Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【幸せゲット!】5月上旬生まれ アイリスちゃん 【頭がい骨骨折の子猫】 1/25情報更新

2015/1/25情報更新

アイリスちゃん正式譲渡してきました~♪
お母さん手作りのケージがお気に入り♪
CIMG3682.jpg
すっかりお家にも慣れてご家族みんなに溺愛してもらっています♪
アイリスは新しいお家の広いリビングであっちいったりこっちいったり。
CIMG3683.jpg
優しいママとパパとお兄ちゃんが出来たアイリスは
我が家にいたときよりもやっぱり落ち着きがあるし
卒業猫さんたちみんな、新しい家族に愛してもらえて
心の底から安心して生活できているのが目に見えて本当にうれしいです^^
CIMG3686.jpg

アイリス、卒業おめでとう♪
目が見えなくてもあなたを愛してくれる人に出会えてよかった♪
タイガも卒業できたし、あの現場から保護できた子は全員卒業となりました♪

ジュラもあかりもハンデはあるけどきっとこうして素敵な家族に出会えると信じて極太の赤い糸を手繰り寄せるぞ~♪
アイリス卒業おめでとう♪




2014/11/3情報更新
更新遅れています~
先月の幸せ探し会でトライアルが決まったアイリスちゃん。
本日不妊手術しています。
CIMG9832.jpg
「アヤメちゃん、ごめんね、あたし先にトライアル行くことになったわ。」
「へ~そうなんだ~?アタシだってそのうちトライアル行くからいいもん。」

CIMG9726.jpg
アイリスは他の子猫たちとも遊べてるし
気の強さも徐々に落ち着いてきていまして
ケージから出すとすぐエンジン全開になるけど
しばらくすれば満足してそのあとは落ち着いて玩具遊びしてます。
CIMG9640.jpg
もちろんプロレスだってやりますよ♪
CIMG9635.jpg
この日の相手はバジル君。
CIMG9638.jpg
年下のバジルは容赦ないけどアイリスも容赦なく対応してくれるので
お互いに満足いくまで遊んでます♪
CIMG0147.jpg
誰にでも遠慮しないアイリスでございます。
容赦なく遊びます。
CIMG0157_20141103123111c2f.jpg
チビっ子にだって遠慮しません。
容赦しないのがいいところ。
CIMG0435_20141103123111587.jpg
年上のガタイのいい龍太郎にだって遠慮せず
正面からありの~ままの~パワーで倒す~のよ~♪
です。
CIMG0820.jpg
タイガが持ってた玩具が気になったアイリス。
か~し~て~♪なんて言いません。
CIMG0813.jpg
「それ!あたしの!!!」
CIMG0812.jpg
「おばちゃ~ん!アイリスちゃんが僕の玩具とった~」
CIMG0809.jpg
「いちいち告げ口するとか女々しい子だわね!」
CIMG0808.jpg
「アタシが鍛えなおしてあげる!!」
CIMG0818.jpg
「あのねぇ、遊びってのはねぇ・・・」
CIMG0819.jpg
「玩具をね、女の子に・・・プレゼントしてあげてね・・。そんでもってね・・・」
CIMG0821.jpg
「やっぱいいや。あっちであそぼ~っと♪」
CIMG0822.jpg
「乙女心わからん・・・」byタイガ

タイガもアイリスもかなりのマイペース。
でもなんでだろうな。
寝る時のタイミングは一緒になることが多くて
チラっと見に行くと大体一緒に寝てることが多かったです。
今タイガは風邪治療中なので
隣のケージに移動していますが、
もうすぐ直るからまた一緒のケージになります。
不妊手術から帰ってきたら少し落ち着いてくれてるかな~?

トライアル日が決まったらまたUPしますね~♪




2014/09/13情報更新

やっとこさ更新できました!!
アイリスちゃんはウイルス検査の再検査をしまして
無事転陰を確認!
エイズも白血病もともに陰性でございます!

