Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

7/31実施 D地区TNR報告③ 協働事業+どうぶつ基金チケット NO.7272

2015/07/31実施報告

ご近所でご自身で既にTNRしている方がいらっしゃるという情報を得まして
①三毛(メス、長毛)
②白黒(メス、8歳)
という情報でした。
耳カットしていないから捕獲されたら連絡が欲しいって言われたんですが
この子は茶白で該当猫さんじゃない。
だから病院搬送したんですけど。
耳カット無いのにこの子もTNR済みでした。
なんでかっていうと腹部に手術跡。
まだ糸も残っているので手術したのは最近だねーって事で耳カットだけしました。

CA3F0440.jpg

ご自身でTNRしている方にお願いがあります。
自分だけTNRした子がわかっても意味が無いので
耳先Vカット、または水平カットをお願いします。

CA3F0439.jpg
耳カットが無ければ何度でも開腹される可能性があります。
給餌者だけが手術済みだとわかっていても
他の人はわかりません。
特に捕獲をする人間=ボランティアというのがほとんどです。
ボランティアが現場入りする際、
耳カットのない子はみんな捕獲します。
そして手術していない子は通常通りオペしますが
腹部に開腹跡・縫合跡(不妊手術をする場合に開腹する位置に開腹跡・縫合跡)があれば
既に手術済みだと判定して耳カットだけしています。

でも病院によっては
再度開腹して内臓穿り回すしかありません。

獣医師に経験があるかないかの問題もありますが、
大抵の場合、腹部に不妊手術済みと思われる開腹跡・縫合跡があれば
2重オペになってしまいますので開腹せず耳カットをしますが
何も知らない獣医師だったら
再度開腹して子宮を探すために内臓出して探しまくるでしょう。

それがどんな意味を持つのか。
開腹されてしまいます。
麻酔時間が増えます。
猫たちに負担が増えます。
また縫合しますから
お腹を縫われます。

負担はUPしていくばかりです。

現場によっては給餌者死亡で給餌者が居なくなり
猫がいっぱい居るという情報だけこちらに回ってきて
現場入りしてみたらみんな手術済みだったってこともあり得ます。
何度も捕獲されて鎮静かけられて麻酔かけられて
お腹切られてしまう猫たちを増やさないためにも
耳カットという手術済みの証は非常に大切なんです。

耳カットなんて虐待よ!って言う方も居ますが
それは違います。

二重オペされることの方が虐待行為に近いですよ。

自分だけがお家の中で管理してるならいいですよ、耳カットなんていらないですよ。

でも外猫さんですから。

貴方がご飯をあげている時間以外、どこで何をしているか把握できていないのだから。
耳カット無い子=手術していない子が庭でウロウロしてるって思われた方が
手術しなきゃ!って捕獲しちゃうかもしれません。

耳カットがあれば捕獲されても
すぐその場でリリースできます。

猫たちの事を思うのであれば
耳カットで手術済みの証をお願いいたします。

茅ヶ崎市でも周知啓発しています。
耳カットがある子は手術済み。
見守ってネって意味です。

だから耳カットは必ずしてください。

殆どの病院では耳カットをお願いしますと言わないとカットしてくれないので必ず
耳先Vカット、または水平カットを依頼してください。

抗生剤だなんだかんだ言うのも必要かもしれませんが、
更にもう一つ、耳カットをお願いしますと伝えてくださいね。

それがTNRになった猫たちが
守られる証になります。
関連記事
スポンサーサイト

| 2015年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/723-fab5ec05

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>