Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【迷いネコさんのお話】依頼主さんの判断  【出来ることをやる】

2015/05/08情報UP

4月の上旬、1通のお問い合わせがありました。

お家のお庭に猫さんがきて1週間くらい。
ご飯をあげたので保護したと。
めっちゃ大柄の猫さんですが
迷子のようです。

置き去りかな~って思うようなその姿は
オデブちゃん。

でも耳の汚れとか、色々考えると
外猫として飼われていた子っぽいな~って。
非常に人懐こい子だったようです。

とても太っていて
ご近所さんから「妊娠してるんじゃない??」って言われて心配になったので
市内某病院に搬送し、手術をしてもらうことに。

「妊娠の可能性もあるけど、太ってるオスかもしれないから避妊もしくは去勢をお願いします」といって預けたそうです。

そしたらば。

先生から「開腹しましたが、去勢済みのオスでした」って言われたんだそうです。
お腹の毛をガッツリ剃られてねぇ・・・

顔を見ればオスだってわかる面構えの子なんですけど
太ってるっていっても肥満の太り方と妊娠の太り方は違いますから
獣医師として開腹をした理由が「停留睾丸の可能性があったため」とかそういう理由だったらわかるんですけどね。

というか性器を見ればオスかメスかなんてわかるでしょ。

停留睾丸だったらば様子を見て手術をするっていう判断になるのに
勝手に回復しちゃうんだからそりゃもー驚きですわ。
通常の獣医師の判断なら
手術前に性器の位置、確認するでしょ。
停留睾丸かもしれないなら依頼主に連絡をして
こういう可能性もあるから様子を見ましょうとか
麻酔かけてしまったので精巣が体内にあるか確認しますが良いですか?とか
連絡を入れると思うんです。

さすがあの病院。

手術って受け入れちゃうから
先に麻酔かけるのね。

去勢だろうと避妊だろうと
麻酔かけてから考えるっていう流れは変わらないのね。

残念。


非常に残念だ。。。
IMG_2302.jpg

この病院は獣医師と患者の飼い主とのコミュニケーションもそうですが
信頼関係を構築するのが難しい病院です。

だから私は使わないんですけどね。



こういう記事を書くと
関係者からの攻撃がくるのでイヤなんですが
正直言って中身変えないと変わらんよ!!!
って思います。

どうして患者の飼い主(保護主)に相談しないのか。

預かった命に対して状況説明をして対応を判断してもらうってことは無いの?

いつも流れ作業でさ・・・
どうぶつたちの事、動物の飼い主の事考えないのかなぁ・・・


実験台じゃないんだからさ・・・


って思うんですがまぁしょうがない。

無事に生きて戻って来れただけでも良かった・・・


そんでもってですね、
今回この子は開腹手術されてしまったので
傷口が治るまでお家で面倒を見ようと思ってくださった保護主さんは
里親探しをするべく当会に相談してくださいました。

ウイルス検査とかしていないので
当会の協力獣医さんのところにつれていってくださって
結果的にエイズキャリアの子でした。

写真もらった時に
あ。。。。って思ったんだけど案の定。

これだけ人懐こい子なんだから飼い主さん完全室内飼育してくれればこの子エイズなんかに成らなかったのに。

はぁ・・・・

悲しいなぁ・・・

でもね。この子はこの保護主さんに保護してもらって本当にラッキーだと思います。

この子の幸せを願ってくださった保護主さんに
当会では今受け入れが出来ない旨を伝えて
終生飼養が可能なシェルターを保有している団体さんをお伝えしました。

お家にも猫さんたちがいっぱいいるので
お家で飼うわけにもいかず
里親探しをしたいけれども
エイズキャリアのシニア猫さんとなると
相当な時間をかけないと里親さん見つからないので・・・

それから1か月たたないあいだに
その後の報告が届きまして、
無事に終生飼養が可能なシェルターを保有している団体さんのもとに移動が完了したとの連絡が来ました。

ホっとしました。

私はあまり他の団体さんの事を言いませんし
思ってもこういった公の場に書くことはしません。

でも信頼できると判断出来る団体さん、
活動内容に共感できる団体さんについては
陰ながら応援している次第でして・・・

私も色々な現場を対応するにあたり、
終生飼養が可能なシェルターを保有する団体さんに色々お問い合わせした時期がありました。

CCPではシェルター保有してないのでね・・・

でもあれもこれも・・・どこもかしこも
1匹預け入れるだけで30万とか60万とか言われて
私の懐じゃこの子たちを終生飼養施設に入れる事すら出来ない・・・って絶望的になっておりました。

その中で活動を共感できる団体さんが終生飼養シェルターを保有していることをしって
お問い合わせしたところ、金額的な面もそうですが
猫たちのお世話をしているボランティアさんたちの知識、活動力、
そして代表さんの活動力、行動力、原動力がはっきりしていて
この人になら任せられると信頼できる団体さんを1件だけ見つけました。

そんでもって先日代表さんのブログを拝見したら
私と同じようにプンプン怒ってる(笑)