CIMG8341.jpg
そしてレントゲンをとって頭がい骨の穴も塞がっていることを確認しました!
視力は戻ることは無さそうだけど
でも他の子たちと一緒にワイワイ遊んでおります♪
CIMG8276.jpg
この日はあかりちゃんと遊びました!
ハンディのある子同士ですが
意外と遊びは成り立ってました♪
CIMG8329.jpg
視力がほとんどなくても家の形、どこに何があるかさえ覚えてしまえば
こんなところにも上っちゃいます。
CIMG8049.jpg
玩具の位置は匂いで覚えてるのかな。
臭いと髭を使ってほとんどミス無くおもちゃで遊べます♪
CIMG8022.jpg
この日はふわちゃんにちょっかい出して怒られたけど
アイリスのいいところは怒られてもめげない(笑)
なので人間が叱ってもめげませんし学習しませんのであしからず(苦笑)
CIMG8002.jpg
我が家のお嬢様のヘチマさんとよく遊んでまして
絶対負けニャイ~!!っていつも頑張って遊んでます。
でもまだまだヘチマさんのよく言えばセクシーボディ、悪く言えば肥満体のパワーには勝てないので
負けそうになると何もなかったかのように離れて一人遊びを始めます。

頭がい骨骨折の後遺症として視力が無いこと、
そして頭がい骨は塞がっていますが頭がい骨と脳みその間にある膜のようなものは
塞がることはありませんのでその点だけご理解いただき
ハンディのあることを納得していただいた上でのお問い合わせをお願いいたします。

性格は二重丸です♪


2014/07/23情報更新

CIMG6506.jpg
こにゃにゃちわ。
アタシの名前はアイリスちゃんです。
おばちゃんはアイリちゃん、アイリちゃんって言います。
CIMG6509.jpg
ブヨブヨしてた頭の髄液は
もう消えて無くなりました。
お薬飲んで元気になったんだニャ♪
見た目は普通の超美人な女の子でしょ?
あたち、どちらかというと美人な方だと思うの。
CIMG6508.jpg
「アイリちゃんが一番かわいいよ~いいこちゃんだね~!」っておばちゃんは言うけど
隣の富士くんにも同じこと言ってるのをアタチは知ってるニャ。
っていうか、みんなに同じこと言ってるニャ。
おばちゃん、浮気者だニャ。。。

CIMG6510.jpg
このお家に住んでるものすごいうるさいお兄ちゃんが居るんだけど
そのお兄ちゃんはアタチの事本当に可愛い可愛いって言ってくれて
腹黒くない台詞って心に響くわにゃ。
多分お兄ちゃんの言ってることは本当なの。
でも上に住んでるこんぴらさん3兄弟にも同じこと言ってるのをアタチは知ってる。
つまりこの親子はどの子にも可愛い可愛い言うのネ。
さすが親子って感じ。
アタチはね、可愛いのは十分理解してるわ。
だって世界で一番可愛いって自負してるもん。
CIMG6496.jpg

一時はご飯も食べれなくて
匂いもわからないんじゃないかとか
目は見えてないとか
脳の障害が残るかもとか
色々言われたけど
人間って結構弱いのね。
猫って案外強いのニャ。
脳みその半分がダメになっても
十分普通に生きていけるもんニャのよ。(って先生が言ってたニャ♪)
CIMG6501.jpg

おばちゃんにはものすごい心配させたり
心配させたり心配させたり心配させたり・・・
まぁ要するにいつも心配させてばかりだったんだけど
そろそろ元気になってあげないとおばちゃんが倒れちゃうかもって思って
自分でご飯を食べたりしてあげたの。そしたらおばちゃんめっちゃ喜んでくれてね。
CIMG6505.jpg
ご飯をガツガツ食べた時のおばちゃんの顔、忘れないニャー。
まぁ見えてないんだけど、なんとなく目から液体が出てたのをアタチは知ってるんだニャン♪
その液体でアタチのオデコがビチョビチョになったからなんだけどニャ。。。
泣き虫ってホント、困るのよね~
なんかあるとすぐ目から液体流して。。。
特におばちゃんの場合は鼻からも液体出るから汚いったらありゃしない。
まったくレディーなんだからそこんトコどうにかしてほしいニャ。


