Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【幸せゲット!】樹來(じゅら)君 茶白の男の子 3/8情報更新

2015/04/12情報更新

ジュラの幸せゲット報告が
何故か更新されておりませんでした(大汗)

記憶の中では更新していると思っていたんですが
どこの記事を更新してしまったのだろうかと・・・

ビックリでございます。

1か月も前に正式譲渡完了しております^^;
大変申し訳ありません・・・
フェイスブックで更新したのかなぁ・・・
でもその記事も見つからず・・・

おかしい。。。

そんなこんなで3月8日、トライアル先に伺いまして
正式譲渡誓約を交わしてきました。

ピンポーンって伺うと
そこにはハウスで待機しているジュラ♪
CIMG4971.jpg

おばちゃん、誰だっけ・・・って予想通り言われました。
わかってますって、忘れられてもいいんです。
それだけ新しい家族に溺愛してもらってる証拠♪
CIMG4973.jpg
会長がジュラにナデナデしたら思い出したようで!!
CIMG4974.jpg
もしかして・・・この匂いは・・・
会長さんとオバチャンですか!!!
って。
大正解だよ~!思い出した!?
CIMG4969.jpg
おばちゃーーーーん!久しぶりだにゃー!!!

ってなわけで思い出してもらえました(笑)
よかった、思い出してもらえて(照)

ジュラが保護されて、我が家に移動してきて
その日のうちに手の異常に気付いて不安がUPしてきて
試行錯誤しながらこの子の体の中で起こってることを知りたくて
治療と検査をしてきました。

徐々に回復しつつも完全にマヒがとれる子とは無く
それでも保護当時よりもかなり良くなって
他の子たちと一緒にげんきに遊べるようにもなり
保護猫部屋の中で一番ヤンチャな坊やに成長しました。

麻痺の件があるので
なかなかご縁が繋がらないかもしれない。
でもこの子の良さは麻痺なんか吹っ飛ばすくらいのパワーがあります♪

新しい家族に迎えてもらって
溺愛してもらって
お留守番も全然ないお家なのでジュラにとっては至れり尽くせり♪

保護されてから半年。
素敵なご縁に恵まれました♪

応援ありがとうございました!!
ジュラ!卒業おめでとう!!!




2015/2/23情報更新

21日の幸せ探し会にて
トライアルをゲットしました!
募集を一時停止いたします^^



2014/12/17情報更新

前回の幸せ探し会では
アルバイトとして猫カフェ部門で参加させたはずなのに
あれれ。人見知り炸裂。。。
意外と繊細な面もあることを知りました。
そういえば病院でも「お家かえる~!」っていつも診察台から
逃げようとするよねぇ・・・
CIMG1736.jpg
前回の血液検査から1カ月後、再検査したら
見事に腎臓の数値は回復し、背中の腫瘍も無くなって
この子が抱えているハンデは左手の麻痺だけになりました!!
CIMG1732.jpg
麻痺なんて感じさせない位にパワフルになりました。
そして甘えん坊っぷりもパワーアップ!!
CIMG1728.jpg
性格は花丸!!
末っ子気質なので容赦ないですが
茶白猫らしい性格の持ち主です。
CIMG1727.jpg
アイリスとだって飛び回って遊びます♪
お互い色々なもの抱えてるのに
そんなこと感じさせない位に
思いっきり遊んでます♪
CIMG1571.jpg
最近は精神面でも色々と落ち着いてきたのもあり、
俺が!俺が!っていう面が少し消えて
譲り合いの精神も芽生えてきましたよ♪
CIMG1579.jpg
お膝はみんなで分け合うものだってわかったようです!!!
譲らない太朗が邪魔してるだけってのもあるけど
それでも他の事一緒に私のお膝を分け合えるようになりました(笑)
CIMG1568.jpg
早く自分だけのお膝を見つけられるといいんだけどね・・・
ここじゃ一人あたりのお膝は狭い(笑)
CIMG1566.jpg
「おばちゃんがもっとデカくなればいいんだよ・・・」って言われそうだけど
成長期なのは会長だけですから~
我々はあとは縮んでいくだけですから・・・(号泣)

甘えん坊だしお膝抱っこ大好きだし
これでもかってくらいの飼いやすい猫さんです。
麻痺については進行性なのかどうか・・・
成長とともに筋肉が補っていけるので
他の部分がカバーしながら麻痺なんてヘッチャラって言えるようになると思います。

麻痺は有るけど
めっちゃ早く走れるしキャットタワーも
ものすごい早さで登れます!!!
毎日マッサージしてくれるとありがたいニャン♪

素敵なご縁待ってます!


