Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< 2016-02- | ARCHIVE-SELECT | 2016-04- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【ありがとうございました!】黒虎(クロトラ)くん  【お空に帰りました】3/31情報更新

2016/3/31情報更新

体調を崩していましたが
相変わらずの生命力で
見た目には腎臓も肝臓も悪いなんて思えない程でした。
3月26日に病院で黒虎に会った時は
「なんじゃー。オマエかー。じいちゃんて言うなー!」って言ってくれた黒虎さま。
見た目には相変わらず元気でした。


預かりさんから状態の悪化連絡が来たのが30日。

今月に入ってからの黒虎は
食欲の波が激しくて
食べれない事の方が多くなり
投薬とか注射で対応してきました。
もちろん毎日の補液も。

オシッコをするにも
お座りする体力がなくなってきたので
立ったままの排尿になったりと、
そろそろパワーダウンなのかと思わせる感じでしたが
お薬をのんで自力で食べられるようになったと連絡を頂いていたので
波がある子だから、
このまま良い感じで春を迎えられればいいなぁと思っていたんですが
なんせ黒虎さまです。。。

プライドもある子です。

旅立つときは
きっと誰も居ない時に
一人で行きたがるタイプだと思ったし
かなりギリギリまで余裕なそぶりを見せて
あっという間に潔く逝っちゃう子だと思っていたのですが
30日の状態で
肝臓に腫瘍があることがわかりました。

2週間前のエコーでは無かったものが
急激に成長していました。
極太の血管も肝臓の周りに・・・。

これが黒虎の衰弱を一気に進ませたのだろうと思います。

お薬で食欲が回復して
体重も増えたと喜んでいた矢先でした。

増えた体重は80g。
エコーで見る腫瘍のサイズを考えると
増えた体重分は腫瘍の分だったんだろうなと。

それで、先生とお話して
今もってるだけでもすごいことで
血液検査の結果をみても
肝臓の破壊も一気に進んでいるし
貧血もあり黄疸もあり・・・。

今日明日でもうダメかっていう位ですって言われたので
さすがに預かりさんに看取らせるわけにはいかないので
急いで預かりさん宅に黒虎をお迎えに行きました。

そして黒虎のかわりに
まる子をお願いしてきました。

黒虎は私のお迎えにも
「あぁ。またお前かー。今日はもう病院いったぞー。」って。

病院じゃなくてオバチャンのお家にいこうね。
預かりさんとはもうお別れだよ。

黒虎はなんとなくわかってるんだと思います。

預かりさんご夫婦からチューしてもらって
お別れしました。

またねって言えないお別れです。

何とも言えない気分でした。

ちょっと預かってまた数日後に預かりさんにお願いするとかそういう問題じゃなく
本当にこの後はもう会うことは出来ない。

だからちょっと色々複雑でした。

丁度猫茶家さんのところから
床ずれ防止用のオフトンをもらっていたので
それを使ってトイレとベッドを用意。

CIMG1759.jpg

預かっていざ黒虎を見ると
呼吸の深さ、速さ、体温。
どれもが、良くこの状態で立ち上がったり出来てるなと思うくらい・・・。

オシッコは濃い黄色で黄疸出てるし
21時過ぎにお迎えに行ったんだけど
22時頃には口呼吸になったり嗚咽したり。

これは今夜もつかわからん・・・と思って
添い寝しながら補液。

色々お話しました。
CIMG1757.jpg

出会った時の事、
はじめての失踪で可愛いお姉さんについていってお家の子になろうとしたこと。
今の預かりさん宅にいってからのこと。
そして今日からの事。

黒虎はゆっくり耳を傾けて聞いてくれていました。

そして徐々に呼吸が落ち着き
口呼吸もなくなり
安定しました。

保護猫部屋では私がいると涼太がかまってちゃんだから
ケージからずーっと「おばちゃーん!おばちゃーん!」って呼ぶんです。

このままじゃ涼太が疲れちゃうし
黒虎ゆっくり眠れないじゃんか・・・ってことで
電気を消して
添い寝を続けていたら
時々ハっと起きてキョロキョロするから
「ここにいるよ。大丈夫だよ、ゆっくり寝ていいよ」ってナデナデしながら
また添い寝。。。

