FC2ブログ

Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

9月実施 無料枠 TNR実施報告  10/2情報更新

10/2情報更新

9月28日オペ
【柳A】メス キジ白
妊娠しているかもとのことでしたが
既に不妊手術済みの子でした。
耳先Vカットだけしてリリースとなりました。

120929_0825~01
依頼主さんからの写真を見る限りは妊娠してるかも・・・と思っていました。
でも実際捕獲した状態でお腹を見ると
なにやら・・・術後でオデブちゃんになったようなお腹のタルミ方・・・
もしや術済み?もしや贅肉?!
なんて思っていましたが案の定オデブさんだったようです・・・
先生も脂肪分が多かったとおっしゃっていました(苦笑)
120929_1645~01
この子は複数の餌やりさんが居るようです。
そのため栄養状態は非常に良好。
そしてこの子は置き去りにされた子かもしれないとおっしゃっていました。

このまま餌やりさん宅の外猫さんとして
可愛がってもらえることになりました。





そしてこちらは9月27日の夜からTNRに入った現場の子達です。

この現場はCCPと市が提携してTNRが出来る状態になった現場です。
環境保全課の担当様、ありがとうございました。



【管理番号:宿A】オス キジトラ
120927_2211~01  120929_0746~01
とっても大人しい男の子です。



【管理番号:宿B】メス 黒白
120927_2211~02 120929_0735~03
顎の下にも黒斑があるオシャレな柄の持ち主さん。
女の子です。
かなり出産経験があるとお伺いしていましたが
産後の体ではありませんでした。
この春に産んだのかは不明です。




【管理番号:島くん】オス キジトラ 5/19TNR済みの子です。
詳細はコチラでチェック
120927_1939~02
入るなっていっても飢えてるから入るんです・・・
耳カットが無ければ再び手術してしまうこともあります。
耳カットの必要性はこういう時に一番実感します。


【管理番号:宿C】メス キジトラ(母ネコ)
120927_1946~01 120929_0735~02
青くん&空くんのお母さんです。
顔のシャープさは青くんと空くんにそっくりです。
大人しいお母さんです。



【管理番号:宿D】メス キジトラ
120927_2211~03 120929_0807~03
餌やりさんはこの子がオスだとおっしゃっていたんですが
私が以前視察に行ったときメスだったと思って
情報が一致しないので術後性別を確認したら女の子でした。

いつもガリガリになってコンビニの前でご飯をもらおうと必死に人に付きまとっていた子です。
どうかリリース後は
餌やりさんからお腹いっぱいになるまで
ご飯をいつももらえますように。。。

コンビニには猫への餌やり禁止ポスターなどを掲示してもらおうと思っています。
餌やりさんが十分な餌を与えればこの子達は餌を求めてコンビニに行かなくなると思っています。

ノンビリと余生を過ごして欲しいです。


この猫の耳先カットと不妊去勢手術は、どうぶつ基金が発行する「公益財団法人どうぶつ基金24年度みみ先カット猫無料不妊手術チケット」を利用し、わたしたちは手術代を負担することなく無料で行いました。


20100510200605dcc_20120701043049.jpg



9/13情報更新

12日の夜、管理番号十I、十Jのリリースをしてきました。

120912_1842~03  120912_1853~01

餌やりさんにリリースをしに来た旨を伝え
玄関で少し話をしました。

餌やりさん宅敷地内に入ろうとしたとき、1匹のキジ三毛の子を見たからです。

この毛艶のよさ・・飼い猫か?
首輪してない・・・
野良猫にしては・・・かなり体調がよさそうだ・・・

と思って餌やりさん宅のインターフォンを押そうとすると
ソワソワこちらを見ているキジ三毛・・・

何か言いたそうな・・・
何か訴えているような・・・

何?おいで?っていっても
ジリジリとちょっぴりこちらに進むだけ・・・

もしかして・・・
ここがお家???