2014/10/25情報更新

ジュラは麻痺がある左手がうまく動かなくても
一生懸命歩いたり飛んだり跳ねたり・・・
CIMG9544.jpg
他の子たちに負けないで一緒に遊んだりしていました。
CIMG9545.jpg
ツグミとも仲良くなって一緒に遊んだりしていました。
CIMG9546.jpg
バランスを崩しやすくて
他の子たちの速さに付いていけなくて
転がっちゃったりもしたけど・・・・
CIMG9547.jpg
それでもハンディなんて全然本人は気にせずに
一生懸命遊んでいました。
CIMG9553.jpg
レントゲンも撮りましたが
脱臼などは無く、やはり神経系の麻痺だと・・・
どうやって治療すればいいのか、麻痺を改善する飲み薬も
子猫には負担が多いので継続的には飲ませられません。
CIMG9568.jpg
ちょっと疲れやすいのかな・・・ってこのときに思ってたんですよね。。。
CIMG9569.jpg
元気に歩いてきたと思うと他の子猫たちの遊びの輪に入らずに
じーっと見学してることも多くなってきて。
CIMG9571.jpg
脱臼とかならあまり激しい運動もさせたくないんだけど
麻痺ならば筋肉が弱っちゃったらイヤだなって思って
運動はみんなと同じくらいさせていこうってことになったんですが
少し遊ぶと遊んだ時間以上に休憩・見学が多くて・・・
CIMG9576.jpg
我が家に移動してきてからというもの
日に日に何かこの子の中で起こっていることが
単なる一時的なモノという形で受け入れられなくなってきて
心配は増えるばかり・・・。
CIMG9585.jpg
こうやって一緒に遊ぶ時もあるんです。
だから原因追究についても
こうしたほうがいいのか、それとも様子見がいいのか、
とても悩む日々でした。
CIMG9598.jpg
バジルとも遊んだりして
楽しそうにできてるのが
回復を目指せるような気にもなったりして。
CIMG9599.jpg
急激な悪化は見えないけれども
回復という2文字は全く見えない。
CIMG9650.jpg
だからこの子の体の中が
今どうなってるのだろうかと
心配ばかり頭の中をよぎっていました。
CIMG9651.jpg
この子が一歩一歩歩く姿が
とても痛々しくて
でも彼にとってはそれが当たり前になっちゃってる。
CIMG9653.jpg
カクン、カクンと歩くその姿は
私にとってとても痛々しいんです・・・
でも彼は私に近づくために一生懸命歩いてきます。
CIMG9654_20141026211905790.jpg
どうしたら治るんだろう。
どういう治療をしたら回復するのだろう。
CIMG9747.jpg
麻痺にはリハビリ。人間ならそうなるから
マッサージと運動を少しずつ・・・それで何か回復するきっかけが出来ればって思ってました。
CIMG9768.jpg
麻痺している手は冷たいのです。
他の手に比べて冷たいのです。
CIMG9773.jpg
でもこの麻痺している手を軸足に出来ないから
利き手がいつも麻痺してる手になります。
鈍い動きしか出来ない手を一生懸命伸ばしたりして
一緒に遊んでる姿を見ると
やっぱり回復させたいって思いが募ります。
CIMG9800.jpg
こんな小さい体でなんでこんなモノ抱えてるんだろう。
