Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【お空に帰りました】9/6緊急保護 キジ白オス 9/11情報更新 

2014/09/11情報更新

9月6日に保護した猫さんは
9月11日午前0時33分、お空に帰っていきました。

6日保護してすぐ病院に搬送するも
補液と吐き気止めしかすることができませんでした。
翌日7日も補液と吐き気止めをして
8日も補液、9日も補液。
衰弱しているし、もうすでに内臓もやられている状態ですので
手の施しようがない状態でした。

飼い主さんが居るはず・・・

そう思って各機関に届け出をしましたが
警察、保健所、センターにも届け出はありませんでした。

探されてないのかな・・・

探してくれてるよね・・・きっと・・・

そう思ったけど
現実は難しいものですね。。。

彼が生きている間に
飼い主さんを探してあげたかった。

飼い主さんのもとに戻してあげたかった。

でもその願いもむなしく
彼は空に帰っていきました。
140907_1203~01

7日は食べてくれなくて
何も食べてくれなくて
補液でかろうじて生きてる感じで
8日の夜も補液したけど食べてくれなくて
衰弱している彼に泣き落とし・・・

もう少し一緒に居たいよ
もう少し頑張ろうよ
もう少しでいいから・・・
飼い主さんのところに帰ろうよ
だからもう少し一緒にいようよ・・・

140909_1859~02

そういって泣きながら彼のそばで添い寝しながら
ボロボロ泣いて泣きまくって。

そしたら彼はしょがないな~って思ってくれたのかな。。

少し自分でご飯を舐めてくれて
カロリーエースを飲んでくれて・・・

9日の朝にはとてもスッキリした顔をして
おはようって言ってくれて
私はとっても嬉しかった。
140909_0712~01

頑張ってくれるの?
もう少し一緒に居てくれるの?
9日の朝はケージから自分で出て
少しフラフラしながらもお散歩してくれました。

9日の夜もカロリーエースを飲んでくれて
少しだけど飲んでくれたことがうれしくて。
体温も上がってくれて
彼の体が温かいのがよくわかるくらいになったから嬉しかった。
140909_0713~01
でも補液しに行って
冷たい診察台の上で補液をしていて思ったんです。
もう補液は辞めようって。

残された時間が少ないのはわかってる。
診察台の上で補液するよりも一緒に居る時間を大事にしようって。
140909_1859~01

捜索の届け出が出されてない事を知ったから
ウチの子になろう?ウチの子になってくれる?って話をして
よくばりになった私の願いを聞き入れてくれて
カロリーエース少し飲んでゆっくりくつろいでくれました。
そしてまたケージから出て
お散歩してくれた。

疲れちゃうからお散歩が終わった後は
ケージの中に体半分突っ込んで
添い寝しながら名前を考えてたら
そのまま寝ちゃって朝おきたら体がバッキバッキになってて痛かったけど
彼はしっかり生きててくれて
朝を迎えるたびにホっとして。。。。

でも

10日の朝は
もう頑張りすぎて疲れちゃったのかな。

お迎えが近いのがわかって・・・
お迎えが来てる足音が聞こえてきたように感じて。
カロリーエースは飲んでくれたけど
やっぱり辛いのか寝方も変わって。

メンバーさんからもお迎えが近いねって言われてたし
急いで仕事が終わったら帰って
カロリーエース飲んでくれてホっとしたけど
お迎えの足音は確実に近づいてて・・・
今夜はずっと一緒に居ようねってことで
ケージから出して少しでも呼吸が楽になるようにって
色々試してリビングで添い寝しながら
名前を呼びながらずっと触って抱いて体位を変えたりして
ずっと一緒に居ることが出来ました。
140910_2048~01

呼吸は浅くて呼吸回数が多くて
でも心臓はしっかり動いてて。
ガリガリになった彼の体はもう限界を超えてるのに
苦しい顔もしないで穏やかに眠っててくれて。
CIMG8479.jpg

でも状態が変わったのは10日午後10時過ぎ。
意識混濁。
ほとんど意識がなくなってきて。。。
時々意識を戻して起き上がろうとするから
体位を変えてみる。
それを繰り返していくと
徐々に意識がなくなる時間が増えてきて。
CIMG8480.jpg

旅立つ10分くらい前に
ムクっと体を起こして
ニャーと5回鳴きました。

CIMG8489.jpg
あ。。。もうお迎え来ちゃったんだなって思って
そこからはもう・・・
体をなでながら名前を呼んで大丈夫だよ、怖くないよ、
ずっと一緒にいるからね、ここに居るよって語りかけて。。。

