Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

6/28実施 SE地区多頭現場⑧  TNR実施報告  黒白 中猫 オス 【管:2017-0060】 【どうぶつ基金NO.0720】

2017/6/28実施報告

現場の詳細は6月29日の代表ブログをご覧ください。

⑧-1
24日の視察時。しっかりカメラ目線でポーズ。
すぐオスだとわかったのは
プリ玉がしっかり見えるから。
しっかり見える理由はただ一つ。
人懐こくて
近寄ると尻尾をピーンと立てて歩いてくれるから。
⑧-2
捕獲器の中でも大人しくて。
とってもヨイコちゃん。
おしゃべり上手な子です。
⑧-3
他の子のシャーって声を聴いてちょっと驚いた顔。
でもこの後私にニャーン♪って甘えてきました。
捕獲器の中に入っても
ご飯食べてるし・・・
かなり象の心臓持ってます。
⑧-4
手術が終わってお迎えにいくと
ミャーミャーと鳴いてました。
実はどうぶつ基金からお預かりしているチケットは
6月1日から8月31日までの30枚だったんですが
あっという間に無くなってしまって
この子が今回申請した30枚目の子でした。
この子から後の子(オス)はみんなチケット使えず
急いで保健所に追加申請をしてもらって
6月30日手術分の子たちからは
新しいチケット40枚追加で届いています。

⑧-5
ミャーの意味は「おなかすいたー」です。
⑧-6
体の細さは気になるけど
比較的この現場の中では状態は良いほう。。。
でも栄養状態の悪さはどの子も変わらずです・・・
⑧-7
29日の視察時は日向ぼっこして他の子と共に寝てました。
30日の視察時。
三毛の子と他の黒白猫たちと共に丸まって寝てました。
体の脂質が少ないから
体温を保つのも大変だし
寒暖差の激しさに付いていけない子が多いと思います。
だからみんなで丸まって・・・。
温め合う。
協力しながらこの現場の子たちは生きています。
⑧-8
黒白 オス 中猫 去勢手術済み フロントライン済み 耳カット済み コンベニア
関連記事
スポンサーサイト

| 2017年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/1198-76d49d31

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>