Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

7/7実施 T地区 M邸②  TNR実施報告 白 成猫 オス 【管:2017-0073】 【どうぶつ基金NO.0905】手術費用依頼主負担

2017/7/7実施報告

現場に到着すると
お父ちゃん猫だけが居て
おばあちゃんが「ほれ、ご飯だよー」って呼んでくれました。
が、何を思ったのかお父ちゃん猫は
敷地の端のほうに走って消えてしまいました。
あれれ・・・
どうしたんだ?!って思ったら
テコテコと戻ってきました。
あ~よかった。
戻ってきてくれた!
と思ったら
その後ろに奥さん猫と息子猫が!
一緒に走ってくる!

なんと賢いお父ちゃん。
奥さん猫と息子猫を呼びに行ってたのです。

えらい!なんと偉い子なんだ・・・(涙)

しかーし。
息子ちゃんが速攻捕獲器に入ってしまい
ちょっと驚くお父ちゃん。

でもお腹はすいてるし
何だかよくわからない間に
突然息子さんが居なくなったので
あれ~?あれ~?

でもかなりマイペースなお父さん。
まぁいっかって思ったのか
給餌者さんであるおばあちゃんに「おかーさん、ご飯!」と鳴いて強請ります。
おばあちゃんは「ここに入ってるよー」って捕獲器に誘導。
19731937_1360573534057819_7486265075526957905_n.jpg
捕獲器の扉が閉まって初めてわかる息子が消えた意味。。。
「こーゆーことだったのにゃー!!!!!」

お父さんオッドアイです。
綺麗なオッドアイですが
オッドアイの子は聴力障害がある子が多く
オッドアイの子の聴力障害がある率は70~80%くらいだそうですよ。
なのでこの子も聞こえが悪いかもね・・・ってことで
そのお話も給餌者さんにお伝えしました。
広い敷地なのですが
目の前は交通量の多い道路ですし
聞こえない事によって
自宅敷地内での事故の危険だってあります。

まあ今まで生きてこれたから
上手くやっていけるとは思いますが
耳が聞こえない子や聴力が弱い子は
声が大きいので
この子はどうなんだろうな。
外だから比較があまりできませんが
そんなに大きな声で鳴く感じはありませんでした。
むしろ愛妻家っぽいし
子煩悩な良いパパさんって感じの子です。
19702206_1360620750719764_4912745955412568165_n.jpg
オッドアイの子が野良猫というのは
とても悲しい感じですが
これもまた宿命といいますか・・・
なんといいますか・・・
昔ながらの飼い方といいますか・・・
ん~良くわかりませんが
昔はこうやって猫と人が共存していたのか・・・っていう光景が見えた気がしました。

気持ち的にはこの子はある程度懐いてるから
お家の中で飼ってほしいなーって思いますけど
それはムリなんだろうし。

色々ありますが
こうしてこの現場の親子3匹は
発情のストレスもなく
このままノンビリと落ち着いて3匹で仲良く暮らして行ってほしいなと思います。
19748900_1362510747197431_725027039445966244_n.jpg
白 オス 成猫 去勢手術済み フロントライン済み 耳カット済み
関連記事
スポンサーサイト

| 2017年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/1221-ac73af38

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>