Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【お家に帰ることが出来ました!】茅ヶ崎市萩園で緊急保護 仮名 良男(よしお)君 キジ白 【衰弱していた為保護しました】

2017/6/21情報更新

なんと。
ミラクルです!!!!!

良男は飼い主さんのお家に帰ることが出来ました!!!
飼い主さんから連絡があり
「ウチの子です!」と!!!!!

そしてなんと!!!!
良男は20歳!!!!
まさかの桁外れな高齢猫さんでした!

そして本当のお名前はしんちゃんでした♪

今日お昼頃にお届けに行きまして。
ご家族の皆様大喜び!
もう諦めていたそうです・・・
6月16日に失踪し
毎日探し回ったけど
見つからなくて
雨も降ったし
高齢猫だし痩せていたので
もうダメか…と思っていたんだそうです。



お家に到着してリビングに出すと
「お!ここは我が家だ!」と大喜びで
いつものお部屋に行ってご飯をパクパク。
19247671_1345657162216123_3660696765678124389_n.jpg

やっぱりこだわりのある子らしくご飯は「いつもの」しか食べないらしいです。
流石!しんちゃん!
完全室内飼育でずっと生活していて
外に出てもいいぞ~とか
玄関開けっ放しにしても
怖がりだから絶対出ない子だったそうです。

来客があると隠れたりして
接客なんてしない子だったそうです。

それが
16日からの家出で
色々感じたんでしょうね・・・

人に助けてもらわないと僕は生きられない・・・と感じたんでしょう。
だから会社の敷地内に紛れ込んで
声をかけてくれた人に「すいません、お家に帰りたいんですがお家はどっちかなぁ?」って感じで
甘えたんだろうと思います。


ご飯を食べたら
いつものお部屋を俳諧して
キャットタワーにも登ったそうで
私がリビングでお話をしてると
テコテコと階段を下りて
「いや~我が家だよ!オバチャン、よくぞ連れて帰ってくれたぞ!苦しゅうない!」って感じで
甘えて来てくれました。

とってもヨイコで
日本語もバリバリわかる子で
賢い子だとは思っていましたが
ご家族の顔も見て
いつものお家だと理解して
お礼までしてくれるヨイコなしんちゃん。
本当にお家に戻れてよかったです!

もし保護が遅れて
この大雨に濡れたら
多分この子は力尽きていたと思います。
でも幸運の持ち主だからこそ
晴れの日の昨日、
依頼主さんが連絡をくださって
更に私がすぐに保護に迎える状態だったことと
病院が診察時間内に保護してすぐ病院に行けたこと。
それもあったと思います。

彼自身が持ってる幸運。
持ってる子っていうのは本当に持ってるわけです!!!

こうして色々な人たちの手を借りて
無事にお家に戻ることが出来ました。

19399644_1345657188882787_5144791586983838322_n.jpg
依頼主さんのお蔭だよ!
本当によかったです!


長生きするんだよ~♪って言ったけど
もう20歳だもんね・・・
十分長生きしてるわ~・・・。

気持ちはまだまだ20歳じゃないし
歯の状態を見ても20歳とは思えないくらいしっかりしていましたし
顔だけ見たら普通に10歳前後の子かな?って感じですもんね・・・
まさかの20歳で驚きまくりでした!

でも、もっともっとノンビリと
家族との時間を過ごせるように
長生きしてほしいなぁと思います♪

情報拡散をしてくださった皆様、
そして一時預かりについて検討してくださった皆様、
お蔭様で良男改め本名しんちゃんは
無事にご家族のもとに戻ることが出来ました!

飼い主さんも本当に心配で心配で
たまらない日々だったと思いますが
無事にしんちゃんが戻れてホっとされていました♪

保護した迷子猫さんが
飼い主さんのもとに戻れるという事例は
CCP対応猫さんの場合一度もありません。
殆どが飼い主さんのもとに戻れず(探してもらえてない)
結局CCPで看取りになったり
新しい家族探しになったりと
お家に戻ることはゼロでした。

でも今回しんちゃんが奇跡を起こして
無事にお家に帰れました。

本当によかったです!
しんちゃん、頑張ったね!
お家でゆっくり休んで家族のみんなに
いっぱい甘えて
そして疲れを取ってね!




2017/6/20情報UP

本日12時半過ぎに1通の相談メールが届きました。
勤務先の敷地内に衰弱した成猫が居るという事でした。

その後相談者さんと連絡を取り合い
現場にお伺いしたのが16時半過ぎ。

倒れて動かないのかな・・・と思っていましたが
自力で立ち歩くことは出来ていました。

ただ、相談者さんが「餌を食べない」という事と
突然姿を現したという事、
人馴れしていてスリスリ誰にでも甘えていました。

お腹の中はカラッポで
骨と皮状態。
内臓は絶対やられてる・・・
貧血もあるだろうなと思われる・・・
去勢済みのオスでした。
更に言えば歯は汚れているので
10歳はいってるね・・・
首輪の着用跡もなし。
でも明らかに飼われていたであろう人懐こさ。。。


保健所経由で獣医師会での治療も考えましたが
引き出すまでに5日は引き出せない事。
治療をどの程度していただけるのかも不明な事を考える・・・
保健所の職員さんにも電話で相談しながらですが
状況を考えてこの子の人懐こさなら治療は可能と判断し
CCPでお預かりすることにしました。
19225851_1344766502305189_2563627855636845808_n.jpg

