Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

4/25実施 H地区① TNR実施報告  白三毛 メス  成猫 【管:2017-0003】 【どうぶつ基金NO.0013】

2017/4/25実施報告

H地区。
なかなか給餌者の特定が出来ず
給餌者特定が出来ないまま現場入り。
市にポスティングを事前に行ってもらいまして
捕獲場所は猫の通り道になっていたり猫たちがくつろいでる場所になっているところ。
給餌者さん宅では無いのですが
土地の使用許可をもらっていざ出陣。

10時~17時の時間指定での捕獲器設置許可をもらってるので
10時に到着して捕獲器を設置しようとしたんですが
猫の姿が全然ない・・・

どこだ~どこだ~

土地提供をしてくださった方はお留守なので
猫たちがいつもどこにいるとかそういう詳細が分からない。

広い土地であっちこっち歩き回ってると
猫の姿を発見。
なのに・・・
白三毛①-3
あれれ・・・
小屋の中にいる・・・
どっから入ったんだ?
グルグル回ると出入りできるのはお家の中からじゃないと無理。

どうやって入った!?
飼い猫?!

どうなってんだーってことで
保健所に連絡。
飼い猫は居ないという事で
この子はどっから侵入したのか・・・

と・・・上を見ると猫1匹出入りできる隙間を発見。
そっか。
そっから入ったのね。

という事で出入りが出来るのを確認したので
出入りできる場所からトントンと降りてこれる場所に捕獲器設置。
すると・・・

白三毛①-4
目を覚まして早速お食事開始・・・
なのにいつまでたっても捕獲器が閉まらない。
何故だと思ったら
踏み板またいでる・・・
賢いニャ!!!!

白三毛①-1
しか~し。
散々食べつくして
ユーターンして捕獲器から出ようとしたところで
踏んでしまった。
なのでパタンと締り・・・

白三毛①-2
「ニャニ笑ってるニャ!!」

白三毛①-7
妊娠もなく。
ホっとした子。
手術も終わり少し麻酔が残ってるのでウトウト。
片目の白濁があります。
このままだと眼球が溶けて無くなっちゃうかな・・・
光は見えるけどうまく見えてない感じだろうと思いますが
野良として生きている以上これ以上の治療はできません。
治療するとなると点眼毎日だもんね・・・無理です・・・

白三毛①-6
リリース時はテコテコと走って消えていきました。

そして現場で捕獲中に出てきた男性が
給餌者さんだったことも分かり
給餌者さんの協力も得ながら
何匹居るかもわからない現場での捕獲作業が始まったわけです。。。

白三毛①-5
白三毛 メス 成猫 避妊手術済み フロントライン済み 耳カット済み

どうぶつ基金NO.0013

平成29年度はどうぶつ基金のチケットをフルに活用することになっており
今回の猫たちもどうぶつ基金のチケットを活用しての手術実施となっております。

さくらねこTNRは猫や犬と人が幸せに優しく共生できる社会を目指す「公益財団法人どうぶつ基金」と「茅ヶ崎市」の協働事業です。
関連記事
スポンサーサイト

| 2017年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/1115-18cc65bc

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>