Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

6/26実施 T地区 N邸④  TNR実施報告 キジ白 成猫 メス 【管:2017-0048】 【どうぶつ基金NO.0708】手術費用依頼主負担

2017/6/26実施報告

仔猫はたちは協働事業枠対象で実施し、
親猫たち5匹はチケットを使って残金を依頼主さん負担になりました。

こちらは子猫と共に捕獲になった母猫さん。
④母-1
美人さんなキジ白さんです。
③④母子-2
この子・・・アメショ系っぽい柄がうっすら入ってるかも???
1番目の子のお母さんなのかなぁ??

④母-2
3匹のお母さんが3匹、4匹、3匹・・・産んだって言ってたような。
で、3匹がタヌキだかカラスにやられたので・・・

あれ?じゃぁあと4匹でいいのかな?

なんだかもうわからなくなってきました(大汗)

また2か月後に申請書出してもらって
それで最終チェックしましょう・・・
私が現場で見た残ってる子は三毛2匹とキジ系2匹だったので
4匹が残ってるのか・・・?
あとオス1匹がTNR出来てない(捕獲時に来なくてリリース時に帰ってきた)

この子のウンチからも回虫が出て来てたので
母子感染で子猫たちも漏れなく回虫のタマゴさんをゲットできます。
(お腹の中での感染や母乳からの感染)

回虫卵は、環境中での抵抗力が非常に強く、砂や土の中に混じって長期間生き続けるのですが
人畜共通感染症の一つ。
回虫は人にも感染する(回虫の卵が何らかの理由で口の中から体内に入り込む)こともあるので
猫が多い地区でトイレとなってしまっている砂場等は注意が必要です。


~人へ感染した場合~
■内臓移行型
発熱や全身の倦怠感、食欲不振などがあります
(幼虫が侵入する臓器によって症状が異なります)。
肺では咳や喘鳴(ぜんめい)を、
脳に達すればてんかん様発作の原因となると言われています。

■眼移行型
主な症状としては網膜脈絡炎、ブドウ膜炎、
網膜内腫瘤、硝子体混濁、網膜剥離による視力・視野障害、
霧視(むし)、飛蚊(ひぶん)症などがあります。
その他、神経型(しびれ、麻痺)や潜在型(アレルギーの原因)といった
新しい症状も指摘されています


そういったこともあり、保護した猫たちには
かならずドロンタールを飲ませて回虫・条虫の駆除を行いますし
ノミダニの駆除も行っていくわけです。

猫が回虫に感染していると
下痢だったり咳だったり
色々な症状が出ますが
凄い子はゲロっと吐いたものの中に
大量の回虫が居たという事もありました。

彼らは卵を産んでどんどん増えていきます。
栄養分をどんどん吸ってどんどん卵を産んでいくのです。

そして回虫によって栄養を吸われていくので
食べても食べても太らない。。。。
痩せていく、下痢をする等の症状が出てくるわけです。


④母-3
キジ白 メス 成猫 避妊手術済み フロントライン済み 耳カット済み
関連記事
スポンサーサイト

| 2017年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/1186-efb8597d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>