FC2ブログ

Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

5/16実施 DE地区 O邸 白キジ斑 メス 成猫 TNR実施報告  【管:2018-013】

2018/5/16実施報告

5月15日に緊急保護した子猫たちのママです。
32458521_1656647214450448_7375589883919728640_n.jpg
栄養をどんなに吸い取られても
自分の体がどんなに痩せ細っても
子供たちを一生懸命育ててきたママ。
32498179_1656647107783792_7425366446051426304_n.jpg
私たちは年に200匹近い猫たちと接します。
(CCP立ち上げからカウントするとTNRで約1000匹、保護で400匹←2018年5月17日現在)
保護が50位、TNRが150前後。
去年は300匹以上のTNRをしたことで
1年に出会う猫たちの数がグーンと増えましたけど
パっと見て
この子は手術済みだとわかる、
この子はメスだとわかる、
この子はオスだとわかる。
この子は妊娠中、この子は育児中、
この子は出産したばかり、
この子は生後2か月位の子猫育ててる、
この子は生後4か月位の子猫を育ててる・・・など
パっと見でわかるくらいに・・・
そのくらい目は肥えています。
32845657_1658375517610951_5590152110453817344_n.jpg
そして年に何匹も事故死したりして路上に横たわる遺体も回収し白峰寺に搬送していますから
外で生きる猫たちの苦労も痛い程わかっていますし
ガリガリに痩せ細りながらも必死で今を生きようと懸命に闘ってる命とも年に何度も出会いますから
外で生きていく猫たちが日頃どんな辛い思いをしているのかも知っています。
だからこのママ猫が
今どういう状況でどんな心境で
子猫たちを育てていたのか。
そして亡くなった子猫を
どんな思いで看取ったのか。
思えば思うほど
ゴメンネ・・・という思いが強くなります。
32506919_1658375370944299_7765529079960305664_n.jpg
手術も無事に終わり
元気に目を覚ましてる彼女をお迎えにいって
あぁ・・・良かった・・・。
そう思うのはいつもの事ですが
リリースのタイミングとか
色々考えてしまって
相当午前中はオロオロしていました。

32637163_1658375470944289_5696459848179253248_n.jpg
子猫は保護、母猫はリリース。
その雲泥の差を
解消するためには
フォローが必要で
結弦が居る今の私にはリリースしか出来ないので
依頼主さんに改めて給餌をお願いすることを決めて
いざ、リリースに出発しました。
痩せた体は
子猫たちを育てるために身を削ってた証。
もう体をガリガリにさせてまで育児する必要はない。
貴方はあなたのために、
必死に生きる。
自分のためだけに生きるんだよ。
頑張るんだよ。
餌もしっかりオネダリしなさい。
そうすればきっとこの依頼主さんは
貴方を救ってくれるから。

もう子猫を育てなくていい。
でも「私の子はどこ?」って母性の強い子程探し回ります。
なので2~3日は子猫を探して鳴くかもしれませんと伝えてあります。

今の時期のTNRで子猫は保護、母猫はTNRという案件の場合
必ずそう伝えるんですけどね。

母性が弱い子でも数時間鳴いて子猫が見つからなかったら諦める。
母性が強い子だと何日も子猫を探して鳴いてる子もいます。
でも大抵2日前後で諦めます。

32756160_1658375414277628_1863252487696285696_n.jpg
この子は初産だろうと思います。
1才くらいの子です。
で、依頼主さんに話をしたら
もしかしたら前にこの子はここに居たかもと。
前に荷物を置いていた場所にこの子と似た子が居たそうで
その後はどこかに行ってしまったけどって。
大体1年位前の事らしいので
きっとこの子がここで育ち
そして巣立って
そして育児のためにここに戻ってきた。
そう考えてもおかしくない。
ご自身でも猫を飼われてて(完全室内飼養)
猫の匂いや声、そしてご飯の匂いで
ここなら育てられるかもと引越ししてきたのかもしれないです。

猫は猫好きな人、猫を大事にしてくれる人を知っています。
助けてほしかったのかもしれないですね。
その気持ちに依頼主さんが応えてくれた。
だからこの子は安心できたかもしれないです。

リリース時、
パーっと走って行かないで
テコテコって軽く走って
お隣の敷地に入り
そしてピタっと止まり
私たちを見つめて
何か言いたげな顔をしていました。

「うちの子たちどこ?」って言いたかったのか
「うちの子たちをお願いします」って言いたかったのか
「アタシは保護じゃないの?」って言いたかったのか
「アタシを監禁して何したのよ!」って言いたかったのか。

答えはわかりません。
でも、本当にこの子が人の力を借りたいと思ったら
またこのお家に来るでしょう。
ここの人なら私を助けてくれるとわかってるだろうから。

自分のために、SOSをしっかり伝えるんだよ!
頑張って!
頑張って生きるんだよ!
自分のために・・。
子猫たちはオバチャンが素敵な家族を見つけられるように頑張るからね!
だから安心してね!
32506919_1658375370944299_7765529079960305664_n.jpg
成猫 白キジ斑 メス 避妊手術済み フロントライン済み 耳カット済み
関連記事

| 2018年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/1560-8431621d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>