Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

拡散希望!【緊急医療費カンパ急募】「37匹現場の猫レスキュー」現場名変更→「T地区多頭レスキュー現場」【その1◆2月~3月◆】 5/22情報更新 【助けてください!医療費が足りません!力を貸してください!】

5/23情報更新
「37匹現場レスキュー」という現場名を変更いたします。

旧「37匹現場の猫レスキュー」
新「T地区多頭レスキュー」

よろしくお願いいたします。





5/22情報更新

情報量が多くなってしまったため
記事を2つに分けました。
その2(4月~)はココをクリック

2月~3月分の情報は Read More からご覧ください。



3/29情報更新

本日6匹の猫たちを保護しました。
明日それぞれの猫たちに医療行為を実施いたします。

その前に23日から24日に撮影した写真をUPします。

保護した子達は随時別枠で記事をUPします。
名前をつけます。
名前・・・センス悪いからなぁ・・と残念かと思いますが
コレだけの数ですから・・・

センス悪くても名前は付けます。
名前の期待はしないで下さい。。。

でも幸せになれという意味は込めてつけますよ♪



TU-04メス
130324_1521~02
かなり近づいてくれるようになっています。

130324_1521~01
お腹が凹んでいます。
でも授乳している形跡も無く、
出産しているならまだ出てこないはずなのに
出てきています。
流産した可能性が高いです。


130324_1520~01
柄はこんなかんじ。

130324_1507~01
とても活発で車の中に乗り込んでくるくらい。
触ろうとすると逃げますが
比較的触れます。
この日フロントライン実施しました。


TU-01キジトラの♂
130324_1434~02
11の子と仲良くしています。

130324_1438~06
みんな仲良し。
スリスリしながらゴハンを待ちます。

130324_1438~07
活発な子です。
人馴れも十分しています。
でも抱っこは自分から強請るタイプじゃないです。
遊びは強請るタイプ。

130324_1441~02
柄はこんなかんじ。

この日フロントライン済みです。

TU-23のメス
三毛たちのお母さんかな?と思います。
130323_1721~02
茶系のキジ白です。
とても穏やかで大人しい。
130324_1517~01

130324_1438~05
130323_1724~01
ナデナデOKで、とても可愛い声で鳴きます。
人馴れ具合がスゴイので
たぶん遺棄された子だと思います。
130323_1723~01
130323_1714~02
クビ元の怪我はオスに噛まれたんだろうとおもいます。
130323_1714~01
フロントライン済みです。



TU-30メス高齢猫さんらしいです。
130324_1441~01
何故か最近首輪を装着されたそうです。
130324_1438~01
ガリガリで、かなり体調はよくないですが、
食欲旺盛です。
130324_1434~01
首輪の装着者は不明です。
給餌者さんが付けたのかも不明。
130323_1736~02
この子は保護対象外です。
130323_1724~02
飼い主及び給餌者から連絡があれば保護などを行います。
130324_1442~01
フロントライン済みです。

TU-05メスです。
130324_1438~04
少しずつ慣れてくれています。
保護は来月を予定しています。

TU-17オスです。
130324_1438~03
始めてあったときよりも毛艶がよくなってきました。
130324_1442~02
あったばかりの時はビクビクしていたけど
今は覚えてくれたのか比較的落ち着いてくれています。
ゴハン食べて満足満足。

TU-11メス
130324_1438~02
キジ白のメスの中で一番人馴れしています。
保護は来月予定していますが妊娠中なので
タイミングがつかめません・・・
フロントライン済み


TU-13オス
130323_1714~03
ウェット大好きです。
でも焼カツオには興味なし。
意外と贅沢。
呼ぶと付いてきます。
里親会参加させる予定です。
フロントライン済み


TUー18
体調はよくなってきているようです。
130323_1737~01
あったばかりの時は鼻水ズルズルで酷かった。
今はかなり落ち着いてきています。

以下集合写真。。。
こんな感じで毎回ゴハンになっています。
130324_1439~02
130324_1439~03
130323_1715~01
130323_1722~06

29日6匹保護完了し、
残り保護予定の猫たちは
11匹を保護したいとおもっています。
データチェックしていて10番の子は04の子?
30番の子は33番の子?
35番は12番?
といったようにダブってる可能性があり、
全部で34匹なのかも?とも思っていますが
保護なりしないと最終的な数は分からないです・・・
でも30匹オーバーなのは確実なので
やっぱりものすごい数です・・・


今日の保護には現地の皆さんも顔を出してくださって
一緒に保護を見守ってくださいました。
出産した可能性のある場所なども見せていただいて
ご協力に感謝致します。

また、猫たちの存在を知っている方で
お散歩に来ていた方が保護の状況をみて
慌てて寄付をしてくださいました。
小銭しかないけれども・・・と1850円も!!
ありがとうございます!
securedownload_20130329200802.jpg

で、本日午前中までの寄付金総額は下記のとおり。


(姓・名の順です)
O・S様 5,000円
Y・Y様 5,000円
パッチ&プッチ里親様 3,000円
I・S様 1万円
H・Y様 1万円
S・K様 1万円
熊野算数教室様 1万円
O・T様 5,000円
現場お散歩中の方1,850円
__________________
合計 59,850円


皆様のご支援のお陰で4匹保護できるかな?と思い、
本日の保護となりました。

が、予定していた頭数プラス2匹を保護しました。
1匹は今週中に出産となりそうなので
出産させる予定です。
本来ならば堕胎処置となるのですが
医療費確保が難しく
出産をさせることにしました。
無事に出産できるか分かりませんが
明日病院で状態を把握して検査等一通りして
出産させるための準備を行います。

明日の予定出費医療費は約8万円です。
まだまだ医療費が足りません。
お力添えをお願い致します。



お願い事ばかりでもうしわけありません。
どうかこの子達のレスキューに
お力添えをお願いいたします。
助けてください。
彼らに未来を与えるための力を貸してください・・・



3/27情報更新

23日、24日と給餌&視察を行い
また色々と情報を得ることが出来ました。

その情報については後日改めて写真と共に掲載いたします。

また、23日、24日に8匹の子達にフロントラインをつけてきました。


医療費について3月25日現在の寄付金総額は下記のとおりです。

(姓・名の順です)
O・S様 5,000円
Y・Y様 5,000円
パッチ&プッチ里親様 3,000円
I・S様 1万円
H・Y様 1万円
S・K様 1万円
__________________
合計 43,000円

多頭現場で医療費がかなり高額になります・・・
雅たちの入院費用の負担金がかなり懐事情を圧迫していて
この子たちの手術費用や保護医療費などがまかなえません。

でももうすぐ産んでしまいそうなお腹をした子達。
そして風邪を引いてグズグズしてる子たち。
そして給餌者さんたちが毎日与えているわけでは無いので
猫たちは非常に空腹です。
奪い合って食べています。

彼らに安心した生活空間と
これ以上不幸な命が増えないための不妊手術の実施、
TNRの実施、保護など
関係者が一切医療負担を行わないこともあり
すべて当会負担となっています。

だからといって放置するわけにはいきません・・・

見てみぬふりしてたら
もっと苦しむ子達が増えてしまうんです。

給餌者に責任感はありません。
餌を与えているというのは
「この子たちがかわいそうだし、イタズラしないように」という気持ちからだそうです。
ただ、24日に土地の所有者さんと直接お会いしてお話する機会があり
色々とお伺いしました。

非常に迷惑しているそうです。

土地の所有者さんも猫たちに罪は無いことはわかっています。

餌やりさんに問題があるという事です。

遠くからわざわざ仲間を連れて歩いて餌を与えにくる人も居るそうです。
餌を与えるならつれて帰ればいいのに。

ホント、そのとおりだと思います。

給餌者さんにはわからないと思いますが、
実際にその猫達が住んでいる場所で生活している住民の多くが
猫達と一番多くの時間を過ごす事になります。

給餌者さんは
餌を与えるときだけ一緒に過ごすのです。

だからご飯を与えるとき以外の時間
猫達がどうやって生活しているのか
猫たちと住民がどんな形で接しているのか
それを知らない人が多いのが現状です。

土地の所有者さんは自治会も動いてくれないと嘆いていました。

私たちは
出来る限りのことをしたいと思っています。

でも
それは
猫たちと現場付近に住む人たちの生活を守るためであり
決して給餌者さんのためではありません。



無責任に給餌をすると
様々な問題が起こるのです。
それを文字にするのは
とても長くなります。

長くなるんです。

でもその長くなる分
多くの被害、事件が起こっていることを
給餌者さんは知らないんだろうなと思います。

近隣住民との接点を持たず
人目を避けて給餌をする。

それで
給餌者さんは満足でしょう。

でも
猫たちは?
近隣住民は?

その場に住んでいる人たちの気持ちや
生活環境は無視でいいのでしょうか。


そして何よりも
猫たちの気持ちは?

猫たちに餌を与える。かわいそうだから与える。
その気持ちはわかります。

でもその優しい気持ちを
あと一歩前進させて欲しいのです。

どんなに伝えようとしても
彼ら(給餌者)が拒絶すれば
我々は給餌者にとっては敵でしか無い。
でも我々は歩み寄りたいのです。

その優しい気持ちを
どうか
無駄にしないで欲しいのです。

その気持ちを大事にしつつ
周囲の環境や
周囲の人たちにとっても
優しい存在であって欲しいのです。

それは結果的に
その現場にいる猫たちにとっても
一番望む形になると思います。


現場付近の住民のうち、猫好きさんもいらっしゃいます。
でも猫が怖いとおっしゃっている住民も居るのです。

現場では飼い犬がドッグラン状態で走り回っています。
ノーリードで。
そんな場所に猫たちが住んでいます。
車も通ります。
自転車も通ります。
お散歩する人も居ます。

自転車はかなり速度を上げて通ります。
猫たちがそこを横切ったら
自転車とぶつかったら?
人間も猫も大怪我をします。

自宅敷地外で給餌をしている方へ。
どうか、土地の所有者さんに許可を得て給餌をしてください。
そしてこれ以上野良猫達を増やさないための
不妊手術をしてください。
捕まらないという場合は
我々にご相談ください。

野良猫として生きるには
今の時代は厳しいのです。
昔とは違います。

それぞれの考え方がある中で
自分の気持ちだけを優先してしまえば
不幸になる命が生まれてしまいます。

センターでの殺処分数の8割は
生まれて間もない子猫たちです。

知ってください。
現実を知ってください。

そして感じてください。
その愛情は間違っていませんか?
誰かを傷つけていませんか?



