Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

J地区 3月29日実施TNR報告 4/13情報UP

2014/4/13情報UP

J地区3/29実施のTNR報告です。

現場対応中に突然現れたお腹ポンポコリンの子。
こりゃすぐ生まれてしまう!と思って翌日急いで捕獲。
PAP_0688.jpg
無事に捕獲ができたのでTNR実施しました。
PAP_0674.jpg

あと2~3週間で生まれてしまうところでした。
胎児は5匹。

このタイミングで姿を見せてくれてよかった・・・

前回の一斉TNRの時には姿がなかったし、その前から見たこともなかったので
本当にびっくりしました。
まだ残ってたんだ。。。メスが・・・ってハラハラしました。
急いで捕獲しないといけない・・・
この現場は丸投げ現場・・・

どうしよう!!って思ってもしょうがない。
TNRするしか今はこれ以上は何もできない・・・

捕獲する直前にこの子は「あ~私もご飯ください~♪」って予想外にも自分から声をかけてきました。
あまり警戒心は無いけれども・・・保護は無理。
ごめんね・・・ってまたいつもゴメンネしか言えない自分が情けない。

堕胎した子たちは合同火葬しました。

また白峰寺に通う日々になってしまうなぁ・・・と。
そんな季節なんだなぁと・・・

心が痛い季節が来たなぁと・・・

また凹む時期が来たなぁと・・・

今日現場入りしたらこの子は来ていました。
元気に走り回っている姿を見ると
少しホっとする反面、
この子たちが生きているこの空間は
間もなく消されてしまうという現実と
どうにかしてこの子たちをこの場所で生かしてもらえるための交渉を
早急に行わなければという焦り・・・

16日から解体が始まると近所の人が教えてくれました。

行政は狂犬病関連の仕事が多忙で
今は猫たちのことで動く時間をあまり取れない状態です。

なので交渉も進まず・・・

私たちCCPが現場で何とか近隣住民に理解を得るための交渉をしているところです。

継続給仕をしてくれる人は見つかりましたが
そこにもまだ問題が・・・

去年のT地区みたいに1年がかりで整えるような状況にならないように
一歩一歩確実に、かつ、早急に対応しなければいけない現場でございます・・・

関連記事
スポンサーサイト

| TNR報告 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/408-7fe4f79f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>