Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【幸せ募集開始!】 世莉(せり)ちゃん キジ白 メス  【H29年5月中旬生まれ】【管理:338】

2017/8/13情報更新

点眼してる間
ビクともせず
ヨイコちゃんしてくれるセリちゃん。
CIMG5012.jpg
片目が無い事なんて気にならないくらい美人さん♪
CIMG5010.jpg
ヨイコに点眼できましたね~♪
ってご褒美のヨシヨシタイム。
他の子たちがフリーで居る時に点眼してると
邪魔されるので
この二人っきりの空間(他の子はケージの中)でやるのが一番安全。
甘えたい放題の時間です。
CIMG5019.jpg
本当に兄妹なのか?って位正反対な性格のセリとサワ。
過酷な環境で育ったことは変わりなく
本当にガリガリで二人とも骨がゴツゴツしてたのが
今じゃモフモフになりました。

CIMG5025.jpg
点眼も終わって
オバチャンは残りの掃除をしてリビングに戻ろうと思ったら
「ねー!まだだってばー!もっとモフモフさせてあげるってばー!」って訴えてきます。
CIMG5029.jpg
サワの写真撮ろうとしたら邪魔してくるし(笑)大量にセリちゃんの鼻の写真が取れました(笑)

甘えん坊でハンデなんて感じさせないとっても手のかからないヨイコちゃんです
更に言えば超美人!!!!

性格も良し、美人で超ヨイコちゃん!
是非家族の一員として迎えていただけると嬉しいです♪
サワは・・・まだ馴致中だけど
一緒だとなお嬉しい・・・
でもセリだけでも!!社会性は十分身についてる子なので1匹飼育でも大丈夫!
でもお留守番の長いお家の場合は2匹セットでお願いします♪




2017/7/19情報UP

とうとう梅雨明け致しました。
夏がきましたよー!

梅雨らしい雨もなく
夏っぽい梅雨が終わり
とうとう夏も本番。

でもこの子たちは梅雨時期に保護されたのに
汗だくになって保護したんですよねぇ・・・

保護経緯については6月29日の代表ブログをご覧ください。

初期医療はフロントラインとドロンタールのみで
その後は風邪の治療のみ行いながら
兄の咲和の馴致を進めようと思ってたんですが
ガンコなので全然進まず・・・
もう我慢できないオバチャンは
とうとう17日に全医療行為を終わらせることにしました。
なので募集を開始いたします♪

保護した6月29日は
ガリガリだし
片目は溶けて無くなってるっぽいし
フラフラだったんですよね・・・
19437306_1353629728085533_5352193194402019739_n.jpg
19437715_1354684937980012_7637435200536649208_n.jpg
でも彼女はしっかり理解してて
自分の置かれている状況と
自分がこの先どうなるのかを
ちゃんとわかってくれてね・・・。

7月2日
点眼なんて全然嫌がらない。
もうご飯いっぱい食べられて
お薬も上手に飲んでくれて
手がかからない!!
なんてヨイコちゃんなんだろう!!
野良なハズなのにぃ!!!
7月2日2
(7月2日撮影)
だから点眼中もしっかり大人しく出来るし
むしろゴロゴロゴロゴロ・・・
嬉しくてしょうがない感じ。
コンベニア打ってもらったので
点眼だけとにかく頑張る感じだったんですが
本当にこんなに点眼をやがらない子は初めてってくらい。。。
7月3日1
(7月3日撮影)
ただヘルペスっぽい感じが取れないので
コンベニアだけじゃダメだろうってことで
ヘルペスのお薬を追加でもらいまして。
19732205_1358013897647116_2211574634416311552_n.jpg

病院にいってもゴロゴロ♪
好奇心の塊で
全然怖がらない(苦笑)

