Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

4/25実施 H地区③ TNR実施報告  白キジ メス  中猫 【管:2017-0005】 【どうぶつ基金NO.0015】

2017/4/25実施報告

兄弟で入ったのかと思ったら
親子なんですって!!!

え!
お母さん?!
こっちがお母さん!?
どっちがお母さん!?
って位に体格差がほとんどない・・・
そして細い・・・

白キジ④⑤-1(母&息子)
手前が娘。
奥がママ。

どっちも小柄で細いし
生後10か月程度の子猫かと思ったのに。
給餌者さんのお話だと
親子なんだそうです。

そしてこの子はオスだと思ったんだけど
メスでしたぁ。。。

で、2匹とも発情してました。

あぶなかったね・・・。
妊娠してなくてよかった・・・
白キジ④-4(息子)
タレ目なのがとってもカワイイんだけど
不安なんだろうな・・・
お母さんと一緒の捕獲器でよかったね・・・
白キジ④-3(息子)
細くてか弱い顔して・・・
状態悪いんだろうな・・・
でも複数の給餌者さんが居ることがわかって
そんなにご飯が足りない状態では無いんだけど・・・
足りないのかな・・・
白キジ④-1(息子)
リリースの時は
お母さんと一緒にテコテコと出ていきました。
もう発情もしなくて済むし
毛艶も良くなってくると思います。
ご飯については給餌者さんに量をもう少し増やすようにお伝えするつもりです。
白キジ④-2(息子)
白キジ メス 中猫 避妊手術済み フロントライン済み 耳カット済み

どうぶつ基金NO.0015

平成29年度はどうぶつ基金のチケットをフルに活用することになっており
今回の猫たちもどうぶつ基金のチケットを活用しての手術実施となっております。

さくらねこTNRは猫や犬と人が幸せに優しく共生できる社会を目指す「公益財団法人どうぶつ基金」と「茅ヶ崎市」の協働事業です。
関連記事
スポンサーサイト

| 2017年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/1117-4bc392d0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>