FC2ブログ

Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< 2018-12- | ARCHIVE-SELECT | 2019-02- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【訃報】タプちゃん 【ありがとう!また会おうね!】

昨年12月9日、タプちゃんはお空に帰りました。
保護主さんや預かりさんたちには
その日のうちにご連絡をしたのですが
皆様には四十九日までご報告をしないで居りました・・・。
35671391_1694591150656054_6632120621096501248_n_20190126231613887.jpg

今日はタプちゃんの四十九日。
今頃・・・タプちゃんはお空に帰り
お空から私のドジっぷりを腹を抱えて笑ってくれているかな?
保護猫達の様子を見守ってくれてるかな?

48166144_584426298668329_1432562040655839232_n.jpg

タプちゃんは11月頃から痩せていく状態が改善出来ず
甲状腺機能亢進症のホルモン数値の改善は出来つつあったのですが
ホルモンの改善によって腎臓の状態が悪い事が判明。
腎臓の数値は測定不可能になるくらいに危険な状態な事がわかったので緊急入院をし、
静脈からの点滴を続けたところ次の日には腎臓の数値も正常値範囲にまで回復し、
自力では食べることが出来てなかった子が
自力でモリモリとご飯を食べるようになり改善の兆しが見えてきたので12月8日に退院したのですが
お家に戻れた安心感か、もうギリギリの状態だったのか・・・
今日ご家族みんなに見守られながら眠るように旅立っていきました。

入院中にタプちゃんに会って
丁度ご飯をモリモリ食べた後で
「あんた何しにきたのさー。接客なんてしないわよー」って背中を向けられてしまいました。
それでも自分でモリモリ食べた、頑張って偉いね、お母さんあとで会いに来てくれるって!って言ったけど
タプちゃん、私のこと好きじゃないので
さっさと帰りなさいみたいな感じでジロって見られてプイっとされました(苦笑)


プライドが高く、女王様気質なのは全然取れないけど
縦抱き抱っこで肩をチュパチュパするのはずっと続いてて
いつまでたってもオコチャマで、
なのにプライド高いから自分がこうだ!って決めたことは貫く強い意志を持った子でした。

預かってもらってる子猫たちの件でお伺いすると
いつも寝てるか
窓からこっちを見て「またアンタきたのねぇ・・・」ってちょっとイヤそうな顔をして
気持ちを切り替えて視線を外して
日向ぼっこを続けるタプちゃんの姿を今も思い出します。

いつもおばあちゃんと一緒で
寂しくないし
華族もいっぱいで
いつも可愛がってもらって・・・

最期はお母さんがお家に戻ってくるまで待っててくれて
お母さんが帰ってきてから
旅だったそうです。

家族全員が揃ってから旅立つタプちゃん。
タプちゃんらしいなと感じます。
最期の最期は絶対にお家の家族みんなが揃ってる時に
みんなに見守られながら旅立つんだと決めていたんだろうと思います。
とても立派な最期で、とても安らかなお顔で永遠の眠りにつきました。

47577946_320929745423029_3846620135326482432_n.jpg
保護時、年齢不詳で
それはいつまでも年齢不詳でした。
普通見た目とか毛艶とかに年齢が出るものなのですが
タプちゃんは眼球以外に老化現象は一切見せなくて
ずっとずっと若い美猫のままでした。
その美しい姿で永遠の眠りにつきました。

甲状腺機能亢進症であること、
シニア猫であること
色々な事を受け止めたうえで家族に迎えてくださったご家族のもとで
タプちゃんしっかり家族の愛情を注いでもらって
卒業して半年。
お空に帰りました。

保護したのが2017年9月。
預かりさんのお家でお世話になり
そして家族のもとに卒業したのが2018年6月。
タプちゃんとは卒業後も頻繁に会えてたので(ミルクボランティアさんのお家の子に成ったので)
それはそれは・・・いつまでも美しいタプちゃんに会えてうれしかった。

47579917_1956438521136859_751684083561529344_n.jpg
あの時保護要請してもらえなかったら
2017年9月の時点で
もう命は尽きていたと思います。
あの時保護依頼主さんが
この子を助けたいと思って必死に頑張ってくれたから
この子はこの家族とのご縁に巡り合うことが出来ました。

保護猫達は
必ず
この子を救ってあげたい、救いたい!という強い思いを持った人が居て
そして対象猫が居て
そしてそれを支えてくれる沢山の人が居て
卒業までの間
愛情をいっぱい注いでくれる預かりさんがいて
そしてご縁を見つけるために一生懸命頑張ってくれる人が居て
そしてそのご縁を掴んでくれる家族が居ます。

たった1匹、
たった1匹の命のリレーをするだけでも
沢山の人たちの愛が様々な形で注がれています。

エイズキャリアだし
猫嫌いだし
好き嫌い激しいし
だけど人間は大好きで
言いたいことはハッキリ言って
おばあちゃんなのにいつまでたっても赤ちゃんで・・・
タプちゃん本当に
素直に思うがままに猫生を全うしてくれました。

保護される前がどんな生活だったのかもわかりませんが
可愛がってもらえていた時期があったのは確かで
多分人間のご飯を貰うようなそんな生活だったんだろうなと思います。

元の飼い主さんとの別れがあり
そして我々と出会うことで
新たな猫生を得たタプちゃん。

いっぱい治療もがんばりました。
検査もいっぱい頑張りました。
会場でブリブリ怒ったりしながらも
頑張ってくれました。

いつも頑張ってくれました。

本当に最高の猫さんでした。

天国にいって
元飼い主さんに会えるかな?
もしかしたら元飼い主さんはもう天国にいるかもしれないもんね・・・
もしそうだとしたら
会えたかな?

お空から
タプちゃんを愛してくれて支えてくれた沢山の人たちの事を見守ってね。
そしてそろそろまた猫になって戻ってこようって気持ちになったら
オバチャンのところに会いに来てほしいな。
今度はもっともっと
若い姿で
もっともっと長い時間
あたらしい家族の元で
ワイワイ楽しく
やりたい放題出来る体でさ、
いっぱい笑って
いっぱい食べて
いっっぱい遊んでさ。

タプちゃん亡き後も
タプちゃんは茅ヶ崎猫達のために
幸せ探し会のポスターで
茅ヶ崎猫達の未来が明るくあることを願うかのように
保護猫達のためにがんばってくれています。

3月まで
まだあと2回あるから
あと2回分、タプちゃん、保護猫達のご縁探しに力を貸してね。

タプちゃん、ありがとう!
お疲れ様!

| 空に帰ったニャンコたち。 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>