Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

366日のお礼。~2016年を振り返って~

2016/12/31

今年は366日。うるう年でした。
だから1日多い。

1日多い分、1匹でも多くTNRできたのか。
1匹でも多くの保護猫たちを幸せにできたのか。

そういわれると
ちょっと自信が無いですが
TNRは昨年の末よりも数匹多い101匹出来ました。
保護は45匹でした。(2016年1月~12月までの数)

去年の同じ期間での保護は19匹だったから
倍以上の保護があったんですね。。。

それを考えると
そりゃ忙しかったわけだ・・・って思います。

でもこうして資料をまとめてる間に出てくる数字を見て改めて感じることであって
実際動いてる時はそんな事わからんですからね・・・
なんか去年より多い気がする・・・っていう感覚だけで動いてましたから
結果的に数字を確認して
あら。。。あらららら!!!
って気づくわけです。


で、去年は4匹位の子たちと一緒に年越ししたのが
今年は我が家に8匹の保護猫たち。

本当に沢山の数の子猫たちの保護があり
TNRも多くてヒーヒー言ってましたが
支えてくださった多くの方々のお蔭で
こうして穏やかに・・・保護猫たちとの年越しが出来ております。

今年はFIPでの看取りも多く
本当に悔しい夏でした。

今年旅立った保護猫6匹のうち
FIPと思われる子は3匹。
老衰で旅立った黒虎のあと
チョコお嬢様が白血病で旅立ち
その後七菜子。
そして悟空、悟飯、しょうぶ・・・続けての旅立ちに
みんな悲しくて悔しい日々でした・・・

でもそれ以上に幸せになって巣立った子たちが多くて
喜びも悲しみもめいいっぱい詰め込まれた366日でした。

私事ですが
10月から勤務先が異動になり
今迄より1時間以上早く家を出て仕事先に向かっていたのですが
突然のパニック障害で電車に乗ることが出来なくなり仕事を休みました。
で・・・このままこの会社に勤務してても結局電車で都内までの通勤は変わらないし
他の社員さんに迷惑かけながら傷病手当もらって在籍し続ける事がイヤだったので・・・
そのまま退職しました。

なので。
今年は本厄を満喫した感じです。。。

そうなんです。
無職になりました!!!

ヤバイです。

非常にヤバイです。

転職先を見つけるにもなかなか良い条件のものが見つからず
ここはもう・・・

諦めて・・・

とりあえず


TNRがんばろーっと♪ってことで
12月からみっちりTNRをしております。

ムリに探して無理矢理仕事をしたとしても続かない気がしたのです。
まずは体調を整えて・・・
そして一つずつクリアにしていこうと。

12月には大好きだった福島のおばあちゃんが95歳で亡くなりまして
息子に付き添ってもらって電車で福島に行きました。

九州の祖父母も以前亡くなりましたが
実際に葬儀にいけず・・・
はじめての親族の葬儀でした。

泣いたり笑ったり・・・忙しいお通夜と告別式。


息子が支えてくれたおかげで
行きも帰りも発作が出ずに済みました。

厄払いしたのになー。
なんでこうなるのかなーと
色々考えることがありましたが
息子とも向き合う時間を増やすことが出来まして
現場もいっぱい出られるようになりまして
何だかんだ言って仕事してた時より忙しい気がしますが
それでもやりたいことが出来ている気がしています。

今年も沢山の方々に出会う事が出来て
色々な経験も出来ました。


お蔭様でCCPは沢山の方々のお力添えを賜ることで今年も366日乗り越えられました。

赤字でヒーヒー貯金もゼロになってしまった!なんてことにも成らずに済みました。
本当にありがたい限りです・・・

幸せ探し会にご来場くださる方々も増えて周知も進んだ気がします。

TNRについてもリピートの要請も多く
環境保全課との役割分担もしっかりできたことで
環境改善された現場が多くなりました。

一番大変だった現場の対応が出来たのも今年。
一気に手術が進み残り4匹前後にまでTNRが進みました。

最初は二度と立ち入り出来ないかもしれないと思うくらい
どうにもこうにも出来ない現場でしたが
沢山の方々のご協力を得られたことで
一気に改善のための活動が進みました。

