Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

11/24実施TNR報告 Y地区7匹 【どうぶつ基金無料枠】

11/24実施報告です。

こちらの現場は凛胡たちが保護されたり、
太朗たちが保護された現場の近くでございます。

給餌者さんはあちらこちらで給餌してTNRを個人的にしているようですが
間に合わない状態が続いていたようです。

今回子猫の保護で現場を知り給餌者さんと交渉して
最初に給餌者さんにはメスをTNRしてもらっていました。
残りのオス2匹と子猫たちをお願いしますと言われていたので
TNRをしました。

現場について声をかけると
ワラワラと猫たちが出てきました。
みんなご飯をもらえると思って出てきました。

PAP_0053_2013112713084875f.jpg PAP_0052_20131127130845320.jpg

全部で6匹と言われていたんです。
実は捕獲前日に1匹亡くなったと近隣の方から教えてもらいまして
じゃあ5匹かな・・・とも思っていたんですが
あれれ?あれれ?

捕獲している間にもなんだか数がおかしいことに気づきました。

7匹?

あれ?白黒ちゃんは女の子だから不妊手術済みって聞いたけど
明らかに不妊手術済みじゃないっぽい子がいるぞ~???
あれれ???

捕獲機足りないじゃん。。。ってことで
あわてて1台取りに行ってチャレンジ。

てことで結局7匹捕獲に成功。

追加した子は実は数日前から急に姿を見せ始めた子らしく雌雄不明。
片目からはメヤニがひどくて風邪っぽい。

ってことで捕獲してTNRしました。

PAP_0039_20131127131254011.jpg
超巨大黒猫のオスA

PAP_0037_201311271312520d5.jpg
子猫のキジトラA(メス)

PAP_0036_20131127131248f40.jpg
子猫の白黒(メス)

PAP_0033_2013112713124542f.jpg
巨大黒猫のオスB

PAP_0032_20131127131240f12.jpg
子猫のキジトラB(オス)

PAP_0018_20131127131737870.jpg
子猫のキジ白(メス)

PAP_0030_201311271316338e5.jpg
白黒のオス

以上7匹でございました。

リリース時はみんな散らないようにご飯を2m位先に出してリリースしたんですが
若いねぇ。。。。
みんな超ダッシュで消えて行きました(苦笑)

だいたいリリースの時、散らないようにご飯をあらかじめリリースする方向に向けて出しておくんですが
今回少し止まってご飯クンクンしてくれたのは1匹だけ(苦笑)

あとはみんな超シカトでございました。

カリカリよりウェットが好きだってことにリリース後教えてもらいましてね(照)
なんだ。じゃぁウェットにしておけばよかったと・・・(苦笑)

でもまぁ、リリースした時間から考えればあと数時間で餌やりさんが来るので
まぁいいかという感じでございました。

後日現場のニャンコたちは元気にご飯をもらいに来ていたと聞いてホっとしました。


この現場は遺棄が多く、
イタチごっこな場所です。

CCPや個人ボランティアさんがどんなに踏ん張って頑張って対応したとしても
市でも対応出来ない現場になっていますので
ここでは遺棄が減らず・・・

遺棄された猫たちが繁殖し、
増えて行く現場になっています。

その繁殖を食い止めるためにTNRをしているのに
遺棄が後を絶ちません。

遺棄は犯罪です。
動物愛護法も改正されて
罰則も強化されていますが
実際にその強化された罰則が役に立つことはめったにない。。
それが現実なのだなと
今回も感じました。

この一帯は私が知る限りCCPを立ち上げたころと何も変わらない場所です。
どんなに手をだしてTNRや保護をしたところで
遺棄が減らないのは周知啓発云々以前に
猫という愛玩動物がここで生きていけると勝手に判断する人間がいる以上は
終わりの見えない事なんだなと・・・

この現場は猫がマトモに生きていける場所はありません。

雨風をしのぐ場所もなく、
多少の雨なら樹木が守ってくれますが
天敵である鳥類が多い場所なので
子猫が産まれても殺されてしまう事も多いですし
夏の暑さ、冬の寒さをモロに感じる場所です。

交通事故で亡くなる子たちが多いのも事実。

野生的な空間であるが故に
人の出入りもあまり無く、
通り過ぎるだけの場所かもしれないですが
彼らイエネコと呼ばれる猫たちは
野生動物ではありませんから
捨てられたら生きていけません。

彼らをカワイイ・かわいそうって思うのであれば
どうか遺棄しないでください・・・

彼らの最期は決して幸せなんかじゃないって私は思っています・・・

関連記事
スポンサーサイト

| TNR報告 | 02:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/343-d8cab0b3

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>