3/22情報更新


20日にユキナの預かりさんと現場で合流して
視察しました。
なぜか1匹黒しか来なかった・・・

現場の情報集めのため
在宅されていた民家に聞き込みしたんですが
有力情報は得られず。

ただ、この現場の飼い主さんといわれている方は
この猫さんたちに十分な餌を与えられていないのは事実。

給餌者さんもすべての猫たちに与えているわけではありません。
弱い子ほど餌にありつけない状況です。

給餌のタイミングに間に合わなかった子は
何日も餌を得られない状態になります。

なのに
妊娠していたり
発情期のオス猫に襲われたり
縄張り争いが起こったり
追い掛け回されたり・・・

人通りも少ないわけではなく
給餌中も落ち着かない食事をしています。
常に警戒した中での食事。

昼夜問わず
物音にドキドキしながら生活していました。

そして21日の夜。
現場に到着したのは夜10時近くでした。
もう出てこないかな?って思ったら
車を止めた瞬間
一目散に走ってくる猫たち。

今日は給餌者さんもご飯与えてないんだな・・・
飼い主さんも与えてないんだな・・・

そういう状況だと判断できるくらいの空腹状態でした。


130321_2147~02
予定外の出没で
ご飯はカリカリだけを与えたんですが。。。
不満の声が聞こえてくる。
なんでだろう。
子猫用の栄養価の高いカルカンドライじゃ
物足りないなんて贅沢な・・・・

なんて思っていたら
どこからともなくかわいらしい声が。。。

ん?って見たら
車のしたから出てきたのです。

見たこと無い子が。
130321_2156~02
TU-35の子かな?って思ったんですが
白のワンポイントが無いのです。
顔の白柄も
今まで見たことが無いタイプ。
130321_2157~01
まさかと思って色々な角度から撮影してチェックしたけれども。
過去に撮影された子じゃない。
つまり新顔。

【TU-37】
キジ白
たぶんメス
妊娠中
人馴れ可能
130321_2201~01
食事中ならナデナデ可ですし
意外とおねだり上手なので
人馴れも早いと思います。
美人です。
相当美人です。

130321_2209~01
妊娠中だと思います。
このお腹は。

130321_2215~01
尻尾も長くて
美ニャンです。
声がかわいい。

なのでこの子も保護対象にしたいと思っています。
今まで出会えなかったのはなぜなんだろうか。

他の子たちも昨夜出てきたんですが
130321_2141~03
TU-22のボス。
ガツガツ食いじゃないんです。
実はユックリ食べます。でも実際のところ
この子も歯肉炎とかなのかも。
食べにくそうに食べてた。。。。
130321_2203~02
カリカリだけだと触らせてくれないのに
パウチに切り替えたとたん
触らせてくれたボス。
このままフロントラインつければよかった・・・と後悔。。。
次あったらフロントラインつけます。。。

この子は確かTU-02。
ブレてわからない。。。
130321_2140~02
現場ではもっとわからないです。
真っ暗なので。。。
携帯のフラッシュしか明かりが無いので見えないのです。。。
130321_2141~04
こちらはビビリのTU-14。
残り物しか食べれない弱いタイプなので
保護にしたいですが、悩むところ。

こちらはTU-01の比較的な付いてる男の子。
良く食べる。ウェットなら食べる。。。カリカリいやだって。
贅沢ね。。。
130321_2142~01
こちらはTU-05の子。
ビビリです。
でもご飯食べることに必死。
でも気が弱いので他の子のお皿を奪うほどの
強さがありません。
130321_2141~05

こちらTU-04。この子は車の中に入り込んでご飯を取ろうとしたり
背中にスリスリしてきたり。
でもなでようとするとイヤァァァァァ~~~と逃げる。
でもかなり慣れてきたのでこの子は早く保護したいです。

130321_2140~01

こちらはTU-08の子。
活発で食後の遊びは虫。
130321_2141~01
虫で遊んでいました。。。。
この子も人馴れは早いと思います。

お願いです。
チョコちゃん及び37匹の子達を保護・TNRするための
医療費カンパにご協力ください!
29日までに4万5千円あれば3匹保護できます!
お願いします!
次々と問題が襲ってくる現場で
正直私もどこから手をつけていいのかわからない。

でも聞き込みによって
情報は固まってきました。
今月中に3匹保護したいのです。
どうにかして
この現場の猫さんたちを
保護したいのです。

どうか力を貸してください。。。
お願い事ばかりで申し訳ありません。
でも今これ以上の医療費負担を
私一人では出来ません。


3月19日現在の寄付金総額は下記のとおりです。
(姓・名の順です)
O・S様 5,000円
Y・Y様 5,000円
パッチ&プッチ里親様 3,000円
__________________
合計13,000円



今月中に4万5千円あれば3匹保護出来ます。
お力添えよろしくお願い致します。
02の子は今週には出産してしまう可能性が高いので
時間が経過すればするほど
出産間際の子が増えてしまいます。
どうかよろしくお願い致します!

この現場すべての子達の保護やTNR費用だけで40万近い出費が見込まれます。
どうかお力添えをお願いいたします!!
助けてください!お願いします!



3/19情報更新

本日ユキナの預かりさんが現場で対応してくださった時、
軽トラの給餌者さんとお話をする事ができたそうで
色々と状況がつかめてきました。

私が一番気にしていた子、キジ白の子猫TU-06の子の無事が確認されました!!

本当に良かった・・・
あの亡骸の子は06の子じゃなかった・・・
安心しました・・・・

軽トラの給餌者さんが連れて帰ったそうです。
ただ、触られるのを嫌がって外に出てしまったらしく
今はゴハンを食べに来るそうです。

亡くなった訳じゃなかったので
心底ホっとしましたが
その子も飼うなら不妊手術をしないと
同じことが繰り返されてしまうので・・・
引き続き接点をもって対応したいと思っています。

少し誤解も解けたようで
預かりさんのお陰で一歩前進できました!
本当に助かりました・・・

それとほかに給餌者さんの存在が明らかになりました。
ただし・・・この給餌者さんとの接触は我々の身の安全確保のため
まず茅ヶ崎市で対応していただこうと思います。

接触するには少し問題がありそうなので・・・

それと1匹新たな黒猫さんが出没したそうです。
36匹になりましたが、
まだ対応するには資金が無いので
保護のタイミングにはベストじゃないです。。。

保護の仕方を間違えると
これだけの多頭現場なので
警戒心をもってしまって捕獲器にかかってくれなく成ります。

なので、保護するタイミングは非常に重要で
いつ、どのタイミングで保護を開始するかというのは
ある程度資金が集まらなければ
できないのです・・・
今のところ8匹。
8匹は受け入れ体制が整っています。
なので今月中3匹~4匹の保護をしたいです。

3月19日現在の寄付金総額は下記のとおりです。
(姓・名の順です)
O・S様 5,000円
Y・Y様 5,000円
パッチ&プッチ里親様 3,000円
__________________
合計13,000円



今月中に4万5千円あれば3匹保護出来ます。
お力添えよろしくお願い致します。
02の子は今週には出産してしまう可能性が高いので
時間が経過すればするほど
出産間際の子が増えてしまいます。
どうかよろしくお願い致します!

【ご支援のお願い】
三菱東京UFJ銀行 茅ヶ崎支店
普通口座 0099553
Chigasaki Cat's Protect

ゆうちょ銀行
記号 10260
番号 29265451
Chigasaki Cat's Protect



3/18情報更新

16日、午前中に現場に行ってきました。
軽トラの給餌者さんが来るはず・・・と思ったんですが
きませんでした・・・。

次の日にまさか33万ちかい医療費支払いがあるなんて思っても居なかった私は
ノンキなもんですね。。。
25万くらい・・・あれば・・・なんて思ってたら。
もっと必要だった。。。

でもなんとか現金でお支払いしてきました・・・
皆様のおかげです・・・本当にありがとう御座いました!!
さて。そんな私の懐事情なんて知らない猫たちは・・・


ヒンヤリした風を受けながらも
風から身を守りつつ
日当たりのいい場所を選び
毛づくろい中。

この子。
ハゲがあるのを見つけたTU-16のメス。
130316_1052~01
こんな格好してくれてたから良く見れたんですが
ガッツリとお腹までハゲ!!!これは剃ったんじゃなくて
自分で舐めて抜いてしまったようなハゲ具合。。。
ん~どうしよう。
長毛の子って体のラインがわかりにくいので
慣れてる子じゃないと保護してる間
結構管理が大変。。。
だからリリースするつもりの子に入れてたんですが・・・
なれるかな・・・
この写真を撮ったときは
「何とってんだ~?」ってニャーって鳴いてくれたので
もしかしたら懐いてくれるかも。
でも正直長毛は大変。


130316_1058~05
ハゲ以外は特に問題ないようです。
食欲旺盛。
ご機嫌OK!