そして日付変わって0時30分。
大きく呼吸をして呼吸停止。
心臓はまだ動いてるけどか細くなってて
瞳孔が開いて。
140910_2107~01

0時33分。
心臓の動きが止まりました。

彼はそのまま旅立ちました。

苦しかったよね。
辛かったよね。

飼い主さんに合わせられなくてごめんね。
補液して無理させてごめんね。

もう少し一緒に居たいって思いは
辛い思いをさせるだけだなって思ってたけど
あと少し、あと少し、って・・・

出会ったばかりなのに
まだ何も楽しい思いで作れてないよ
出会ったばかりなのに
もうお別れなんてイヤだよ

そう思って
補液したり強制給餌して見たりしたけど
彼の体は
無理して生かすことが幸せにつながらない状況になってて。

かろうじてカロリーエースだけは舐めてくれたから
それだけが救いだったかもしれない。

看取り覚悟の保護はつらいけど
このまま放置してたら
彼は誰にも看取られることもなく
どこかで力尽きてただろうなって思います。

声をかけてくれて
助けてって言ってくれた彼に
本当にありがとうって思うし
短い間だったけど
頑張ってくれて本当にありがとうって思っています。

ウチの子にするって決めてから
なかなか名前思いつかなくて
思いついても息子に却下されたりとかして
全然名前を付けられませんでした。
でも幸って書いてコウって読むのだけは決めてたから
ずっとコウちゃん、コウちゃんって呼んでました。

じいちゃんって最初は呼んでたんだけど
じいちゃんって名前はイヤだな~って(苦笑)

息子もコウちゃんをずっとナデナデしてくれて
今日はもうお別れになっちゃうだろうから
一人にさせないでほしいっていう私のワガママを聞いてくれて
私がお風呂に入ってる間は
息子がずっとコウちゃんのそばにいてナデナデしてくれていました。

ガリガリになったその体を
優しく触る息子の手は
とっても大きく見えて
コウちゃんがうれしそうに眼を細めてるのを覚えています。
CIMG8490.jpg
この先何匹こうして看取るのだろうか・・・
そう思うと胸が張り裂けそうになる。
でもこういう子が少しでも減るように
私は今活動しているんだ・・・
そう思えば
彼の死を無駄にせず、彼との出会いを無駄にせず
また一歩踏み出せるような気がしています。

明日も明後日も仕事なので
土曜日までは我が家で眠ってもらって
土曜日の午後に合同火葬をすることにしました。

名前を「幸生」と書いてコウセイ君です。
最期看取らせてくれたことに感謝しています。
生まれ変わったら
うちの子になろうね。
また会おうね。
今度はボロボロの状態じゃなくて・・・
元気な姿の幸生に会いたいです。

またボロボロになった状態で
出会ったとしても
また一緒に過ごしたい。
そう思えるステキナ子でした。

性格もとっても良くて
非常に賢くて。

歯肉炎もひどいし
前歯は抜けてるし
犬歯は口から出ちゃってるし
本当にボロボロのガリガリだった幸生くん。

ウチに来てくれてありがとう。
ウチに迷い込んでくれてありがとう。
そして看取らせてくれてありがとう。

短すぎる間だったけど
色々お話したり
一緒に試行錯誤できて
私は幸せでした。
アナタは幸せでしたか?
辛く無かったですか?

また会いたいです。

拡散してくださった皆様にもお礼を申し上げます。
幸生くんの代わりにお礼申し上げます。





2014/09/06情報UP

たった今・・・
私の目の前に現れた1匹のニャンコを保護しました・・・。

昼過ぎに一度車で帰宅したときに敷地内でチラっと見かけて
一度も見たことのない子だなと思って写真を撮ろうと駐車場に車を止めて
居た場所に近づくともう姿がなくて。

チラっと見たときに感じたのは
首輪が付いててヨボヨボしたおじいちゃん猫ってかんじ。
誰かが飼ってる猫がお散歩にでもきたのかな~って思ってたんです。
かなりヨロヨロして歩いてたけど
敷地内でオシッコしていったから
そこまで深く心配しなかった。
何よりも首輪をつけてたから。

