Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【☆お空に帰りました☆】白ちゃん メス 【衰弱して怪我!!3/2緊急保護】【管理:370】

2018/5/7情報更新

5月7日AM3時21分、
白ちゃんのトライアル先のボランティアさんから連絡があり
今旅立ちましたと・・

丁度、その時間の5分位まえに
トイレに行きたくて目が覚めて
トイレに行ったんです。
なんとなーく
胸騒ぎもあったのかもしれないけど・・・
なんとなーくスマホを手に取って
すぐ
ボランティアさんからメッセージが届いて
はこちゃんが旅立ったと書いてありました。

こんな時間まで看取りで一緒にそばに居てくれたんだ・・・
そう思うと本当にありがたくてありがたくて・・・



ボランティアさん宅にいってからは波は有りましたが
自力でご飯も食べられるようになり
歩行もして自分でトイレにも行けるようになった白ちゃん。

白ちゃんは「はこちゃん」という可愛い名前も付けてもらって
可愛がっていただけていました。
そして同じように視力の無いお友達とも仲良く出来て
ノンビリと過ごすことが出来ていました。

29792339_2063057113978383_4426449762394829055_n.jpg
お友達になってくれた子も
視力がありません。
それでもお互いに
支え合って
ボランティアさんの力を借りて
ノンビリと過ごさせてもらえていました。
30516559_2064117307205697_942329555246408754_n.jpg
我が家で自分で食べるという事は一切なかったので
強制給餌でしたが
ボランティアさんのお家にいってからは
自分でご飯もモリモリ食べて
そしてお部屋の中をお散歩したり
本当に奇跡だと思うくらいの回復ぶりを見せていました。
30629765_2066299733654121_8110130956948801355_n.jpg
ボランティアさんに甘えたり
お友達に甘えたり
ゆっくりゆっくり・・・
シニアらしい生活を過ごさせてもらって
十分に医療も施してもらい
安心した生活が出来ていました。

時々体調が下り坂になると
強制給餌に成ったりもしましたが
それでも頑張ってくれていました。

30073269_2070367416580686_331033534584570287_o.jpg
具合が悪ければそれに合わせた対応をしてもらって
ケアしてもらって
最期の最期まで
穏やかな時間を過ごさせてもらいました。

30171344_2070953396522088_4719290181972106652_o.jpg
5月5日にだいぶ状態が悪いという連絡を受けていましたが
自力でトイレにもいけてたし
まだまだ頑張ってほしいという私やボランティアさんの思いを受け止めてくれたのか
頑張ってくれていました。
またイッパイお部屋の中をお散歩したり
お友達とノンビリ過ごしてほしいと思っていました。

でも、体はもう限界でした。

5月7日am3時20分頃、ボランティアさんの腕の中で
眠るように息を引き取りました。
寂しくなかったね、
ボランティアさんの腕の中で抱っこしてもらって旅立てた。
苦しむことなく旅立てた。

あの時保護してなかったら
あのままあの日の夜には
力尽きていたであろうと思われる状況でした。
それでも猫の神様は
白ちゃん改め
はこちゃんを
救ってくれました。

孤独に飢えと寒さと恐怖と痛みに苦しみながら
あの場所に居たところを見つけてもらえて
そして保護して体力も戻り
ボランティアさんが受け入れてくれると言ってくださったから
みなしご救援隊さんに移動することもなく
お友達もすぐ出来てノンビリ過ごさせてもらえました。

そして最後は1人で旅立ったのでは無く
愛情をいっぱい注いでくれたボランティアさんに抱っこしてもらいながら
腕の中で旅立つことが出来ました。

はこちゃん、本当に頑張ったね!
本当にありがとう!
そして受け入れをしてくださったボランティアさん、本当にありがとうございました。
看取りの受け入れというのは
本当に辛いものです。
それをあえて対応してくださる方がいるのは
本当にありがたい事で
どのくらい先にゴールがあるのかもわからない、
明日かもしれない1年後かもしれない5年後かもしれない
そんな状況の健康では無い子を受け入れるという覚悟は相当なものです。