130316_1108~01
食後の毛繕いの写真をとったら
ベローんと長い舌。。。
耳毛が白い、胸元にもうっすら白。
女の子です。


つづいて。

キジトラ。
もしかしたら
この子TU-09かもしれないと思っていたら
別ニャンでした。。。

130316_1059~01

猫たちを区別するには
猫たちの柄で判断しますが
キジトラ同士だったり柄が同じ区分けされる中で
似すぎている子達について
キジトラならキジの位置だったり
ちょっとした違いをトコトン探すしかありません。

この子の場合、
眉毛。
130316_1103~01
09の子とは違いました。
他の番号を既につけていた子とも違ったので
新顔認定。

気の弱い部分が強くて
お腹がすいてても
他の子が食べ終わってから・・・

130316_1104~01
それか男の子なので
周囲に敵が居ないか・・・
見張り番してたのかな。

一応この子は別ニャンと判断したので36匹目とします。

【TU-36】キジトラ
オス
生後1年くらい
人馴れ・・・可
ビビリですが慣れると思います。
130316_1106~01


続きまして。
三毛のTU-04さん。
この日はあまり食べず。
といっても食べる量は普通の健康的な猫さんの1回分の摂取量としては
多いとおもいますけど。
130316_1058~01
前夜に語り明かしたじゃないの。。。
あんなにお話したじゃないの。
ちょっとナデナデしたら
シャーっていって
でもご飯は食べる・・・。
お腹に赤ちゃんいるから
いっぱい食べないとね。。。
でも、この子あと1ヶ月くらいは出産しないと思うので
(予定は4月中旬を予想)
今月保護したいとも思っています。。。

ただ予想以上に
健たちの入院費用が掛かってしまい
正直厳しいですが・・・


さてこちらのTU-11ちゃん。
この子は今月保護したいと思っています。
妊娠している可能性が低いのと人馴れが早そうなので。
130316_1103~02
良く食べます。
ナデナデも出来ます。
ちょっとだけね。。。
130316_1058~02

前回会ったときよりやせていました。
給餌者さん来なくなったとか・・・?まさか。



こちらのTU-17くん。
この子はTNRでいいと思います。
元々気が弱いのですが
TNRは最後でいいかなと思ったり。
130316_1100~01

この子を先にTNRしちゃうと
力関係が更に弱くなって追い出されてしまうことが心配なので後回し。。にしたいと思ってます。
130316_1058~03




保護したい子は
オスTU-01、
メスTU-02(今週中に出産しそうですが・・・)
メスTU-04(来月中旬には出産かも)、
メスTU-05(来月中旬には出産かも)、
メスTU-08(来月中旬までに出産)
メスTU-11
オスTU-13
オスでTU-22

保護で治療優先の子は
メスTU-18
メスTU-23
メスTU-30です。

TNRを早急にしたい子は
TU-24、25、26、27、28、32です。

そのほかの子たちは捕獲次第検討して・・・と思っていますが
どちらにしても費用が無いので現在手を出せません。
近隣交渉と給餌をして
捕獲が開始できる状態になるまで・・・なんとか
しのぐしかできません。


この現場のTNR費用や保護費用は
30万以上掛かります。
それはわかっているので
その費用は集まり次第現場対応開始と思っていますが
現状では相当厳しいと思っています。

寄付金を待ってる間に
生まれてしまう命もあるでしょうし
そうなる前に保護したい・・・
産ませるために保護となる場合も頭に入れつつ・・・
でも極力そうならないようにしたいけれども・・

自分から積極的にご飯に顔を突っ込んでくれない子は
たぶん生きる力が弱いです。
なのでそういう子は
TNRにするのは辛いです。
でも受け入れられる子は
里親探しが出来る可能性がある子だけ。
シェルターが無いので
どこかで線引きしなければ
共倒れです。。。

どうかお力添えをお願いいたします。

出来る限り、人馴れしている子は早く保護したいと思ってます。
01、11、13は今月中に保護したいです。
宜しくお願いいたします!

オス2匹、メス1匹なので
4万5千円くらいあれば
3匹の保護が出来ます。
宜しくお願いいたします!!




3/16情報更新

新顔です。
【TU-35】
キジ白
尾長
雌雄不明(オスっぽいけどメスかも?)
かなり痩せている
人馴れ微妙(ビビリなだけかも)
背中の白斑がZっぽい柄
130315_2112~03
130315_2112~02
130315_2111~01


昨夜出てきたのはTU-02のキジトラ♀、
130315_2053~02
お腹のサイズが一気に大きくなりました・・・
これは1週間以内に出産してしまうかも・・・
保護が間に合わないかもしれないです・・・


TU-04の三毛、
130315_2054~02
こちらもかなり大きくなってきました。
人馴れもスムーズにいけそうです。
あまり近づきすぎるとシャーと言いますが
話しかけていると
警戒心を取ってくれるので
保護を目指したいです。
2週間程度で出産すると思います。


TU-05の三毛、
130315_2057~01
こちらもあと2週間程度で出産と思いますが
風邪を引いています。

TU-09のキジトラ♀、
130315_2056~01
こちらもお腹が大きくなってきました。
2週間程度で出産かも。


TU-14、
130315_2114~01
このビビリくんは
性格は良いので保護にしたいです。

TU-22のボス、
TU22.jpg

TU-22のボスはナデナデしたら触れました。
でもゴハンに集中してるときだけかも。
お尻さわるとシャチホコになったので
案外なれるのは早そうです。
性格も温厚ですし、保護したいと思います。


そしてTU-20の長毛三毛
130315_2102~02
かなりのビビリですが、相当飢えていたようで
給餌のタイミングに姿を現すことがなかなかありませんでした。
ガッツガッツ食べていました。
怖がりで、たぶんメスだと思いますが
リリース・・・かな・・・・。
できれば保護したいけれども
怖がりさんです。

17日、健と雅の退院、ユキナの手術が終わったら
この現場対応を早急に対応使用と思っています。
月内3匹保護を目指して・・まずは3匹・・・
費用があればもう少し・・・・

あれもこれもと
お願い事ばかりで本当に心が痛いですが
ここはどうにもこうにも・・・・
お力添えいただけた分だけ保護やTNRとなる状況に
なってしまいます。

どうか、35匹に増えた子達の
不妊手術費用、保護費用、どうにかお願い致します。

近隣の給餌者も確認取れました。
交渉に向かいますが費用捻出は厳しいと思います。
リリースした子達の管理をお願いすることになると思いますが
どうか、お力添えお願い致します。

35匹の子達のうち、どれだけの子を保護し、
どれだけの子をTNRになるかは予定がまだ決まりませんが、
どちらにしても30万以上の費用が発生するのは確かなので
どうか力を貸して下さい。。。
よろしくお願い致します。





4/23情報更新
29番TNR実施しました。
メスだと思っていたらオスだった。。。

長毛系の子は雌雄判別が難しいです。。
てっきり女の子だと思っていたのに。。。
長毛でタマタマが隠されていたなんて。。。

今回の保護及びTNRの件で
堕胎処置になっていることについて説明させてください。

当会では妊娠猫は通常堕胎処置です。

それはなぜか。

1.産むことのリスク。
2.生まれた後のリスク。
3.医療行為に対するリスク。
4.保護することのリスク。
5.譲渡までのリスク。


この4つが主な理由です。

1つめ。
産むことのリスクについてですが・・・

猫は比較的安産といわれています。
それでも初産の場合は早産だったり難産だったり死産が多いです。

早産や死産、難産が原因で保護した猫が死亡してしまえば保護する意味が無いと思っています。

人間だって出産で命を落とします。
出産は命がけです。
比較的安産な猫ですら命がけなんです。

だから「お腹に居る子を殺す(堕胎)なんて!ひどい!」って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
母猫の命優先で保護をするという観点から妊娠猫は堕胎としています。

特に野良猫のお母さんは保護するまでの間の食生活は不明です。
そして大体の野良猫さんの栄養状態はよくありません。
妊娠中のお母さん猫のほとんどが
胎児に栄養を吸われてしまうので非常に体調がよくないです。

野良猫さんは年齢がどのくらいか、どうやって生きてきたのか。
正確な情報はほとんどありません。

過去の疾病状況、遺伝的情報もありません。

ブリーダーさんが繁殖させている猫とは違うので血統書もありませんし
妊娠猫さんのお腹の中にいる赤ちゃんの父親だって1匹とは限りません。
猫は交尾排卵です。そのため1度の出産でうまれた子猫すべて父親が違うということもありえるのです。
そして目で見えない先天性の疾患がある猫だって居るのです。

妊娠猫さんは保護してすぐ血液検査やワクチン、駆虫ができません。
相当人なれしている猫じゃなければ血液検査できませんよ。

それでも無理して血液検査して興奮させれば早産してしまう可能性だってあります。
捕獲器に入って病院に搬送され、捕獲器の中で出産してしまった例もあります。

血液検査でエイズキャリアだったら?白血病キャリアだったら?

白血病キャリアだったら流産が多いですし
無事に生まれても子猫は母子感染で白血病キャリアの可能性があります。

白血病キャリアの子、エイズキャリアの子の譲渡が難しいのは
皆様ご存知かと思います。


妊娠期間が63日前後と短い猫さんにとって
保護した子を出産させるリスクというのは非常に大きいと思います。

もともと管理されていない猫さんに出産させるリスク。

飼われて管理されてる猫さんだって
産後死亡してしまう子だって居るんです。



2.生まれたあとのリスク
無事に生まれたとしても
母猫が育児放棄してしまえば生まれた命は死んでしまいます。

産後母猫が死亡したら残された赤ちゃんたちを育てるのは人間です。

2~3時間おきのミルク、排尿、排便、体温管理、
さまざまな事柄を母猫の代わりにしなければなりません。
その環境が整っていないのに産ませることは
生まれても死んでしまう乳飲み子が出てしまう可能性だってあるのです。。。


3.医療行為に対するリスク
妊娠猫を保護したら駆虫はできません。できてもフロントラインくらいでしょう。
そのため先住猫が居たり、保護猫がいる場合、医療行為を行っていない猫と接触させないようにするにはとても大変です。

外猫さんのお腹の中には条虫・回虫などが居ます。
また、今回チョコちゃんで大慌てしたFIPなど感染症を保有している猫さんだった場合、
パルボウイルスのキャリア猫さんだったら?

