Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

6/28実施 H団地(富士・マカロンのお母さん) TNR報告① 7/23情報UP

2014/06/28実施報告

コチラの現場にてTNRを行いました。

富士マカロンのお母さんです。

CIMG5836.jpg

給餌者が足を洗うと
この子たちの餌は誰が与えるんでしょうね・・・

まぁいっぱい無責任な給餌者が居る場所なので
餌に困ることはありませんが
縄張り争いが激しい地区でもありますので
この子たちがノンビリ過ごすには
窮屈な場所かもしれません。

リリース後はメンバーさんがこの子がノンビリしてるのを確認していますので
ひとまず、新しい餌やりさんが居る場所に移動しつつあるようです。

給餌をするなら
必ず該当猫の不妊手術の徹底と
最期まで責任もって給餌をしてトイレの設置等を行ったうえで
近隣に迷惑をかけないようにして
1代限りの命として見守る事が必要です。

クレームが来たから餌はもうあげないことにしたって
そんな我儘通用しません。

給餌者から餌をもらって生き延びてきた子たちは
誰からご飯もらえばいいの?
飢え死にしろって言いたいのでしょうか。

人間だってそう。
今まで生活保護だとかそういう保護を受けて生きてた人間が
急に「あなたの生きるためのお金を払うのが大変になりましたので今後お支払いしません」なんて言われたら
どう思いますかね。

人間だってお金が無いと生きていけない。
そのお金は働かないともらえない。
でも働けない事情があるから生活保護等を支給してもらって生きている。
それはそれでいいとおもいます。
でも猫たちはそんな保護なんて無い。
人間が餌を与えて「この人はご飯くれる人だにゃ」ってわかったら
その人間に依存して生きて行きます。
だからその人間が「もうお前にはご飯を上げられないのだ。」って言われたら
彼らはとてつもない絶望を味わうでしょうね。

猫の祟りは末代まで続きます。

ロクな死に方しませんから
猫さんは大事にしましょうね。
というより、人間はこの生態系の頂点に居るんですから
弱いものを守る生き方をもっと学ぶ必要があるんじゃないかな~っておもいます。
何事もすぐ駆除だなんだかんだって消す方法しか見出さない人間は
殺してしまえ!!ってすぐに言いますね。

戦争を始めてる国々も国のトップに立つ人間の私利私欲に市民が巻き込まれてるだけだし。

猫たちは平和主義者です。

ご飯も譲り合う。
寝床も譲り合う。
無駄に争いはしません。

人間も猫たちのような動物にもっと生き方を学んでもいいのではないかなぁ~って思ったり。

彼女たちのような飼い主の居ない猫たちは
給餌者が居るから生きていけるんです。
どうか、「自分の猫じゃないから」って理由で給餌をやめないでください。

給餌した時点で、給餌者が責任もって世話をすべきなのですよ。。。

関連記事
スポンサーサイト

| 2014年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/468-542298a8

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>