Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

7/31実施 D地区TNR報告② 協働事業+どうぶつ基金チケット NO.7271

2015/07/31実施報告

2匹目!
顔で判定組の子です。
大事なトコは隠しちゃうんだからニャー!って。
CA3F0449.jpg
【白黒キジ系中毛 オス】

この子は一瞬メスかもって思ったんですよ。
顔を見ただけだったら。
でも重さと手足の骨格で判定しました。
見事オスで大正解♪いぇーい♪

事前にね、雌雄判定をするのは理由があります。
病院だって先生と、看護師さん二人でやるのです。
手術の順番とかだって色々あります。
その手間を少しでも省いて
そして余計な時間を取られずに
しっかり1匹1匹に対して安全で安心な手術をしてもらうためです。

多頭の場合はとくに先生に負担が大きくなります。

いつもオスなら何匹でもいいよって言ってもらえるけど
メスばかり17匹なんて無理です。
今回はオスメスの数が程よくて
先生も頑張って17匹の手術をしてくださいました。

数こなせばいいってもんじゃなくて
安全で正確な医療行為が必要です。

相手は野良猫といえども命です。

適当な手術をしていい子なんて1匹も居ない。

先生にも集中力ってもんがあります。
そのこなせる数、こなせる医療環境、
先生の集中力、猫たちの体力、体調、
様々な問題がクリアできて初めて安全な医療行為が出来ると思っています。

そのために私たちが出来る事。

予め雌雄を判定しておくってことです。
もちろん、衛生面も出来るだけ配慮します。

捕獲時のペットシートと
搬送時のペットシート、病院に連れて行くときのペットシート、
病院から帰ってきてからのペットシートと、合計4回交換します。

捕獲時のペットシートは
餌だらけなので汚れちゃうし。
搬送中のペットシートはオシッコしちゃう子も居ればウンチしちゃう子も居るし。
病院に連れて行く前にさらに交換。
(今回は朝早く起きてペットシートを交換して搬送ボランティアさんに搬送をお願いしました)
病院に居る間にオシッコしちゃう子も居ますしウンチする子も居ます。
病院で手術が終わったとにオシッコしちゃう子も居ますし(手術前にオシッコ絞りますけど)
色々なタイミングで自然現象が起こるのは生きているからです。

出来るだけ清潔にしてあげたい。
それは猫さんに対しても、病院側に対しても
私たちボラが出来る配慮だと思います。

病院から戻った後は
ノミがいっぱい落ちます。
フロントラインしてもらうので
ノミが死んで落ちてくるんです。
一晩捕獲器の中でおとなしくしててもらうんだけど
その間にも大量のノミとノミの糞がペットシートに落ちます。

TNRの後は大量のペットシートがゴミになります。
数回に分けてシートを交換する理由のもう一つに
猫のオシッコ・ウンチは臭いが強いので
出来るだけ周囲に臭いを飛ばさないようにという配慮もあります。

そしてリリースが終わったら
捕獲器を洗います。
今回は大量です。
1時間以上かけて洗いました。

お蔭で大汗かけました(笑)

小さな気遣いで
少しでも迷惑をかけないようにTNRをすることが出来ます。

みなさんもTNRするときは
色々と周囲の環境に配慮してみてください^^
また一歩違った形のボランティア活動になると思います。

関連記事
スポンサーサイト

| 2015年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/722-3de63db5

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>