Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

4/25実施 H地区② TNR実施報告  キジ白 オス  中猫 【管:2017-0004】 【どうぶつ基金NO.0014】

2017/4/25実施報告

1匹目捕獲後に給餌者さんから直接声をかけてもらえたことで
給餌者さんがわかって
猫の数もおおよその数が把握できて
当初の通報では20匹位居るとか30匹位とか
そんなお話だったんですが
既に近くの現場で捕獲していた子たちが帰っていく方面だったので
TNR済みの子も含めての数かもしれないと思いつつ
給餌者さんのお話を聞くと10匹というのが正確な情報で
それ以外にもオス猫が流れてくるけど・・・って感じでした。


キジ白オス②-1
耳カットのある子も食べに来ているという事だったので
耳カットの無い子を頑張って捕獲しましょう!!!という流れになり
良い感じでどんどん捕獲が進みました。

キジ白オス②-5
手術も無事に終わって
お迎えにいって
やっぱりこの子たち栄養状態良くないなぁ・・って。

キジ白オス②-6
顔のサイズと体の細さが
何とも寂しい感じ・・・

キジ白オス②-3
麻酔もしっかり抜けた朝。
お家に帰ろうねーっていったら
ミャーミャーみんなで大合唱。
お家に帰ったら
給餌者さんがご飯用意してくれてるからね。
急いで帰ろう♪

この現場の子たちの状態が良くなっていくかは
定期的に確認にいって見る予定です。
キジ白オス②-2
キジ白 オス 中猫 去勢手術済み フロントライン済み 耳カット済み
どうぶつ基金NO.0014

平成29年度はどうぶつ基金のチケットをフルに活用することになっており
今回の猫たちもどうぶつ基金のチケットを活用しての手術実施となっております。

さくらねこTNRは猫や犬と人が幸せに優しく共生できる社会を目指す「公益財団法人どうぶつ基金」と「茅ヶ崎市」の協働事業です。
関連記事
スポンサーサイト

| 2017年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/1116-61ea9a69

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>