それでも受け入れてくださって
大事に大事に愛情を注いでくださったからこそ
はこちゃんは
自分でトイレに行く、
自分でご飯を食べる、
自分で歩くという奇跡的な回復を見せてくれました。

32074541_2078046189146142_55809560958468096_n.jpg
はこちゃん、本当にお疲れ様でした。
最期は今までにない位愛情をもらえて幸せだったね。
はこちゃん、辛い思いをした分、
最期の時間は猫の神様がきっと
はこちゃんにステキナ家族をプレゼントしてくれたんだね。
本当に時間としては短い時間だったかもしれないけど
中身の濃い、愛情いっぱいの幸せな時間だったね!

そしてはこちゃんを受け入れてくれて
沢山の愛情を注いでくれたボランティアさん、
本当にありがとうございました。
私は彼女にこの子を受け入れて頂けて本当に良かった。
今までも色々な子が彼女に救われているのを知っているからこそ
この子を託すことが出来ました。

シニアの要介護の子を受け入れるという事は並大抵の事じゃありません。
本当に彼女には感謝の気持ちでいっぱいです。
そして頑張って生きて余生を過ごせたはこちゃんも
同じ思いを持っていると思います。

心からありがとう。
はこちゃんからの声が聞こえてくるように思います。

はこちゃんは旅立ちました。
6月までは飼い主の名乗り出が無ければ正式譲渡にできなかったので
手続き上はトライアルですが
トライアル期間中でも
正式譲渡と何ら変わりなく
彼女の精一杯の愛情が
はこちゃんを支えてくれました。
本当にありがとうございます。

はこちゃん!
今度は元気なプリチーなナイスバディーで会おうね!
また会えるよ!
また会おうね!

それまでは
天国でいっぱい遊んで
そして色々な世界を見て楽しんでね!

オバチャンは
はこちゃんが戻ってくるのを待ってるからね♪

はこちゃん、ありがとう!そしてお疲れ様!




2018/3/16情報更新

本日は朝イチで病院に連れて行って
薬の追加1週間分を処方してもらい
今日の分の補液をしてもらいました。
29244759_1594802510634919_3497199223864543694_n.jpg
昨夜最後の強制給餌と補液のあとのマッタリ時間・・・。
29243607_1594802547301582_6051391695129447985_n.jpg
明日の移動頑張ろうね・・・
1時間位で着くからね・・・。
29313931_1595261680589002_6842686864199278327_n.jpg
病院に朝イチで行って
待ち時間中
ウロウロ。ウロウロ。
かなりウロウロ出来るようになっています。
29257578_1595261723922331_2724714816039067536_n.jpg
薬が効いているのか
歩行もかなり上手になってきて
今迄よりも歩ける時間は増えてきました。
29213893_1595279347253902_1240365586735253699_n.jpg
だから自宅での補液時は
日に日に補液が難しくなる。
でもイヤイヤー!って逃げるんじゃなく
じっとしてくれない程度なので
なんとか一人でも補液は出来る状態。
29216934_1595279380587232_2902434888766937737_n.jpg
病院でも補液してもらったけど
ご機嫌ナナメであんまり沢山の補液はできませんでした。
29262026_1595279437253893_6766567846844321915_n.jpg
眼振はまだ微妙にあるのと
視力も回復していないし
自力で食事もとれませんので
強制給餌をするしかないですが
体重も保護時2.6kgだったのが2.8kgに増えました。
29250150_1595279533920550_5173077891243455633_n.jpg
頑張ってご飯飲んでくれてるもんね、ウンチもしっかり出てオシッコもしっかり出て
食べる、出すという事は頑張ってくれています。
病院が終わって1時間程自宅に戻って休憩してもらって
いざ東京に出発。
29249749_1595430623905441_7861503798312174834_n.jpg
予想していたよりも早く到着できて
無事にお家の中に入れました。
29249574_1595430700572100_8548131629486602110_n.jpg
先住猫の子も目が見えない子です。
更にテンカンも持っているけど今はお薬で落ち着いているそうです。
色々な子たちを丁寧にケアしてくださっているボランティアさんなので
白ちゃんも我が家に居るよりも十分なケアをしてもらえます。
29214382_1595430667238770_312662173691070920_n.jpg
移動中もミーミー鳴いて
あーだこーだ言ってましたが
移動してケージに入れてもらったら
やっぱりミーミー鳴いて
「ここ知らないところだ!」って言ってました。
29261344_1595430770572093_3843343719769438187_n.jpg
でも少し経過したら落ち着いて鳴くのも止まりました。
29314404_1595430810572089_1470167114115124028_n.jpg
まだ飼い主さんが問い合わせをしてくる可能性がありますので
6月1日までのトライアルになります。
その後は正式譲渡になってこの子はお家の子として改めて迎えていただくことになります。