この子はどうしてこんな体になっちゃったんだろうって。
CIMG9811.jpg
ジュラを見ていると色々な事を考えてしまって
なんか頭の中がグチャグチャになってくるんです。
CIMG0107.jpg
少しでも改善させたいからって思うと
色々な情報を探そうとして資料を見るんですが
やっぱり的確な情報が無い。
私がほしい情報が無い。
CIMG0108.jpg
欲しい情報が見つからなくて
イライラもしたりして・・・
CIMG0110_20141026212628a2e.jpg
でも周りの子たちは案外ジュラの事深く考えてないから
ありのままのジュラを受け入れてくれています。
CIMG0116.jpg
アヤメもこんぶもジュラの事受け入れてくれて
気にしてくれています。
CIMG0123.jpg
でもスピードについていけないから
ポツンと残される。
CIMG0129.jpg
一緒に遊べない時間が増えると
人間への依存度がUPしてきます。
膝の上は常に奪い合い・・・
CIMG0287.jpg
あかりちゃんに私の膝を取られてしまい
他の子と遊んできていいよ~っていっても
私のそばを離れないで順番待ち。
CIMG0446.jpg
だから玩具を渡して遊ばせるんですが
何だかやる気がない。
CIMG0485.jpg
ほら、遊んできな~玩具楽しいよ~って。
CIMG0498.jpg
玩具での遊びを教えながらだと
楽しそうに遊びます。
CIMG0487.jpg
「わ!とんだ!!!」ってジャンプしただけで喜んじゃったりもしました。
CIMG0488_20141026213414759.jpg
でも着地が危ないんですよね。
麻痺した手がうまく着地の重みに耐えられなくてバランス崩す。
CIMG0641.jpg
徐々にお膝滞在時間も増えてきて
この数日は遊びはゼロ。
CIMG0645.jpg
お膝だけで絶対に離れようとしない。。。
CIMG0699.jpg
ちょっとでも離すと
「おばちゃん、お膝!!」って鳴きながら付いてくる。
CIMG0721.jpg
お膝はもう少し待っててねっていっても
足元を追いかけて付いてきて。。。
CIMG0722.jpg
あかりも同じような感じなので
また膝の奪い合いってなるんですが
最近は譲るなんてしないし
僕だってお膝乗りたい!って言って
無理矢理にオヒザに割り込み。
CIMG0727.jpg
あかりちゃんは投薬のあとしばらくお膝の腕で私を独り占めするのが
お薬良い子に飲めたご褒美なんですが。。。
奪いとってドヤ顔したりして。。。
CIMG0739.jpg
これであかりちゃんはご不満顔してケージに戻っちゃいます。。。
CIMG0751.jpg
そしてジュラは〆作業として
私の腕をチュパってモミモミ・・・
CIMG0752.jpg
まだお母さん恋しいのか・・・
君のお母さんドコにいるんだろ???
CIMG0764.jpg
で、このときに私、この子の血液検査を決めたんです。
ご飯の量と体重の減り方が
ちょっと異常な気がしたので・・・。
やつれたっていうのかな・・・なんていうか。
麻痺の事もあるし内臓に何か問題があるような体重の減り方(体のラインの減り方)がとても気になったのです。