依頼が増える事は私も現場対応でヒーヒー言う事が多くなるってことですが
その分結果が出ますしTNRが出来ればその現場の状況も把握出来て
新しく子猫が生まれる確率がグっと減ります。

現場に入れるというだけでも大きな成果なのです。

28年度は残りの3か月で40匹位TNRする予定ですが
この8か月の間に101匹のTNR済みの子が茅ヶ崎に誕生したということは
その子たちに手術できなかった場合を考えると
相当数の繁殖を抑止できたと思います。

コツコツとしかできませんが
確実に結果を残すTNRを実施して
これからも茅ヶ崎市内の猫たちと茅ヶ崎市民とがより良い環境で生活できるように
環境保全課と共に、市民と共に猫たちに協力してもらいながらがんばって参ります。


年明け早々に地域猫化が出来そうな集合住宅に着手します。
普通の住宅街よりも集合住宅のほうが地域猫は成功しやすいです。
CIMG4058.jpg

話し合いを環境保全課が行い
TNRを私たちが行う。
先日視察をしてきましたが
改善出来る現場だと思っております。
何と言っても住民のやる気です。

それが一番大事です。

外野が何をしても騒いでも改善はしません。
実際にそこに住んでいる人たちがやらなければ改善は出来ない。
だからこそその住民が頑張りたいと声をあげてくれたことで
改善への第一歩になるわけです。

この現場のTNRと地域猫化がうまく進んだら
この地区の猫たちの住む環境はグっと改善されるでしょうし
外から流入してくる猫たちの発生源も特定出来るようになります。

ここからがスタート。
がんばってほしいし
私も出来る限り協力をしていこうと思います。


ホント、大規模な1日で何百匹もの数のTNRは出来ません。
でも根本的解決のためのTNRのための対応をすることで
茅ヶ崎市内の飼い主不明猫問題は解決出来るし解決できている現場がどんどん増えました。

完璧に出来てます!とは言えませんが
着手する前とは明らかに良い形で変化を遂げている現場が増えてきていますので
これもみんな、依頼主さんと環境保全課とTNRが終わった後の管理をしてくださる方々のお蔭だなと思います。


そして何よりもTNRにご協力くださっている協力獣医師の先生、
保護猫や卒業猫さんの避妊・去勢手術から保護猫たちの医療も
一生懸命やってくださって本当に支えてくださっています。

私も一人の人間であって
1人の茅ヶ崎市民です。
会社員だったのが今じゃ無職です。
人生何が起こるかわからないけれども
それでもCCPを立ち上げてこの5年。
ものすごく中身の濃い人生を歩むことが出来ました。

メンバーさんたちも日々私に叱咤激励してくださって
支えてくださって
本当にありがたいです。

ちゃんと叱ってくれるんです。

それが何よりもありがたい。
ちゃんと話をしてくれてありがたい。
ちゃんと教えてくれてありがたい。
ちゃんと話を聞いてくれてありがたい。
ちゃんと共に考えて悩んでくれるメンバーさんがありがたい。

私がどうしようかなぁと思った事を
素直に相談できる環境を作ってくださってるメンバーさんたちには足向けて寝られません。

さらに毎回幸せ探し会でお手伝いしてくださるボランティアさんたちにも
本当に月に1度とは言っても1日拘束されて肉体労働です。
本当に大変なイベントに毎月お手伝いに来てくださって
助けていただいて本当に助かっております。
そして会場を提供してくださってるハスキーズギャラリーのオーナー様。
活動にご理解頂き
犬派だったのが今じゃ3匹の猫の飼い主です♪
すっかり猫派になっていただきまして本当にうれしくてたまりません♪


