Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

12/19実施 D地区(S邸)④ TNR実施報告 白キジ斑 メス 成猫  【管:2016-0077】手術済みだったため耳カット

2016/12/19実施報告

この子は手術済みでした。
でも過去の手術跡がヘソ下じゃなくお股付近で膀胱の手術でもしたのか?って位で
手術跡が怪しかったので再度開腹になりました。
CIMG3922.jpg
白キジ斑 メス 耳カット済み フロントライン済み

でもいくら探しても卵巣も子宮も無かったので再度縫合。
申請書にも記載が無いし
給餌者さんに話したときにその子は知らない子だって言ってたから
おかしいなぁって思ったら
手術後に改めて連絡したらその子は何年か前にTNRした子だわって。

耳カットも無かったから再手術になっちゃいました。
給餌者さんも忘れる位の頻度でしか来ない子だったのかわからないけど・・・

CIMG3939.jpg
依頼主さんが自分で捕獲して手術している子たちは耳カットをしていなくて
前に立ち入りしたときも耳カット無い子2匹をTNRしています。(その際は耳カットのみです)

耳カットの重要性を浸透させないと
こうして何度も捕獲されて開腹されちゃう子もいます。

今回先生が再度開腹したことで
次にもし捕獲されたとしても手術跡があるから
もうお腹を切られることは無いです。
それに何と言っても耳カット済み。
捕獲器に間違えて入ってしまっても
その場でリリースできます。

まだこの現場には残ってる子がいるから・・・
もう入らないでね・・・

CIMG3941.jpg
耳カットはTNR済みの猫さんたちを守るためにも重要なシルシです。
個人でTNRをしている方も是非耳カットをしてあげてください。

外猫さんたちに何度も麻酔をかけるリスクは高いです。
特にガス麻酔を使わないで外猫さんにTNRをしてる動物病院さんが多いので
更にその麻酔のリスクは高くなります。

CCPがお願いしている動物病院では飼い猫も外猫も平等に
同じ医療行為をしてくれているのでちゃんとガス麻酔をしてくれています。

だからリスクは低くなるけど・・・

でも。
何度も麻酔をかけるのは
良くないです。

関連記事
スポンサーサイト

| 2016年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/1009-5f1ff9fb

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>