保健所、センター、警察署、どこにも失踪届けが出されていません。
首輪の着用跡もあり、
置き去りも多い現場なので
飼い主さんは探されていない可能性もありますが
飼い主さんの元に戻ることが出来るなら
それが一番イイと思います。
なのでもし飼い主さんからの名乗り出があった場合は
飼い主さんに返還となりますが
6月1日までに名乗り出が無かった場合は
このお家の子として迎えていただけることになっています。

ウチの子!って思われた方、お問い合わせください。
猫ちゃん相談お問合せ




2018/3/13情報更新

犬猫みなしご救援隊さんへ移動予定でしたが
知り合いのボランティアさんが
受入をしてくださることになり
16日からボランティアさん宅へ移動します。
28959418_1589277067854130_7248547938777750089_n.jpg

お家の子として迎えてくださることになります。

投薬や毎日の補液やまだまだ医療行為が必要な子なのですが
彼女は自宅で補液も出来るし
色々な子たちを看取ってきた多くの経験のある方なので
信頼しているボランティアさんの一人です。
その方のお家の子にしてもらうため出発します。
29062718_1589277134520790_4473038166620169563_n.jpg

犬猫みなしご救援隊さんに移動させる予定でしたが
昨日、お声掛けくださいまして、
彼女に任せればこの子はしっかりケアしてもらえると判断し
お願いすることにしました。
28950998_1589277177854119_2917947760695978560_n.jpg

まだ保護して3カ月以上経過していないので
飼い主さんが名乗り出れば飼い主さんへの返還をすることになりますが
(飼い主さんが返還を希望された場合のみ)
今のところ保健所に届け出もなく
捜索されている気配はありません。
28872142_1588169444631559_9207850930744134893_n.jpg

保護したのが3月2日なので
6月1日までに飼い主が名乗り出なかった場合は
そのままボランティアさんのお家の子として迎えてもらえることになります。
それまではトライアルになりますが
我が家にいるより十分なケアをしてもらえます。
28951078_1588169574631546_5193153973995455234_n.jpg
先日の再診時、眼振がわかり
お薬を追加して飲ませています。
相変わらず強制給餌以外の栄養補給が出来ず
自力ではご飯を食べません。
眼振の原因が外耳炎や内耳炎の可能性もあるので
そのための耳掃除とお薬の追加をしたのですが
強制給餌にはかなりゆっくり飲ませるため1時間位かかってしまいます。
他の子たちのお世話もある中で
この子だけを十分に見てあげられない。
オシッコは目が見えないのでトイレをつかえない為
ペットシートにオシッコをしてくれます。
ウンチもちゃんと出ていますが
1日に必要なカロリーはまだ得られていません。
100cc飲ませるのがやっとなのです。
CCPの財政面を考えると
この子に十分なケアをしてあげられない。
そのためには犬猫みなしご救援隊さんに終生飼養に出すしか手段は無いと思っていた矢先に
お声掛けいただけたので
白ちゃんにとっても良かったと思います。