多くの命を預かっているボランティアさんだったらご存知かと思いますが
命を受け入れるリスクというのは非常に大きいのです。。。

出産が原因でFIP発症となったら?

不安をあげればキリがありませんが、可能性はゼロじゃないのです。。。
飛まつ感染する感染症でも、絶対に感染しない!と断言する獣医さんがいるなら教えてほしいです。。。


4.保護することのリスク。
たとえばTNR現場で妊娠猫さんが居るとします。
保護して出産させて、産後リリースすればいいというご意見をいただくこともありますが
人なれしていない猫さんを扱うというのは非常に危険が伴います。

人なれしていない猫さんの扱いはとても危険です。
噛まれる、引っかかれるのは当たり前。
場合によっては噛まれて感染症になってしまうことだってあります。
腫れ上がって入院したり、手術したり、外科的処置が必要なときもあります。

妊娠猫さんは非常に気が強く、
攻撃性が強いのです。

そして産ませてからリリースとなる場合、
攻撃性のある猫を病院に搬送するまでがまず大変。
病院側も凶暴な洗濯ネットに入っていない子を
手術させるまでの間に怪我してしまう可能性があるので
捕獲器に入ってる常態で沈静させますし
病院側から断られる事だってあります。

産ませる=一度ケージに入れることになります。
産後手術=病院に搬送させる必要があります。

誰が病院に連れて行くのか。

ボランティアさんです。

ボランティアさんが洗濯ネットに入れて病院に搬送です。
洗濯ネットに入れるのだって大変なんです。。。

私は洗濯ネットに入れるまでの間の事故は数回あります。
めっちゃくちゃ血がでますし傷口も深いです。

子猫でこれですから大人猫ならもっと大変でしょうね。

我が家の楓斗のお母さんに噛まれたとき(術後自宅のケージから脱走してしまい捕獲するはめに・・・)は
指がちぎれるかと思いましたよ。。。。

それにね・・・
猫さんは基本的に人間を傷つけたくて噛んだり引っかいたりするわけじゃないのです。
危険を感じて攻撃するだけです。
本当はそんなことしたくないんですよ。。。
つまり人なれしていない猫さんにとって
人間は敵なのです。
相当の恐怖があって攻撃してくるのです・・・

だから相当のストレスを受けると思っていただいていいでしょうね。。。

そのために妊娠している猫さんでも
人なれしていない場合はTNRで
少しでも不安な時間を少なくしているのです・・・

産ませてから捕獲でいいじゃん!っていう方も居ます。

産ませてから捕獲でもいいかもしれません。

しかし産んで育ててる間の母猫は栄養を十分に取れません。
1度に2~8匹産むお母さん猫。
1日に必要なカロリーは外猫さんの生活ではなかなか得られません。

生後1ヶ月くらいになった子猫は元気に走り回ります。
その途中で母猫が交通事故で死んだり、
子猫も交通事故で死亡します。
またカラスに攻撃されて負傷したり死亡します。

せっかく生まれた命でも
ジワジワとカラスに殺されたり、
ハクビシンの餌になったり
交通事故で死んだり
生き抜くのは大変なのです。。。



5.譲渡までのリスク
人なれしていない子は里子に出すことは非常に厳しく
終生飼育シェルターを保有していない当会にとっては(個人ボランティアさんもそうですが)
多頭飼育崩壊の危険性が高くなります。

里子に出せる可能性がある子は人慣れしている生後3ヶ月くらいまでの子猫です。
しかし成猫となると話は変わってきますし生まれつきのキャリアの子だったら譲渡率は下がります。

人なれしていなくても子猫は比較的里親さんが見つかります。
それでも生後半年になると一気に譲渡率が下がります。
1歳になれば更に譲渡率が下がります。

人なれできていない子を長期保護継続し、里親探しをするということは
それだけ多くの時間と手間をかけられなければなりません。

新しい家族が見つからなければ
長い時間を預かり宅で過ごします。

満員だった場合
緊急の受入要請があっても
お断りしなければならない状況に陥ります。
救いたい命があっても救えない状況に陥るのです。

もし保護主さんが「育てられない」といって保健所や警察、神奈川県動物保護センターに連れて行ったとします。
そうすれば「殺処分」が待っています。

センターから引き出しをしてくれるボランティアさんも居ますが、
常にこの時期は引き出しボランティアさんは満員状態です。
睡眠時間を削って乳飲み子の世話をしてくれています。
センターが満員だった場合
即日処分ということもあるそうです。

またセンターでパルボが出れば
処分されてしまいます。
引き出しもできません。


センター行きを阻止するために万が一当会で受け入れたとしても
崩壊の危険性が常に付きまとい
崩壊の危険度がUPするのです。


無理して受け入れたことにより
感染症のリスクも上がります。

助けたはずの命を
感染症で殺すことにもなりかねない。

だから安易に保護できないし
安易に産ませることはできない。

かわいそうだからという理由で安易に増やすことは
できないのです。

現在当会で長期保護になっている子はポルテ、モコ、愛、幸、未来、芽衣、希、月、光、雅、健です。
この子達の命を優先して譲渡したくても
やっぱり子猫から家族に迎えたいと考える人が多い中で
成長してしまった猫たちは
譲渡率が下がります。


成猫の魅力を伝えられないのは
私の力不足ですが
実際に成猫を希望される方はほとんど居ません。
子猫居ますか?
そう聞かれることが多いのが現状です。

更に高齢化社会。

若い方が減る一方の世の中で、
不況のあおりを受けて
飼育放棄も相次いでいる現状があります。

高齢になって子猫を飼ったけど
元気すぎて手に負えなくなったと
外に捨てる人も居ます。


本心は堕胎なんてしたくないです。

でも保護している猫たちを守るため、
母猫を守るため、
今生きている猫たちを守るため
堕胎という方法しかできないのです。。。

多くのボランティアさんが
心を痛めて
多くのボランティアさんが
涙を流している現実を
知ってほしいです。。。。


殺したくて殺しているボランティアさんは
居ないと思います。

TNRだって本当はしたくないですよ。
できればすべての子を保護したい。

でもそれができない現実があるのです。

全国にいる多くのボランティアさんが
この葛藤の中で活動しているのです。

現場に行けば
きっとわかると思います。

どれだけの葛藤の中で
命に対して線引きをしているのか・・・

これはセンターから引き出しをしているボランティアさんも同じだと思います。

引き出しをする子達を選ぶという行為に
心を痛めている引き出しボランティアさんが居ることを知ってほしい。。。

心を痛めながらも必死で活動してくれているボランティアさんを減らすためにも
飼い主さんが遺棄をしないこと、
飼育放棄しないこと、
飼い猫には不妊手術をすること、
完全室内飼育をすること、
野良猫に餌を与える場合は
不妊手術をしてから。

これが守られれば
多くの命が救われて
多くのボランティアさんが
涙を流さなくてすむんです。。。


じゃぁなぜ今回桃富と都々と美奈を出産させるの?って?
医療費と現場対応の限界だからです。

桃富は手術をしてリリースする予定でしたが
予約した日に出産してしまいました。

美奈と都々は里親探しをします。
しかし堕胎費用の捻出が厳しいです。
保護する猫たちは提携病院での手術を行っています。
手術して眠っている間に駆虫、つめきり、血液検査などの医療行為を行っています。
しかし手術だけ費用の安い病院でやって駆虫や血液検査などを提携病院で行うとなると2度も沈静かけなければならなくなります。それは体に負担がかかります。そのため出産に切り替えました。

矛盾だらけの動物愛護かもしれません。
その矛盾から開放するには
動物愛護法の改正と
遺棄する人間を無くし、
無責任な給餌を無くすことではないかなと。。。

さまざまな活動がある中で
多くの人が
その矛盾の中で活動しています。

堕胎させてることを公にしないボランティアさんも居ます。

私はすべてを公表して
現実を多くの方々に知ってもらいたいと思っています。

私の性格ですから・・・うそついてまで活動できませんよ。。。

何が正しいのか
答えが明確ではない活動で
苦しい思いをしている方々が多いのです。。。

長文でごめんなさい。

TNRをしているボランティアさんの多くが
妊娠猫さんの扱い方で
非難されているのを多く見かける時期なので
あえて掲載しました。

不快に思われる方がいらっしゃるかと思います。
申し訳ありません。

しかし
これが現場の現実です。




TNR予定でまだTNRで来ていない子は
10(オス),14(オス),18(メス),20(メス),21(雌雄不明),
24(メス),25(オス),26(オス),27(オス),
30(オス),31(メス),32(オス),34(雌雄不明)

急いでTNRをしたいメスは20番と24番ですが
24番出産済みとして考えています。
20番は今朝も捕獲を試みましたが残念ながらできませんでした。
今夜までに捕獲できるかどうか・・・

31番は妊娠していたとしてもまだ妊娠1ヶ月程度だと思います。

残りはオスだけになるので、26日に一斉に捕獲できればなと思ってます。

2番と15番の子は
まだ姿を見せてくれません。
どこに消えてしまったのか・・・


今月中TNRを終わらせたいと思っています。
必要費用は雌雄あわせて75,000円です。

また保護している富実の不妊手術を27日に行います。7980円かかります。
富実丸の点滴と採尿と検査と投薬、呼幸実の点滴、チョコちゃんの点滴、
富実丸、八丸、静香、富々の3度目の駆虫があります。

