FC2ブログ

Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

3/23実施報告 AB地区 M邸③ 黒白 オス 中猫 TNR報告 【管:2019-161】一部依頼主負担

2020/3/23実施報告

ラストに捕獲できたのは黒白の子。
当初メスって言われてたんだけど
オスだったとのことで
亡くなったお母さんが必死に育ててきたのは2匹の元気な男の子でした。
③黒白オス1
ちょっぴり独特な柄の配置の男の子。
怖がりさんだけど給餌者さんには抱っこしてもらっても大丈夫。
飼主さんだけに慣れるタイプの子たち。
③黒白オス2
この写真を撮影した時には
この子たちからお母さんを奪ってしまうとは想像もしてなかったから
手術頑張って、お家に帰ったら
お母さんと一緒に3匹で頑張って過ごすんだよ!なんて言ってたんです・・・

③黒白オス3
とてもおとなしくしててくれて
イイコちゃんでした。
キジトラの子はタマが小さくて
最初停留睾丸かと思うくらいで
触ってみても睾丸が触れなくて
停留睾丸になると手術箇所が腹部(鼠径部)になったりもするから
切開箇所が増えるなぁ・・・とか心配していたのですが
キジトラ君、しっかり玉があったそうで
でも小さ目でした。
そしてこの子はしっかり目で見て玉入りなのが分かったけど
それでも月齢から考えると小さい・・・
お母さんのおなかにいた胎児も小さかったから
もしかしたら妊娠するのもギリギリの子宮で
この2匹の子猫たちも唯一生き残った子供たちなのかなって思うと
余計に心が痛かったです・・・。

③黒白オス4
お家にお届けして
この子たちは元気に麻酔から覚めてもうお腹ペコペコだから
お腹すいたーって言ってました。
お腹ペコペコだよね。
22時過ぎたらご飯与えて大丈夫ですと給餌者さんに伝えてお家に戻ったんですが
24日の夜に捕獲機回収に行ったとき
テコテコと出てきた子供たち・・・

90468422_2805921932856298_1932979396256202752_o.jpg
私のこと、給餌者さんだと間違えて近寄ってきました。
そして給餌者さんじゃないと気付いて自転車の裏に隠れる2匹。。。

本当ならここにお母さんも一緒に居たんだろうなと思うと
ママを奪ってしまってゴメンね・・・
2匹で頑張って生きるんだよ・・・
美味しいご飯しっかり食べて立派な大人猫になるんだよ。
そういってお別れをしました。

外で生きるという事はとても大変なこと。
何が危ない事で何が安全なものか
それを知らなければ寿命が短くなる世界。

誰も守ってくれない。
自分のことは自分で守らないといけない。

1歳未満の猫たちは人間でいえば生後6か月で10歳位です。
この子たちはちょうど中学生くらいかな。

まだ人間の世界じゃ親に守られて生きる年齢です。
それでも外で生きている猫たちは
自分で自分の身を守り
寒さや暑さとも戦い
必死で一日一日を生きていくんです。

そんな過酷な外猫生活をしなければ成らない子を
1匹でも減らしたい。

出来る限り保護してお家の猫さんにしてあげたい。
でもすべての命は救えない。
身の丈に合った活動をしなければ
外猫として生きるよりももっと不孝な生活をさせてしまうことに繋がる・・・

茅ヶ崎市内だけでも
たくさんの現場がありますが
本当に不孝にも外猫として生きるしかない命が
減ってほしいって思うんです。
だからいつまでもションボリしてられない。

ごめんね、って思い、
そして心にいつまでも傷にして残したまま
忘れないように
あの子たちのことを忘れないように
私はこの活動を続けている。。。

そんな活動をしている人たちが
全国にたくさんいて
それぞれの地域で苦しみながらも必死に戦っています。

私は茅ヶ崎市内の子たちしか救えないし
茅ヶ崎市内の子たちの事でしか動けない。
それが限界。
だけど、茅ヶ崎の猫たちを救えずして
日本全国の猫たちを救えるわけがない。

目の前の命と
ただひたすらに向き合い
その目の前の命に繋がってる人間に
外猫として生きることの過酷さを知ってもらって
増やさないようにTNRしてもらって
TNRしたあとしっかりお世話を最後までしてもらう。
それしかできないけれどもそれがここまでできるようになったのは
支えてくださっているたくさんの人たちの
力があるからで
私は本当に恵まれているって思っています。

その恵まれている現実は
茅ヶ崎市内から持ち込まれる神奈川県動物保護センターの収容匹数の減少と
交通事故死数の減少という数字に表れるようになってきました。

本当にコツコツとした活動ですが
一つ一つの命に必死に向きあって
続けてきた結果が
数字として出たというだけで
減ってきたってことはいい事だけど
本来ならゼロであってほしい数字でもあります・・・


長くなりましたが
黒白君、お母さんの分までキジトラ君とともに
長生きしてね・・・
給餌者さんのお家でおいしいご飯しっかりもらって
立派な大人猫になってね。
③黒白オス5
黒白 オス 中猫 去勢手術済み フロントライン済み 耳カット済み
関連記事

| 2019年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/2108-7bdbeebc

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>