自力で歩くという事が少しずつ出来て来て
ヘルニアについては少しお薬の効果が出ている気がしていますが
自力でご飯を食べられない状態は
やはり通常ルートでの里親探しは難しいです・・・

ご自身で補液が出来る人でシニア猫の受け入れをしてくれる個人の里親さんを見つけることは
相当難しい事はわかっています。
だけど我が家に居る事で十分ケアが出来ず
ケントのように看取るのだけはイヤでした・・・

正直言って未だにケントには
もっと色々な事をやってあげられたんじゃないだろうかと
今でも思っているところがあります。

脳を損傷した猫さんで自力で排尿排便も出来ないとか
麻痺がでて下半身不随の子たちも色々居ますが
そういった大きな怪我では無いだけでも不幸中の幸いかと思うのですが
視力が光をうっすら感じる程度で自力でご飯を食べられない子を引き取るというのは
相当な覚悟と経験が無いと難しいものです・・・

今回は白ちゃん、知人ボランティアさんに託すことにしました。
なので犬猫みなしご救援隊さんに行かずに済むことになりました。

飼い主さんは引き続き探しますが
茅ケ崎からは出発します。

みなしご救援隊さんへの移動費用をお願いしていましたが
白ちゃんの分は必要なくなったため、
後程募集金額の訂正をしたものをUPいたします。

無力な私のせいで
あちこちに振り回すような事になり
白ちゃんには申し訳ないですが
我が家にいるより
ずっとずっと
丁寧なケアをしてもらえる環境に行けるので
白ちゃんとしては嬉しい移動です。

本当に多くの方々にシェアしていただきありがとうございました。
引き続き飼い主さんを探しておりますので
お家の子かも!って思われた方はお問い合わせください。
猫ちゃん相談お問合せ



2018/3/5情報更新

保護をして4日目。
相変わらず保健所には失踪猫さんの届け出は無い状態のようです・・・
CCPへのお問い合わせは1件ありましたが
失踪猫さんはオスだったそうでこの子の飼い主さんではありませんでした・・・。

3月3日の代表ブログ記事にも記載した通り
視力が無い状態ですし
排尿も垂れ流しです。

自分でご飯もたべられないので
強制給餌しかできません。。。

仮名を白ちゃんにしまして
見たまんまの仮名しか思いつかない状況ですが
少しずつ白ちゃんの状態は安定し始めているのは事実で
少し・・・明るく向き合えるかな・・・って感じ。。。

3月4日からは自宅で補液と投薬になりまして
とってもヨイコなので投薬も補液も上手に受け止めてくれています。

体温は37度後半のままですが
顔色(色ってのも変ですが)はよくなってきました。
28795211_1582425885205915_1760778342641517321_n.jpg
自力で・・・ゆっくり起き上がり・・・コロン・・・って感じですが
立つことが出来ました。

もうそれだけで大喜びなんですよ。。。。

「たった!クララが立ったわ!」みたいな・・・

といってもアルプスの少女ハイジをちゃんと見たことは無くて
名シーンとかのテレビ番組でチラっと見たことしかないんですけど。。。
28661098_1582425915205912_7318875585318036874_n.jpg

でも「たった!クララが立った」って言葉だけは見たことがあるので
思わず白ちゃんが立ったとき・・・

「たった!クララが立ったわ!」って声が脳内から聞こえてくるくらい嬉しかったです。。。

立ったとしても数秒ですが
全く立ち上がれなかった子が
後脚を踏ん張らせて頑張って立ち上がる・・・

生まれたばかりの仔馬が初めて立ち上がることよりも
白ちゃん自身、頑張って不自由になっている足をうまくコントロールしながら
そして麻痺になっていない前足と右足を上手に使って立ち上がったから
本当に頑張り屋さんだ・・・と嬉しくなりました。