と思ったら
餌やりさんが玄関を開けた・・・


TNRのメス2匹をチェックしてもらい、
これからリリースしますねとお伝えしてから

「あの。そこに三毛猫さんが居るんですがこの子は野良じゃないですよね・・・?」
と聞いたら

「あ、サビっぽい子?それは私の家の子・・・子猫のときにココに住み着いて飼うことにしたの・・・と。」

あ~だからココに入りたくてウズウズしてたのか・・・
他にも2匹飼っていらっしゃる・・・


「外飼育なんですか?」と聞いたら
「たまに出て行っちゃうの・・・」とのこと・・・。

「こちら側は車も走りますし、危ないので脱走しないように注意してあげてくださいね」と伝え
餌やりさんから離れ、キジ三毛さんの横を通り、車に向かおうとすると
「ウニャニャニャ~!」と必死な声で餌やりさんに向かって走っていくキジ三毛さん。

この子はちゃんと飼ってもらえているのにな・・・

どうしてキミたちはリリースなんだろうね。
外猫としてしか生きれないんだろうね・・・

同じ猫なのにね・・・
何が違うんだろうね・・・


そう独り言いいながら怪しいヤツ全開でリリース場所に向かいました。
といっても建物ぐるーっと回って餌やりさんのベランダ側なんですけどね。

同じ場所にリリースして作業完了・・・。


今頃あのキジ三毛さんは
餌やりさんにカワイイカワイイしてもらって
ご飯もらってるんだろうな・・・

この2匹と前日にリリースしたオス猫は
ご飯もらって暑い日も寒い日も
この外という世界で
「耐える」ということが当たり前のこととして
生きていくんだろうな・・・


飼い猫と野良猫の違い。
毛艶からもはっきりわかるものです。

それだけ手の掛けられ方が違う。

同じ猫なのにね。。。

同じはずなのにね・・・


ちょっぴりシュンとしながら
リリース現場から家路に戻りました。



ところで・・・
この写真見てください。
キジトラ母さんの入ってたキャリー・・・
120912_1842~02
見事に新しい窓が!!!
リフォームしてくれましたよ。キジトラ母さん!
凄いパワーです・・・
これ、メンバーさんから頂いたキャリーだったのに・・・(涙)
あぅぅぅぅ・・・大事なキャリーが・・・

破壊されてしまったよぉ・・・

これじゃ子猫に使えない・・・顔の大きめな子にしか使えない・・・

どうやって壊したんだろう・・・


最近思うんです。
TNRになる子を入れる場合はこの一般的なキャリーでいいんですが
リリースしないで保護になる子のキャリーを
見直し中です。
この手のキャリーだとケージに移動させるとき
シャーシャーな子は中々出てくれません。

両開きのタイプが一番融通が効くんですが
そうすると強度の問題で少し弱いんですよね・・・
少しパワフルな子だとこじ開けてしまうので
ガムテープでビッチリ貼らないといけないんです。

kya3.jpg
でもこのタイプだとケージに移すときラクなんですよね・・・
だれかこういったタイプのキャリーをお持ちの方、
お古でいいので譲っていただけるとうれしいなと・・・


これだと5キロ以下対応なので
野良猫のオスとかは無理なんですよね・・・
子猫なら問題ないんです。

今回みたいにぶっ壊されることない子猫なら
問題ない耐久性かな~と。

ということで、キジトラ母さん!
キャリー治せよ~(涙)

*************************************
9/12情報UP

7匹の子猫、3匹の大人猫を依頼された現場の子達です。
7匹の子はリリースできるのか、それとも一時預かり先が決まり
リリースせずに済むのかまだ分かりませんが、
大人猫たちはリリースとなります。

【管理番号:十H】
【2~3歳 オス 黒白ハチワレ】
120909_1707~01  120911_0749~01
いかにも・・・お父さん・・・です・・・。

9日に捕獲、10日にオペして11日にリリースしました。
捕獲器の中で相当暴れたようで鼻筋に少し傷が出来てしまいました。


【管理番号:十I】
【2~3歳 メス キジトラ】
120910_1932~02

10日夜に捕獲、11日にオペ、12日夜リリース予定です。
非常におとなしいお母さん猫です。
でも子育てしたっぽい感じじゃないんですよね・・・
もう子育て終わって時間がたってるのかな・・・
他にお母さんがいたら驚きなんですが・・・
妊娠しておらず、卵巣摘出のみになっています。


【管理番号:十J】
【1歳位 メス 黒】
120910_1932~01
お母さんですね、お母さん。
10日夜に捕獲、11日にオペ、12日夜リリース予定です。
最初この子も子猫だと思ってたんですが
大人らしいです・・・
でもこの子も出産した形跡がないので
離乳が早かったのかな・・・

妊娠しておらず、卵巣摘出のみになっています。


この3匹は餌やりさんが継続して管理していくことになっています。


この猫の耳先カットと不妊去勢手術は、どうぶつ基金が発行する「公益財団法人どうぶつ基金24年度みみ先カット猫無料不妊手術チケット」を利用し、わたしたちは手術代を負担することなく無料で行いました。


20100510200605dcc_20120701043049.jpg
関連記事

| TNR報告 | 02:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/178-fd6f7efe

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>