という事でアイリスちゃん、絶好調になりました!
一時は本当に24時間のうち20時間は鳴きまくりってくらい鳴いていまして
ご飯も食べないし補液で補って・・・強制給餌させたり色々したんですが
回復する気配もなく・・・
ただ鳴きまくるアイリスに何をしてあげられるのかと・・・
目が見えてないなら眼科の専門医さんに見てもらおうかとか
脳の障害なら脳外科とかに見てもらった方がいいのかとか
色々悩んで病院探ししたりして・・・

でも結局私が捜している間に
アイリスは元気になりまして。
今では目も見えてるような見えてないような。
見えてないとしても走り回りますし
猫の姿を見つけると走ってスリスリゴロゴロ甘えます。
人間にももちろん甘えますよ。

今トイレ訓練してるんですが
ペットシートじゃないとやれてないので
なんとかトイレを覚えてくれればなぁと思っています。
そして8月になったら再度血液検査をして擬陽性がどうなったかを確認したい!!!

目が見えない以外は健康的な猫さんと同じです!
素敵なご縁に恵まれますように♪




2014/06/29情報更新


6/26の保護したその日の夜は
かなりぐったりしていて呼吸も荒く、低体温も酷く
a/d缶をミルクで伸ばしたものをシリンジで1時間おきに与えとにかく保温しました。


pm10:00 a/d缶とミルクを混ぜたものを与え10cc飲む。低体温、呼吸数異常。脱水症状。貧血症状あり。

pm11:00 a/d缶のみお湯で薄めたものを4cc飲む。低体温。呼吸数異常。脱水症状。貧血あり。

am1:00  a/d缶のみお湯で薄めたものを6cc飲む。低体温。呼吸数異常。脱水症状。貧血あ り。

am2:00  a/d缶のみお湯で薄めたものを2cc飲む。低体温。呼吸数異常。脱水症状。貧血あり。

am3:00 低体温気味だった体温も少し上昇し、呼吸も少し安定してきました。1回自力での排尿あり。

この時点で、私自身も睡魔との戦いで2時間の仮眠を取りました・・・

am5:00には体温は安定し、呼吸も正常になりました。貧血も落ち着いて居ました。自力での排尿・排便も確認。



27日にメンバーさんに病院へ搬送してもらい、レントゲンを撮ってもらいました。

頭蓋骨骨折(穴があいている)を確認出来ました。
血液では無く髄液が溜まっ ているようですがこのまま自然に散る可能性もあるので
様子を見て、補液をして頭部の髄液がたまらないようにする注射もしました。
CIMG5821.jpg
穴の位置わかりにくいので拡大してみた画像です。↓

628.jpg
この穴も生まれつきのものではないのが一目瞭然。
ギザギザしております。
カラスに突かれて空いたんだろうな・・・
痛かっただろうに・・・

頭部の髄液を注射器で抜いて治療する方法もあるんですが
万が一、頭部の穴が塞がってなくて細菌感染にでもなれば
髄膜炎になってしまう。
子猫が髄膜炎になってしまったら命は無い。
なので様子を見るしかない状態です。

1か月後に骨折部分が塞がり髄液の流出もとまってくれたら
回復に向けて順調だと言えますが
途中で髄膜炎になってしまえばアウト。

再度1か月後にレントゲンをとって状況を確認します。

生後2か月は経過していると思われるので
エイズ・白血病の有無を調べる検査も実施しましたところエイズに擬陽性反応が出ました。
怪しい偽陽性。
ママ猫さんの母乳からの免疫が反応してしまってる可能性もあるので
あくまでも偽陽性。2か月後に再検査します。
CIMG5797.jpg
エイズキャリアだったとしたら治療期間は長くなるかもしれませんが、
頭部髄液がたまってしまったり骨折したままの猫さんでも
元気に後遺症無く成長して長生きしている猫さんが通院しているという事で
この子については若いのもあり、成長過程で塞がるかもし れないとのこと。