で、検査の結果腎臓に問題があることがわかりました。
BUNの数値が43(正常値16~33)
Creの数値が1.8(正常値0.6~1.6)

肝臓は問題ありませんでした。
この数値が慢性なのか、急性なのかもわからないのと
子猫さんではお薬が限られちゃうのもあり
吸着剤をご飯に混ぜて与え、
出来る限り通院して補液をすることになりました。

腎臓の場合は毒素を体内から排出することが
一番重要なポイント。

ヘルペスにもなっちゃって
痛々しいお顔とやつれた体。

この数日元気が無くて食欲も若干落ちていたのもありましたが
これが慢性の腎不全だった場合
あまり長く生きることが出来ないだろうって。。。。

麻痺もあるのに腎臓まで・・・
どうしてこういうのって重なるんだろう・・・
こんなに甘えん坊でとっても良い子で
お薬も嫌がらずに飲めて
すんなりお薬を飲んでドヤ顔するんですよ。
褒めて♪褒めて♪って顔してくるんです。
膝取りゲーム状態で奪い取ると
大喜びするんです。

なんでこんな子がこんな目に合わないといけないんだ。。

治療はほぼ毎日補液していきます。
吸着剤も飲みます。
補液だけで4万近い医療費が発生します(@1550円×25日の場合)
薬も1日1錠分の吸着剤。ご飯もペーストのものに切り替えになります。
大体1日2~3パック使いますので24P入り×2で通常ルートでの購入だと10000円くらい。安くても
8000円くらいかかります。

大変申し訳ありませんが、
ジュラの治療費のお力添えをお願いしたいのです。

この子が回復するのかはまだわかりません。
でも若いですし私はこの子がチョコちゃんの時みたいに回復してくれると
信じたいのです・・・。
都合のいい話ですけど、、、治療出来ない範囲のレベルには到達してないって信じたいんです。

この子が活きるための力をどうかお願いいたします。
フードでのご支援、医療費でのご支援どちらでも構いません。
どうかお力添えいただけますようお願いいたします。
フードはコチラ→ロイヤルカナン ウェット ベビーキャット インスティンクティブ 100g

ロイカン

ジュラの回復が見込めそうなら
募集を再開しますが
まだどういう状況でこの麻痺があって腎臓の数値がこうなっているのか
原因がわからないので原因究明と治療を優先していきます。
どうかジュラにステキナご縁探しを再開させられますように!!!



2014/10/5情報UP

【9/19保護 10/3受入 樹來(じゅら)君 茶白の男の子】

H地区の現場に子猫が遺棄されたのか、野良さんが産んだのか・・・。
子猫だけ姿を現すようになったので受け入れ要請がありました。
しかし満員御礼状態が続いており、ひとまず保護していただいて
こちらの受け入れ態勢が整うまで依頼主さん宅でお世話になっていました。

9/19に保護完了の連絡を頂いています。

140929_165041.jpg
とても甘えん坊さんで抱っこするとすぐにゴロゴロゴロゴロロ・・・と爆音でのどを鳴らしてくる子です。
140929_005734.jpg
保護されたときに左手の状態がおかしくて先生に様子を見ましょうと言われたそうです。
その話は知らなかったんですが、
10月3日に受け入れをして、私は金曜日だったので2つの現場で捕獲作業があり、
メンバーさんに引き取りに行ってもらって受け入れ完了。
私は2つの現場を2往復して捕獲作業をしていました。
残業もあってアタフタしていたので猫たちのお世話の時間が夜10時ちかくなってしまい
いざ、ご対面♪
って思ったらなんか左手がへん。
グニャンってまがってる。
触ってみると折れてるような感じは無く、
捻ったとしても痛がらなくて
力が入らないような感じでした。
心配だったので翌日4日に病院に連れて行ってみてもらったら
神経麻痺の可能性がありヘルニアかもと。
注射をしてもらって5日の午前中に再診してもらったら
少し回復していました。
なのでそのまま飲み薬を飲んで対応していくことになりました。
原因はわからないけど、もしこのまま外猫さんとして生きていたら
あの恐ろしい現場では生きていくことが出来なかったでしょうね・・・
CIMG9213.jpg
昨日は立ってもガクンガクンってなっちゃってたんですが
今日はすっかりシャキーンとしています。
CIMG9211.jpg
得意技は二足歩行です(笑)
何故かスコ立ちみたいな格好するのが得意なのです♪
CIMG9205.jpg
オスだと思われていてやっぱりメスかも?ってなって
手の事で3日の夜に色々見ていたときに
あれれ。タマタマがあるじゃんか。ってことで
やっぱりオスってことで先生からもオスだよ~って言われました。
CIMG9208.jpg
手の状態が落ち着いたら
他の子たちと一緒に遊びながら社会性を身に着ける訓練を始めます。
というかすでにみんニャと一緒に遊びたがってるんで
早く治そうね~♪
素敵な家族を待ってます♪

※ちなみに大人猫さんを見ると2日程度はシャーシャー文句言います(苦笑)

9/23医療行為実施
エイズ・白血病ともに陰性
3種ワクチン1回目完了
フロントライン、ドロンタール済み

関連記事
スポンサーサイト

| 幸せ報告【幸せゲットのご報告!】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/537-7ade3553

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>