Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

5/23実施 T地区⑩  TNR実施報告 白キジ メス  成猫 【管:2017-0017】 【どうぶつ基金NO.0027】~川に転落していたところをレスキューした子~

2017/5/27情報更新

川に落ちた女の子。
排便があるまでは捕獲器内で様子を見ていましたが
無事に26日に排便確認。
とっても良いウンチが出ました。
お水もご飯もしっかり食べてくれてるし
これならリリース大丈夫だなって一安心。
18767697_1321412871307219_261063809995198033_n.jpg

ただ太るにはまだまだ時間が必要・・・。
リリース場所も迷いましたが
給餌管理者さんが居る地域猫実施地区の
給餌者さんが居る所に連れて行きました。
18664623_1321051878009985_5495663022454406408_n.jpg
最初はなかなか出なくて
「保護猫になりたいの?」って誘惑も出てきつつある状況に・・・
しかしここは・・・心を鬼にしないと・・・。

「ほら、ここがお家だよ。ここでしっかりご飯もらってもう川になんて落ちたらだめだよ。
ここで頑張って生きるんだよ」と言って
目を合わせると
「しょうがないなぁ・・・」って顔をしながら
ゆっくり捕獲器から出ていきました。

やっぱ色々ある子は情がわくというか
不安や心配も尽きませんが
犬猫みなしご救援隊さんに連れて行こうかとも思ったし
でも今子猫シーズンで長時間家を空ける事もできないし
そもそもお金もないし。
この敷地から出なければ交通事故にあうことはめったにないし
ご飯はもらえるし。
川に落ちることが無いように
川から少し離れたところで
隠れるところもある場所として
リリース場所を選びました。

心残りなのは
もっと太らせてからリリースしたかったなぁ・・・ってことですが
川からレスキュー出来たラッキーガールだもん。
この先きっとこの場所で落ち着いて暮らして
ふっくらした姿を今度は見せてくれると思います。

まだ現場はTNRが終わってない子が4匹いますから
捕獲に行く時やリリース時に
また会えることを願って。。。

ということでリリースの報告でした♪



2017/5/23実施報告

レスキュー経緯は代表ブログをご確認ください。


18582412_1316784971770009_7158016114453629951_n.jpg
こんなところに転落し
衰弱していたこの子は
衰弱しているものの
人馴れはしていないので
先生に任せて手術を実施。

無事に手術も終わりました。

が。
やっぱり色々あったみたい。

黄色脂肪症だと思われるってことでした。
それと片側の卵巣異常があって
極端に小さかったそうです。
食事が出来ていなかったから
皮下脂肪が酸化・変色して炎症を起こしていると。
皮膚の状態も良くないってことでした。

18556320_1316785048436668_1427879151206419212_n.jpg
見るからに
状態は悪いけど
現場には水だけはあった。
だから水分だけはとれた。
でも栄養は取れなかったし
この汚い水を飲んでいたわけだし
給餌管理者さんが見たときは
首まで浸かるほどに深いところも
突き進んで水の中に入ったりしていたそうです。

18582314_1316785005103339_6997877571409580425_n.jpg
この子が生き延びることが出来た条件として
暖かい日が続いてたこと(むしろ暑いくらい・・・)
そして深さが無いところがある川に転落したことで
水分はかろうじて摂取できていた事。

餌は無いから
カロリー摂取できなかったけど
水は飲めた。
水も無かったら
この子は生きてなかったでしょう・・・。

他の子たちと同じように
変わり果てた姿で発見されていたことでしょう。

それに発見されることも無く
流されていたかもしれません…

無事に手術が終わって
あとはケアをしてからのリリース。

23日の夜11時頃からご飯とお水を贈呈。
朝までに綺麗に水もご飯も完食。
※ご飯は子猫用離乳食を与えました。

24日の朝ごはんも子猫用離乳食。
水もご飯も食べてくれました。
24日の夜ごはんは子猫用ドライフード。
少し食べたけどそれよりも水分のほうが多く摂取していました。
排尿は有るけど排便は無い。
それもそうですよね・・・
食べてなかったから出すものが無い。
水分はしっかり摂取して排出してるから
ひとまず安心しました。
そしてなによりも
モヤっとしていた目の輝きが24日の朝にはキラっとし始めた。
18671537_1318410121607494_1765240520144912125_o.jpg
具合はどう?いっぱい食べようねって話しかけると
しっかりこっちを見てお話を聞いてくれています。
出されたものはちゃんと食べてるけど
やっぱり衰弱していた時間は相当だったと思うし
水を飲めていたからかろうじて生きれたけど
20年くらい前の野良猫か!?って位の弱々しい体だったそうです。。。
20年くらい前は黄色脂肪症の子は多かったそうですが・・・

相当栄養状態が悪かったこの子。

さて。
リリースをどのタイミングで行おうか・・・

24日は日中は晴れてたけど
徐々に曇り・・・
夜には雨が降ってきました。

25日は曇りのち雨。
26日は雨。
27日は晴れ。

そうか。
27日にリリースにしようかなぁ・・・。

実際この子が今までどこに居た子なのかもわからないし
避妊手術されていないメスですので
オス猫に追いかけられて誤って転落したのかもしれないな~と思ってるんだけど
じゃぁどこで転落したのか・・・・

保護された場所は偶然にも
地域猫活動が自治会で承認され導入されたばかりの地区で
餌はあるけど・・・留まってくれるんだろうか・・・と心配。

かといってリリースしないで
保護も出来ないので
なんだかんだと
このレスキューによって繋いだ命だから・・・
うまくこの現場に留まってくれるといいんだけどな・・・。
寝床はどこにするんだろう。
大丈夫かな・・・と色々考えると
リリースするタイミングを悩んでしまいますネ。。。

ひとまずこの子はもう少し体調を整えてからのリリースにすると思います。
元気になってくれるといいなぁ。。。

関連記事
スポンサーサイト

| 2017年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/1140-5685d363

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>