お力添えお願いいたします。

4月22日現在寄付金総額

(姓・名の順です)
O・S様 5,000円
Y・Y様 5,000円
パッチ&プッチ里親様 3,000円
I・S様 1万円
H・Y様 1万円
S・K様 1万円
熊野算数教室様 1万円
O・T様 5,000円
現場お散歩中の方1,850円
T・Y様 3,000円
㈱ecomo様 2,202円
K・A様 2万円
F・N様 1万円
M・S様 1,510円
M・K様 2万円
池田様 2,000円(お名前の読み方がわからなかったので苗字を記載させていただきました)
真由美様 1,000円(読み方がわからなかったのでお名前を記載させていただきました)
S・M様 1,000円
H・Y様 1万円
S・F様 3,000円
匿名希望様 1万円
H・Y様 1万円
S・F様 3,000円
T・T様 5,000
匿名希望様 3万円
T・M様 3,000円
O・T様 2,000円
N・C様 5,000円
M・H様 2万円
U・M様 5,000円
K・R様 5,000円
M・H様 2万円
W・T様 2万円
G・F様 4万円
Y・S様 3,000円
オーガニック移動カフェhonobono号様 1,000円
S・Y様 1万円
一郎・駆丸里親様医療負担金 28,146円
__________________
合計 333,708円

【3月30日支出医療費52,530円】
3月30日
4月3日 チョコ・・・点滴 1,510円
4月5日 チョコ・・・点滴、肝臓血液検査 9,195円
4月5日 フミ・・・血液検査、風邪治療、ドロンタール 5,670円
4月6日 一郎、駆丸、トミー、静香、富々・・・3種混合ワクチン、ドロンタール2回目 18,185円
4月7日 富実丸・・・点滴、注射、投薬 3,610円
4月7日 呼幸実・・・点滴 インターフェロン・・・5,400円 
4月8日 呼幸実・・・血液検査、エイズ白血病検査、FIP検査、点滴、注射 15,390円
4月8日 富実丸・・・採尿、検査、点滴 3,400円
4月9日 呼幸実・・・点滴、エコー検査 5,270円
4月10日 富実丸・・・ストルバイト治療薬 1,300円
4月10日 呼幸実・・・点滴・注射 2,685円
4月12日 富実丸・・・点滴 1,510円
4月12日 チョコ・・・点滴・肝リピドーシス治療薬 4,155円
4月12日 呼幸実・・・点滴 1,510円
4月13日 静香・・・注射 2,100円
4月13日 八丸・・・去勢手術、血液検査、爪きり、駆虫 9,915円
4月14日 16番、17番、33番、38番不妊手術・ノミ駆除 28,000円
4月16日 富実丸・・・ストロバイト結晶治療薬 2,180円
4月18日 3番、28番・・・不妊手術 14,000円
4月19日 チョコ・・・血液検査、肝治療薬 6,425円
4月19日 呼幸実・・・血液検査、風邪薬 4,550円
4月19日 チョコ精算金(3/10実施不妊手術、血液検査、ドロンタール、フロントライン) 13,100円
4月19日 チョコ精算金(4/9実施点滴、注射、肝治療薬5,270円)
4月19日 チョコ用a/d缶4缶 1,560円
4月19日 富実丸精算金(c/d缶、c/dドライフード代 4,818円)
4月20日 富実丸フード(c/d缶10缶、c/dドライフード500g×5袋)7,350
4月22日 29番去勢手術 5,500円 
__________________
合計 235,988円


4月18日現在残金97,720円




3/15情報更新


ユキナの預かりさんから連絡が来まして。

新顔。

【TU-32】

茶白オス。どうみてもオス。
短尾。
どすこい顔。。。。
TU-32
ムッチムチです。。。。


【TU-33】TU-33
キジトラ
尾長
雌雄不明
かなり高齢かもとのこと。

【TU-34】
画像準備中
現場に今工事で入っている方からの情報です。
猫好きさんなので、色々面倒見てくださっています。
TU-14とは別の白系猫がきたとのこと。


オスでリリース予定の子だけでも
TNRしてしまおうか・・・とも考えています。

なぜかというと・・・

TU-23の子、怪我をして発見されました。
首のところ。
TU-23
ハゲ・・・?
いや、抜かれたのか・・・

たぶん交尾のさいに
噛まれてしまったんだろうと思います。
この子、オス猫3匹に囲まれてオロオロしていたのを
先週ユキナの預かりさんが目的しています。
TU-23-2
つまりこの子もメスなんだろうと・・・

ん~本当にこれだけ居るとどうしていいのか・・・

どちらにしても保護・TNRは17日以降から開始します。
お金・・・足りないです・・・

お願いします。
力を貸してください!!

もうすぐ生まれてしまう子達も居ます。
更に増えてしまうと
本当にどんどん医療費がかさみますし
間に合わなくて生まれてしまえば、
保護になります。
その時は子猫にも医療費が掛かりますので
食い止められる子達は・・・食い止めたい・・・

保護するにも医療費が足りないので
お力添えをお願いいたします!!

あっちもこっちも・・・寄付を!とかカンパを!とか、ご支援を!って
申し訳ないくらいに掲載しています・・・
情けないですが・・・
ここまで酷い状態になることは今までありませんでした。

過去に例の無い状況になりました。

もうしわけありませんが
宜しくお願いいたします!




3/13情報更新

TU-07の子、保護し、不妊手術、血液検査、ドロンタール、フロントラインを実施しました。

残念ながら血液検査で白血病陽性反応が出ました。
隔離して保護しています。

長毛チビ
少し怖がって居ますが、
既にナデナデOKだそうです。

私自身が、保護に立ち会えず
今回はすべて預かりさんに託しました。
手術をしたどうぶつ病院も
預かりさん宅の近くの病院です。

体重などのデータは改めて預かりさんに確認してきます。



11日の夜、現場視察をしてきました。

TU-22のボス、
人馴れ厳しいかと思われたキジトラTU-08、
三毛TU-04が仲良くご飯を食べてくれました。


130311_1921~01

TU-08はメスで現在妊娠中が確認できました。
(たぶんTU-08だと思うんですが違ったらごめんなさい。暗闇で判別難しく・・・・)

とても好奇心旺盛で
ササの葉をおもちゃにして
遊んでもらいました。。。
遊んでくれました。。。
お腹重いのに。。。
130311_1951~02130311_1950~02


この子はTU-05の三毛さん。
妊娠中です。
130311_1949~01

こちら、画像が荒くてごめんなさい。
近づくと逃げるので
写真撮り難い・・・
茶トラのオスとクロキジの雌(短尾)です。
クロキジのメスはTU-24で、
茶トラのオスはTU-27の子。
130311_1939~01
茶トラはクロキジにしつこく追いかけ
発情期特有の鳴き声で鳴いていました。
TNRしたい・・・茶トラは・・・早急に・・・
このクロキジ妊娠していると思います。


こちらはキジトラメス。
たぶんTU-02ちゃん。
一時期行方不明になっていたので
出産してしまったかも・・・とハラハラしていましたが
お腹はパンパン。
まだ産んでいなかったです。
130311_1921~04
この子もササの葉じゃらしで遊んでくれました。
みんな幼い面が強いのに
妊娠しています。。。
今はどうにも出来ないので
とにかく出産してしまった場合のことを考えて
高カロリー、栄養価の高いフードを与えています。
妊娠中じゃなくてもこの寒暖の差が激しい中で
ご飯をいつもらえるかわからない条件の下で生活している子達。
まだまだ寒い日もありますので
今出来ることをしてあげたいと思っています。

130311_1949~03
食後には車のしたで暖をとる・・・
この日も寒かったです。
夜7時半過ぎ。
日中の暖かさは消えて
冷たい空気が入り込んでいました。

こちらはTU-09のメス。
頭部の渦巻き柄が違うので02の子じゃないのがわかります。
こちらも妊娠中。
130311_1924~01

お腹がいっぱいになると
爪とぎをしてココに座るのが癖なのかな。
TU-04とTU-14
130311_1946~01
実はこの2匹もササの葉ジャラシで
遊んでくれました。
意外と慣れるのは早いかもしれません。

こちらの黒中毛(胸元に白)はTU-29です。
とてもビビリです。
茶トラに追いかけられていたから
メスなのかも。
130311_1924~02


みんなお腹いっぱいになって
私に対して警戒心が薄れてきたときに
猫同士の関係を見ると
TU-22のボスは
TU-14の白のオスに冷たいけれど挨拶はしてくれる。
それ以外の子達は比較的仲良しです。

保護するにも白血病の子が出てしまったので
色々問題が多い現場になりそうです。

他の子への感染が心配です。。

雅と健の退院後、
どれだけ寄付金が残っているかで
保護できる頭数が変わってきます。

できるだけ
懐こい子やなれる可能性の高い子たちは
保護したいです。
限界はありますから
給餌者さんと協力し合って
TNR後の対応を
どの程度していただけるのか
それにもよります。

ここがこれ以上猫捨て場にならないように。。。
どうやってこの現場を改善するのか。。。
私達だけじゃ
厳しいですが
周りの人たちが
どれだけ理解を示してくれるかによって
この子達の運命が変わってくる。
それだけははっきりしています。

