Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

2/25実施 T地区多頭現場 TNR実施報告 シャムMIX オス  成猫 【管:2016-0111】 

2017/2/25実施報告

T地区多頭現場はしばらく新顔が出ていませんでしたが
突然出没した子がいて
色々聞き込みをしてもらった結果流れのオスだと判断しTNRをしました。

T地区多頭現場は
今も継続して給餌管理をしてくださっているボランティアさんが
きちんと管理し、猫たちもふくよか。
で、ほとんどの子が抱っこも出来るようになったそうです。
ボランティアさん以外には懐いていないので
ボランティアさんの思いをしっかり感じ取ってるんだろうな~と思います。
ブラッシングとかもしてもらって
みんなピカピカしてます。

で、ターゲットくん。。
シャムMIXの大柄の男の子ですが
年齢的には若いかなと思います。
1才~2才位かなー。

堤シャムMIXオス
人馴れしてれば保護というところですが
人馴れしていないのでTNRにしました。

このあとこの子はこの現場の一員として
給餌管理してもらえます。
T地区多頭現場の子たちは
徐々に数は減りつつも
一時は1か所での給餌で大丈夫だったのが
色々と人間関係ならぬ猫関係が崩れ始め
今は3か所での給餌になっています。
ボス猫的存在だったチョコパパが亡くなった後から
色々な子たちが落ち着いてきたこともあり
性格の不一致で居住ポイントから少し離れたところに住みはじめる子が出たりして
直線距離にして100m位の範囲なんですが
その100m圏内に3か所に分かれての給餌ポイントが完成。
そのうちの一番新規の給餌ポイントに出没したこの子。

この地区の給餌管理ボランティアさんは清掃等もきちんとされてるので
みんな安心して住むことが出来るようになりました。
月に1度ウェットフードの配給をしている現場です。

そして1匹サビ柄の新顔も出たそうなので
その子も近々・・・TNRしようと思います。

流れてきたのか、遺棄なのかわかりませんが
元々40匹以上の現場で半分保護した現場ですからね・・・
このまま徐々に減っていくことを願っていましたが
約3年。ポツ…ポツと流れてくる子は出るみたいで
そのたびにTNRにします。
管理されてるから新顔が出たらすぐTNR出来るわけで
管理されてない場合は
新顔が出ても無いも出来ないでまた同じ位の数に増えたころに
色々な人たちからの通報で増えたことが発覚という事に陥ります。
そうならないためには現場の管理ボランティアさんの力が重要になるのです。
堤シャムMIXオス2
シャムMIX オス 成猫 去勢手術済み フロントライン済み 耳カット済み
関連記事
スポンサーサイト

| 2016年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/1089-abc6d3c6

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>