FC2ブログ

Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【お空に帰りました】負傷した三毛猫さん 【2019/9/29保護】 また会おうね!

2020/1/19情報更新

昨年9月29日に緊急保護して
副代表のお家でお世話してもらって治療を続けていた三毛猫さん。
副代表に撫子ちゃんとお名前を付けてもらい
CCP保護猫として副代表に治療をしてもらいながら
人馴れ訓練もしつつ・・・
1128.jpg
痛々しい姿だったけど
ずいぶん傷も良くなり
綺麗になってきて
初期医療もすべて終わり
精神的にも落ち着いてきて
本当なら1月の幸せ探し会に参加する予定でした・・・
保護して3か月経過して
飼主さんからの名乗り出もなく
所有権もCCPに移動した状態になったし・・・
新しい家族探しスタートだー!って思ってました。

80565398_2335048893266136_2606441293450051584_o.jpg

しかし1月17日の朝・・・

突然の訃報が届きました。
副代表から朝連絡があり
亡くなったと・・・

前夜に嘔吐したそうなのですが
それ以外に特に異変は無く
17日の朝に突然・・・。

④黒オス2
保護して病院搬送したあとは
副代表にすべてお願いしてる状態だったので
元気な撫子ちゃんに会えるのを楽しみにしていた矢先の出来事で
私もビックリというか
正直現実を受け止めるには時間が必要でしたが・・・
一番ショックなのは
犬猫みなしご救援隊へ搬送するのではなく
家族探しをしてあげたいという思いをもって
一生懸命向き合って治療をしてくれていた副代表です・・・
グジュグジュだった傷も綺麗になり
美人な三毛猫さんに変身できて
参加するための記事もUPする予定だった日の朝・・・
突然の訃報で・・・

多分、考えられる原因としてはフィラリアの可能性だという事です。
病院に搬送してもらったときTNRの予定だったんですが
副代表が保護に切り替えたいという事で
手術しないで初期医療と傷口の確認をしてもらってるんですが
その際にブロードラインじゃなくてフロントラインをつけてたというのを後から知り
今は保護猫にはみんなブロードラインをつけてるからてっきりブロードラインつけてるのかと思ってたんですが
フロントラインだったみたいで・・・
といってもブロードラインつけたからって今回みたいな突然死を防げたかといったら
本当にフィラリアが原因ってこともわからないのですが・・・

猫さんの突然死って案外あるので・・・
私も過去に1度だけ保護猫の突然死を経験していますが
それはそれは・・本当に突然で・・・
ついさっきまで元気だったのに
突然ギャって言ったと思ったらパタンと倒れてそのまま息を引き取った南ちゃんって子がいました。
先天性の疾患があったのかもわからないですが
突然死は人間でも猫でも
可能性はゼロじゃないんだな・・・フィラリアの予防もやっぱり重要だなって改めて感じました・・
そもそも撫子ちゃんのあの怪我は
何が原因だったのかも特定できていなかったんだけど・・・


19日の午前中に副代表が白峰寺さんに合同火葬に出してくれました。
本当は会いに行きたかったけど
私は現場対応で走り回ってたので会うことはできませんでしたが
白峰寺さんに連絡を入れて19日午前中に副代表が搬送する旨の連絡を入れておきました・・・

お家に連れ帰ってくれた副代表が早々に撫子ちゃんという漢字の名前をつけてくれたんですが
私、何をボーっとしてんだかずっと「なでこちゃん」だと思ってて
病院に初期医療の予約を入れに行った時も
「なでこちゃんを副代表が搬送するので」って言ってて
ずっとなでこちゃんだと思ってたんですよ・・・

そしたら後になってから
なでしこちゃんだと知り・・・

なでしこちゃんって子は過去に保護猫でいたので
保護猫リスト的にはなでこちゃんなんですが
彼女が保護猫としてつけてもらった本名はなでしこちゃん。
撫子ちゃん。
撫子ちゃん。

本当なら
来週の今頃会えてたんだろうな・・・って思ったけど
副代表としては
この悲しみを里親さんに経験させずに済んでよかったと・・・
その気持ち、とてもわかる。
家族に迎えてすぐ旅立ってしまうこともあるから・・・
とくに若い猫の突然の旅立ちや病気の発症は
家族にとってもとてもつらい事。

私もね、副代表がいてくれたから撫子ちゃん、リリースせず済んだし、
痛々しい状態からも回復できました。
本当なら、もし副代表が受け入れてくれなかったら
TNRにするしか無くて
本当ならもっと早く寿命がきていたかもしれないし
一人孤独に苦しみながら、痛みと戦いながらの日々だったかもしれない。
だけどそれも無く、撫子ちゃんは毎日穏やかにおいしいご飯を食べて
静かなお部屋でノンビリとしっかり体を治してもらって痛いのも取ってもらって
綺麗なお顔になって生活できました。

撫子ちゃんの旅立ちは寂しいけど、
春にはきっと元気すぎる姿でまた戻ってくる。
そう思ってます。
そしたら今度は素敵な家族とのご縁を繋ぎます!
それまでは、少し眠って、元気すぎる命になれるための休息時間になればと思ってます。

撫子ちゃん、少しの間、お別れだけど、
また会おうね!
そして今度こそ、素敵な家族のもとにご縁をつないで
イッパイ愛されていっぱい幸せに満たされて長生きできるようにするから!
それまでの間、ゆっくり休んでね・・・

白峰寺さんにいけば
撫子ちゃん名前が載ってると思います。
近くを通る方いらっしゃいましたら
手を合わせていただけますと幸いです。

撫子ちゃん、また会おうね。
それまでゆっくり休んでね。。。
バイバイは言わないからね。
またね!
撫子ちゃん!





2019/10/5UP

2019/9/29の代表ブログにもUPしましたが
負傷した三毛猫さんを保護しています。

先生に出来る範囲の治療をしてもらいましたが
腫瘍みたいになっちゃってるんだって。
腰にも同じように怪我してて
そこも毛をバリカンで剃ってもらって・・・
顔のもバリカンで毛を剃ってもらって出来る範囲の治療してもらって
コンベニア打ってもらいました。
71499103_2419603761488119_659264552084439040_n.jpg
そして副代表宅にて保護継続中。
副代表がお世話してくれています。

71500720_2419603834821445_2394807961055657984_n.jpg
病院にお迎えにいって
副代表のお家にお届けしました。
71523006_2419603908154771_3484581162804838400_n.jpg
痛々しいお顔だけど
何とかきれいに治してあげたいな。。。

というか飼い主さん情報一切ありません。
保健所にも届け出無いし。

71922799_2419604088154753_8817928691775438848_n.jpg
この子を保護した現場のすぐ近くで
前に首の下に似たような症状になってる子がいたんだよね・・・

72436568_2419603981488097_5297257605977079808_n.jpg
その子も人馴れしてたんだよなぁ・・・
怪我なのか何なのか・・・
噛まれた傷かと思ったら
この三毛猫さんは噛まれた感じがないってことでした。

何だろうねぇ・・・
嫌な方向は考えたくないけど・・・
何だろうねぇ・・・

31524.jpg
ご飯もモリモリ食べたそうです。
とてもおとなしくて穏やかな子。
相当痩せてたからホっとしたのかなぁ・・・
しっかり食べて体力回復させて
今後の治療方針を考えようね・・・

飼い主さん、保護しています。
どうか飼い主さん探してくれていますように・・・

飼い主さん、この子のうちの子だわ!って思ったら
保健所に連絡ください。
0467-38-3317(茅ヶ崎保健所衛生課直通)

関連記事

| 空に帰ったニャンコたち。 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/1990-515c4920

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>