どうかこの現場の子達にもお力添え頂けますようお願いいたします。



3/9情報更新


現場で新たな動きがありましたので
ご報告いたします。


まず確認した猫たちの数が追加されました。
3月9日現在31匹になりました。

しかし1匹死亡して発見されている子が確認されました。


それと、現場で今日ユキナの預かりさんが視察対応に行ってくださっていたのですが
「除草剤か農薬を散布している」との情報が入りました。


上記3つの件についての詳細は下記の通りです。

死亡した猫は
子猫でキジ白・・・


しかしどの子だったのか
未だにわかりません。

何故かと言うと、
足だけ残っていてあとは残骸になっていたらしいのです。
埋葬してくださった畑のお婆ちゃんが教えてくださいました。


私の推測では
たぶん。。。
私が一番早く保護したいと思っていた
キジ白の子猫です。
そう。TU-06番の子。


この子は、私が最初に視察した日、
初めて会ってそれが最後になりました。


行方を捜していましたが
見かけた方はいませんでした。


一番人懐こくて
一番小さくて。
すぐ保護したかった。
でもできなかった。


給餌者さんが里子に引き取った子がいると聞いていたので
あの子であってほしいと願いましたが
違ったようです。


亡骸はお婆ちゃんが梅の木の下に埋葬してくださいました。
足と毛皮だけになっていましたが・・・


お婆ちゃんは現場で畑をしている方で
農作物が猫たちに荒らされているそうです。
でも売り物じゃないから・・・と
猫たちを見守ってくださっていました。


埋葬してくださって
ありがとうございます。


カラスにやられたか何かで
酷い状態だったようです。
人の手によって・・・では無いと思いたいですが・・・
埋葬していただいたのに掘り返すわけにもいかないので
真相はわかりません。


でも。
なんとなく。
あの子だろうと。。。。



そしてもう1つ。
除草剤か何か、散布しているところに出くわした預かりさんが
伝えてくれたのは
その農薬らしきものの散布場所。


猫たちがくつろいだり
色々な人たちから餌をもらっている
その場所に散布していたのです。


現場には
水を得る場所がありません。
そのため
溜まった雨水を飲んでいます。
雨水といっても泥水みたいなものですが・・・


その水にも容赦なく掛かっていたそうで
猫達の身の危険を感じた預かりさんは
1匹でも早く保護したいと連絡を下さいました。


捕獲器は1台預けてあるので
1匹は保護できるけど
今費用が無いので
正直きついのです。


だからといっても放置できる状態じゃないですし
今日明日私が身動き出来ないので
預かりさんに託しました。

どの子が保護されるのかわからなかったけれども
最終的に預かりさんが
保護したいと思っていた子を保護できました。


明日写真と同時に様々な情報をUPしようと思います。

今のところの情報は下記のとおりです。

保護されたのは管理ナンバーTU-07の子猫です。
長毛チビ

現在病院に入院させて
不妊手術を実施します。
※この子は藤沢市内の病院へ搬送しています。




そして新たな子たちの情報です。

【TU-29】
中毛黒(胸元に白のワンポイントあり)
雌雄不明
尾長
人馴れ具合不明

image_20130309212710.jpg


【TU-30】
キジトラ系長毛
雌雄不明
尾長
人馴れ具合良好
高齢との情報あり
この子は当初飼われていた子で
給餌者がいう飼い猫というのはこの子が該当している可能性があります。
キジ長毛

【TU-31】
キジ白
雌雄不明
尾長
人馴れ具合不明
キジ白



以上31匹です。
内1匹死亡で30匹になりました。


行方不明になっているキジトラのメス2匹、
出産済みと思われます。
キジ三毛の子も出産済みかもと
預かりさんから連絡がありました。

農薬散布の関係で
子猫たちが無事に育つか分かりません。。

また、今いる子達も
何らかの影響が出てくるかもしれません。

早急に保護を急ぎたいと思っていますが
資金の面で
雅たちの退院に伴う費用が足りない状態なので
今保護が出来ない状態です。

保護となれば
医療費が発生しますので
そこがネックになっています・・・

この現場、
茅ヶ崎市にも情報を提供し
なんとか対応できる部分が無いかどうかも検討していただいています。

地域猫導入についても
お願いしましたが
自治会がまだ
そこに進むためには
厳しい状態だというご返答を頂きました。

この現場は
複雑すぎて私もまだ情報収集をしなければ
ならないと感じている現場です。

給餌者さんから
もっと色々な情報を教えてもらって
対応したいと思っています。

1つわかったのは
飼い猫であるのは正確な情報なようです。

ただ、
飼い猫であったのか
飼い猫であるのか
そこがまだ不明です。

もともとの飼い主と思われるかたは
現在行方不明だそうです。

その方の所在が分からない以上は
捨てられたと判断して進めたいと思っていますが
費用の面、現場の状況、まだ確認しなければならないものが
多すぎて。。。

もう少し時間が必要ですが
取り急ぎ人馴れしている3匹だけは保護したいと思っています。

死亡した猫が
人為的なもので命を落としたのか
それとも
別の事が原因で
命を落としたのか。

もし人為的なもので命をおとしたのならば
人馴れしているこの3匹を
早急費保護しなければならないと思っています。

そのためにも
時間を見つけて現場にいって
なんとか
この現場対応を
スムーズに出来るようにしたいと思っています。

どうか、この子達の保護に向けてのお力添えいただけますようお願い致します。


3/5情報更新

改めてこの現場の猫達を整理中です。
3月4日現在29匹の猫を確認しています。

当会設置の掲示物を見て餌やりさんから電話がありました。
しかし。

「あれは飼い猫」だと主張されました。

しかし飼い主はあっちがわに住んでる人という情報だけで名前やどこの人かわからないそうです。

餌やりさんはあの現場から3匹の猫を引き取ったそうです。

飼い猫なのに勝手に取ったらだめじゃないのかなぁ・・・と思いつつ
情報提供のお礼をお伝えして電話を切りました。

餌やりをしている理由は
猫達がイタズラしないようにってことらしいですが
毎日給餌しているわけじゃなく
2~3日に1度です。

で、
「手術をするのは飼い主がやればいい!」
「自分はかわいそうだから与えているんだ!」
「命を粗末にしたらダメだろう!」

ってことで
「あの子達を野良猫扱いするな!」

ってものすごいお怒りの電話を頂きました。


毎週月曜日に給餌に来ている犬の散歩をしてた人と接触できました。

毎日は無理だそうです。

色々な方々に聞き込みをして
「あの子達飼い猫らしいんですが・・・」というと
「んなわけない。あれは野良猫だよ。飼い主なんて居ない!」って方ばかり。
私と協力メンバーさん二人、手分けして総勢30人近い付近の方々に聞き込みをしましたが
飼い猫だと主張するのは餌やりさんだけでした。

現在10匹のメス、10匹のオスが性別確定しています。
それだけでもTNRの場合15万以上の費用が発生します。

この中で10匹は保護する予定なので更に10万円。
雌雄不明な子が全部オスだとしても30万オーバー。
メスも含まれていれば40万オーバの現場になります。

さすがに、これは厳しいです。

なので、市と自治会でなんとか出来ることをしてほしいのですが・・・

これ丸投げ案件になると正直破産です。
申し訳ないですが現状で保護及びTNRは手を出せません。

既に出産しているであろうキジトラ、三毛は
あと3週間程度したら子猫を連れて出てきます。
現場はカラスも多く、生まれた子猫たちがさらわれる可能性もあります。

雅と健の医療費すら皆様の力を駆りあければならない状況なのに
この現場正直きついです・・・
かといって放置も出来ません。

ひとまず、個体情報をUPします。

≪生後3ヶ月~11ヶ月程度の子≫

【TU-01】
キジトラ
オス
尾長
人馴れ良好(ナデナデできます)

TU-01.jpg
TU-01-2.jpg



【TU-02】
キジトラ
メス(現在妊娠中)
尾長
人馴れ可(怖がりだけどもう少しでナデナデできそう)・・・現在行方不明(出産している可能性あり)
TU-02_20130305142523.jpg
TU-02-2.jpg