28660341_1583423401772830_7003219957804582149_n.jpg
強制給餌も頑張って飲んでくれるし
嫌なときはちゃんとイヤーって言うし
検温はもうイヤなんだそうで
今日は朝の検温してたら
とうとうシャーと言いました。

イヤな事はイヤなの。
流石白猫。
プライドは高い(笑)

でも強制給餌や補液は嫌がらずちゃんと受け入れてくれてるので
私の気持ちも理解してくれてるんだろうと思っています。

そんな私の気持ちを
更にワーイ♪ってしてくれた白ちゃん。

なんと今日は
初ウンチ!!
28616848_1583421135106390_4488270120168057844_o.jpg
ウンチが出たんです!
オシッコもイッパイ出てました!
自力で排便が出来るということが
どれだけ嬉しい事か・・・

4日の夜までにオシッコが1回しか出てなくて心配してたんです。

でも5日の朝、いっぱいオシッコもして
更に初ウンチ!
そして何よりも・・・

自力で立ち上がってかなりゆっくりですがフラフラしながらでも
歩く・・・一歩一歩・・・

薬が効いてるのもあるかもしれませんが
白ちゃん、諦めてない証拠です。

28783297_1583423425106161_1014311565058869431_n.jpg
白ちゃんが諦めてないなら
私も諦めない。
頑張って自力でしっかり歩けるようになりたいね。。。。
昨日よりも1回の強制給餌量を増やして
少しずつ摂取量を増やしています。

それに応えてくれてる白ちゃん。

まだ呼吸は早いですが
良くなってきている状態。

命に係わるような状態からは脱出できました。
白ちゃん、頑張ってます。

でも白ちゃんが本当に頑張りたいのは
飼い主さんの元で一生懸命生きたいんです

どうか飼い主さんが見つかりますように。
探してくれていますように。

捨てられたんじゃなく
失踪した猫さんでありますように・・・

どうか飼い主さんのもとに帰れますように・・・




2018/3/2 22時半追記

「うちの子だわ!」って思った方
お問い合わせフォームからお問い合わせください。
猫ちゃん相談お問合せ

14時半に自力で水を飲みました。
28377848_1580496185398885_1180037781281184986_n.jpg
体温はこの時点で37.2度まで上がりました。
28280037_1580496212065549_798146880864482274_n.jpg
目力も出てきて
落ち着いてきました。
でも食事を取らないので
シリンジで強制給餌を軽くやってます。
28617047_1580645985383905_1074708829484171257_o.jpg
18時半頃にはくつろぎネンネに変わったので
状態はひとまず安定したと判断。
そのままゆっくり眠らせてあげることに。
28472183_1580807612034409_8036917483938016646_n.jpg
そして22時。
爆睡してる様子でしたが体温を測りたかったので
おはようって起こしたら目を覚ましました。
28378480_1580807692034401_1797765217087210511_n.jpg
鳴き方もかなり落ち着いて居ます。
そして気になる体温は・・・
28660279_1580807565367747_702411986258800405_n.jpg
38.2度まで上がりました!
一安心!!!
でもまだ食欲は無いようで
ウェットが嫌いな子なのかもしれないと思ってドライをあげてみましたが
たべませんでした。
なのでカロリーエースを少し与えました。

多分、あのまま保護しない状態で今夜を過ごしていたらあのまま低体温で亡くなっていたと思います。
ギリギリのタイミングで保護出来て
体温を上昇出来る体力が残っていてよかった・・・。

保健所への失踪の届け出はありませんでした。
遺棄の可能性もあるので
(そもそも飼い主退去に伴う置き去りが多い現場なので)
期待はしていませんでしたが
飼い猫さんは野良生活を知らないと餌を得られません。
だから遺棄や置き去りにされた後
動けずに衰弱して死んでしまう事も多いのです。

この子の場合は置き去りか遺棄かわかりませんが
転落事故にあった可能性が高いので
近くにいる野良猫さんに追いかけられて
近くに生えている木に登って落ちたのか
人為的にベランダから落とされたのか
全然わかりませんけれども・・・

この子の生命力と運は
物凄いものだと思っています。

今はまだ完全に安心できる状態ではありませんが
ひとまず体温が38度台に上がってくれたので
峠は越えることが出来ました。
あとは自力で食べることが出来れば!!!