この通院している猫さん、実は私が2年前に出会った子猫さんの事でした。
病院でN地区の捕獲作業を行ってそこで保護した子猫たち(寧々ちゃん・愛美ちゃんたち)を病院に搬送していたとき
待合室にいた猫さんがその子でした。
生まれつきの障害で頭部の頭がい骨が塞がってなかった子。

そして保護した場所を聞いて、寧々ちゃんたちの姉妹であることも分かりました。
病院で出会えてホっとしたんです。

だからすごく覚えてた。

あの子はすっかり元気になってピンピンしてるそうです。

だから希望を持てました!!



視力についても検査したところ、見えているとのこと!
ホっとしました。。。。
視力もなくて髄液漏れててエイズで・・・ってなったら
とんでもなく新しい家族探し大変そうだけど
麻痺もないし、今のところは問題なさそうだし。

ただ、28日の夜のチェックでは
髄液の漏れ具合が加速しているように思えます。
頭部の腫れがUPしてきたように見えるんです。
なので29日再診してもらってきます。

27日の夕方には自力でご飯も食べれるようになったんです。
今もしっかり食べてくれています。

ただ、良く鳴く。。。
なにか言いたそうにず~っと鳴く。
泣き止んでも物音ですぐ鳴く。

疲れちゃうから寝てなよ~ってナデナデするとさらに鳴くので
ノータッチで落ち着くまで見守ります。

アイリスについては長期戦覚悟です。
この子をあの日保護して本当によかった。

この子をあのままあの場所においてたら
多分翌朝には死んでたと思う。
低体温が酷かった。

今は体温も戻って
しっかり食べてくれています。

だからきっと大丈夫。
幸せになるために元気になろうね。





6/26情報更新

今日、保護のお問い合わせが来ました。

といっても毎日色々な方々から保護依頼がくるんですが
今回は何か・・・予感ってのはあたるもので・・・

依頼主さんからのメッセージはご実家の敷地内で子猫が生まれたと書いてありました。
ここまではよくあるメール内容。
でも次の文字にちょっと不安がよぎる。。。

「おととい頃から母猫が授乳させなくなった」という文字。

5月上旬生まれならもう離乳期。
だけど子猫は母乳を欲しがる。
だから何らかの事情で母親は子猫の育児を停止している状態。

3匹いた子猫のうち2匹が急に行方不明。

残った1匹はずっと鳴きまくってるのに
母猫はお世話をしない・・・
ただ、そばにいるだけ・・・


育児放棄とまではいかない。
もし他の2匹を連れて引っ越ししたのなら
お母さんはここにとどまらないから。

でもお母さんは留まっていて
近くにいる。
でも授乳はしない。



ちょっと状態が変だと思い、
メールをすぐ返すが弾かれてしまって戻ってきてしまう。

このままじゃ死んじゃうというメッセージが頭から離れない。

仕事が終わってすぐ電話したけど繋がらなかったので
電車に乗り込むも、今度は電車の中で着信してしまい
帰宅後連絡をしたら繋がった。

目が見えてないかもしれないと言われて
ちょっと状況が見えてきた。
でも何かが違う。

猫カゼとかでは無さそうだ。

なんだろう。
何だろう。
この胸騒ぎ。

現場は大自然とは言えないけど
市内では比較的山側なので農家さんが多い場所。
で、カラスが多く、カラスで毎年のように子猫がやられて
去年も生まれた子猫が何匹もカラスにやられて
庭先に死骸が落ちてたとの事。