【TU-03】
キジ白
雌雄不明
尾長
人馴れ厳しい(怖がりで3m以上近づけない)
TU-03-1.jpgTU-03-2.jpg


【TU-04】
キジ三毛
メス
尾長 
人馴れ可(少し怖がりですが徐々に慣れそう)
妊娠中
TU-04.jpg


【TU-05】
キジ三毛
メス
尾長
ビビリ
TU-05-02.jpgTU-05-01.jpg

【TU-06】
キジ白
雌雄不明
尾長
人馴れ良好・・・現在行方不明
TU-06.jpg


【TU-07】
長毛サバ白
雌雄不明
尾の長さ不明
人馴れ度不明・・・現在行方不明
TU-07.jpg


【TU-08】
キジトラ
雌雄不明
尾長
人馴れ厳しい
TU-08.jpg


【T-09】
TU-09.jpg
キジトラ
メス
尾長
人馴れ度微妙(時間をかければ懐く)・・・現在行方不明


【T-10】
キジ三毛
尾の長さ不明
メス
人馴れ具合不明
TU-10.jpg



≪11ヶ月位~成猫≫
【T-11】
キジ白(背中の腰あたりに白斑)
メス
尾長
人馴れ度良好
TU-11.jpg
TU-11-2.jpg


【T-12】
キジ白(背中の真ん中に白斑)
メス
尾長
人馴れ不可(相当ビビリ)
現在妊娠中
TU-12.jpg


【T-13】
キジトラ
オス
尾長
人馴れ良好(すりすり甘えん坊)
顔がデカい。
TU-13.jpg



【T-14】
白ベースの黒またはグレー斑
オス
尾長い
怖がり
TU-14.jpg


【T-15】
三毛柄
メス
尾長
妊娠中
人馴れ具合厳しいが徐々に慣れそう
※画像準備中


【T-16】
中毛黒
メス
尾長
人馴れ可(時間をかければ大丈夫)
TU-16.jpg
TU-16-02.jpg


【T-17】
白サバ
オス
尾長
ビビリ
TU-17.jpg
TU-17-02.jpg

【T-18】
白サバ
メス
尾短鍵尻尾
風邪ひき中
人馴れ可(内臓疾患があると思われ)
TU-18-02.jpgTU-18.jpg


【T-19】
キジ白
雌雄不明
尾長
口元柄あり
人馴れ可(時間をかければ慣れそう)
TU-19.jpgTU-19-02.jpg


【T-20】
長毛三毛
雌雄不明(たぶんメス)
尾長
人馴れ具合不明
TU-20.jpg
TU-20-02.jpg


【T-21】
キジ白
雌雄不明(たぶんオス)
尾長
人馴れ具合不明
目が鋭い
TU-21.jpg

【T-22】
サバ白
オス
たぶんボス?
尾長
人馴れ厳しい
TU-22.jpg
TU-22-02

【T-23】
茶系キジ白
雌雄不明
人馴れ不明
尾の長さ確認中
TU-23.jpg

【T-24】
キジトラ
たぶんメス
尾短
ビビリ人馴れ不可
TU-24.jpg

【T-25】
黒に白斑
オス
尾中ぐらい
人馴れ厳しい
TU-25-02
TU-25-01

【T-26】
茶白
オス
尾長
人馴れ不可
TU-26

【T-27】
茶トラ
オス
尾長
人馴れ不可
※画像準備中
【T-28】
キジ白
雌雄不明
尾長
長ビビリ人馴れ不可
※画像準備中


2/26情報更新


ユキナの保護主さんと面会した後に現場に急行しました。
胸騒ぎってやつですかね。

餌やりさんが夜着ている可能性も否定できなかったのもありますが、
夜となると別の顔が出てくると思い・・・現場に行きました。

現場に車を停車させると目の前に猫らしき姿。
あら。そんな。
まさか。

到着するやいなや
新顔登場。

130221_2016~01

どう見てもオス。
ここに住み着いているわけじゃなく
メスを求めてさまよっている感じのオスでした。

そして気配を感じて走ってきたのは妊娠中のメス2匹。
キジトラ姉妹。
130221_2017~03

焼きカツオを見せると
キラーン。。。。

他にも猫たちが出てくるかと思って
すぐに与えません。
匂いだけ。

130221_2020~03
妊娠中だとお腹がすぐにすいてしまうのもあります。
精神的にもピリピリしています。
妊娠中だからなのか、
常にこの現場は空腹に耐えなければならないのかわからないんですが
2匹とも私の手から焼きカツオを奪い取ろうと猫パンチ。

1匹が私からカツオを奪うとウーとお互いに奪い合い。
130221_2023~02
最終的に出てきたのは4匹。
他の子達はどこにいるのか。

今度は早朝に訪問してきます。

餌やりさんにあえるといいんだけど・・・



2/21情報UP

里親会で望愛の保護主さんから情報を得て現場視察してきたのは17日の午後4時半。

教えてもらった場所にいるのは10匹くらいとの事でした。

※非常に人懐こい子達だったので
場所が特定されると危険なため、
画像処理してあります。

130217_1621~01

教えてもらった場所に車を止め、2匹確認。

2匹か。
そんなにいっぱい居ないな。。。

と思ったんです。

そしたら。


130217_1621~02
130217_1621~03
130217_1624~02
130217_1624~01



10匹どころじゃなかった。。。。

ワラワラと・・・猫たちが
尻尾を立てて「ご飯きた~~~~!」と喜んで走ってくる。。。


いや、ご飯をあげにきたんじゃないんだけれども。。。
というか、君たちに会うのは初めてなんですが・・・


警戒心のケの字も無い子達がワラワラと・・・。。

130217_1621~06
ご飯じゃないのかにゃ?って言いたげな子から
ご飯は?ご飯は?って言いたげな子まで。

130217_1621~05
ご飯だろ?ご飯だろ?早く頂戴よ~!って走ってくるチビっこ・・・

130217_1621~04
この子は妊娠していると思われます。。。。
体のサイズは1歳未満です。
夏生まれの子かな・・・?

130217_1622~01
この子はオスだったような・・・
性別把握どころじゃなくて
猫たちの数の把握だけでいっぱいいっぱい・・・


130217_1621~07
付近は民家が少ない場所で
餌やりさんの特定が難しく、
聞き込み調査をはじめました。

歩いている人すべてに声をかけて
聞き込みです・・・

130217_1629~02
9名のお散歩してる方々に聞き込みをして
1人が目撃情報を提供してくださいました。
餌やりさんは老人。女性。
朝早い時間帯に餌を与えにくる。

130217_1628~01
以前餌やりさんとトラブル?になって
市に相談して餌やり禁止の看板を2枚立ててもらった。

それだけしか情報を得られませんでした。


130217_1629~01
市の餌やり禁止の看板があったので過去に市が対応していると判断し
18日に市役所に確認。
過去の対応をどのようにしたか・・・

すぐにわかり、教えてもらいました。

餌やりさんはここに住んでいる人じゃないってこと。
自治会で治安のためにも住民以外がこの場所で餌やりをするのは危険だということもあり
餌やりを禁止したそうです。

それが昨年1月のこと。

1年前。
そのときは6匹居たそうです。

なのに。
私が行ったときには
17匹はカウントできました。

しかし皆、小さいです。

そして人なれしています。

警戒心のある子も居ますが、
比較的野良っ気は弱いです。

性別を把握するためと頭数確認のため
餌を少しずつ渡しながら
数えましたが
めちゃくちゃ奪いあい・・・

ここはきっと
毎日給仕に来ていないのでしょう。

だから奪い合い。
ウーっていいながら奪い合い。

130217_1622~03
そしてこちらでは発情したオスがメスを誘惑中。
メスは受入たくないようで(たぶん妊娠中なのかも)
シャーと怒ってましたが
オスはしつこく追いかける・・・



130217_1623~02
メスは「こないでよ!!」って怒ってるんですが
オスは「いいじゃん~~!!」って追いかける・・・

130217_1623~01
この子がボスっぽいです。
この子が一番ボスの面構えしていました。
このメスとオスのやり取りを見ていたボス猫はすぐに走って駆け寄りました。

130217_1623~03
こら~~~俺のハニーに何しとる!!!って怒りました。
そして最後には3匹でメスを間に挟んで
沈黙・・・

日向ぼっこしはじめました・・・。

親子か?もしかして。
そう思う光景でもありました。

この現場はTNRをするには住民の力が必要です。
餌やりさんも毎日通ってくれないと困るのです。
そして土地の所有者に許可を得て
給仕してもらわないとダメなのです・・・

しかし、それがうまくいくかどうか。

今土地の所有者さんに市が連絡をとり
当会の掲示物を貼らせてもらえるか市が確認しているところです。

そして自治会も含み、
どういった対応をするか
できるだけ早い回答をお願いしています。

今月中には出産しそうな子が1匹。(キジトラ)
来月中旬までには出産しそうな子が2匹。(三毛とキジトラ)
メスは8匹くらい。オスは9匹くらい・・・

警戒心の強い子は5匹くらい。
比較的早く落ち着きそうな子が残りの12匹くらい。

もしかしたら警戒心の強い子がまだ他にも居ると思います。

この現場のTNRを実施した場合、大雑把な見積もりでも半分オス、メスだとして13万。
保護となれば追加で17万。
30万は超える現場になりそうです。

そんなお金、宝くじを当てないと無理です。
無料枠もないし・・・
保護先の確保も春の子猫シーズンに向けて空きを作らないと無理なのに・・・。

どうしたらいいのか。

とても難しい現場になりそうです・・・

この現場は茅ヶ崎市と協力し合って
そして地域の自治会とも協力しあってベストな解決方法を見つけなければなりません。

場合によってはTNR費用か保護費用の緊急カンパを募るかもしれません。
本当に、困っています・・・・

この子たち、この数日の寒さの中
どうやって過ごしていたのか・・・
近くに小屋もありません。
寒さをしのぐ場所がありません。
どうやって今まで過ごしてきたの???
みんなで固まって過ごしたの??

心が痛い。。。

これだけ人に懐いて
これだけご飯をくれる人を待っている子達・・・

餌やりさんの特定と同時に
対応を進めなければなりません。

情報が固まり次第、
改めてUPします。

一時預かり先の確保もします。
ご協力いただけます方いらっしゃいましたら
ご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト

| レスキュー | 02:02 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

避妊去勢が出来なければ餌をやる行為はしないで下さい、と言うことなのでしょうか、可哀想見てみぬ振りが出来ないから餌を遣る。団体でさえ避妊去勢代で苦しむのに、個人に避妊去勢を強いるのは無理だと思いますが?知人は其れで破産宣告しました。個人の餌やりさんが、猫や犬は生みません、可哀想と思って餌をやるその気持ちを考慮し、タイアップすることは出来ませんか、本当に1匹でも救いたいという気持ちがあるなら、多頭飼い、餌やり等と攻める前に、お互いに理解しあえる方向で数を減らして行く事が大事だと思います。

| 灯路世 | 2013/03/06 14:33 | URL | >> EDIT

灯路世様

コメントありがとうございます。


この現場については
餌やりさんだけで対応できるものではありません。

その為一緒にこの子達の不妊手術や保護するための話し合いをしませんか?
と掲示しています。

この現場、最初は少なかった。
個人ボランティア一人でも対応できる程度の数でした。

でもそれを怠ったために
増え続け、更にそこで給餌をするから
猫が生きていけると判断されて遺棄場所になってしまいました。


給餌をするなら不妊手術しましょうというのは
どの現場でも同じです。
給餌をしてもいいのです。

かわいそうだという気持ちは誰もが持つものでしょうから。

でも、それを快く思わない方々もいらっしゃるわけです。
だからこそ、近隣に声をかけ、この子達をどうにかしませんか?と話し合うべきのところを
かわいそうだという気持ちだけが先行して
給餌のみ行ってしまう。

そしてこの現場については土地の所有者の許可も得ずに給餌されています。

それもまた問題なのです。
一言、所有者に確認をとって給餌をするのと、
無断で立ち入りして給餌をするの。どっちが正しいのか。
それはそれぞれの価値観だと思いますが、
私が土地の所有者だったら
勝手に出入りされるのはとてもイヤだと思います。