明日、再度病院に連れて行ってレントゲン撮影してもらったうえで
今後どういった治療になるかを検討しようと思います。
ヘルニアなら投薬治療になるのかなぁ・・・

右足だけが完全に自力で動かせない状態なので
他の足は動きます。
あとは排尿排便等の排泄障害が無ければいいのですが
今のところ排尿・排便共にありません。

ただ自宅での3回目の検温時に
便が付いたので
ウンチはすぐそこに居るようです。
ただ緩いウンチなのかな・・・って感じです。

明日また受診してきます。

あ、ちなみに仮名ですが・・・
まだ考え中です。



2018/3/2情報UP

11時37分に副代表から連絡があり
衰弱した白猫さんが居るという事で緊急保護要請。
急いで現場に向かいました。
現場には白猫さんが横になっていました。
28535731_561863137500845_1384130807_n.jpg
人馴れしているという事と
ご飯を食べないという事、
水曜日から突然姿を現したという事で
まずは触診。
あら。
右足が痛いのかな???
右足の力を入れられません。

フラフラして歩けない。
衰弱もある。
こりゃ大変だ。
12時の診察に間に合うように急いでキャリーに入れて病院へ。
28379827_1580418368740000_1699281616679489897_n.jpg
2.6kgで体温はなんと35度。低体温になっております。
補液とフロントラインと注射をしてもらいました。
今はまず、体力を回復できるかどうか、生きることが出来るかどうかを優先しました。
先生の触診で腰の骨をやっちゃってる可能性が高い(ヘルニア)という事でした。

28379627_1580418352073335_2719657792071823597_n.jpg
かといって何日もご飯を食べてなかったという感じでは無く
お腹の中には食べ物が入っていそうなお腹です。
カラッポの腸じゃなかったです。
28576280_1580453698736467_1559612015855020152_n.jpg
病院を出て帰宅して
40分後。
体温は36.8度に上昇。
鼻の中には土が詰まっていました。
28379535_1580453728736464_3011190801006759519_n_201803021338231a3.jpg
顔を拭いて鼻の土も取り除いて
目の周りもかなり拭いたけどこれが限界。
まだ全然落ちない。。。
耳の中は比較的綺麗でした。
野良じゃないなって言う耳。

28472236_1580453768736460_6957023369793931658_n.jpg
それと首輪の着用跡がうっすらありました。
飼い猫だったのだろうと思います。
人馴れもしているし。
野良っ気ゼロ。
28378470_1580453812069789_5398231803766150827_n_20180302133820d57.jpg
前足は力が入るので
保温を開始してから少し経過してからは
立ち上がりました。
でも下半身は立ち上がれず。

保健所には連絡を入れておきました。
写真を添付して失踪猫の届け出が無いか確認してもらっています。

まずは体温を平熱に上昇させることと栄養を取らせることが重要なので
頑張って保温しています。

症状としては外傷が無いため
高所からの落下による怪我の可能性が高いそうです。
転落したのか、転落させられたのか、
サッパリわからないですが
兎に角間にあってよかった・・・。

今は様子を見ています。

飼い主さん探していませんか?
貴方の大事な猫さん、我が家にて保護しております!!!

目の状態を見る限り
シニア猫さんだろうと思います。

「うちの子だわ!」って思った方
お問い合わせフォームからお問い合わせください。
猫ちゃん相談お問合せ

関連記事
スポンサーサイト

| 空に帰ったニャンコたち。 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/1511-f7fed559

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>