FC2ブログ

Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< 2018-10- | ARCHIVE-SELECT | 2018-12- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

11/30実施 K地区 S邸③ 茶虎 オス 成猫 TNR報告 【管:2018-172】飼い主負担

2018/11/30実施報告

この子も捕獲したいのに
もうこの子はイイわよと言われてしまい
困った困った。
しかしそこは・・・
知人がしっかり交渉してくれまして。
やさしくね、こうしませんか?って説得を続け
給餌者(飼い主)にやる気を出させて
洗濯ネットに入れてキャリーに入れての捕獲が実現。
③茶虎オス1
家の中にはキジ白の未去勢のオスもいました。
でもこの子は大丈夫みたいなことを言うから
私の中ではモヤモヤ。。。
うーーー。。。。
1匹でも多く捕獲してTNRしたい・・・
この現場を早く終わらせたい・・・

しかし進まない・・・
キャリーから捕獲器に入れ替えをしましたが
とても臭い。。。
家の中がスプレー臭で臭いから
猫達も臭いにおいが付いています・・・

③茶虎オス2
キャリーが臭いのかと思って捕獲器に入れ替えたけど
この子自身が匂っているという事に気付いた時
本当に悲しくなりました・・
猫はとても綺麗好きなんです。。。
体中にスプレーの臭いがついてる・・・
外に出入り自由の環境なのに。
空腹や寒さから逃れるにはこのお家の中に入るしかないんだろうけど・・・
この家の中にまだ沢山の猫たちが居る・・・
何とかしてやりたいけど
今はまだどうにもできない。
TNRをする以外に方法は無いし
TNRをするだけでも何か月も交渉を重ねてやっと実現したわけで・・・


給餌者(飼い主)はこの子に名前を付けていて
他にも名前を付けてる子がいるんですが
「高齢給餌者現場あるある」で
殆どの子たちの名前が一緒(苦笑)
47105257_1925888687526298_5621151092747272192_n.jpg
この黒白の子もピーちゃん。(この子は飼い主が避妊手術してます)
人馴れしてて触ることもできる気まぐれツンデレお嬢様。
このお家で一番の女王様なんだろうとおもいますが
ピーちゃんって言うんです。
で、今回TNRできた子は「可愛いピーちゃん」って名前が付いています。
苗字が「可愛い」で名前が「ピーちゃん」なのだろうか。
毎度のことながらこのお家の給餌者(飼い主)と話をしていると
個体把握をするのが大変です。。。

47093735_1925885684193265_4336633018551631872_n.jpg
外での捕獲作業中に出てきたのも可愛いピーちゃん。
あれ?他の子?って思うと可愛いピーちゃんの方。
で家の中に入るとまたこの子がいる。
顔が同じなので個体もおなじですが
さっき外にいたじゃん!って子が姿を見せなくなったなと思うと家の中に居るんです。
庭の方から屋内に自由に出入りできる・・・
これ塞いでくれないのかな・・・
47183428_1925885720859928_9112233916915253248_n.jpg
ちなみに奥の茶虎が可愛いピーちゃん、真ん中のムギワラは飼い主が手術した子で名前は無い。
手前のムギワラは未避妊の子で捕獲を試みたけどダメだった子。。。
③茶虎オス5
耳カットの必要性は給餌者(飼い主)にやっと理解してもらえて
知人が耳カットの写真を見せて耳カットがあると手術が終わってるか他の人も分かるんだよと伝えると
耳カットが可愛いと納得してくれて今回この自称飼い猫の可愛いピーちゃんにも耳カットの許可を得られました。
一つ一つクリアしていくしかない現場です。
飼い主に万が一のことが起こった場合は
親族とも話が付いているので対応が出来ますが
体は元気。
認知症があるだけの飼い主に
我々が出来るのはTNR以外に今は有りません。
現場の母猫は今年の春4匹出産したのに
この秋の出産では2匹だけしか産まなかった。
そしてそのうちの1匹は事故死。
辛うじて生きている子ねこも片目はこのまま放置したら失明する状態。
忙しいから病院に連れて行けないという飼い主。
自宅にいる高齢猫(パステル三毛)は皮膚炎になっていました。
衛生環境の面でも猫たちのストレスの面でも
一日も早く何とかしたいけど
12月にもう一度現場入りして少しでもTNRを進められればと思います。

本来なら春に4匹産んだなら次の出産では5~6匹産むのに
母猫は2匹しか産まなかった。
という事は母体に何らかの問題が発生していることも考え
次の妊娠をするのが先か、子宮蓄膿症になって死亡してしまうのが先かという事を伝えました。
早く手術してあげないとお母さん猫の母体が持たないですってことを伝えたんです。
猫の事を大事に思ってる人ですから
可愛そうな状態を放置するというのは出来ない人。
だから母体優先のためにも12月に手術しましょうねと伝えて帰りました。
12月、無事黒猫のお母さんとムギワラちゃんをTNRできますように。


③茶虎オス4
茶虎 オス 成猫 去勢手術済み フロントライン済み 耳カット済み

| 2018年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>