Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< 2015-08- | ARCHIVE-SELECT | 2015-10- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

9/28実施 H地区協働事業報告 (キジ虎メス成猫) 協働事業+どうぶつ基金NO.9223

2015/9/28実施報告

多頭現場の猫さんたちのTNR予定でしたが
全匹保護してみなしご救援隊さんに終生飼養に出してもらう事になりました。
その日の代表ブログに色々書いてあります。

給餌者さんは今後もこの現場付近の猫たちはすべて
みなしご救援隊さんの終生飼養シェルターに入れたいとおっしゃっていて
CCPでは捕獲と病院搬送、お迎え、依頼主さん宅に戻す作業を行いました。

依頼主さんが栃木のシェルターに届けるのは翌日なので
ケージも折りたたみ式のものを3台貸出致しました。

CIMG9982_20151021154423968.jpg

キジ虎(白ラインあり) メス 成猫
どうぶつ基金チケットナンバー9220
一番小さい捕獲器入っちゃって大変だったね。狭くてごめんね。
手術の翌日には栃木のシェルターにみんなで移動したので
今じゃもうすっかり栃木での生活に慣れただろうな~♪

本来ならばリリースする猫さんたちですが
この現場付近では交通事故死する猫さんも多く
猫嫌いさんも多く、
また何よりも月々のフード代もバカにならないということもあり
終生飼養シェルターに入れてあげた方が
この先この子たちに安全と安心を与えられるとご自身で感じて
依頼をしてくださいました。

依頼を受けたのは1年前なので
やっとこさ現場入り出来た状態です。

その間にまた猫も増えてしまいましたが
全員移動するために尽力してくださいました。

今回移動した猫さんたちより先に
既に2匹の猫さんが栃木シェルターに移動しています。
その子は負傷猫さんと迷い猫さん。
酷い状態だったのを保護してもらい入院。
2匹とも状態が安定してから移動になりました。
なので今回は依頼主さんにとっては2度目の栃木拠点への搬送です。

猫たちの幸せを願い、
危険な外に逃がすのではなく
シェルターへお金を払って受け入れてもらうという選択肢をしてくださったことに
私自身本当にありがたく思っております。

本来であれば私もこういう流れが一番スキです・・。
外に逃がさなくていいのですから・・・

もちろん1匹あたり終生飼養代5万円の負担金が発生しています。
10匹いたら50万の出費。

それでも依頼主さんは
この子たちの命を守るために
お金で解決出来るならその方がいいし
その方が彼らの命を守ることが出来るとおっしゃってくださいました。

その通りなのです。

でも実際1匹当たり5万円の負担金も出せないから
行政枠で手術費用を負担したりという現状があります。

なのでこの現場の子たちは本当に
ラッキーすぎる猫さんたちです。
スポンサーサイト

| 2015年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>