Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

1/23実施 DE地区(HY邸)② TNR実施報告 茶トラ メス 成猫【どうぶつ基金管理番号:2128】

2017/1/23実施報告

茶トラ軍団の分身の術のお蔭で
申請されていた茶トラ数より増えました。

今回はありったけの捕獲器を持っていきました。
その数23台。
大体申請数プラス5台前後を目安に持っていくんですが
今回はこれでも足りないかも・・・って位でした。
だからお久しぶりのフック式捕獲器も使いました。

この子は腹壁ヘルニアっぽいって言われました。
先天性のものなのか事故に寄ってのものなのかは不明です。
ヘルニアは放置しておくとよく無いです。
事故でヘルニアになって腸閉塞になって死んでしまう子もいます。

野良として生きる。
人間に餌は依存するけどそれ以上依存しないタイプは
治療も出来ませんから
風邪を引いても自力で治すしかありません。
この子は右目からメヤニと涙が止まりませんでした。
鼻が詰まってるのかもしれないです。
でもそれを治療することはできません。
このまま。
このまましか出来ません。

具合が悪くなれば病院に連れて行ってもらえる飼い猫たちとは違い
明日を約束されてない野良猫は毎日が必死です。

手術をすることで縄張りも狭くなり
発情したオスも居なくなって静かな環境になることは間違いないのですが
やっぱり事故や病気で命を落とす飼い主不明猫は多いです。
茅ヶ崎市内だけで年間500匹以上の飼い主不明猫(飼い猫含む)が事故等で死亡しています。
年間それだけ命を落としたとしても
まだまだ沢山猫たちが居ることがわかりますね・・・
だってこの半径50m圏内で20匹以上の飼い主不明猫がいるんだから・・・

CIMG4402.jpg
茶トラ メス 避妊手術済み フロントライン済み 耳カット済み
関連記事
スポンサーサイト

| 2016年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/1049-d9e6b33d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>