Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< 2011-07- | ARCHIVE-SELECT | 2011-09- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

8/27 TNR実施報告

本当は茶トラを捕獲したかったんですが、
お母さんにベッタリだったこの子が捕獲器に掛かりました。

ずっとメスだと思っていたこの子は男の子でした・・・

110827_1205~01

保護したかったけどお母さんが「あの罠には絶対近づいたらダメよ!」って教えてたので
保護できずに居ましたが、なんとか子離れシーズンになったようで
お母さんから離れた時に捕獲器に入ってしまいました。
(お母さんはTNR済みです)

110827_1226~01

一度入ると次は無い事が多いので(猫は賢いです)、
TNRする事にしました。


110827_1228~03
威嚇もなく、こわいよ~って鳴く程度でしたが
人間には慣れているので保護も考えました・・・

でも、保護できるスペースに限界があること、
生後3ヶ月以上経過していることから術後リリースを決めました。


110827_1813~02

術後目が覚めてキャリーの中。
なんだかわからない状態で・・・
毎回子猫の場合は、こんな小さい内から不妊手術となってしまって
カワイソウだなと思うんですが
活動経費が無い状態でTNR代すら自腹で
尚且つ寄付金を何とか使わせてもらっての状態なので
これ以上の保護は無理です。

ここまで増やしてしまったのは人間です。
猫たちに罪はありません。。。。

110827_1813~01

この子はこのキャリーの中で1泊して
翌日餌やりさんがリリースをしてくれました。


110827_1813~03

雑に耳カットされてしまいました・・・
相変わらずですが・・・雑なんです・・・
多分Vカットと伝えていたのに通常カットにしそうになって
慌ててVにしたって感じです・・・


この子達はもう出産も子作りもしません。
地域の人達がしっかりこの子達が安心して暮らせる環境作りをして
この命の終わりまでしっかり見守って欲しいと思っています。

この地区はまだ野良猫が沢山いて糞尿被害が出ています。
私が入っている現場の中でもっとも猫が多く、被害も大きい地区になります。

10月までにどれだけの猫たちをTNRできるかわかりませんが、
この地区にもう1匹も子猫を誕生させてはいけません。

これ以上増えたら本当に人間同士のトラブルが発生し
猫たちに危害を与える人間も出てくるようになりますし
人間の身体にも色々な症状が出てしまいます。

ここは食い止めなければならない現場です。

これ以上野良猫を増やさない。

出来れば餌やりさんがある程度の子を室内飼育して欲しいと願ってやみません・・・

この子は保護できていませんが、
未保護状態で里親募集を行います。

ただし先住猫がいるご家庭では前もってエイズ・白血病用ワクチン接種を行ってからになります。

野良猫なのでエイズ・白血病を持っている可能性が高いです。
また、母猫はFIPの可能性が高いのと
ここの餌やりさん宅に居る猫2匹が猫風邪をひいているため、
この子も感染する可能性が高いです。

それをご理解していただければ譲渡可能です。

スポンサーサイト

| TNR報告 | 15:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>