我々は不妊手術を請け負うことは出来ません。
すべて当会でまかなえる程の資金はありません。

懐事情は個人と同じなのです。

破産するほどの活動は意味がありません。

そうならないために、
動物の遺棄を食い止め不妊手術の実施を啓発し、
手に負えなくなる前の段階で手を打てれば
不幸にも生まれてしまう子達は減りますし
もし自力での捕獲が難しい場合はお手伝いします。
捕獲から病院の搬送、リリースまですべてお手伝いしています。

お互いの価値観や考え方がそれぞれある中で目的はひとつです。

目の前の猫さんをどにかして救いたい。
その気持ちを誰もが同じように持っているから
給餌者がいるんだろうとおもいます。

でも、給餌者の目線だけで物事を判断していたら
猫嫌いさんや野良猫被害にあっている方々は放置されてしまいます。

給餌者と、猫嫌いと野良猫被害にあっている方々が
お互いに理解しあうためには
コソコソ給餌をするのではなくて
お互いに声を掛け合っていくべきではないでしょうか。

その為の方法を我々は提示し、市とも連携して
様々な角度から問題を解決しようとしています。

しかし残念ながら給餌者の中には
金は払わない。でも餌は与える。
不妊手術なんて必要ない。
そういう考えの方も居るのです。

一緒にどうこうしようなんて絶対イヤだっていう給餌者もいるのです。

給餌者にとって、ボランティアが口をだすというのはとても不快なものなのだろうと思います。

この子達に不妊手術をして、
人馴れしている子達を保護して
少しでも数を減らそうという気持ちを持っているならば
もう少し柔軟な対応をお互いにしなければ成らないのだろうと思います。

私は餌やりを反対しません。
餌やりをするなら、不妊手術をして、
給餌場所が自分の所有している土地じゃないならば
所有者に許可を得て1代限りの命が尽きるまでの間だけ
給餌をすればいいと思います。

そして多頭飼育も私は反対しませんよ。

自分自身で管理して飼育継続できて
一生涯猫たちの幸せを確保して飼育が出来るなら
何も問題ないと思います。

抱えきれない程の猫たちを
自宅で飼うという事が問題で
崩壊してしまうまでの間に崩壊主は自覚が無いのが殆どです。

死骸があちらこちらに散乱しても
糞尿まみれの家屋であっても
何も気にしない崩壊主もいるので
私はその飼育環境は適切では無いし、
猫たちにとってそれは幸せな空間なのだろうか?と疑問に思います。


灯路世さん、もしあなたがこの現場を対応するとしたら
どういった行動をしますか?
ぜひ参考にしたいと思います。
ご提案があれば教えてください。

この現場は10m以内に家屋が無いため糞尿被害は出ていない。
散歩、通勤路になっている。
犬の散歩路になっているためノミ・ダニの付着を嫌った飼い主たちは犬を抱っこして散歩する。
猫たちは29匹。
懐こい子は3匹。
他は怖がりさんです。
給餌者は「飼い猫だから」という理由で給餌しかしません。
土地の所有者は治安の問題があるため、この場所での給餌を禁止しています。
給餌者は週に3回前後、車で給餌にくる高齢者です。
給餌者は他人との接点を持ちたくないために、給餌中に通行人がいるとすぐ車にのって消えてしまいます。

こういった現場です。

灯路世さんならどういった対応をしますか?
教えてください。


| 茅ヶ崎キャッツプロテクト | 2013/03/06 17:06 | URL |

良く解ります。私は広範囲で、餌やりさんと接触しています。彼女らの餌やりを快く思わず、数人で見張り番を立てている町内もあります、悪循環の繰り返しですし、泣きながら電話を貰えば飛んでいきます。町内の方に、見張るのなら、お腹が大きいから捨てた、子猫だけ捨てるのは可哀想だから捨てた。子猫だけ捨てた。こう言う人達のことも、見張ってもらえませんか、避妊去勢をすれば、数は確実に減ります。協力してもらえませんかと、根気強く、何度も話しに行きます。仰る様に、いろんな方がいらっしゃいます。根気強く話し合います。私は、北九州で殺処分0に向け1万の署名を集め、市に提出し、取り上げていただき、アニマルネットワーク成るものが発足しましたが、会長争いで、もめにもめ当時、此れで盛り上がった団体、個人、一人去り二人去りわずか数名、0に成ることが自分が楽になれるゆういつの方法とひたすら署名に掛けた数年を情けなく思い、高齢でもあるし、1時間30分ほどかかる、ど田舎に、3頭の犬と17匹の猫を連れ引っ越しました。のんびり処か劣悪です、子猫が生まれれば、目が開かないうちに川に流す、保健所に持ち込む等、あたり前の話、心休まるどころかなくことばかり、貴方のような人が近くに居れば、救われますよね、日曜日には里親探しと避妊去勢の募金に、駅前に立ちます。餌やりを理解してもらえるよう、そして、餌やりさんは、苦情を言われるという考えから、回りを拒否します。お互いに協力し合えるように、貴方を否定しているんじゃない、野良の数を減らすために、協力し合いましょう。私も今、22匹の野良見ています。顔をしかめていた人達も、又、病院そうよ、捨てる人に頭にくるね、避妊も去勢もしないで捨てるから。大変やね、誰か助けて欲しいわ、命の尊さをわかる人達同士、手をつないでいける、輪が出来ることを望んでいます、ただ可哀想それだけの無知な方には、知恵を授けてあげてください。長いコメントですみません、保健所が避妊去勢をある程度見てくれる地域もあります。

| 灯路世 | 2013/03/07 13:27 | URL | >> EDIT

灯路世様

再度のコメントありがとうございます。


>良く解ります。私は広範囲で、餌やりさんと接触しています。
>彼女らの餌やりを快く思わず、数人で見張り番を立てている町内もあります。

給餌者が周囲に声掛けするかしないかで
大きく現場の雰囲気も変わるのですが
そういった近隣への配慮というものが
なかなか出来ないものなのでしょうね。

私が心配しているのは
給餌者が不妊手術を怠り
猫たちが増えることで
そこが「猫の遺棄場所」になってしまうのを恐れています。
また、
その場所で人懐こい子が居れば
その人懐こいことが仇となって
猫の存在を快く思わない人間や
私利私欲のために猫を利用する人間が
手をかけてしまうことを恐れています。

給餌者は給餌する時しか
猫たちと接点を持ちません。

つまり、給餌するとき以外の猫たちの様子は
給餌者には見えないのです・・・

もし、給餌者が居ない間に
近隣の猫被害にあっている人たちや猫嫌いが
猫たちに毒餌を与えたり危害を加えれば
猫たちは傷つき命を落とすこともあります。
それだけでは無く、猫被害にあっていた人が
犯罪者になってしまうことだってあるのです。

結果的に一番苦しむのは
猫たちになってしまう。

だからそうなる前に
手順を踏んで猫たちと接することが出来れば
多くのトラブルを回避できるのではないでしょうか・・・

そう思って
啓発活動をしつつ、現場対応をしつつ、
市にも動いてもらったりして・・・
仕事の合間に出来る限りのことをしているのですが
なかなか思うように行かないのが人生なのかな・・・なんて。


>仰る様に、いろんな方がいらっしゃいます。根気強く話し合います。

話し合いをしたいのに、
拒否されている状況は過去の現場にもありました。
今回はもう少し違うやり方で給餌者と接したいと思い
方法を変えました。
もう一歩前進出来れば
一気に話が進むのですが
その一歩の手段を
まだ手探りの状態です。。。


茅ヶ崎市は平塚市や藤沢市とは違って
動物愛護や猫問題、犬問題については
まだまだ発展途中というか
出発地点にやっと立とうかといったところです。

税金を使わず、
市民が力を合わせてひとつの問題を解決するためには
一人ひとりの知識を得られる環境をまず作らなければ成らないと思っています。

今その為の準備をしているところです。
まだ立ち上げてまもなく、
幼い団体かもしれませんが、
茅ヶ崎市内に住んでいる市民一人ひとりの意識改革をするだけでも
全く変わってくると思います。

今はTNRも知られていない、
地域猫も良くわかっていない
野良猫は外でノンビリしてるのが一番イイと思われることのほうが多いですが
その感覚を変えて、
猫嫌いと猫好きと猫たちが
共存していける社会を作るためにどんなことが必要なのか
これからも色々なことを通じて
多くの方々に知ってもらうきっかけを作ろうと思っています。

17匹のネコさんと3匹の犬さんのお世話だけでも大変だと思います。
どうぞご自愛くださいね。
ご意見ありがとうございました。

| 茅ヶ崎キャッツプロテクト | 2013/03/07 14:30 | URL |

現在2回目のオランダ在住ですが、茅ヶ崎に家があります。
茅ヶ崎には40年以上(途中オランダに住んでいましたが)
住んでいます。
茅ヶ崎にもこんなかわいそうなところがあるのですね。
心が痛いです。
防砂林のところにも猫さんたくさんいるって聞いていますが、
その場所に行くことができないでいました。
皆さんの活動にも本当に頭が下がります。ありがとうございます。
私にできることは援助ぐらいしかありません。先ほどわずかですが、振り込みさせていただきました。
それからご了解もなしに私のFB(フェイスブック)にアップさせていただきました。何のリアクションもないかもしれませんが、何もしないよりは。。。と思いました。
どうか、こんなかわいそうな地域が無くなります様に。
それから茅ヶ崎市は援助がないと、どこかに書かれていましたね。 何とかわずかでも援助してくれればいいのですが。。。
何か方法はないでのでしょうか…

大変だとは思いますが、どうぞお体大切に、猫ちゃんのためによろしくお願いいたします。

| Y.H | 2013/03/25 06:46 | URL |

明日送金します。頑張ってください。応援してます。

| じゅんこ | 2013/04/07 23:13 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/229-359c327a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>