FC2ブログ

Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

9/16実施報告 IJ地区 市管理地① 黒 メス 成猫 TNR報告 【管:2019-055】

2019/9/16実施報告

9月15日。朝7時。
とても爽やかな・・・秋の風が吹く朝でした・・・

早朝からの現場入り。
現場は特殊な事情が事情なだけに
現場入り出来る時間が限られておりまして・・・
朝早くから捕獲機片手に猫探し。
暑くなると予報も出てたので
早朝から現場にいかないと捕獲出来ないわってのもありましたし。
暑いと猫たち出てこないし
捕獲機暑くなっちゃって餌がダメになるし・・・。

半径50m圏内4軒同時の現場対応です。
あっちこっち行かねばならぬ。
しかしあっちこっち行くにも
設置しっぱなしが出来ない事情もある。
だって過去に多頭数TNRした現場なのだから。。。。

そう。
また増やしたよ。。。
給餌者がまた増やした。。。
稀にいるんです。
自分が増やしてる原因だと認識出来ていない給餌者。
どう会話をしても
自分の都合よく話を解釈してしまう。。。。。
そんな現場が市内にはチョコチョコありまして・・・。

自分が増やしたと認識しておらず
他人がどっかで増やしてる。自分は被害者っていうそういう受け止めかたをするから
TNRの際も他人事。
そんな現場で苦労するのは猫たちと近隣住民。

ただこの現場はちょっと特殊で・・・
この猫さんたちの繁殖元は
そこじゃない。
別の現場から流れてきたと思われる子たちです。
体型も全然違うしね。。。

①黒メス1
私が現場入りすると同時にテコテコと道路を横断してきたキジ白猫さんを捕まえようとしたら
前にTNRしたグレー虎の子がテコテコと出社してきて
おぉ・・・そろそろみんな集まる時間なのか・・・

猫たちの出社時間=餌やりさんが登場する時間。

ここは市の管理地。
餌を与えてる人は
人目を避けてコソコソ・・・
餌だけパっとおいてパっと消える。。。
そんな感じだろうなと。

メールをくださった相談者さんがいらっしゃって
丁度現場入りするからと思って
すぐ返信したのですが
お問合せフォームに記載されたメールアドレスが間違っているのか
どう送ってもエラーで戻ってきてしまう。

給餌停止してもらいたかったんだけど・・・
連絡取れず・・・
電話番号も書いてなかったし・・・

一応市の管理地なので担当課の人たちに
保健所がお願いをして
TNR実施と給餌停止の張り紙をしてもらったんですが
張り紙が設置されていた5か所すべてが
残念ながら給餌ポイントとかけ離れており
大抵給餌者さんは暗闇の中とか薄暗い中で給餌するから
A4サイズの張り紙に気づくこともなく・・・って感じでしょうかね・・・
早朝に置かれていた餌入れ
現場にはアリもまだ到着していない餌入れが・・・
中身がすこし残ってたので
また与えられてそんな時間経過してない感じ。
ってことはもっともっと早い時間帯に給餌にきてるのか
カラスが寝てる夜間に置いていくのか・・・

①黒メス2
この現場の子たちは
素直に捕獲機に入ってくれました。
痩せてるしお腹すいてるんでしょうね。
モリモリ食べてくれました。

ちょっとびっくりしてましたけど
いいこにしてくれました。

①黒メス4
手術も無事に終わり
コンベニアが残ってるので
この子たちもコンベニア注射をしてもらってあります。
普段はコンベニアじゃない抗生剤の注射をしてるんですけどね。
9日のTNRの時に発注したコンベニアがあと9匹分くらい残ってるのでそれを使ってもらいました。

①黒メス5
耳カットが施される。
それは手術が無事に終わった証。
もう繁殖しない証。
ただこの子たち・・・この場所でこのまま給餌をされるのはあまりよくない。
出来れば元の場所に戻ってほしいんだけど・・・
この子たちをもともと給餌していた人間は退去してしまいました。

そもそもペット不可物件で
敷地内での給餌も不可となっている建物で餌をやってた人がいたそうで・・・
退去されたそうです。
だから餌場を失ってしまったんだろうと思うのですが
そもそも・・・じゃぁその退去した給餌者が何故餌を与え始めたのか・・・
って考えるともっともっと本当の繁殖源が近くにあるわけで。

それがどこなのか。
わからん。
あのお家では無いはず。
この子たちの柄の出方や
体型などを考えても
あのお家から流れてきたのでは無く
もっと西のほうから・・・もっと南西のほう・・って思うので
保健所に調査してもらうことになってます。

その調査、前回TNRしたときに私散々歩き回って探したけど見つからなかったんだよねぇ・・・
でも・・・もっと南に一つだけ・・・可能性のある所はあって・・・
また調査してもらうしかないのかなぁ。。。

どちらにしても増やして不孝の連鎖を苦止められないのは
人間であることに間違いはない。

この子たちが穏やかに暮らせるためには
根本的解決をしなければなりません・・・・
その根本を見つけるために
まだまだ時間がかかりそうです・・・

①黒メス3
黒 メス 成猫(1歳くらい) 避妊手術済み フロントライン済み 耳カット済み

関連記事

| 2019年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/1972-efd10b66

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>