そしてCCPの保護猫を新しい家族に迎えてくださったご家族の皆様、
2匹目、3匹目の子たちとして再びCCPの子を♪ってお声掛けくださるかたも増えてきて
病院で会うたびに私に声をかけてくださるご家族も増えてきて
本当に人と人との繋がりに心が熱くなる事が増えました。

我が家にいた時とは明らかに違う表情の卒業猫さんの姿を
病院で見ることが出来ますし
懐かしい子に会えると本当にうれしいです!
大抵の子がワクチンにきました!って子なんですが
ちゃんと医療行為をしてくださっている、大事にしてもらえてるとわかりますし
キャリーに引きこもってる顔を見ても大事にされてるのがわかる毛艶。
ちょっぴりふくよかなボディもまた可愛がってもらえてる証拠です♪

近況を送っていただくことも私たちにとって非常に励みになります。




現場で暑さ寒さと戦いながらTNRをすることも
毎年毎年減るといいんですが
今はまだ増えていく一方です。

でもTNRがしっかり終わって
いつの日か今年のTNRゼロだった!!!!
保護もゼロだった!!!!
子猫も遺棄もゼロだった!
センター持ち込みもゼロになった!
っていう日が来るまでは
がんばらないといけないと思いますし
頑張りたいと思っています。

そして適切な飼育管理が出来るかたへの譲渡も
団体として責任をもって対応しなければと改めて感じております。

災害が増えて避難という行為を行う事が増えている昨今。
飼い猫の避妊・去勢手術の徹底は
東日本大震災の悲劇を二度と繰り返さないためにも重要だと改めて感じる1年でした。

福島に取り残された飼い猫、もともと居た野良猫たちの繁殖で
福島は不幸の連鎖が始まり
多くの団体さんや個人ボランティアさんが毎年数千匹TNR、何百匹もの保護をしていますが
6年目を迎える今でもまだまだ不幸の連鎖が終わることが出来ていません。

これがもし、茅ヶ崎で起こったら。

そう思うとゾーっとします。
今迄TNRで頑張ってきたことが
また振出しに戻り、今まで以上の飼い主不明猫が増えてしまうことに繋がります。

それを防止するためにも譲渡団体として避妊・去勢手術の徹底。
そして多頭飼育崩壊を防止するためにも
1家庭に何匹飼育されているのか、
多頭飼育崩壊に陥らない為の管理。
飼い主死亡案件に対しての対応等
まだまだ必要としているサポートが多く残って課題も多く残っていますが
茅ヶ崎は茅ヶ崎なりのやり方で
茅ヶ崎ならではの方法をコツコツと積み上げていければ
かならず良い結果を導くことが出来ると信じて
活動を来年も続けられればと思っています。

もちろん・・・私の就職活動も頑張らないとですが(大汗)

またまた毎年同様に
支離滅裂になってしまいましたが・・・

366日。
2016年。

皆様のサポートがあったからこそ乗り越えられました。
本当に沢山の方々のお力添えによって
茅ヶ崎猫たちの命を繋ぐことが出来ました。
お礼をたった1日で終わらせるなんて失礼極まりないですが
本当に心から感謝申し上げるとともに
目で見える結果を出し
不幸の連鎖をホンキで食い止められる活動を
来年も行ってまいりたいと思います。

まだまだ未熟な私たちですが
茅ヶ崎猫たちのために
来年もどうぞお力添えいただけますようお願い申し上げます。

さて!これから保護猫部屋で
玩具タイムしてきます!!!
皆様!来年は酉年ですよ!!!!
皆様にとって素敵な一年になりますように!

CCP代表武田
CCPメンバー一同
CCP保護猫一同

関連記事
スポンサーサイト

| CCPよりお知らせ | 22:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/01/01 11:14 | |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/1025-d8f66426

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>