Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【家族が出来ました!】キジ白の女の子 (一般保護) 5/23情報更新

5/23情報更新

4月に保護されたガリガリの女の子。
保護主さんがご自宅で一生懸命治療とケアをしてくださっています。
GRP_0026.jpg

食欲は無いですが運動会もできるようになったそうです。
体重はまだ2キロ台。

血液検査をやっと実施できるようになったのですが
なんとエイズキャリアでした。
発症してしまってる可能性もあるかもしれないなとおもっていますが
保護主さんがいろいろと悩み抜いた結果
このまま看取りのために保護継続してくださることになりました。

状態はまだまだ悪いかもしれません。
でももう10歳以上であることはわかっています。
色々と情報提供いただきまして
たくさんの方々の目に留まり
みんな気になっていたようです・・・

エイズで状態がかなり悪く
更に腫瘍のようなものもある状況で
里親募集をかけても見つからないだろう。
だけど安楽死なんてしたくない。

色々と悩んで悩んで
たくさん考えて
保護主さんが自分自身がこの子の最期を迎える時まで
一緒に居てくださることになりました。

10年以上外で暮らし
たくさんの危険な思いをしながらも
人間からコンビニのごはんをもらったり
さまざまな形で生き抜いてきたこの子に
最期の最期にステキナ家族が出来た。

私は保護してくださっただけでも本当にありがたい気持ちでいっぱいです。
なのに看取り覚悟で保護継続してくださるとのお言葉に
本当に心から嬉しく思っております。

この先どのくらい一緒に生きていけるかわからない子で
エイズですからジワジワと色々な病気が重なってくると思います。

それでもウチに居ていいよって言ってくれて
辛い症状があれば改善できるように治療をしてくださる保護主さんに出会えたこの子は
本当にラッキーだと思っています。

ということで
保護主さんがご自身で看取り覚悟の終生飼育をしてくださることが決まりましたので
里親募集などは行わず、ご報告のみUPしてこの子の記事は終了となります。

拡散してくださった皆様、
情報提供してくださった皆様
本当にありがとうございました。




4/16情報UP

4月12日に芽衣たちの預かりさんから相談がありました。

「市内某所にボロボロの猫さんがいるんです。まだ1歳くらいの子で・・・」って。

実は去年の年末から姿を見ていたんだけれども
保護したいけれども自宅で保護するスペースも無く・・・
これ以上CCPの案件を増やすのも・・・と悩まれていたそうで。

市にも自治会が相談したようですが、
相談的には猫をどうこうというよりも
この猫さんを心配した人たちがコンビニで餌をかって
それをこの子に与えるからそれが置き去りにされてカラスが集まり・・・っていう悪循環に対する相談。



ちょうどその相談メールを頂いた時、私は自分の通院してる病院にいたので
近くだし終わり次第向かいますと伝えて合流しました。

するとそこに居たのは酷くボロボロの猫。。。

人懐こいしとにかく汚れて酷い状態。

ノミもいっぱいいて貧血もあるし脱水もある。
ご飯をうまく食べられないそうで・・・

GRP_0026.jpg
年齢を知りたかったので歯を見たかったんだけど
口元を触られるのがイヤだったようで見れなかった。
でもこの子はシニア猫の域に達してる子だってのはわかりました。


フラフラしながら道路をテコテコ歩いて行くし
かなり交通量の多い道路脇をウロウロして鳴いている。

危なっかしいし、実際危ないし!!
GRP_0027.jpg


しかしこの子には少し希望がありました。
この子を気にしてくれている人が保護して病院に連れて行こうとしてくれているとのこと。

なのでCCPとしては保護主さんのサポートを行い
この猫さんと保護主さんの負担が少しでも減らせるように
お手伝いをすることにしました。
PAP_0024 (2)

月曜日に病院に連れて行くって聞いてたのですが
日曜日に搬送してくださったようで
病院で診察してもらったところ
舌にオデキみたいなものが2つあるそうで・・・
それが邪魔をして飲み込むのが辛かったようです。


PAP_0025 (2)
この子、置き去りだと思うんですが
実はもう1匹居たそうです。
2匹で一緒にいたけれども
1匹は負傷し、誰かが連れて行ったと・・・
でもこの子は保護してもらえなかったので
このままこの冬を乗り越え・・・

なんとか命は繋がった状態でした。。。

この子を置き去りにしたのも人間。
ガリガリの子を見つけても見なかったことにするのも人間。
汚いといって追っ払うのも人間。
気にしてご飯だけでも・・・と餌を置いて行くのも人間。
保護の為に奔走するのも人間。

全部人が関わってるんですが
この子は既に1年半前位からここに居たそうです。

誰かがこの近くで飼ってて置いて行ったのか、誰かが捨てて行ったのか。
本当のところはわかりません。
でもこの子を保護した現場の目の前は空き家がありました。

この家の人かな?
でも違うかもしれない。

違うかもしれないけれども
この子たちは確実に人間とともに生活していた猫であることは明確で
元飼い猫だって思います。

置き去りでも捨て猫でもどっちでもいいけれども
この子はかなり厳しい状態でした。

保護しても看取り覚悟かもって思ったくらい。

ヨボヨボ、ガリガリ。
鼻もズルズル。メヤニも。

これでも良くなったほうだって言われたので
相当酷かったと思います。
臭いもすごいし。

そんな子を保護して、今通院してくれてる保護主さんは
犬を飼ってるので最終的には里親を探してあげたいと仰っていました。

でもシニア猫さんだし
今の時期子猫シーズンで成猫の譲渡率が下がる時期。
ましてシニア猫さんを検討してくださる方は本当に少ないので
最終的に自宅に迎える覚悟も持っての保護であることを確認しましたので
CCPもお手伝い。

置き去りにされたり捨てられた猫たちの運命は
本当に悲惨なもの。。。

こうして保護してもらって
通院してケアしてもらってる子って
本当に一握りなのです・・・

だから私は保護主さんに本当に感謝しているし
この子はラッキーですよ!って言いました。
こんな手厚い保護をしてもらえるなんて
めったにないです。

1回目にあった時よりも
目に力があったし顔を拭いてもらって少し綺麗になっていました。

早くシャンプー出来る位の体力を付けて綺麗にろうね!

ご飯も食べてるしオシッコもしている。
腎臓が片方腫れているし片方の腎臓は小さい。
だから内臓疾患は仕方が無いかもしれないけれども
しっかりご飯を食べてしっかり体力をUPさせて
血液検査とかしっかり調べてもらって元気になろうね。


CCPではケージ、トイレの貸し出しを行ったうえで
この猫さんが一番幸せになれる方法を保護主さんと共に考えながら
この猫さんの体調回復を待っています。

里親希望の方いらっしゃいましたら是非お問い合わせください。
人懐こい子です。

迷子の子ならば・・・是非飼い主さんご連絡ください。
今のところ捜索願いが出てる子の中に該当する子が居ないので
捜されてないのかな~って思っていますが・・・


この子の事知ってるよ!って方も
是非情報をくださいませ。

いつ頃からあそこにいて・・・
誰が飼っていたのか・・・もし知ってる人がいましたら
ご連絡ください。
情報を集めています。
ご協力お願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト

| 募集終了 | 05:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/409-d3247713

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>