Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【幸せゲット!】みずきちゃん♀ 三毛猫 7~8才【餌さりさん退去で置き去り・・・】8/10情報更新

2014/08/10情報更新

みずきちゃんは保護主さん宅の子として
迎えていただくことになりましたので
募集を終了いたします。

保護主さんにとって色々な覚悟があったと思います。
実は白血病キャリアであることが改めて検査したら発覚しました。

発症していませんが、
このままウチの子として・・・というお話を頂きましたので
募集を終了いたします。

保護主さん宅の子として生きていけるのであればそれが一番幸せかもって私は思ってます。
猫たちについての色々知識もある方ですので安心して任せられますからね♪

みずきちゃんおめでとう♪
お母さんとお父さんにいっぱい甘えて末永く幸せに♪




6/12情報更新

みずきちゃん、かなり落ち着いてきたようで
シャーシャーも消えてきたようですよ~~~^^

DSC_0052_convert_20130610120433.jpg
スリスリゴロゴロの甘えん坊さん♪
人見知りするけれども
慣れてしまえば「あたしを離さないで~~~!!」って甘えてくる子です^^

保護主さん宅にて保護継続中。
8歳くらいって言われてるけれども
見た目は若いね!

顔半分で柄が違うから
反対側から見たら茶白猫さん。
反対側からみたらアイラインくっきりの三毛猫さん。

ノンビリ、ゆったり猫とのライフスタイルを理想としている人には
もってこいのニャンコさんですよ!
子猫だと落ち着かないからねぇ・・・
ドタドタ・・・・バタバタ・・・ガシャーーーーーン・・・がいつもの音なのが子猫。
オトナ猫さんの魅力はユックリと流れる静かな時間。。。
そしてたまに猫じゃらしで遊びましょ~~~って感じね。

大体のボランティアさんは子猫よりオトナ猫のほうがイイっていいます。
なぜなら子猫の大変さを知ってるから・・・(苦笑)

大人猫さんはラクチンさ~~♪
なのに癒してくれる最高のパートナー♪

手が掛かる子がイイ!って人は子猫を。
手が掛からなくてゆっくりと猫の時間を楽しみたい人にはオトナ猫さんをオススメしますぞ♪

幸せ探し会であいましょ~~~!!



4/28情報UP

保護してもらいました。
以下保護主さんからの情報です。
*****************************

仮名【みずきちゃん】
年齢【7~8才】
医療行為【血液検査、フロントライン、不妊手術】
血液検査結果【白血病ウィルス陰性 猫エイズ陰性】
DSC_0015.jpg

~みずきちゃん情報~
お世話をしていた人が引っ越してしまい、居場所を失いました。

雨の日にずぶ濡れになっても、フードが出てくるのを待っているなど、

厳しい外での生活に順応できそうになく、保護しました。

少しずつ、人慣れしてきて、喉をゴロゴロ鳴らすようになっています。

ただ、ちょっとツンデレ系の面もあります。


*****************************

保護されるまでの間、
とても不安だったともいます。
給餌者の引越しで置き去りにされた子は
その場に留まって待ち続ける子も多いです・・・
外猫として管理されていた子でも
置き去りにされてしまうと
ご飯を得られなくなって
餓死したり
ゴミ集積場を漁ってしまい
人との共存が難しくなってしまいます。

置き去りにしていった給餌者は
野良猫だからという理由で
置き去りにしていくのが多いです。

でも
置き去りにされた子達は
虐待にあったり
とても不安な毎日を過ごすことに成ります・・・

こうやって保護してもらえて
今は心のケアをしてもらって
人との接し方を学び
心を開くまでじっくり時間をかけて
心の傷が消えるように
保護主さんは
毎日努力して試行錯誤して
それぞれの猫たちのケアをしています。

動物愛護法には下記のような内容があります。


愛護動物* をみだりに殺し又は傷つけた場合は、
1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処されます。

また、愛護動物に対しみだりに給餌又は給水をやめることにより
衰弱させる等の虐待を行った場合、
あるいは遺棄した場合は、50万円以下の罰金に処されます。

動物の飼い主の責任には、
動物を正しく飼い、愛情を持って扱うことだけでなく、
最後まできちんと飼うことも含まれます。
飼えないからと動物を捨てることは、
動物を危険にさらし、飢えや乾きなどの苦痛を与えるばかりでなく、近
隣住民にも多大な迷惑になります。

* 愛護動物とは、牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、
いえうさぎ、鶏、いえばと、あひる、その他人が飼っている哺乳類、鳥類、爬虫類をいいます。


愛護動物=猫が含まれています。

猫を捨てたり、給餌行為を停止する事は
動物愛護法で禁止されています。



もっと
一人ひとりが
命の大きさ
責任の大きさを感じながら
命と接することの必要性を
感じて欲しいと思います。

最後の最後まで
その命に対して
責任を持って接して
最後まで世話をする事が
できる人が減っている現代社会。。。

悲しいことに
引越しシーズンは
遺棄が増えます。

どうか
置き去りにしないで欲しい。
一緒に連れて行って欲しい。

連れて行くことが叶わないなら
最大限の努力をして欲しい。

里親を探すこと。
ボランティアに相談すること。
それだけでも
殺処分は減ります。
野良猫は減ります。

どうか知ってください。

関連記事
スポンサーサイト

| 幸せ報告【幸せゲットのご報告!】 | 02:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/250-7765dd14

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>