ん~~~
悩む。
ん~~~~~~悩む。。。


ひとまず依頼主さんと連絡が取れて
何とかするしかないと覚悟を決めたので
ごまちゃんのトライアル搬送をした後に依頼主さんのところに直行。

倉庫の中にいるそうで、電気をつけてもらったら猫さんはじーっと座って鳴いていた。

ただただ、鳴いている。
逃げないし鳴くだけ。

視点がこちらを見ていない。

でも目は開いているしカゼの症状は見当たらない。

普通の目をしている。
若干瞳孔が開き気味な気もしたけど・・・

抱っこすると脱水を確認。
貧血もあるように感じる。
ノミがすごい。
低体温。
ウンチはお腹に入ってるけど・・・

何だろう。

違和感。

ヘルペスとかで目が塞がって
鼻が詰まってお母さんのおっぱい吸えないとかじゃない。

何か体の中で異変がある。

でも見た目は問題ない。

何だろう。


一般参加で幸せ探し会でますか?って話を進めたんだけど
医療行為も問題なく受けさせてくれるしちゃんと里親さん探しをしたいという気持ちのある依頼主さん。
ただ保護環境が非常に大変そうで・・・

私もこの子を手にした時の低体温気味な感じと貧血気味なのと
なんだかわからないけど違和感。
なんだろ~なんだろ~
野良猫のかあさんが後ろに来た。
でも超野良なのでシャーシャーすごいらしい。
依頼主さん何度も捕獲を試みてるみたいだけど
手を出してくるそうで何度かひっかかれたって。

わぉ、ワイルドなお母ちゃんだ。
でもまてよ。
ワイルドなお母ちゃんの子なら
こんな状況じゃないっしょ。
お子さん、全然逃げないっす。
この月齢ならもうシャーシャーいって逃げまくるのに。


何だろう。
何だろう。
何だろう!この違和感何だろう~~~~!!って悩んでたんですが
気が付けば「今日連れて帰ります」って言ってた。

あー。
言ってた。

もう言っちゃった。

って思ったらもうそうするしかないし
私自身、この子ここにこのまま置いてたら
後悔するって感じたんです。

脱水と低体温を回復させて栄養状態も回復させて
血液検査で問題なければあとはワクチン打って
すぐ里親さんさがせるようになるさ。

って思い込んだ。

思い込んだんですよ。。。

CIMG5771.jpg

でもやっぱり、帰宅して色々見たら
違和感だらけ。

貧血、脱水、低体温の3点セット。

これは現場で見たときと変わらない。
保温しながらa/dとミルクでとりあえず何とかしのごう。

ミルクとa/dを混ぜたものをシリンジに入れて
与えた瞬間、ものすごい勢いで呑み込んだ。
ガツガツとシリンジを噛みつきながら飲んだ!食べた!

よっしゃ!大丈夫だ!
これだけ食欲があるなら大丈夫!って思った時に
頭をナデナデしたんです。

そこで感じたんです。


あ。



って、気が付いたんです。。。




あ~。


って。。。。


この子、頭がい骨骨折してるかも・・・って。



頭プヨプヨしてるんです。

水頭症とか、そういうのではなく、
右側の耳の横。
ここだけプヨプヨしている。

あぁ。

これが原因か。


兄弟はカラスに殺され
唯一生き残ったこの子も
多分カラスに捕まったけど落とされたんだろうな・・・
その時に頭がい骨骨折したんだろうな・・・・

頭部の骨折が陥没骨折なのかわからないけど
解放骨折じゃない。
傷口は見えない。

ただ、髄液か血液が溜まってるのがわかる。

これが神経を圧迫したりして
視力が弱ってるのか視力が消されたか。
嗅覚が弱ったのか嗅覚が消されたか。


麻痺が残るかもしれない。
歩けないかもしれない。
排尿・排便出来ないかもしれない。


将来的にいっぱい障害が残るかもしれない。

そんな子保護して大丈夫なんだろうか。

里親さんなんて見つからないかもしれない。
というかハンディのある子をわざわざ家族に迎えてくれる人がいるのだろうか・・・

そんなことを考えながらも
明日、病院で検査してから心配しよう。

この子はきっと元気になる。

そう思って私はまた希望を託しちゃうわけです・・・。

CIMG5776.jpg
この小さな体が
どこまで持つのか
今どんな状況なのかわからないけど
ガッツガッツとシリンジから出すa/dのミルク割を呑み込んでくれたこの子の
生命力にかけたい。

