去年10月に生まれた子達の保護主は、
保健所、市、に何度か訴えたそうです。
糞尿被害が酷いし子猫がしょっちゅう生まれては死骸になり
庭に放置されるなどの被害報告をしています。

実際、大家と住人のトラブルに発展しそうになったのも事実です。
住人が大家に脅迫されました。

それでもトラブルは聞いたことが無いという議員さん。

表に出てないだけです。

トラブルが大きくなって何か事件などが起こってから知るんです。
そういうものです。



また、別の地区(同じ海岸地区)でも猫トラブル情報をいただきました。
近日中に視察にいってきます。

こちらは8匹くらいの猫達が対象です。

現場を見なければどういう状況かわかりませんが、
場合によってはその8匹位の猫たちが保健所に連れ込まれる可能性があるとの事。


人間によって増やされて、
人間によって殺される。

それでいいの?
茅ヶ崎の人はそれでいいの?

茅ヶ崎から変えたい。
その気持ちは更に増しました。



~猫回虫について~
http://www.petwell.jp/disease/cat/kaichuu.html
猫の回虫症
回虫症は、猫回虫という寄生虫によって引き起こされる病気です。猫回虫は、猫によく見られる寄生虫で、成猫に感染しても特に症状が現れないことも多いですが、子猫に感染した場合は重い症状を引き起こすことがあり、命に関わることもあります。

猫回虫は人にも感染する人獣共通感染症(ズーノーシス)です。幼児での感染例では、まれに視力障害などの重い症状を引き起こすケースが報告されています。猫を屋外に出す場合には、室内で排泄させる習慣をつけるとともに、回虫の駆虫薬を投与し周囲環境を汚染しないよう心がけましょう。





スポンサーサイト

| 活動報告 | 14:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>