Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【NO.001427】 N地区 3匹 TNR報告③ 11/23実施 【CCP枠】

11/23実施
どうぶつ基金チケットNO.001427
CCP管理番号N-3
黒 オス 6か月位

実歓たち5匹の子猫たちのお母さんの兄弟です。
餌やりのおばあちゃんにだけ懐いています。

TNR関連記事はコチラ
PAP_0024_201311271119204bb.jpg


この現場は実歓や鉄郎たち5兄妹のお母さんたちが住む現場です。
医療負担金がどうしても厳しいということで、無料枠を利用しました。

負担金としてお支払い頂いた3万円で
子猫の保護費用・TNR猫たちのフロントライン代を賄う事になりました。

これしか出せない、自分はガンだから・・・医療費がかかって・・・と仰られるので
かといって子猫丸投げも厳しいですし、
不妊手術費用は妊娠猫や堕胎が発生すればさらに追加費用が出ますので
悩みに悩んで対応した現場です・・・

自腹覚悟・・・なんとかするしかない・・・

行政枠を使っても負担金は出ますし足りません。

なので今回は偶然にも3匹分余ったCCP枠を利用しての捕獲作業になりました。
フロントライン代のみ発生しています。

おばあちゃん、どうかこの子たちが命を全うするまでは
元気にこの子たちのお世話頼みます・・・
このおばあちゃんしか餌やりさんは居ないんです。

人間は病気や事故でいつ死ぬかわからない。
それは猫たちも同じ。
でも責任もってこの猫さんたちが命を全うするまでは
何としてでも元気でいてほしいのです。
彼らにとっておばあちゃんしか頼る人は居ないのですから・・・

おばあちゃんの体調の面も考慮してこちらの現場は1カ月に1回程度は巡回したいと思っています。

「私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。 茅ヶ崎市内のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、
公益財団法人どうぶつ基金から80頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。

公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。」
関連記事
スポンサーサイト

| どうぶつ基金 【CCP枠】 | 02:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/347-0306b386

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>