Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

7/31実施 D地区TNR報告⑧ 協働事業+どうぶつ基金チケット NO.7278

2015/07/31実施報告

白茶斑 メス (と思わせといて三毛かもしれない) 中猫 中毛
CA3F0460.jpg
いっぱい居るから
そろそろお腹いっぱいになってきたと思われますけど
まだ半分いますよー。

この現場の子たちの殆どは
人馴れしてるし大人しい子が多かった。
それだけ人との距離が近い猫たちだからこそ
お家の中で飼ってほしかった。
虐待にあう子だって出るだろう。
慣れてる子だけはお家の子にしてほしいんだけどな。

よく言われるのが
家の中に入れても外に出たがるから・・・ってセリフ。

ちゃんとお家の中で満足してもらえるように
できるんだけどなー。

外で生きてる子たちにとって
外での生活はかなり過酷です。
特に今の時期は長毛種の子たちにとっては
本当に大変です。
冬は結構大丈夫だろうけど。

でも長毛種は毛玉がすごいんです。
お腹周りはとくに。
毛玉が固まってガチガチになって
毛繕いしても固まりがボサって抜けるんです。
だから毛皮が時々落ちてるはず。

ブラッシングして貰いたいので
慣れている子には定期的にブラッシングしてあげてほしいことと
毎月フロントラインを付けるように環境保全課に伝えました。
もちろん、給餌者さんにも伝えました。
フロントラインを付けることでノミダニがつかなくなるので
人間が住むお家の中にノミダニが入る可能性も低くなりますし
なによりもその現場の猫たちにノミダニがつかなくなるので
ノミ・ダニで苦しむ猫さんたちが減ります。

可愛い子たちです。
可愛いからご飯あげてるんです。
だったらもう一歩進んだ可愛がり方を知ってほしいなーって思います。
関連記事
スポンサーサイト

| 2015年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/728-9b76f2d8

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>