Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【お空に帰りました】T地区多頭現場 イックちゃん。

2015/05/01

3月30日にT地区多頭現場で余生を過ごしているイックちゃんが
お空に帰りました。

現場ボランティアさんから連絡がありました。

ずっと口内炎が痛くて
ご飯食べるのが大変だった子ですが
献身的なお世話をしていただけていたので
現場対応から2年。お空に帰って行きました。
2013年の2月17日に初めてあの場所に足を踏み入れて
最後の子たちのTNRが終わったのは1年後。
詳細はコチラ
T地区多頭現場NO.1
T地区多頭現場NO.2
T地区多頭現場NO.3
T地区多頭現場NO.4
T地区多頭現場NO.5
T地区多頭現場個体管理表


レスキューとTNRを半分ずつ。
保護した子たちもほとんどが卒業することが出来ましたが
現場に半分の子たちが残りました。

1匹、また1匹と空に帰っていく子が居る中、
ボランティアさんは毎日一生懸命お世話をしてくださっています。

イックちゃんは本当ならもっと早く寿命が尽きてしまってもおかしくない状態でした。
013_20150501231512692.jpg

ずっと口内炎が痛かったから。

でも頑張って食べてくれていたんですよ。

きっとボランティアさんの気持ちがわかっていたんだろうと思います。

004_20150501231541760.jpg

愛情注ぎながらも、
どこかで境界線を引かないと
踏ん切りもつかない外猫さんのお世話。
本当にボランティアさんには
感謝の気持ちでいっぱいです・・・
こんなに綺麗にしてもらって・・・
最期までお世話をするってとても大変なこと。
特に外猫さんの管理は非常に大変です。
雨の日も雪の日も嵐の日も、ボランティアさんは
給餌のためにお世話しに来てくださっていました。


そのボランティアさんのおかげでみんなが眠るこの場所で
イックちゃんもまた眠りにつくことになりました。

生まれ変わったら
超幸せすぎるくらいの
お家の中で愛情たっぷり注いでくれるお家の子になろうね。

お外での数年間・・・本当にお疲れ様でした。

お口、痛かったけど頑張ってくれてありがとう。

関連記事
スポンサーサイト

| 空に帰ったニャンコたち。 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/676-c0540d10

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>