Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< 2017-09- | ARCHIVE-SELECT | 2017-11- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

拡散希望!【緊急】TNR費用ご協力のお願い【協働事業予算終了間近で手術費用が足りません】

2017/10/13情報UP

今年の1月24日にも同じ状況に陥り皆様からのご支援を賜り
平成28年度のTNRは無事に完了することが出来ましたが
平成29年度がまだ5カ月も残っている今の時点で
予算残金がとうとう1万円ちょいになりました。

平成29年4月1日~平成29年10月13日までに実施したTNR匹数は
昨年度の数を大幅に上回り161匹になっております。

14日、16日に手術する子たちを合わせると
168匹になります。

平成28年度は155匹のTNRを実施しました。
150匹目を迎えたのは今年の3月14日です。
今年は150匹目を迎えたのは10月9日です。
去年のスピードを大幅に上回るTNRを実施しております。


どうぶつ基金のチケットを使用し
出来る限り依頼主にも負担をしてもらいながらの現場対応でしたが
多頭現場も今年は多く
あっという間に予定匹数に達し
このままだと予算終了でTNRが出来ない状態になってしまいます。

今の時点で11月までに立ち入りする現場は
①T地区 3匹
②HS地区10匹前後
③K地区 6匹以上
④HG 5匹
合計25匹前後が11月までに立ち入りする予定でいる現場です。
(雌雄判定はまだ出来ていません)

それ以外にも多くの現場が残っている事と
これからの時期は徐々に妊娠猫も増えてくるシーズンで
更に言うと年明け2月頃からまた妊娠猫がふえてくるシーズンに突入しますので
そうなる前に出来る限りの現場の着手をしたいと思っています。

もしこのまま予算が無いから来年度に回すという事になれば
せっかくTNRをした現場がいくらあっても
また同じことを繰り返す状況になってしまいます。

どうぶつ基金のチケットは40部発行してもらうことになっていましたが
12日から立ち入りした現場で既に18枚使用してしまうことになったので
追加申請がどの程度この先通るかどうかによっても
必要な金額が変わってきますが
依頼主さん負担でどうぶつ基金のチケットを使用する現場もあるため、
今回追加申請したチケットもあっという間に無くなりそうです。

チケット使用をした場合
妊娠堕胎が無いメス猫さんで通常の手術で済んだ場合は1匹あたり5095円、
停留睾丸等の異常のない通常の去勢手術が出来るオス猫さんの場合は1匹あたり4155円発生します。
25匹前後の猫さんたちが
無事に堕胎や子宮や卵巣に異常がない通常の手術が出来る場合の必要な費用は
メス15匹、オス10匹だったとして約12万程必要になります。
11月までに12万程の費用が必要な状況なのに
残金1万程です。
更に12月、1月は春生まれの子猫たちが生まれることを防ぐための
TNR強化月間になりますので
更に費用は必要になってきます。
最大でも50万円程の費用があれば年度内に多くのTNRを実施することが可能になります。
チケットも年内で発行が終了してしまえば1匹あたりに発生する費用も増えてしまいますので
チケットがまだ発行できる今のタイミングでのTNRをどんどん進めたいというところも本音です。
昨年は1月末まで使用可能のチケットが最後の発行でした。

今こそ食い止めたい現場が沢山あります。
お願い事ばかりで大変申し訳ありませんが
どうか皆様のご協力をお願いいたします。


三菱東京UFJ銀行 茅ヶ崎支店
普通口座 0099553
Chigasaki Cat's Protect


ゆうちょ銀行
記号 10260
番号 29265451
Chigasaki Cat's Protect
募集期間については
平成29年10月14日~平成29年11月10日までの間に上記口座へお振込み頂いた分が対象とします。

ただ、保護猫たちのフード代や医療費も不足している状態になっております。
フードや砂のご支援のご協力もお願いしたいため、
大変申し訳ありませんが
保護猫のために活用して良い場合は
お名前の後に「ホ」と入れてください。

例 10月10日 5000円 チガサキ ハナコ ホ


お願い事ばかりで申し訳ありません。。。

来年度の予算については
もう少し増やしてもらえないかどうか市にも協議をしてもらいます。
また依頼主さんに少しでも負担をしてもらえるように、
依頼主さんが負担してくれる現場については優先して現場入りをしていくようになりますので
現場入りがゼロになるわけではありません。
ただ、完全に全額協働事業対応に成らざるを得ない現場も多いのが現状です。
皆様からのお力添えをよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

| ◇ご支援のお願い◇ | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>