やっぱそう思うよね~って。。。

私もやっぱり開腹手術の件を聞いて
「またあの病院か!本当になんて病院だ!」って改めて怒りを心の中にフツフツとさせていたんですけど。

受入について副代表さんとも電話で何度かお話しましたけど
本当に理解があるというか現場を知っている人の言葉でした。
会話が成り立つんです。

現場を知らない団体さんは
私たちと会話が成り立たないのです。

現場を知ってる団体さんは
現場で動いてる私たちの声を理解してくれています。
そして何よりも猫たちの事、猫の知識、動物の知識があるのです。

だから成り立つんですよ。会話が。
そして誠意があり、正しい言葉を使って会話してくださいます。

栃木拠点に受け入れていただけたことで
広島まで搬送しなくて済みました。
お迎えもすぐ来てくださったそうです。

本当にありがたいことです。

本部が広島なんです。
だから懐かしいんですよ。
私は山口県に少し住んでいたことがありまして。
あぁご近所さんじゃんかって親近感(笑)

引っ越し貧乏だったので山口県にいたときも3回引っ越しましたけど
広島はご近所さんでした。


私は今回、この団体さんをご紹介することしかお手伝いが出来ないんですけど
実際のところ悪質な団体が最近多い。
本当に多い。

市内でもおととしだったかな・・・
他県に活動拠点がある某団体がありまして。
終生飼養するからどんな子でも引き取るっていって
高額な費用を請求し、捕獲器で猫たちをジャカジャカ捕獲して
持ち帰りました。

そんでもってその子たちどこにいるかって?

私たちボラの中ではブラックリストに入ってる某団体が引き取ったことになっていましたが
案の定、彼らはソコにいません。

里親詐欺でございます。

その支払をした依頼主は
2度も同じ事繰り返しました。

増やしてはその団体に引き取らせ
また増やして・・・

結局猫たちは別のところに捨てられるだけです。

猫は別の場所でまた増えるだけです。

そして某団体はお金だけもらって帰るんです。

1回目はわざわざ高速使って引き取りに来ました。
捕獲も彼らがサクサクやっていきました。
2回目は良いカモだとわかったんでしょうね。
自分で捕獲してくれれば引き取るって言いだしたそうです。

それでも依頼主は猫が増えて困ってますから
どうにかしようとしますよね~

お金があればなんとでもなってしまいますが
その命は幸せになんてなれません。

他にも色々な場所で色々な活動をしている団体さんがありますが
私が信頼できる団体さんは本当に少ないです。

何が正しい、何が悪いとかそういう基準では無いですよ。

私が信頼できる活動を行ってくれていると判断するかしないかの問題です。
だからその団体さんの活動を否定したり名指ししてどうこうしようとは思いません。
ただ、その団体さんに私が紹介してまで命を託したくない。
それだけのことです。


栃木拠点にはこれから茅ヶ崎の猫たちが数多く受け入れられるようになると思います。
決まった金額さえ支払えばあとはあちらの団体さんがしっかり猫たちのお世話をしてケアをしてくれます。

法外な料金じゃありません。
本当になんとかなる金額です。

人馴れしてなくたって、
あちらのシェルターでは受け入れてくれます。

猫嫌いな子でも順応させてから一緒にしますので問題ありません。

猫を知ってるからこそ、出来る事だって思います。

TNRも頑張ってくださっていますし
本当に活動的な団体さんです。

私も、代表者さんのブログを見ながら勉強したりもしていますよ(笑)

私なんてまだまだペーペーですから。。。

何事も吸収力が重要でございます。
良いところは全力吸収。
共感出来ないところは真似しない。

それでいいって思います。

まぁそんなこんなで
今回の猫さんは依頼主さんが責任もって自分の力で対応をしてくださいました。
私はあくまでもこういう形でこの子を救うことが出来るという提案をしただけです。
なので私は何にもしてないのと同じ。

でもね、こういう形が一番理想だって思います。

相談に乗ることはできます。
ウチで引き取れない条件の子たちは
他の団体さんで信頼できる所にお願いする。
そのお願いするのは保護主さん自身。
それが責任を全うするってことだと思います。

せっかく保護してもらえたんだから
今の環境よりも幸せになれる場所に。

そう思う気持ちは保護主さんも私も同じです。

せっかく保護してもらえたんだから。

保護主さん次第でその命は幸せになるか不幸になるか決まります。

依頼主さんの的確な判断がその子の幸せにつながります。

相談はいつでも承ります。
ただ、あれしろ!これしろ!っていう形の依頼には
多分答えられないのでご了承ください。

相談ならいつでものります。
一緒に頑張ってくれる依頼主さんがこれからも増えてくれることを願っております。

依頼をするってことは
お願いをするってことです。

ボラなんだからやって当たり前、なんでやらないんだ!っていう考え方の依頼はお断りいたします。
ボラだからこそ、やれることとやれない事があるんです。
ボラだって一般庶民です。
人間です。
お手伝いをするのがボランティアです。

ボランティアの定義をお勉強していただきたいな~って思う依頼が時々あるのでちょっぴり愚痴ってしまいましたが
本当に、個人ボランティアさんとかも攻撃されるんでね・・・
同じ目線にたって会話していただきたいな~って思います。。。

今回の案件は
依頼主さんに感謝です!
本当にありがとうございます!

猫さん、よかったね、栃木の冬は寒いけど
茅ヶ崎みたいに潮風吹かないから
腎臓には良い環境だとおもうよ~大自然の中のんびりユックリと
余生をすごしてください^^


関連記事
スポンサーサイト

| CCPよりお知らせ | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/679-a9a7bb28

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>