Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

1/23実施 DE地区(HY邸)③ TNR実施報告 ムギワラ柄 メス 成猫【どうぶつ基金管理番号:2129】

2017/1/23実施報告

唯一のムギワラ柄猫でした。
何を血迷ったのか私サビ柄で申請あげちゃってました。
訂正しなきゃです・・・。
ムギワラさんをサビ柄だなんて・・・
相当疲れたんだろうなぁ・・・

22日11時から立ち入りしまして22時まで捕獲でした。
現場と自宅をいったりきたり・・・。
クタクタだったんですが
彼女たちもクタクタでしょうね。。。

病院に連れて行ってもらって
手術して。
お腹の毛を剃られるから
冬は寒い。

この数日の冷え込みも
彼らにとっては本当に酷だと思います。
でも彼らは必死に生きています。

CIMG4406.jpg
サビ柄って言っちゃってゴメンネー。
リリース時はものすごいダッシュで消えていきました。
広いお家なので庭先には沢山の猫さんが来ます。

元々はもっと少なかったそうなんです。
耳カット済みの子も出入りしているので
以前TNRした子たちも来ているみたい。

でも給餌者さんが言うには
近くで高齢者の給餌者がいて
その人が給餌しなくなっちゃったみたいです・・・
痴呆症が原因なのか・・・そんな感じで給餌しなくなっちゃったという事でした。

手術に対して高齢者は理解が無い方もいらっしゃいます。
手術をすることに対して
嫌悪感を示す人もいれば
そこまで野良猫にする必要はないという考えの方
お金は払わないけどやりたいなら手術してもいいわよって言う考えの人もいます。

様々な価値観によって飼い主不明猫は存在しているので
すべての人たちに強制をすることも出来ない今の法律では
立ち入りさせてもらえるだけでも本当にありがたい・・といった感じ。

こうしなければならないという法律は動物愛護法に無いに等しいですね。
努力義務になってる以上
強く指導が出来ない現状をどうにか改善したい。

今年は動物愛護法改正の年なのかな?

もし改正の年なら
しっかり改正させなければならないです。

CIMG4405.jpg
ムギワラ柄 メス 避妊手術済み フロントライン済み 耳カット済み
関連記事
スポンサーサイト

| 2016年 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/1050-407d9c08

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>