7月6日
(7月6日撮影)
点眼を頑張って
腫れはかなりひいてきてるけど
片側の目と比べると
やっぱりこれは・・・
眼球はかなり小さくなってるなぁ・・・という気持ちを消せなかった。
でもこの子は片目が見えなくても
いつも前向きに明るくて
自分の今置かれている状況をしっかり理解して
毎日を一生懸命生きています。
7月9日
(7月9日撮影)
あのグッタリだった日々、
必死だった日々から解放されて
もうお腹いっぱい~♪もう食べきれないよー!って言える毎日に
喜びを感じているのがはっきりわかります。
無我夢中でお母さんを追いかけた日々は
もう彼女の記憶から消したそうで
今はオバチャン大好き♪
オバチャン、掃除機のお散歩楽しい?
私の方が強いぞー!って掃除機に向かって行ったり
玩具で一生懸命遊んだり。
本当に性格は抜群にヨイコです♪
7月17日
保護時、500gだった体重。
950gになりました。
手足は相変わらず細いけど
お腹はポンポコリン♪
7月17日セリ2
フラフラして歩いてたのとは大違いで
今じゃもうピョンピョン♪
テコテコテコ~!!!
そしてサワと共にじゃれて遊んでます。
そのくらい元気になったのもあるので
病院に連れて行って2回目のドロンタールと1回目のワクチンと
ウイルス検査とコロナの検査をしてきました。
7月17日セリ
採血も上手に取らせてくれて本当にヨイコちゃん。
ドロンタールも上手にゴックン♪
ワクチンもサクっと打たせてくれて
手のかからない超優等生!

で、先生に聞いてみました。
7月17日セリ3
眼摘する必要はありますか?って。

そしたらもうかなり小さくなっちゃってるから
取る必要はないだろうって。
点眼は引き続き続けていった方がいいけど
そこまでする必要はないだろうってことでした。

猶予がしっかりあるなら
避妊手術の時にでも取ってもらおうかと思ったんだけど
取る必要がないなら
自然に消えていくのを待つか
今あるサイズのまま継続的に残るなら
のこしてあげてもいいかなって。

視力はナイですけど。
7月17日セリ5
片目が無いことは
見た目ちょっとドキっとするかもしれません。

息子も「なんでこの子片目こんなになってるの?虐待?」って心配してました。
風邪で眼球が溶けちゃってるんだよね・・・っていったら
「なんでそんなことになっちゃうの?かわいそうじゃん・・・治せないの?」って言ってました。

凄いお金をかけたら義眼とか付けられるのかもしれませんが
そこまで出来ないので
あとは新しい家族に任せようかなと思ってます。

摘出だけして縫合しちゃったほうがいいのか
このままにしたほうがいいのか
義眼付けてやったほうがいいのか
それはその人次第だと思うので
本人がどう思ってるかって言うところで
点眼が負担であるとか、
縫合をしたほうが本人にとって都合が良いとか
色々な事を総合的に考えて
この先の事は考えていければと思っています。

7月17日セリ6
病院でお会計まちしてたら
ヒマーヒマーになっちゃって
サワ君をムギューって手で押さえて
暇つぶし(笑)


7月17日セリ4
このままウトウトして寝ちゃいました。


エイズ・白血病ともに陰性です。
コロナの検査結果でてるんですが
まだ確認に行けてないので
金曜日に聞いてこようと思います。

もう、めっちゃカワイイ子です。
性格二重丸♪
掃除機に立ち向かっていく勇敢な女の子。
他の猫さんたちがフリータイムしてると
私も♪私も♪ってピョンピョンとケージごしで
遊びたがります。

片目が無い事については
個性と受け取っていただけると嬉しいです。
そして彼女の片目が無い事は
彼女があの過酷な現場で
必死に生きて頑張ってきた証。
だから彼女を見ても
可愛そうだなんて思わないでくださいね♪

がんばって、一生懸命生きた証が目に見えて残っているだけで
どの子もみんな一生懸命生きて頑張ってきています。
色々な現場で苦しみながらも必死で生きてきた。
ただその証が、片目にしっかり残ってしまっているというだけです。
がんばった証として受け入れていただけると嬉しいです。

猫に対しても友好的だし
人間に対しても友好的。
ウイルス検査セリ
サワ君と一緒にとは言いません。
むしろサワ君はまだまだ人馴れ訓練が進んでないので
セリちゃんは1匹でも大丈夫かも。
先住猫さんが居るお家でも大丈夫かな~。

素敵なご縁を待ってます。
関連記事
スポンサーサイト

| 新しい家族を待ってる子たち【幸せ募集中】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/1235-b9a42be3

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>