「なんだよー。オバチャンじゃなくて可愛いお姉さんに添い寝してもらいたいのに」って言われてる気がしました。

CIMG1761_20160331221642026.jpg

看取りのたびに添い寝が始まるんだけど
昨日は準備が遅くて
また床で寝ることに。

0時を過ぎて
黒虎の状態は相変わらず。
呼吸も安定してるので
おばちゃん、オフトンで眠らせてもらいました。

朝になって黒虎は夜と同じように
呼吸が安定していました。

お水をいっぱい飲みました。
呑み込む体力があるならまだ大丈夫かな。
体温は相変わらず低いけど・・・
呼吸は深いけど
夜より落ち着いてる。

会いたいって言ってくれてる人たちの面会には間に合うかな・・・
頑張れるかな・・・

ちょっと期待したんです。

CIMG1760_20160331221642904.jpg
補液をするとラクになるのも分かってるし
水を自力で飲もうとするし
トイレでお座りしてオシッコ出来てるし。

お仕事行ってくるね、
今日はきっとメンバーさんやお世話になった前の預かりさんも来てくれるかもしれないね。
オバチャンも早く帰ってくるから待っててねっていって
朝仕事に出かけました。

夕方、メンバーさんと前の預かりさんがきてくれました。
呼吸も落ち着いていたという事でした。

大丈夫かもしれない。
でもまてよ。
旅立つ直前は
調子良くなるんだよな・・・みんな・・・。
ということは今夜?

どちらにしても
黒虎は自分のペースを乱さない子だからな・・・

おばちゃんのために待つとか絶対しない子だろな~


なんとなく、そんな予感がしたんですが
仕事が終わって帰宅して
今夜からは黒虎専用の保護猫部屋にするために
涼太たちを預かりさん宅に短期で移動させることになって
その準備をして、補液をして、呼吸の確認をして
預かりさんが帰ってくるまでの間に
会長をお迎えに行こうと思って
自宅を出たのが19時半過ぎ。

21時に帰宅して
黒虎を確認しにいくと
もうすでに旅立った黒虎が居ました。

あっという間でした。

体の硬直具合を見ても
体の温かさをみても
1時間も経ってないくらいでした。

やっぱり君らしいね。
予想通りの旅立ちでした。

いちいちオバチャンと語り合って旅立つとか
そんな面倒な事やってられんわー
行きたいときに勝手に逝くから邪魔すんなよ!って言ってるみたいだったから。

私、きっと呼吸が止まりそうになったり心臓が止まりそうになったら
呼んでしまうからね・・・
それがイヤだったんだろうな。

旅立つときは自分で決めるし
旅立つタイミングも自分で決める。
だから邪魔しないでくれって言ってた気がしてます。

とても穏やかな顔してました。

まだ柔らかい黒虎を抱っこして
良く頑張ったね、お疲れ様!ってギューしました。
12936481_960307460751097_5045343337295823861_n.jpg
昨日のうちに
元飼い主さんには黒虎がそろそろ旅立つかもしれないという連絡を入れておきました。
元預かりさんにも連絡しておきました。

メンバーさんにも。


今の黒虎の状態も。

だからみんな覚悟は出来ていました。

でも、やっぱり
私の中で
本当に頑張ったねって言いたい思いと一緒に
「本当の家族を見つけてあげられ無かった事」だけが後悔だなって気分が残っています。

保護したとき、保護=里親探し。
だからこの子はシニアだけど
新しい家族を探してやるんだ!
あまり長く生きることは出来なくても
中身の濃い時間をプレゼントしてあげたいって思って
ずっとギリギリまで募集をかけていました。