でもよく考えればあんなにクッキリ見える首輪ってのもおかしいな~なんて思ったり。

でもその時は姿が見えなくなってたので
そんな深追いするつもりもなく、
今日の夕方に保護する予定のヨボヨボの女の子の事が頭にあったから
その子の保護をうまく進めないとな~なんて思った程度だったんですよ・・・。

色々今日の予定をこなして
結局保護予定だった女の子は保護できず(警戒しちゃってキャリーに入ってくれなかった)
残念だけど来週捕獲器で・・・ってことで依頼主さんと別れて
病院に今日TNRの子をお迎えにいったのが夕方6時25分。
病院でお迎えの子たちを引き取り、
出口で里親募集で昨年の春に色々お世話になった方と偶然会えてお話して
ではさよ~なら~って別れて、
帰宅して駐車場に車を止めてTNRの子たちを自宅玄関前に並べてたんですよ。
そしたら背後から大きな声で「にゃ~~~~!にゃ~~~~!!!」ってすごい鳴き声。

え?!って振り返ったら
昼過ぎに見た子が目の前に。
そして何か訴えてる。

「どうしたの~!?」って言ったら
とにかくニャーニャー。
「おいで」って言ったら来たので
触ったら首輪がユルユル・・・
暗闇でよくわからないんだけど
首輪がユルユルでガリガリでフラフラ・・

ちょっとまった。
あなた、まさか・・・って大慌てでキャリーを開けると
丁度さっき保護しようと思ってた子のために入れてたご飯が
入ったままだったのでちょうどいいやって思ったら
フラフラって倒れこんじゃった。

倒れこんじゃったからビックリして
とにかくキャリーに入れてすぐさま病院へ。
そのタイミングは6時47分。
140906_1849~01

なんかあっという間の出来事だったけど
とにかく搬送!急いで治療!
脱水も酷いし貧血もすごいから・・・

140906_1853~01
体格は5キロ以上あるはずなのに
2.32kgしかないの。
そして体温は低体温になってて36.5度しかない。
140906_1855~01

補液してもらって、ガリガリの体に少しでも水分を・・・
体調が少し落ち着いたら血液検査するけど
多分もうかなり衰弱してるし
元々内臓疾患もあるだろう。
高齢猫さんだしガリガリ具合が尋常じゃない。

とにかく食べたいものをしっかりあげて体温をあげていくしかないな・・・って。
とても人懐こくて、スリスリゴロゴロだし
病院でも大人しく治療を受けられる子です。
性格はとても良い子ですよ。
140906_1853~02

飼い主さん、探していませんか?
探してくれていませんか?

どうか、遺棄や置き去りじゃない事を願って
今急いでブログをUPしました。
140906_1914~01

キジ白の男の子。
かなり高齢。
ペティオの黒い首輪(比較的新しい)をつけています。
尻尾は鍵しっぽで15cm位まっすぐだけどその先がカックンってまがってます。

押しかけ保護要請を自分でしてきたようなこのおじいちゃん猫さん。。。
全く驚きまくりです。。。

このタイミングで姿を見せてくれたのは
ラッキーだったね。
そして我が家にくるってのは相当なことだよ。。。
ビックリだ。。。
ビックリだ。。。

受け入れ先が無いので
しばらく我が家のリビングに居ますが楓斗もヘチマも居て
イライラがスタートしちゃってますので
一時預かりさんも探しています。
もしかしたら看取る可能性もありますが
明日の朝の状態で看取るような状況になっていれば
このまま我が家で看取ります。

でも復活してくれたら
預かり先に移動させたいです。
我が家では子猫もいっぱい
成猫もいっぱい、ちょっとこれ以上は厳しい。

この子は無理だけど他のこならあずかれますよって方が居ましたらご連絡ください。
ちょっと満員状態で非常に大変。。。
あとケージ2台分保護猫部屋からあけば
このおじいちゃん猫さんは寝室で保護継続します。

なんか、家に入れたら安心したのか
ちょっと落ち着いてくれたんだけど
安心され過ぎるとそのまま逝っちゃいそうな感じで・・・
心配です・・・
どうか飼い主さん!連絡ください!!お願いします!!
この子、お家に帰りたいんじゃないでしょうか・・・

迷子かな・・・迷子だと信じたい。
遺棄だなんて信じたくないデス。。。

お願いします。

関連記事
スポンサーサイト

| 空に帰ったニャンコたち。 | 01:02 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/09/12 18:57 | |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/501-cf41419d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>