FC2ブログ

Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【NO.001028】 平成25年9月分どうぶつ基金さくら猫不妊手術事業① 9/15実施TNR報告

9/16情報UP
【チケットNO.001028】
H地区 お母さん猫

私がCCPを立ち上げる前から現場入りして1匹を残してTNRを完了させた現場から
再び「子猫が生まれた!」と連絡が入りました。

TNRしてなかったメスはサバ白の女の子です
だからその子なのか?!と思っていたのですが・・・

柄を聞いてみると黒白と・・・

知らない子だ・・・
見たこと無い子だ・・・
黒白の子はパン君たち兄妹だったし既にTNRや保護が完了しています。

誰だろう誰だろう・・・と不安に思いつつ、
子猫は生後何ヶ月!?って聴いたら
3~4ヶ月と。。。

おぉ・・・微妙な月齢・・・
月齢としてはTNRするにも微妙だし
かといって保護は今出来ません。
(空きが無い)
かといって子猫が成長するまで待ってる間に
お母さん猫はまた妊娠してしまう。
なので急いでTNRを行うことにしました。

全部で4匹ですが、捕獲器が不足していて(別の現場でも同時に捕獲作業をしているので)
3台しか設置できませんでした。
14日の夜から捕獲器設置し、
そしたらその日のうちにまず1匹の子猫が捕獲できましたが
他の子たちはお母さんと共に逃げてしまいました。

天候が悪化してきていたので
15日のオペは1匹だけかな・・・と思ったんですが
天気が悪化する直前に捕獲成功。

PAP_0007_201309161943088d5.jpg
捕獲器は2台置いてたんですが
なんとまぁ、3匹一緒に1台の捕獲器に入ってくれました・・・

お母さんはまだ幼いですね。
1才になったばかりかな・・・
子猫たちは3ヶ月過ぎたくらい。

15日の朝は滅茶苦茶ものすごい豪雨。
自宅前の住宅街は冠水してしまって
我が家の前を多くの車が右往左往。

国道に出たいのに通行止めになっていて
出れない車が住宅街をウロウロしていました。

私もその波にのるしかないかな~って思ってたんですが
1本の抜け道から出れました。
ソコだけは唯一国道に出れますから。
でもガラガラで、お陰で渋滞にハマらずに現場に急行できました。

PAP_0010_20130916194310f46.jpg
大雨で前がほとんど見えなくて
ヤバイーヤバイーって思いながらも現場に到着。
依頼主さんがアパートの階段下に入れてくれていたので
猫たちは濡れずに済みました。

お母さんは子猫たちを守るために一生懸命隠そうとします。
ごめんね、手術が終わったらまた家族みんなで過ごせるからね。
少し待っててね。

PAP_0003_20130916194656c68.jpg
お母さんにソックリな子猫ちゃん。この子は一番小さい子でした。
女の子かな~?って思ってたら案の定女の子でした。
保護をしたかった。
でも今の状態では保護が出来ないので仕方なくリリースです。

PAP_0004_2013091619470078f.jpg
この子はキジ白でもう1匹の捕獲した子にソックリ。
一番大きかったので男の子かと思ったら女の子でした。
リリースになります。

病院に搬送するまでの間、ものすごい雨でした。
ズブ濡れになりながらやっと病院にお届けが終わって
車に乗ろうとしたら雨は既に止んでいました。


PAP_0005_201309161947048c1.jpg
夕方、手術が終わってお迎えに行きました。
子猫たちもお母さんも目が覚めてたけど
まだお母さんだけウトウトしてて子猫たちが
お母さんを起こそうとしたけどお母さんは「まだ眠いわ~」ってまた寝ちゃいました。

PAP_0005 (2)
そして今日の台風が過ぎ去った午後。
リリースのために元の場所に搬送。
お母さんも子猫たちもみんなしっかり目を覚ましていて
大人しくしてくれていました。

PAP_0004 (3)
あの嵐の中でのリリースにならなくて良かったです・・・
台風が予想以上に早く行ってくれたので
晴れた中でのリリースになりました。

PAP_0000 (2)
親子が離れ離れにならないように
同時にリリースをするために捕獲器の出入り口を開けました。

子猫2匹は通常料金で依頼主さんに負担していただいてTNRをしました。
お母さんと、もう1匹の子猫のみ、無料手術を実施しました。

「私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。 今回T地区42匹現場のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、
公益財団法人どうぶつ基金から10頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。

公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。」
関連記事

| どうぶつ基金 【CCP枠】 | 05:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/306-e737307b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>