保護されて病院に入院して
はじめて会った時の黒虎との思い出。

預かり先の確保ができて
預かりさんのお家で
デレデレになって
預かりさんのお姉さんにベッタリで
「このじいちゃん、マジで女の人が大好きなエロジジーだ」って言っちゃったりしたけど
それがオレだし。なんか文句ある?!って顔されたときの
あの気持ち。

預かりさん宅から家出して
つるみね神社で可愛い若い綺麗なお姉さんをナンパして
そのままお家についてって
そのまま居候しようと企んだあの日。

絶対黒虎は
毛皮をかぶったじいちゃんだと思ってましたよ。

今の預かりさん宅に移動してからは
ユキナとの生活もあり
なんとなーく、ユキナを受け入れてくれて
綺麗で優しいお母さんと優しくてたくましいお父さんのお家で
我が家の如くくつろぎまくり
好きなようにさせてもらって
沢山の愛情を注いでもらっていました。

お母さんが大好きだし。
病院にいっても
看護士さんにデレデレだし。

どんだけ女子大好きなんだ!!!って感じでした。

そんなありのままのわが道をゆく黒虎は
私にとって本当にスーパーミラクルにゃんこでした。

最期のときくらい
家族に看取られたかったよねって思ったけど
最期の時は
私の話に耳を傾けて
最期の最期になてから
やっと黒虎が
私の事シカトしたり「お前の事マジで嫌いだしー」とか言わず
「まぁ、良くしゃべるなぁ。いちいち目から液体出すのやめてくれねぇか?」って顔しながら
ため息ついてそれでも少しは聞いてやるって聞耳を立ててくれました。

2000年の秋生まれの黒虎。

15歳と6か月。
とても楽しい楽しい15年半の幕を閉じました。

彼ほど
自分の気持ちに正直に生きた猫が居たかな・・・って思うくらい
彼らしい生き方をした子でした。

自分に嘘をつかず。
相手にもウソをつかず。
ありのままの自分をさらけ出す。

それが黒虎ってかんじでした。

でもね。

やっぱり黒虎も
ちょっとは気を遣うんですね。

預かりさん宅を出て
我が家に戻ってきたら
「やっぱさ、ここまで体のあちこち悪いとしんどいわなー」って。

お母さんとお父さんを心配させないようにって
ちょっと気を使ってたようです。

そりゃそうだよね。
心配させたくないもんね。

そういうところも黒虎らしいわ。

本当に君は最高の猫さんでした。

すぐに生まれ変わってひょっこり出てくるんだろうな。

お正月に君に会って
1週間我が家にお泊りしたとき
君が桜の花の季節を共に迎えることは出来ないなと
感じたんですけど
本当に君はギリギリまで頑張って
3月中に旅立ちました。

4月まではムリだろうと思ったんだけど
3月末でぴったりと
自分のタイミングで旅立つなんて
本当にかっこいい男だわ。

預かりさんご夫婦には
本当に良くしていただいて
苦痛の無いように、
出来るだけストレスを減らした環境作りと
愛情たっぷりな毎日をプレゼントしてもらって
本当の家族みたいに
大事にしてもらった黒虎。

満足して
毎日満たされた日々を過ごすことが出来たのも
やっぱり黒虎の持ってる何かがそうさせたんだろなって思います。

最期の最期まで
私の事を「大好き~♪」って言ってくれなかった黒虎。
そんな素直なところも好きだ!!(笑)