すぐ病院に連れて行って
採血が出来そうなら
ウイルス検査と内臓疾患が無いかのチェックをしてもらうことに。

ちゃんとヨイコちゃんだったので採血できて
エイズ白血病ともに陰性。
内臓疾患については慢性腎不全のステージ3でした。

肝臓が大丈夫だったから良かった・・・

体重は3キロでした。
本来ならこの体格なら5キロオーバー欲しいし
皮のたるみを見る限り6キロはあったんだろうな・・・

体温は38、7度だったので
私が触った時に感じた低体温気味なのは間違いでした。
良かった・・・・

体温が低体温じゃないなら
色々希望は持てます。。。

この子を見たとき
幸生(こうせい)を思い出したんです・・・
2014年9月に保護した幸生を。
6日間共に戦った幸生を思い出し
生きてほしい。大丈夫であってほしいという気持ちが強くなりました。
幸生と同じキジ白だったのもあるけど・・・
なんとなく感じたものがあって・・・。


彼はガリガリなだけじゃなく
誰かによって背中の毛を切られていました。
ザクザクと・・・
19420780_1344766995638473_6730307631608104671_n.jpg


よごれを取ろうとして切ったのか
イタズラで切ったのか・・・
人懐こい子なので
誰のことも疑わず甘える子なので・・・
虐待されたっておかしくない子です・・・

19400159_1344766465638526_1992556134155147354_n.jpg
更に古傷だと思いますが
左手首が曲がっています。
骨折して曲がったままくっついたんでしょうね・・・
痛がることも無いので
相当古い骨折だと思います。
治療もされてないんだろうな。まがった状態だから。

19260753_1344766485638524_4788035583964870652_n.jpg
特長的な尻尾もしています。
先っぽがカクっとまがっています。

19274755_1344785562303283_5309998360694285115_n.jpg
採血はとてもおとなしくしてくれました。
だからウイルス検査も内臓疾患の検査も出来ました。
とっても優等生です。
補液の時はちょっとイヤがったけど。。。

19248002_1344785575636615_6544528722855761675_n.jpg
瞳の黄色い部分を見ても
年齢は行ってるのがわかるね・・・って先生がおっしゃってました。
遺棄なのか置き去りなのか迷子なのか
全然わかりません。
ただこの子は
人を恐れることを知らない。
人を信じる事しか知らない。
怖い人がいるだなんてわかってないんです。

19399339_1344821735632999_2705449539725245488_n.jpg
エイズ・白血病ともに陰性。
ホっとしました。

口腔内が痛くて食べられないって感じもなかったし
口の中を現場で見せてくれたときも
特に何かあるとは思えない口の中。

痛いから食べられないって感じもないし
ヨダレもないし・・・
19399035_1344785585636614_2738363193250910559_n.jpg


私はこの子の病院搬送が終わった後
現場で捕獲があるので
一度帰宅して捕獲作業をして終わらせてから
急いでケージを組み立てて
彼をケージに入れました。
フロントラインつけてもらうの忘れてたので
CCPのストックのフロントラインつけました。
19388665_1344869215628251_4640620545189307365_o.jpg
丁度スペシフィックの腎不全用の子のためのウェットがあったので
与えてみましたが食べてくれず
メディファスのドライフードを与えてみたけど食べてくれなくて
匂いの強いロイヤルカナンを与えてみたけど
「イラネー」って言われてしまいました。

補液したとしても
本当に一時的なものだし・・・
しばらくは補液しないとな・・・

明日は再度病院で補液してもらって
明後日からは自宅での補液にしようかと思います。


依頼主さんも覚悟はしていらっしゃいます。
状態は非常に悪いので・・・

ただ、奇跡が起こって
食欲もでて元気になってくれるなら
ここに戻してほしいとおっしゃっていました。
会社の人たちみんな気にしてくれていて
可愛がっていたようです。

でも・・・
慢性腎不全の子をリリースするのは酷です。
治療も出来ない外での生活を
この子に与えるということは死を意味します。

だからリリースはムリな旨をお伝えしました。

かといって里親探しをするとなると
慢性腎不全(急性腎不全では無いです)の子を
引き取るとなると
補液や薬等で今以上に悪くならないようにするための医療しかできません。
腎臓は肝臓のように復活出来る臓器では無いので・・・

自分で補液が出来ないのであれば
通院が必要ですし
毎日投薬が必要です。

それをやってくれる里親さんを見つけるとなると
相当時間を要します。

なので相談者さんには
犬猫みなしご救援隊さんへの受け入れ要請をするか
お知り合いで引き取ってくださる方を探すか・・・という選択肢を提示しました。


一番良いのは
飼い主さんが探してくれていて
飼い主さんのもとに返すことが出来るってことですが
首輪の着用跡も無い子ですし
今の時点で慢性腎不全ステージ3ですから・・・
良い環境で飼養されていたとは思えません。

探されてないだろうし・・・

探してくれてるんだろうか・・・

相談者さんはセンターには連絡を入れてくれているので
CCPからは保護した子の写真と共に保護している情報をUPしてもらうことにしました。


で。

ここからが本題です。

一時預かりさんを探さなければなりません。
今は子猫シーズンで
今日も5匹の子猫保護をしてきました・・・
保護猫部屋は満員御礼状態です。

自宅で補液が可能な方、
若しくは通院が可能な方、
一時預かりをお願いしたいです。

費用やフード、砂代等の消耗品費はCCPで負担します。
とにかくこの子の心と体のケアをお願いできればと思っています。

とってもヨイコちゃんなので
良男君という仮名を付けました。

良男君を預かって大事にしてくださる一時預かりさん、
または新しい家族に迎えます!と決心してくださる方、
どうかお問い合わせをお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト

| 迷い猫保護情報 | 22:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2017/06/21 08:11 | |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/1173-7e31f794

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>