3日間も母乳も飲まずほとんど飲み食いできてなかったこの子が
こうして生きてる奇跡を信じよう。

もし途中で力尽きてしまったとしても
保護せず、医療行為もせず、見守るだけだったら
絶対に後悔する。

この子が鳴いてるのはママを探す意味でもあるけど
きっと痛いんだろうと思う。

もし、視力が無いなら
今まで見えてた景色が急に見えなくなって真っ暗な中で孤独と戦ってるなら
ものすごい恐怖だと思う。
ママの匂いがするのに
ママは自分を探してくれてない。
近くにいるのに舐めてくれない。
温めてくれない。

痛みもあるだろう
空腹もあるだろう
恐怖もあるだろう。

もう、そんな状況の子を保護せずにいたら
私絶対に後悔するわ・・・って思ったんです。

幸い医療費については依頼主さんもちゃんと責任もって対応してくださるってことでした。
初期費用だけお預かりしたのでそれでひとまず色々検査とか
して状況を把握してきます。

そして手術や何か回復するための行為が出来るなら
それをしたいし、苦痛から解放してあげたい。

恐怖から解放してあげたい。


そう思っています。

今はまだ何も出来ないし
この子を温めること、シリンジでご飯を与える事、
それしかできません。

でも明日、病院にメンバーさんが朝連れて行ってくれることになったので
ひとまずレントゲン等を取って頭部の状態を把握。
状況がわかったらどうしたらこの子が元気になるのか。
何をすればいいのかを先生と相談して
願いがかなうなら、この子が元気に回復してステキナ家族を見つけてあげたいって思ってます。



仮名はアイリスと名付けました。

女の子です。
長毛です。
クリーム×白の美人さんなのに
クリーム×汚れてグレーになっちゃってます。

名前の由来は
花言葉です。
アイリスの花言葉は「よい便り」「メッセージ」「希望」ってものらしく。。。

レントゲン撮って、「あ~大丈夫ですよ~出血が溜まってるだけでそのうち散りますから~腫れも自然に引くでしょう。」っていうよい便りと、「うちの子にしたいです。幸せにします」っていうメッセージが届いてくれるっていう希望を・・・お名前にしました。




どこまで生きられるのか、どこまで回復するのか未知数です。
でも私はこの子を今日保護できて良かったって思ってます。
絶対あのまま置いてきたら今夜眠れないわ。。。。。


幸せになるために保護したんです。
不幸にするために保護なんてしない。。。


私はこの子が少しでも痛みや苦痛から解放されて
人の温かさと、安心できる環境でのんびり暮らせる毎日をプレゼントしたい。。。。

まぁそれもまた、
自己満足なんだろうけどね・・・

その私の自己満足が原因で
この猫さんに超幸せがゲットできるなら
それで十分。。。

息子には怒られましたけど(苦笑)

「お前、お人よしやねん!」って言われました。
どこのお笑い芸人か・・・(苦笑)

つか母ちゃんに対してお前って言うなよ~(号泣)


あ。そうそう。息子には伝えていませんが、
今週末また一気に保護があります・・・

もう、容赦ないです(号泣)

でも、覚悟していたことですから・・・
一時預かりさん、居ましたらおねがいします・・・
まだまだ、保護を待ってる子たちがたくさんいます・・・

時期的にこうなるのは仕方ないけど
やっぱ不妊手術の必要性は
もっともっと行政側が飼い主の義務、給餌者の責任として
大きく広めるべきだと思います・・・

皆さん。
アイリスちゃんに
がんばれ~って応援お願いします。
きっと元気玉で元気になってくれるはず。

元気になります!きっとなるんです。
いや、もう絶対元気になるんです・・・

そう思って今夜も頑張ります。

保温、シリンジでの強制給餌して
今晩乗り越えて見せます!
関連記事
スポンサーサイト

| 幸せ報告【幸せゲットのご報告!】 | 22:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/06/29 21:32 | |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/448-778607ef

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>