本当に良く頑張ってくれて
最期の最期まで弱音も吐かず
立派な最期でした。

潔いというか
マイペースというか
流されないというか
芯のある生き方というか。

そんな黒虎が
無事に苦しまず
あっという間に旅立ってしまって
オバチャン役立たずでごめんよ。

過去の写真見てたら
本当に君って
君らしい子なんだよね。

改めて感じました。

黒虎らしい生き方を貫いて。
尊敬できる子です。

土曜日に
合同火葬します。

それまでは
我が家でノンビリとしてもらおうかと。



多分というか
ほぼ、99%の確率で
黒虎の魂は
可愛くて優しいお姉さん探しをして
フワフワと浮いてると思います。

次の出会いを求めて。

お姉さん大好きだもんね~

今でも
呼吸をしているような
ただ眠っているだけのような錯覚を起こすほどの
安らかな顔です。


肉体から魂は離れたけど
次は若い肉体になって
カワイイお姉さんをナンパしてると思いますので
もし黒虎に似たカワイイ子猫さんにナンパされたら
連れて帰ってあげてくださいね。
そしてお家で飼えない場合は
CCPにお問い合わせください。

きっとすぐ戻ってきちゃうんだろうな。

一緒に過ごした時間は短いけど
私は黒虎と出会って
色々な事を教えてもらえて
本当に最期の最期まで
かっこいい生き方をしてる黒虎を尊敬してるし
私もそうやって流されないで強い意志をもって行きたいと思います。

黒虎、本当にありがとう。
お疲れ様でした。

貴方のような最高の猫に出会えた私は
絶対に幸せモノだと思います。

彼は色々な人に愛されて
沢山の人の支えがあって
15年と6か月生きる事が出来ました。

多分そこらの野良猫とは違って
いっぱい名前も持っていたでしょう。

ただの猫じゃなかった。

お家も沢山持っていました。

そんな彼が保護猫になって
あったことも無い沢山の人たちの力を借りて
腫瘍摘出の手術をしたり
あちこち悪くなるたびに預かりさんに病院に連れて行ってもらって
沢山の人の愛情をもらいました。

私の愛情じゃなく
私以外の人たちの多くの愛情を注いでもらって
そして今夜沢山の人たちの思いを感じながら
旅立ちました。

多分、すぐ帰ってくるので。
むしろ4月にリニューアルボディになって小さくなって帰ってくるので
その時こそは絶対に
最高の家族を見つけてあげたいと思います。

今の肉体じゃ新しい家族は難しかったもんね。。。

だからリベンジだ。

また会おう!黒虎!
また会えた時は
こんどこそ「オバチャン、大好き~♪」って言わせてやるぞ!!!

本当に皆様、長い間黒虎のためにフードや医療費のご支援ありがとうございました。
黒虎に変わりお礼申し上げます。

なんだかあっという間で
実感が無いのですが
ジワジワと来る状態に陥りそうなので
今日の今日でUPしました。

医療行為としてはこれ以上やることが無い状態で
それでも黒虎は多くを望まずに
居たがったり苦しがったりすることも無く
今を一生懸命生きてくれました。

出来るだけ苦しくないように痛みが無いようにと
対処療法で対応しました。

どんなに高額医療をかけても
彼の命は伸びることは無いですし
彼の寿命を無理して伸ばそうとしたら彼に苦痛を与えてしまうことになるので
それだけは避けたかったので
補液、注射や飲み薬での対応をしました。

もうこの先
黒虎にかかる費用は
合同火葬費用だけです。

この先病院にかかることも有りません。

それはとても悲しいことですが
きっと生まれ変わってまたひょっこりと
私の前に現れると思います。

その時は
美味しいご飯、綺麗なトイレ砂をご協力頂けますと幸いです。

支離滅裂で
長くなりましたが
本当にありがとうございました。

沢山の方々のお力添えを賜り黒虎は旅立つことが出来ました。

若い、もしくは可愛い、もしくは綺麗なお姉さま方。
明日から猫にナンパされたら黒虎ですので
可愛がってあげて欲しいと思います。

そして今度こそ完全室内飼育で終生飼養してくれるかたと出会えますように。

黒虎、ありがとう。
そんでもってまた会おうね。
いつでもウェルカムだよ。

オバチャンは待ってますよ~

だからそれまでは
ゆっくりお休み♪


>> Read More

スポンサーサイト

| 空に帰ったニャンコたち。 | 22:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>